• 資料請求・お問い合わせ
  • line-icon
  • ig-icon

不動産売買

これは日本での不動産売買ではなく、イタリアの売買の

慣習について書かさせていただきます。

 

古い建物がそのまま 住居や店舗として今も現役で使われて

いる。築年するを聞くと200年くらいという答えが返って

来て度肝を抜かれ、安全に住めるのか不安に思うが、イタリアでは

買主は、公証人を雇い購入予定の不動産が法律に準拠しているか、又

売主が100%所有権を持っているかをチェックするので。ある程度は

安心して購入できる。また、外見は古く見えても、内部は二重ガラスや

温水循環式のヒーター等の近代的な設備が整っており、住むのに不自由

しない場合が多い。現代的な家としての機能と歴史的ないえとしての佇まいを

どれだけ両立させるか このあたりは、家を仕立てる職人の腕の見せどころ

だろう。

 

イタリアの不動産販売で気になったのが、ヌーダ・プロプレタ 年配の

所有者が生前に家を売却するための売却方法で、契約時点で購入者が代金を

支払うが、売り手はそのまま家に住み続けることが出来、賃料等も発生しないと

いう仕組み。購入者が住めるのは売り手が亡くなった後なので、入居のタイミングは

誰にも分からない。

 

この ヌーダ・プロプレタという方法が 今後日本でもこのような仕組みの取引が

されるようになる日が近づいているような気がしますが、日本の住宅は古いと

寒くって住めないし、イタリアのように設備が整っている家はすくないので難しい

のでしょうか?高齢化が進んでますので、住まい方も変わるのです。  てるリン

 

新築 リフォーム 不動産のご用命はアイワショウへ