• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

安全な家に住むためには?

日本国内において、地震というものは避けられない災害であり、近年では

頻発する地震に対する処置も様々な観点から行われるようになっています。
 

人々の命を守る為、日本の住居には基本的に耐震構造が備え付けられていますよね。
ですが、想像を超えるほどの大地震が発生した時、皆様の住む住居内は本当に安全なのでしょうか?

そこで、今回の記事ではそうした地震に備える為、

 『必要な住宅の構造について』     お伝えします。

2017111141040.jpg

耐震構造とは建物の倒壊を防ぐものですが、実際の被害は倒壊の有無にかかわらず甚大でしょう。

そこで重要なのはと申し上げますと、そもそもの建物自体の頑丈さではないでしょうか。
建物がどれだけ頑丈かは、基礎的な建物の構造に

flairどれだけ工夫が施されているか、

flairどれだけ頑丈なものを使うか   により変わってきます。

長期優良住宅として認定された家屋は基本的にそういった基準によって、家屋の

本来持つ頑丈さというものも項目に含まれており、その基準を超えている

ということが、安全な家であるということの証明になります。


 

このように耐震性に優れた家に住むということは、ご自身、ご家族を安心して暮らせるという快適さを生むことにつながってきます。

 

長野県塩尻市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)