• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

注文住宅と分譲住宅の違い


住宅関係のチラシなんかを見ていて「注文住宅」「分譲住宅」という言葉を目にしたことはないでしょうか?
なんとなく言葉を知っていても、意味をよく理解していないという方も多いことかと思います。
そこで今回は、改めて「注文住宅と分譲住宅の違い」についてご紹介します。

結論から言えば、注文住宅は土地から探すもの、分譲住宅は土地付建て売りであることが大きな違いだといます。
しかし、これ以外にも異なる部分はあるので、それぞれの特徴もみていきましょう。

・注文住宅
注文住宅は好きな間取り、好きな建材などを使えるため、
思い通りの家を建てられるというのが大きな魅力でしょう。
また、狭い土地でも思い切ったデザインの家を建てられるというのもメリットかと思います。
一方で分譲住宅よりは費用が高くなるというのはデメリットだといえます。

分譲住宅
注文住宅より価格が低めだというのに加えて、
土地と一緒に手に入るので手間がかからないというのが分譲住宅の主なメリットでしょう。
ただ、注文住宅に比べて自由度が低いこと・家の内部構造を確かめられないことがデメリットとして挙げられます。

いかがでしたでしょうか。

メリット・デメリットを把握して、ぜひご自身に合ったほうを選んでくださいね。

長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)