• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

リノベーションで耐震性が上がる?長野県のリフォーム会社が解説します

「リノベーションをしたい」
「リノベーションで耐震性は上がる?」
このように、リノベーションに関して知りたい方はいらっしゃいませんか?
 
そこで今回は「リノベーションで耐震性を上げる方法」をご紹介します。
 
 
 

□そもそもリノベーションとは

 
リフォームとリノベーションという似たような言葉に混乱してしまいそうですよね。
それぞれがどのような施工を指すのかを見ていきましょう。
 

*リフォーム

リフォームは「住宅の原状を回復する施工」です。
つまり、壊れてしまった設備や内装を新しくするのがリフォームです。
間取りや壁の内面は改修せずに、住宅の一部分や表面を改修します。
古くなってしまった住宅を新築同様に新しくする施工だとも言えます。
リフォームでは、施工する範囲が狭いので、工事費用を安く抑えられるというメリットがあります。
工事期間を短くできる点も魅力の一つでしょう。
 
 

*リノベーション

リノベーションは「住宅を作りかえる施工」です。
つまり、住宅の内装や間取りなどを見直し、ゼロから新しく作りかえる改修をリノベーションと言います。
 
リノベーションでは、壁をぶち抜いて大きな部屋にする、吹き抜けを作るなどの大幅な改修をすることが多いです。
自由な設計をできるので、建て直さずに理想の住宅を作ることができます。
 
 
 

□リノベーションで新築同様に耐震性を高められる?

 
リノベーションでは建物の構造を作りかえるため、耐震性を上げることができます。
では、どのように耐震性を上げているのかを見ていきましょう。
 

*構造体を強化して耐震性を上げる

強い地震が発生すると、建物が揺れて、水平方向と垂直方向にねじれる力が加わってしまいます。
耐震性を上げるためには、ねじれる力に対応する必要があります。
 
垂直方向のねじれる力に対しては、壁に構造用面材を貼ることで対応できます。
また、水平方向のねじれる力に対しては、床に構造用合板を使うことで、床面から強度を高めることができます。
このように、構造体を強化すると、新築同様の耐震性を実現できます。
 
 
 
 

□まとめ

 
今回はリノベーションで耐震性を上げる方法をご紹介しました。
 
構造体を強化し、ねじれる力に対して抵抗できるようにすれば、耐震性を上げられます。
 
このように、リノベーションを行い、耐震性を高くするのと同時に、新築のような綺麗な住宅を手に入れてみてはいかがでしょうか?
 
リノベーションやリフォームに関してご質問などあれば、お気軽にご連絡ください。
 
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)