• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

エアコン

こんにちはTMの山田ですup

 

間もなく夏本番な季節ですね

今日はエアコンの正しい使い方について・・・ 

省エネ、節約・・・そんな言葉がエコのように連呼され、

推奨された時がありました。

しかし、猛暑の時でも出来るだけエアコンを使わないで我慢する、

または、部屋に人がいる時だけエアコンを使って、ちょっと出かける時にはもったいないからスイッチOFF。

寝る時も寝付くまでタイマーで設定して眠りについたころにタイマーで自動OFFの設定でエアコンを使う。 

これら全部間違ってます・・・

 

人は、体の深部体温を下げることで深い眠りにつきます。

そこで、快適な室温を一定に続くようにすれば、

この体温リズムが整い、熟睡できるのだということ。

これが正解。 
 

一番最悪なのは、明け方になって、クーラーをつけるパターン。

「明け方って暑くなるじゃん!」という声が今にも聞こえてくるよう。

寝る前、2~3時間後で切れるようにタイマーを設定し、

寝入りは快適だったけど、明け方に暑くなってクーラーをつけちゃうなんて、夏場によくある話なのですが。。。 

明け方は目覚めるために体の深部体温を上げようとしているのに、

急にクーラーで冷やすと体温が上がりにくくなり、

目覚めが悪くなってしまうのです!!

理想的な設定は一般的には27~28℃。

寝る時の温度設定は、ちょっと暑いくらいがちょうど良い。 

夜寝る時のエアコンの使い方~除湿・冷房どっちがいいの?

除湿と冷房はどっちがからだに悪くなさそうか?ということでいくと冷房はあからさまに「冷やす」というイメージですから冷えすぎて身体に悪いと思えてしましますね。 

その逆で除湿は湿気だけを取ってくれそうなので身体に良さそうなイメージがあると思います。ですから寝るときは除湿のドライ設定という方が結構多いのではないでしょうか・・・ 

ところが、就寝時のエアコンの使い方としては逆なのです。実は除湿のほうが温度を下げてしまうので就寝中は特に冷え過ぎになってしまうのです。

つまり寝るときは少なくとも「冷房」設定にしておかなくてはなりません。  

タイマーが切れて暑くて目が冷めてまたエアコンをかける・・・みたいなことが真夏ではよく起こります。

となると夜中に途中で目が覚めることになりますから結局熟睡出来ません

ただでさえ夏は暑くて日中疲労しているのに疲労回復のための睡眠が妨げられると疲れを取ることが出来ないということになってしまいます。 

ですから・・この場合はむしろエアコンはつけっぱなしの方がいいということになります。

またつけっぱなしの方が急激に温度を上げる必要がないので電気代も安く済むのです。

節約のためや冷えすぎないようにするためになるべくエアコンを使わないようにしている方がおられると思いますが、

特に高齢者や体力のない人また体温調節がうまく出来ない赤ちゃんや子供などは就寝中に熱中症になってしまう危険があります。 

また高齢者や子供でなくても我慢してエアコンを使わないようにしていたりして寝ている間に熱中症になってしまう危険も大いにあります。

ですから暑さの増してきた近年ではエアコンは必須のアイテムになっています。 

もちろん冷やし過ぎは当然体に良くないことは間違いないわけですから、エアコンは使い方が重要ということになります。

・・・言いたいことは、真夏日に入ったならば

  • エアコンは24時間つけっぱなしに!ちょっと外出するときもエアコンのスイッチは切らない。常時運転で電気代も安くなる。
  • 寝る時もエアコンは運転したまま。タイマーで止める必要性はなし。
  • 寝る時の設定温度は27~28℃くらいが目安
  • 寝る時のエアコン設定は、ドライ運転はダメ。冷房で室温をコントロール

数十円、数百円の節約のために命を危険に晒す必要はありません。
エアコンはつけっぱなしの方が電気代が安い・・・
 

 

 

 

松本 塩尻 岡谷で自然素材を使った新築 リフォームを検討の方はAIWA匠へ!

 

typhoon