• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

応急危険度判定士

こんにちは、TM山田です。
 
この度の熊本地震、想像を絶する事態に先の見えない中、
大変なご苦難、長期に及ぶご不安、熊本県や大分県で被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。
 
地震の被災で、いつも胸が痛むのは、
建物の倒壊によって人命が失われる、
命を取りとめたとしても意識不明の重体、障害が残る重症を負う方がいらっしゃることです。
 
 
人の生活を守るための建物が、地震によって凶器となり命を奪う、
生活を混乱させることは、あってはならないことだと思います。
 
地震により被災した建物が、倒壊しないで済むように建てられていたのかどうか検証することや、
立地や建て方など設計や建設のやり方によっては防ぐことができたのかどうかを考えることは、大切だと思います。
 
 
 
応急危険度判定
 
地震直後、早急に、余震等による被災建築物の倒壊、部材の落下などから生ずる二次災害を防止するとともに、
被災者がそのまま自宅にいてよいか、避難所へ避難したほうがよいかなどを判定するために公共団体が行う調査です。
 
応急危険度判定は、大地震により被災した建築物を調査し、
その後に発生する余震などによる倒壊の危険性や外壁・窓ガラスの落下、付属設備の転倒などの危険性を判定することにより、
人命にかかわる二次的災害を防止することを目的としています。
 
私も「応急危険度判定士」です。長野県から派遣要請があれば少しでも貢献したいと思うと
同時に生活と命をまもる家づくりにたいしてより強い使命感で臨みたいと思います。
 
 
 
 
長野県 塩尻市 松本市 安曇野市 岡谷市 諏訪市 大町市
新築 注文住宅 リフォーム 不動産情報
アイワショウへおまかせください!