• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

注文住宅の失敗ポイントって?|日当たり編

こんにちは、AIWA匠です。
前回は、注文住宅への満足度を大きく左右する工務店選びの失敗についてご紹介しました。
今回は、日当たりの失敗についてお伝えしたいと思います。
 
注文住宅を考える上で、日当たりへの検討が不足していると、あとあと部屋が暗いなどの問題で悩むことになってしまいます。
部屋が暗いとどうしても気分が下がってしまうということにも繋がりかねません。
 
ですので、日当たりのよい家に住むためにはどうすれば良いのかということを考えてみましょう。
日当たりを考える上で、南向きが一日中陽が当たるのでよいという声も聞かれます。
 
しかし、南向きだから大丈夫と単純に考えてしまうと、注文住宅ができた後に南側にマンションが建ったので陽があたらなくなったなどの失敗例も聞かれます。
日当たりに求めることは、家族のライフスタイルや部屋の用途によって大きく変わってきます。
そのため、家のどこから陽が入るのかや周辺環境も事前に確認しておくことが大事ではないでしょうか。
 
 
いかがでしたか。
日当たりに関して失敗してしまっては、今後数年暗い気持ちで暮らすことになってしまうので、しっかり検討を重ねましょう。
今回で、注文住宅の失敗ポイントの紹介は以上になります。
長野県塩尻市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)