ホームAIWA匠の家はココが違う!家事の負担を1/2に!

家事の負担を1/2に!

お母さんのための家事1/2設計|松本市・塩尻市・安曇野市の注文住宅 株式会社AIWA匠

『お母さんに無理をしないでほしい!笑顔でいてほしい!』

 

201633151849.jpg

 

共働き80%の時代。

日本では、まだまだ子育てや家事の中心は お母さんです。

海外に比べても、家事の負担がお母さんに集中しているのが事実。

 

 

家事の負担の国際比較 

 

20163311191.gif

 

上の図でもご理解いただけるかと思いますが、日本の女性は世界一の働き者!!

家族が家事をお手伝いすることも大事。ですが、お子様は学校や部活動、塾でくたくた

お父さんも仕事で疲れていたり、残業やで帰りが遅くなったりと、手伝いたくても、手伝えないのが現状です。

 

     『お母さんに無理をしないでほしい!笑顔でいてほしい!』

 

そんな想いから、どうすれば負担を軽減できるか?

私たちは、家事の効率を高くする”家事動線”に着目し、家事時間を1/2にする設計をしています。

201633152614.gif

 

ママ

上の図のように、家事動線をよくすることで、家事時間を大幅に短縮できます♪

ママが家の中にいる時間の中で、一番長くいる場所。それは間違いなくキッチンです。

そのキッチンから洗濯までを効率的に行うことができたら・・・・?

キッチンから10歩以内目安にする配置にすることで、

家事の負担は1/2以下になり、収納は4倍になります

ママの負担を減らすだけではなく、ご家族の時間を増やします。

 

パパ

 

家の中に行き止まりをつくらない回遊動線を取り入れることで、

家事の効率が良くなります。 

そうすると、ママにやすらぎの時間ができます。

心がやすらいいる人は、幸福感も高いようです。また、家族との会話時間が長いほど、

やすらぎの時間と幸福感が増すということが、内閣府の調査でもわかっています。

自然に会話が増える家を一緒に建てましょう!

ページ上部へ