• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

梅雨の前に外壁の点検を

こんにちはhappy01

AMPのHIROです。

 

先週、雨樋の点検について書きましたが、

今回は梅雨の前の大事なメンテナンスとして外壁(サイディング)のメンテナンスについてご紹介します。

 

点検のポイント

①塗装表面の褪色(チョーキング)

   ・サイディング表面を手で軽くこすってみてください。白い粉や、塗装の色が多めに手に

    付くようであれば、塗装の劣化が進行しています。このような状態になれば、施工後の

     年数を考慮して塗り替えを検討してください。(初回は築後5~10年をめどに)

 

②シーリング目地のはく離

   ・はがきや名刺などを差し込み、奥まで入るようでしたら、補修が必要です。

    シーリングの打ち替えや補修を検討してください。

 

③サイディングのきれつ(クラック)

   ・サイディングにきれつ(クラック)が発生していないかを、目視にて点検してください。

    きれつが微細な場合は補修を行い、きれつが大きく、著しい欠損やはがれ落ちそうな

    場合はその部分を取り外し、新しいサイディングに張り替えてください。

    また、くぎ(ビス)がとび出てきていないかなども点検してください。

 

④サイディングの経年による反り・うねり

   ・サイディングに反り・うねりが発生していないか、目視にて点検してください。

 

⑤自然現象によって発生した藻・カビ

   ・藻・カビなどの汚れは外壁の劣化を進めます。目視にて点検してください。

 

きちんと点検、きちんとメンテナンスして

これから迎える梅雨rainの季節を安心confidentして乗り切りましょう!!

 

外壁のメンテナンスは、屋根、雨樋と一緒にすることが

足場経費の節約になるのでオススメです。

 

中信地区 

外回りの点検、補修工事はぜひAIWA匠で