• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

松本市で土地代のローンを組むなら|おすすめの組み方をご紹介

「土地代のローンを組みたい」
「ローンはどのように組んだらいい?」
「おすすめのローンの組みはある?」
 
このように、ローンの組み方に悩んでらっしゃる方はいませんか。
 
そこで今回は土地代のローンのおすすめの組み方についてご紹介します。
 
 
 

□ローンの組み方には2種類ある?

 
土地や住宅を購入する際には、ローンを組むのが一般的ですよね。
ローンは組み方によって2種類に分けられます。
それぞれのローンごとの特徴を詳しく解説します。
 

*つなぎ融資でローンを組む方法

皆さんは住宅ローンの仕組みをご存知でしょうか?
 
実は、住宅ローンには住宅ができあがるまで融資が開始されないケースがあります。
工事の費用は、数回に分けて払う必要があることが多いので、融資が開始されない場合には、費用が支払えなくなってしまいます。
 
その時に活躍するのが、つなぎ融資です。
住宅ローンとは別に、一時的に融資を受けることをつなぎ融資と言います。
つなぎ融資では、工事の進み具合に合わせて資金を支払うことができます。
 
ただ、金利が高くなることが多いので、借り入れ期間を短くすると良いでしょう。
 

*一気に土地と住宅のローンを組む方法

土地と住宅のローンを別々に申請した場合、土地だけは申請が通り、住宅の申請が通らない可能性があります。
それを防ぐために、土地と住宅のローンを一気に組むのも良いでしょう。
安心して住宅を建てたい方にはおすすめです。
 
 
 

□土地だけを購入するローンもある?

 

住宅を建てる場合は、一般的に土地と住宅をセットで購入します。
 
しかし土地だけを先に押さえておきたい場合には、土地だけを先に購入することもできます。
また土地だけを購入する方には、駐車場にするという不動産投資目的で購入する方もいます。
 
ただ、土地だけを購入する場合には、住宅ローン控除の対象外になるので注意が必要です。
また土地だけを購入する場合は、住宅ローンではない形でローンを組む必要があるので気を付けましょう。
 
 
 

□まとめ

 
今回の記事では、土地代のローンの組み方についてご紹介しました。
 
一般的に土地を購入するときのローンの組み方は2種類あることを知っていただけたと思います。
 
もしも土地だけを先に購入する際はローンについてしっかり調べておきましょう。
この記事を参考に、ローンをしっかりと組み、理想の住宅を建ててみてくださいね。
 
土地や不動産の購入に関して何か疑問や質問などがありましたら、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)