ホーム家づくりブログお役立ちブログ注文住宅の予算の決め方、資金計画の方法を松本市の業者が解説
お役立ちブログ

注文住宅の予算の決め方、資金計画の方法を松本市の業者が解説

「注文住宅を建てようと思っているけれど、資金計画はどうすれば良いのだろう?」
注文住宅などの新築工事では資金計画が大切だと言われますよね。
しかし、どのようにすれば良いのかがわからないかもしれません。
そこで今回は、資金計画の重要性と方法についてご紹介します。
 
 
□なぜ資金計画を行うのか?
 
資金計画を行う目的は、金銭面で後々に困ることを避ける狙いがあります。
ご存知の通り、新築においては多額の費用がかかりますよね。
住宅そのものの費用はもちろんのこと、インフラストラクチャーの整備や新しい家具家電にもお金が必要です。
住宅の新築あるいは購入というのは、人生の三大支出の一つと評されるほど大きな出費となります。
そのため、どのくらいの資金を用意すれば良いのかというのを予め把握しておく必要があります。
また、仮に不足するという場合の対処法も考えておく必要があります。
考えなしに工事を進めて資金面で困ると、生活もままならないですよね。
そういったことを避けるためにも、資金計画を行うことが大切なのです。
 
 
□資金計画の方法
 
*自己資金を把握する
 
最初に行うのは、どのくらいの資金があるのかを把握することです。
ご自身の手元にあるお金を調べていきましょう。
新築にあたっては贈与で税金がかからない金額も引きあがりますので、それを利用することもおすすめです。
その後の生活に余裕が出るようにある程度残し、どの程度であれば注文住宅の新築に使えるかを計算します。
 
*見積もりによって必要な費用を算出
 
次に、見積もりによって必要な費用を算出します。
工事費用もそうですが、税金や諸費用もかなりかかるものです。
そして、家具や家電の新調やインフラを整備するのにも費用がかかるため、そういったものも合わせていきましょう。
 
*比較して不足する場合にはローンを検討
 
自己資金と見積もりなどで出た費用を比べてみましょう。
自己資金の方が多ければ問題はありませんが、必ずしもそうとは限りませんよね。
不足する場合には、間取りを再検討して工事費用を削減するというのが一つの手段です。
しかし、せっかくの注文住宅で妥協したくないという場合には、ローンを検討することになります。
 
*支払いと返済の計画を立てる
 
注文住宅では工事も含めて何度か支払いのタイミングがあります。
その際に、自己資金と住宅ローンのどちらから支払うのかということは考えておきたいポイントです。
特にローンに至ってはすぐに用意してもらえるとは限らないため、余裕をもって申請するのが大切になります。
また、借り入れる金額を踏まえて、どのように返済するのかということも計画するようにしましょう。
 
 
□まとめ
 
今回は、資金計画の重要性と方法についてご紹介しました。
自己資金と見積もり金額を比較し、不足する場合にはどの程度住宅ローンを借りてどう返済していくのかを検討するようにしましょう。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2017

ページ上部へ