• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

リフォームしたい方必見!ローン控除について解説します!

「リフォームのローン控除について知りたいな」
「リフォームのローン控除って難しいのかな」
このように思ったことはありませんか?
リフォームを検討している方にとって気になるのが費用ですよね。
そこで今回はリフォームのローン控除について解説します。
 
 
□リフォームの住宅ローン控除とは
 
住宅ローンを利用して、住宅をバリアフリー化や省エネ化、増築などをして100万円を超えるリフォーム工事をした場合には住宅ローン減税の対象となります。
入居した年から10年間、ローン残高の1.0%が所得税額から控除されます。
所得税から控除しきれない分は住民税からも一部控除が受けられます。
 
 
□対象となるリフォーム工事とは
 
以下6つの条件のいずれかに当てはまる工事である必要があります。
 
・増築・改築などの大規模な模様替えを行う工事
建築基準法による大規模な模様替えを行う工事とは家屋の壁、柱、床、梁(はり)、屋根または階段のいずれか一つ以上行う模様替えのことを指します。
 
・家屋のうち、洗面所や納屋や便所、浴室や玄関、または廊下の一室の床や壁全体について行う修繕・模様替えの工事
この際の家屋とはマンションなどの区分所有建物にあっては、その人が区分所有する部分に限ります。
 
・建築基準法施行令の構造強度等に関する規定又は地震に対する安全性に係る基準に適合させるための一定の修繕・模様替えの工事
 
・一定のバリアフリー改修工事
 
・一定の省エネ改修工事
 
これらの条件を満たした方が住宅ローン控除を受けることができます。
 
 
□利用の要件
 
以下5つの条件のいずれかに当てはまる工事である必要があります。
 
・住宅の引き渡し又は工事の完了から6ヶ月以内に、自ら移住すること
 
・リフォームの工事費が100万円を超えるもの
 
・リフォーム工事後の床面積が50㎡以上
 
・住宅ローンの返済期間が10年以上
 
・年収が3000万円以下
 
これらの条件のいずれかを満たしていなければいけません。
 
 
□リフォーム費用の相場
 
リフォームの内容によって費用は変わってきますが、相場としてはキッチンで50万〜150万円、トイレで10万〜50万円、浴室で50万〜150万円となります。
また、外壁でしたら90万〜120万円、屋根だと50万〜100万円、増改築や全面リフォームだと1000万円前後になることもあります。
 
 
□まとめ
 
今回はリフォームのローン控除について解説しました。
お金の話は難しそうでなんとなく避けたくなりますよね。
しかし、リフォームのローン控除について知っておけば納得のいくリフォームができると思います。
今回の記事を参考にしてリフォームのローンを検討してみてはいかがでしょうか。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)