• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

何色にする?お部屋のインテリア(番外編)


お部屋はやっぱり、心地よく過ごせる雰囲気でまとめたいものです。

ですから、インテリアを何色にするか?というのはとても大事です。

色は人の心理に影響を与えるからです。

派手すぎて落ち着かなかったり、暗すぎてなんだか気分が沈んでしまったり、というような部屋にするのは避けたいものです。

まとまりのある部屋にするコツは、無彩色を多めに使うことです。

白、グレー、黒、アイボリー、ベージュなどの色を無彩色というのですが、これらの色のうち、

黒以外の色は、他の色を引き立て調和する力があるのです。

ですから、これらの色でおおまかに全体をまとめ、そしてこの色が好きという色が別にある場合は、

たとえばクッションのカバーに取り入れてみることで

差し色として加えてみるのがおすすめです。

2016511145026.jpg

そして無彩色の中で黒は引き締め役として使うのが向いている色です。

黒以外の無彩色はどちらかというと主張の弱い色調ですが、その中に黒を少し取り入れると、空間の印象にめりはりが出ます。



ただ、黒の分量が多すぎると部屋の印象が重苦しくなりかねませんから、バランスをよく見て配置しましょう。

 

長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)