• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

黒い外壁

こんにちはTMの山田です🎶

 

何年前からでしょう、黒い外壁の家が多くなりました。特に気になり始めたのは5.6年くらい前くらいでしょうか・・・

20年くらい前は家の外壁を黒にすると言ったら「えー!?倉庫みたいじゃない?」と言われたものです。

しかし、今の時代そんなことを言う人は多分50代以上の人ですね。

20代、30代の若いお客様に一番人気が黒になっています。次いで明るいホワイト。時代ですね。

当社で建築中の家も黒基調は多いです。

 

そして今日の話題は、毎回相談される外壁に黒を選ぶことのメリットデメリットについて。

なぜ黒を選ぶのかと一言でいえば、「スタイリッシュでかっこいい家を建てるなら外壁は黒」と考えている方が多いということでしょう。

 

黒い外壁の家にした時のメリットは?
モダンで落ち着いた印象の外観になるということが一番に挙げられます。クールな都会的な印象の家にすることもできますし、落ち着いて品のある家にすることもできます。

黒はもともと高級感や重厚感のある色がある色ですが、黒を家の外壁に使うことで家の個性をいろいろ引き出すことができるんですね。

家全体のシルエットが引き締まって見えやすいという効果もあるし車も黒い車が増えてますよね。

高級感ありますから。

 

黒い外壁の家にした時のデメリットは?

外壁に黒を使った場合、一番のデメリットは外壁が熱くなりやすいということでしょうか。

黒は熱を吸収しやすいため、夏場は外壁が熱くなってしまうんですね。

しかし、これは心配することはありません。当社の家は断熱がしっかりしていますから

外壁表面の熱が家の中にまで届くということは考えられません。

それよりもデメリットとしては、白い外壁よりも劣化がしやすいということではないでしょうか。

外壁は日光や雨風にさらされる部分なので外壁を黒にすることで紫外線の影響も受けやすくなり、

白っぽい色よりは劣化しやすくなってしまう可能性があります。

黒は色褪せがしやすい色と言え、綺麗な外観を保つ場合はメンテナンスの周期も他の外壁よりも少し早めにする必要があるかもしれません。

また、黒い外壁の場合は白っぽい色の汚れは目立つという特徴もあります。

たとえば鳥のフンが付けば目立ちますし、土埃など色がついているものが外壁に付くと色褪せて見えることも。

しかし、これは白い家では雨だれなど黒い汚れが目立ちますから、黒い外壁の家では反対の汚れが目立つというだけで考え方次第でしょう。

デメリットとは言えませんね。

 

結論、好きな色を選びましょう。
皆それぞれ好みがあるし、かっこいい家、落ち着きのある家、かわいい家、いろいろです。

好きになったらしょうがないというくらい好きなものを選びましょう。そうすれば多少のデメリットなんか「しょうがない」で解決できますから。

 

 

松本 で 無垢を使った デザイン住宅 を検討の方はAIWA匠へ!

松本 で 新築住宅 を検討の方はアイワショウへ!

 

 

最新のイベント情報やお得情報を配信します!

>>AIWA匠のインスタグラムはコチラから

https://www.instagram.com/aiwa_show/