• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

工務店とハウスメーカーの違いは?それぞれの特徴を知ろう!

工務店とハウスメーカーは、戸建て住宅などを建築する時に活用しますが、その大きな違いは資本力や知名度があります。工務店は地域に看板を掲げて営業を展開していることも多く、地域の顔として住宅の建築に当たっています。
 
一方、大手ハウスメーカーは全国展開をしており、豊富な資金力を背景にCMなどで大々的に広告活動を行っています。特定の地域だけという営業エリアを持たないのが特徴として存在します。
 
価格的に見た場合、工務店の方が宣伝や広告などを行わずに事業を展開し、小回りを利かした状態で建築する形になるため、格安になるケースもあります。またお客さんの要望の観点からも地域の状況に即した形でのアドバイスを行うことができるメリットもあるため、注文住宅の建築では重宝されます。
 
一方、ハウスメーカーの場合は画一的な住宅の建築を行うため、品質も均一化された状態で建築できるメリットがあります。
建築で必要となる部材を使いますが、その部材の品質面においても間違いない物を用います。
 
工務店の場合は、依頼した所で品質に差が生じることも多いですが、そういった品質の差が見られない所が大きなメリットとなります。他にもハウスメーカーのメリットは、豊富な人材や下請け先を持っているため、工期も比較的に早い点が存在します。
工務店の場合は、忙しい時期となると人手の問題が発生することもあり、工期が遅れる傾向が強いです。
 
長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)