• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

すぐ行動した方がいい理由。

こんにちは!!

営業の原です!

先日、書道家の武田双雲さんのお話しを聞きましたが、とても興味深い内容でした。

それが、テレビに出演した時に、共演者の方にお礼のメールを送ったところ、

堺正章さんや大御所の人ほど、すぐに数分でお礼の返信メールが来ましたが、

若手の芸人さんや、若手俳優の方は一日遅れで返信が届いたそうです。

これはもちろん、すぐに返信する事で、相手に対しても迅速な対応が好印象を持たれるという利点もありますが、

双雲さんは、このすぐアクションを起こす脳の使い方が、成功する人の思考法なんだと仰ってました。

 

どういうことか?

人は、体を動かす時だけではなく、脳を動かすときにもエネルギーを使います。

そして、この脳のエネルギーを消費してしまう最大の行為は、”悩むこと”と”決断すること”。

メールを送らなきゃ!という決断にエネルギーがいるので、後回しにしてしまう。

すると、頭の片隅にメールを送らなきゃがずっと残っているので、常にエネルギーが一定数そこに奪われてしまう事になります。

そして、エネルギーを消耗した上で、やっとのことで、よしやるか!と決断してメールを送ると、そこでさらにエネルギーを消耗してやる気がどんどんそがれていってしまう。

こんな風に、やらなきゃいけないタスクを後回しにするほど、どんどん脳の容量は”悩み”と”決断”で消耗していき、パフォーマンスは落ちてしまうのです。

それに引き換え、すぐにメールを返信する人の思考法はどうかというと、

メールを来たら、すぐに返信すると最初から決めてます。

最初から決めているので、そこにエネルギーは消耗しません。

そしてやるべき事を後回しにしないので、悩む事もないので、常にクリアな状態で、脳のパフォーマンスを最大限に発揮できるんです。

これを聞いて、なるほどなーって思いました!

僕もやるべき事を後回しにするほど、仕事量に関わらず疲れてしまっていたりしたので、

仕事はすぐやる!!を最初から決めて、習慣つけていきたいと思います!!