ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市のプロが解説|土地のローンの組み方を解説します
お役立ちブログ

松本市のプロが解説|土地のローンの組み方を解説します

「注文住宅に向けて土地を購入したい。」
「土地を購入するときにもローンは組めるの?組み方を知りたい。」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
注文住宅のように、先に土地を購入してから家を建てる方も多いですよね。
土地の購入も人生の中で最も大きな買い物の中の1つです。
そのため、ほとんどの方は、自己資金だけでは購入できないため、ローンを組むことになります。
しかし、住宅ローンはよく聞きますが、土地のローンについてはほとんど知らないですよね。
そこで今回は、土地を購入するときのローンの組み方についてご紹介します。
 
 
□土地のローンの組み方
 
土地を購入する方の中には、駐車場経営や不動産投資目的の方もいますが、今回は注文住宅の場合としてご紹介します。
土地の購入には、住宅ローンは使えません。
住宅ローンとは、完成した住宅を抵当に入れて融資を受けることなので、抵当に入れられる建物がない土地購入では住宅ローンを組めません。
そのため、専用のローンを組む必要があります。
 
*土地先行融資
 
土地先行融資とは、土地を購入した後に家を建てることを前提にしてお金を借りる融資です。
先に土地分だけ融資してもらい、家が完成してから家の分の融資を追加で受けられます。
 
*つなぎ融資
 
つなぎ融資は、住宅ローンの融資を受けるまでの間に一時的に融資を受けて、住宅ローンまでつなぐことです。
つなぎ融資と住宅ローンを組む金融機関は同一にしておくと手続き等が簡単です。
 
□土地ローンの組み方の注意点
 
一般の住宅ローンとは異なるので、注意しなくてはいけないことがあります。
 
*家の計画
土地購入のローンは、家のプランが具体的でないと融資を受けられないことがほとんどです。
そのため、家のプランがない状態だと金融機関から融資を断られる可能性があります。
都銀か地方銀行か、支店によって異なるので、いろいろな金融機関を確かめましょう。
 
*自己資金の使い道
 
土地を購入した後に、住宅の購入も控えているので、自己資金の配分の仕方が難しいですよね。
土地のローンは、住宅ローンよりも金利が高く設定されています。
そのため、自己資金があるならば、後からの負担を減らすために土地代にまわすのがおすすめです。
 
*土地の名義
 
土地を購入してから家を購入するまでに期間が空きすぎて、土地と家の名義が異なる場合に住宅ローン控除が受けられなくなる可能性があります。
 
□まとめ
今回は、土地購入のローンの組み方と注意点についてご紹介しました。
普通の住宅ローンとは組み方が違ってくるので、金融機関によく相談しましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1900

ページ上部へ