• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

ローコスト注文住宅のデメリットー断熱・気密編-

「ローコストで注文住宅を建てたいな」
「でも、ローコスト注文住宅って、デメリットあるのかな」
など、ローコスト注文住宅を建てるか建てないか迷っている方が多くいらっしゃいます。
 
実は、ローコスト注文住宅を建てると複数のデメリットが挙げられます。
そこで、今回から、ローコスト注文住宅のデメリットについてお話したいと思います。
 
・気密施工をしっかり行わなければ、寿命の短い住宅を建てることになる!
 断熱材というのは、その名の通り、熱を断つ材で、床、壁、天井、そして、屋根に沿って、断熱材が使われることで、室内の熱を外に逃がさない、また、室外からの影響(暑い、寒い風など)を防御する役目を担っています。
 
 気密は、隙間をなくすことで、室内の熱を外に逃がさない、また、室外からの影響を受けないようにするためのものです。
 
 そして、多くのローコスト注文住宅ではとても安価な断熱材として繊維系断熱材に属する「グラスウール」を使用しています。このグラスウールは、空気の断熱性能を利用して断熱している断熱材です。
 
ただ、壁体内結露により断熱性能は急激に落ち、グラスウールが木材を濡らすことがあるので、気密施工をしっかり行わなければなりません。
 
 しかし、ローコスト注文住宅では、人件費が削減することが予想されるため、職人さんの仕事のクオリティが落ちることが多いのです。
 
 

 いかがでしょうか。

ローコスト注文住宅は、結果的に、住宅の寿命を短くなりやすいのです。

そして、長期的に見れば、寿命が短くなると、コストはむしろ増えてしまいます。

正しい知識を身に付けて納得のいく注文住宅を依頼しましょう!

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)