• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

家づくり

こんにちはTMの山田ですup

家づくりって言われますが、
「つくる」の漢字はどれが正解なんだろう?
時々そんなことを考えています。

「作る」は、棚を作るとか、比較的小さなものをつくる時に使われる。または、記録を作るとか、無形なもの、抽象的なものを作る時に使われる。

「造る」は、船を造る、庭を造るなど、比較的大きなものを造る時に使われる。造船、造園とか。

「手づくり」とは、弁当やケーキなど機械を使わないで手でつくる小さいものが対象の場合「手作り」が使われる。

「創る」は、芸術作品をつくるとか、新しい雑誌をつくるとか、新しいものが対象で、新しいものであれば有形無形を問わず使われる。

学校をつくるという場合、建物をつくるという意味ならば、大きな建物なので「造る」が使われ、理想な学校をつくるという意味ならば、無形なものなので「作る」が使われる。

こういう観点から考えると、家づくりとは「家造り」が正解なのかなとも思える。
しかし、注文住宅をつくっているという自負しているこちら側の人たちは、「家創り」でありたいと思っている人、多いとも・・


最近はあえてわざと「仕事」を「志事」とかって、当て字を使っている自己啓発系の人たちが結構いますが、そうありたいっていう気持ちを込めて「創る」という思いを大事にしたいと思います。

 

松本 塩尻 岡谷で自然素材を使った新築 リフォームを検討の方はAIWA匠へ!