ホーム家づくりブログスタッフブログ働くママの家についての住居学
スタッフブログ

働くママの家についての住居学

 現在、住宅設計をしている人のほとんどが、建築関係の学校を卒業していますが、

働くお母さんに向けた住宅についての講座はありません。

学問が実情にに合わず、古くなっています。

建築の構造、力学、各種性能的なものを学んでいます。

 これからは、働いているお母さんの声を聞いて、

家政学科や家事効率のUPの専門家と共同で良い家を開発すべきだと思います。

そうすれば、家政効率も上がります。

設計がもっともっと女性中心になると思います。

 私達もお母さんと家事を楽にする実験をしました。

驚くほど効率が良く成りました。

 家を建てる人の約80%が外で働く時代です。

「ワーキングママサポ住宅」の設計を学校の建築科につくるべきです。

また、最新の設備器具の教えるべきです。

学校を出てから興味のある人が独学で研究しているのが現状です。

だから改善されず、入居者の不満が多くなるのです。

 働くお母さんの立場を考えて、新しい住宅文化を創る時代が来ています。

clover働くお母さんに贈る家よりclover by.nishinote

house塩尻市、松本市、安曇野市で注文住宅・リフォーム・不動産のご相談はAIWA匠へconfident

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2156

ページ上部へ