• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

リフォームで取り入れよう!内断熱と外断熱を徹底比較!

リフォームする際、デザインや間取りといった目に見える点に注目しがちです。
もちろんこれらもとても重要なのですが、目に見えない点も考えなければなりません。
特に断熱材は、家の住みやすさを左右する重要な役割を担っているのです。
断熱材のことを知ることで、リフォームで快適な家を作れるのではないでしょうか。
 
外断熱
<特徴>
外断熱とは、建物の外側に断熱加工を施すものです。
建物全体を断熱材包むため、外の熱や寒さが家の中に伝わりにくくなります。
 
<メリット>
外断熱の大きなメリットは結露を抑えられることです。
建物内と建物外の温度差が原因で結露は発生しますが、この温度差を小さくすることで結露を抑えられるのです。
結露を放っておくと、カビやサビの原因となり、家の寿命が短くなってしまいますが、この点で外断熱は安心なのです。
 
<デメリット>
一番のデメリットは費用が内断熱より高いということです。
内断熱であれば、建物の内部に断熱加工をするので、作業が天候に左右されません。
しかし外断熱は天候に左右され、工期が長くなりがちなのです。そのせいもあり費用が高くついてしまいます。
 
内断熱
<特徴>
内断熱は、柱や柱の隙間に断熱材を入れる工法です。
 
<メリット>
最大のメリットは費用が比較的安いという点です。
また、日本で昔から取り入れられてきた工法なので、施工業者が豊富なのも魅力です。
 
<デメリット>
外断熱に比べると結露が発生しやすいというデメリットがあります。
結露はカビやダニの原因となり、最悪の場合アレルギーを発症させる可能性もあります。結露を防ぐ対策をとらなければなりません。
 

外断熱はコンクリート製の建物において断熱効果を発揮し、内断熱は木造建築にぴったりです。

リフォームする際は、断熱材を取り入れて快適な家づくりを心掛けてみてはいかがですか。

 

長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)