• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

注文住宅の間取りで失敗した!暑すぎて/寒すぎて快適じゃない!!

「エアコンが部屋の隅々まで効きにくい・・・」
「吹抜けにしたけど、冷暖房が効きにくく、快適じゃない」
など、注文住宅で、部屋の暑さと寒さで後悔している方が多くいらっしゃいます。
 
最近、ローコストで建てたお家でも、冷暖房の効率は高くなっていますが、間取りが悪いと、夏は暑すぎて、冬は寒すぎるお家になってしまい、失敗したと感じる方が少なくないのです。
 
特に、日本は四季があるので、暑い季節・寒い季節に、どのように快適に過ごすかはお家に求めるべき要素になります。
では、暑さや寒さで後悔しないためには、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか。
 
・開放的な空間は、快適性が失われることも!?快適性を意識した対策を!!
 「気密・断熱・換気・冷暖房」をしっかりと対策しているお家でも間取りが悪ければ、暑すぎたり、寒すぎたりすることがあります。
「室内に日差しや風がどのように入ってくるのか」「開放的かどうか」によって、どのような対策をすべきかどうかは変わっていきます。
 
 例えば、吹抜けにしたとき、冷暖房が効きにくく、快適性が損なわれることが予想されます。
なので、吹抜けのような開放的な空間にしたい場合は、その広さに適した冷暖房器具が設置されていることが大切になります。
 
また、寒くなる冬のことを考慮して、床暖房をつけた空間にすべきでしょう。
 空間を有効活用しようとロフトをつくった方がいると思います。
 
しかし、冷暖房の効きが悪く、夏は暑すぎて行けなくなることが多いです。
この場合は、ロフトは熱がこもりがちなので、窓が配置されているかどうかが大切になります。
 
 

 いかがでしょうか。

吹抜けのある開放的な空間にした方や空間の有効活用のためにロフトを作った方は、まず、冷暖房が効きにくいことを把握しましょう。

そして、そのような間取りにしたい場合は、冷暖房器具を設置したり、窓を設置したりと対策をする必要があります。

今回の記事が参考になれば幸いです。

 

長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)