• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

アレルギー時代の住宅対策

4人に1人、花粉アレルギー時代の住宅対策

 花粉症やアレルギーの人が増えています。

アレルギーのお子さんがいるお母さんは苦労しています。 

住宅の設計をしていると本当に多いのに驚きます。

 建築士のこれからの設計は、美しいというデザインのみではなく、

「医衣食住」の一貫した健康デザイン設計が求められています。

対策は、次の4つです。

⑴ 花粉、黄砂を家の中に入れない。フィルターを通したキレイで新鮮な空気の中に住む。

⑵ 花粉症の人は、花粉が付着する外には、衣類・布団を出さない。

⑶ 押入・クローゼットの中へ強制換気をつくり、ダニの死骸、ハウスダストやごみなどを外へ排出する。

⑷ 乾燥肌で冬に肌がかゆい人は、湿度調整をして、空間を乾燥させすぎない。

 標準装備のECO-I換気、約80%の熱交換率の換気に花粉除去のフィルターを設置したら良い結果が出ております。

お客様より、「子供のアトピーが嘘のように良くなった」、「喘息が和らいだ」、「子供の健康がうれしい」、

と嬉しい言葉を頂きました。健康生活に最も大切なものは新鮮な空気です。tulip働くお母さんに贈る家よりtulip

noteby.nishinote

4月27日(土)~29日(月)

house松本市梓川にてお客様の家、完成見学会を行いますsign03

ご予約の上、是非この機会に体感しにお越しください。お待ちしております。confident

telephonezeroonetwozerotwofourninesevensixfour ご連絡お待ちしておりますtelephone