ホームAIWA匠の家はココが違う!地震から家族を守る屈強な基礎&構造

地震から家族を守る屈強な基礎&構造

Section,5 地震から家族を守る屈強な基礎&構造

家を建てるのに必要な3つの要素

2016414101936.jpg

 

1.基礎

基礎

建物を支持するだけでは、耐震性に優れているとは言えません。
水平方向の力が加わる地震力を分散する為に、AIWA匠では、

ベースと立ち上がりの生コンクリートを同時に打設する、

上下一体型ベタ基礎を採用しています。

住宅金融支援機構基準では、太さ 10mm の鉄筋を 30cm 間隔以下で組むことになっていますが、

AIWA匠では、太さ 13mm の鉄筋を 20cm 間隔で組んでいます。立ち上がり部の鉄筋も同 30cm 間隔のところ、20cm 間隔で施工しています。

何事も基礎が肝心なのです。
地震が来ても家と家族、財産をしっかりと守れる仕様となっております。

 

2.地震に強い構造体

構造体

万が一、強い地震が発生した場合、建物が揺れることで、建物が

水平・垂直方向にねじれる力が働きます。

このねじれに対し、負けない強さを持った構造体でなければなりません。

AIWA匠では、垂直方向のねじれに対して、壁に構造用面材を貼ることで、壁倍率 2.9 を実現。

また、1階、2階の床は、共に 24 ミリの厚い構造用合板を使って、剛床を実現。

垂直方向のねじれも、水平方向のねじれも、共に面構造で

しっかりと対応しますので、耐震性も万全です。

3.長期優良住宅が標準

長期優良住宅

AIWA匠の家は長期優良住宅標準対応
※長期優良住宅とは、平成21年6月4日から施行された

「長期優良住宅の普及促進に関する法律」で定められた要件を

満たし、計画・検査・認定を受けた建物です。

「長期優良住宅の認定」=「本当にいい家」という

国のお墨付きを受けた家です。

 

 

長期優良住宅

ページ上部へ