ホーム家づくりブログスタッフブログ古に想いを馳せて・・・・
スタッフブログ

古に想いを馳せて・・・・

先週の土曜日、何年かぶりに高遠へ行って来ました。
花見以外で出かけるのは初めてでした。

絵島の囲み屋敷を見にいったのです。
絵島は6代将軍家宣の側室・月光院に仕えた女中でした。
月光院の信頼が厚く、また同僚にも慕われて出世し、大奥に
仕えていた女中数百人の最高位の大年寄にまでのぼりつめた
方です。

1月12日、絵島33歳の時、月光院の代参として芝増上寺に
ある6代家宣の墓参りに出かけた絵島は、その帰路に同行の
女中らと山村座で芝居見物をし、帰城の刻限に遅れてしまい
ます。これが公務をおろそかにしたとしてとがめられ、さらに
山村座の役者 生島新五郎と懇意になったという疑いをかけられ、
裁きを受けることとなりました。

この事件で、絵島は天英院派と月光院派の権力争いの陰謀に
巻き込まれたという見方もありますが、最初死罪を命じられた
絵島は、月光院の嘆願によって高遠藩への遠流に減罪され、
また、生島新五郎は三宅島へ流罪とされました。

高遠町歴史美術館 館内の桜シアターでビデオが
流されて絵島の様子や 時代背景がわかるように
なっていました。

以前テレビで絵島役を仲間由紀恵さんがやっているのを
見たことがありす。

花見の時と違い 人はまばらでしたが、しっかりと堪能する
ことができました。そして絵島という女性について同じ
女性として61歳迄の28年間牢獄のような囲み屋敷で
何を思い過ごされたのか・・・・・

コメントする

ページ上部へ