• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

リフォームで叶える省エネな家。断熱材の種類を紹介

地球温暖化が問題視されるようになり、住宅も省エネを意識するようになりました。
この流れに乗って、リフォームする際に省エネ対策をする家庭も増えています。
例えば断熱材を壁に入れることで、冬場の寒さも少しの暖房で耐えられるようになります。
では、断熱材にはどのような種類があるのでしょうか。
 
無機繊維系断熱材
1. グラスウール
ガラスを細かい繊維にして、線上に加工した断熱材です。
壁だけではなく、床や天井にも使用できます。
断熱性・防火性・防音性・耐久性を持つ、多機能断熱材です。
 
2. ロックウール
鉱物を高温で溶かして、細かい繊維状にした断熱材です。
グラスウール同様、どの部分にも使用できます。
撥水性や耐久性、防音性に優れています。
 
木質繊維系断熱材
1. セルローズファイバー
天然の木質繊維を利用しています。
断熱性に加え、防音性や吸湿性に優れています。
 
2. インシュレーションボード
木材の繊維質を取り出し、ボード上に加工したものです。
断熱性と吸湿性を備えもち、内部結露を防いでくれます。
原材料には、リサイクルされた木材や未利用木材を使用するため、エコマーク認定を受けている断熱材です。
 
発泡プラスチック系断熱材
上述した繊維系断熱材は、細かい繊維の間に空気を閉じ込めているのに対し、発泡プラスチック断熱材は、独立した小さな気泡の中にガスを閉じ込めて断熱性能を発揮しています。

断熱材について少しでも知ることで、リフォームで省エネ対策する際に役立つのではないでしょうか。

長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)