• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

気になる「リフォーム前の挨拶の範囲」

リフォームでのトラブルを避けるためには、リフォーム前の挨拶が欠かせません。
しかし、実際に行うとなると、「いったいどの範囲まで挨拶すればいいの?」という
疑問を誰もが感じてしまうことでしょう。
そこで今回は、そんな悩みがちな「リフォーム前の挨拶の範囲」についてお話ししたいと思います。

・戸建て住宅の場合
戸建て住宅の場合、一般的に言われるのは「向かい3軒、裏3軒、両隣」です。
忘れがちな斜め裏の家ですが、工事の影響を受ける位置ですので、しっかり挨拶をしましょう。
自治会がある場合は事前に自治会長に確認するのもおすすめです。

・マンションの場合
マンションにおける挨拶の範囲を挙げるとすると「上3軒、下3件、両隣」です。
また、エレベーターや階段に面した部屋のお家にも挨拶しておくと、理解を得やすいでしょう。
ですが、マンションには多くの場合規約が存在することかと思います。
基本的にはマンションの規約に沿って対応することを心がけましょう。

いかがでしたでしょうか。
リフォーム前の挨拶の範囲についてご理解いただけたでしょうか。

 

ぜひこの記事を参考に挨拶を行い、ご自身も周りも気持ちいい工事を行ってくださいね!

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)