ホーム家づくりブログ社長ブログ

社長ブログ

カラスについて

日本では 忌み嫌うカラスですが、先日 車中の

ラジオを聞いた『カラス』についてのことでした。

 

カラスは いじめにあうと いじめた人を1年間忘れないというのです。

いじめた人に会うと 仲間に知らせるそうです。

クルミを割るために 車の通り道にわざと置いておくなど、カラスの

賢さが取り上げられ、TVで番組で報道されることもあります。

他の鳥類では見られない事が カラスにはある。 なんか興味が

湧きます。

 

ある記事にカラスはあんなにいるのに、死骸を見たことが無い。

基本に鳥類は弱ると森林へ身を隠すようですが、そこで力尽きて

枝から落ちて死んでいくケースが多いようです。

 

死んだカラスの死骸を仲間が食べてしまうことが有ります。鳥類では

例外的にカラスは共食いをするのです。

彼らは【スカベンジャー】死肉食だったり府肉食だったりするわけです。

生態系の中ですごく重要な機能を持っていて、カラスがこの世にいなければ

世界は死体であふれて不衛生な状態になるはずです。

カラスはは世界をきれいにする立場なんです。

 

害鳥として扱われているカラスですが、嫌がらせでゴミをあさっているわけでは

なく、まさに生態系の中の機能をただたんに発揮しているだけなのです。

それがわかれば、今まで迷惑だなと思っていたカラスも、単に生態系の中での

機能を忠実に発揮しているだけ、この賢いカラスと人間が上手く共存できれば

綺麗な環境づくりにも役立つはずです。

 

新築 リフォームはAIWA匠へ

松本市 塩尻市 安曇野市 岡谷市 諏訪市 朝日村 山形村 

フランクロイド・ライトの生い立ち

フランクロイド・ライトの生い立ちについて、ライトの第二黄金期がきます。

 

建築課としての長い冬の時代の後、E.F.カフマン邸 『落水荘』と

ジョンソンワックスビルの設計により、彼のエネルギーに満ちた想像力は再び

一気に弾けました。

ライトの代表作ばかりなのですが、大胆不敵であり、絶妙な美しさでありました。

ジョンソンワックスの社長さんお子様と、ライトのお子様が同級生であったことから

仕事が依頼されたようでうす。

ライトは、第2黄金期は彼が亡くなるまで 何物にも邪魔されることなく続きました。

彼の設計の勢いは老いにつれて弱まるどころか、年を追うごとに信じがたいほど

エネルギシュで精神的に創造を展開し続け、住宅以外にもソロモンR.グッケンハイム

美術館、ベスショーロム教会、マリン都庁舎などの著名な作品があります。

 

ライトの住宅の素晴らしさは、築後100年を超えても所有者が大切に手入れしながら

実際に住み続けていることからもわかります。私たちが ライト作品を見学に行った

時も 住人が塗装工事をやっていたり、建物を維持するためのメンテナンス中であったり

大切に住まれているのが伝わってまいりました。その資産価値も衰えることがありません。

 

ライトが生涯をかけて唱え続けた『有機的建築』が現代もなお色あせるどころか、ますます

その輝きを増して、我々の心に訴えかけるものであり、無機質になりがちな現代において

より人間的な豊かさを提供してくれる建築思想であることの証明ではないでしょうか。

 

ライトの生き方から「不屈の精神と情熱」巨匠フランクロイド・ライトからは『有機的

建築』に凝宿された素晴らしい建築を学びとることができます。心の底から惚れ込む

住宅や建物ばかりです。多くの方にこの素晴らしさ伝え、この感動を共有していきたい

と思っております。             

 

新築 リフォーム 不動産のお問い合わせは AIWA匠まで

松本市 塩尻市 安曇野市 岡谷市 諏訪市 朝日村 山形村・・・・

 

 

 

地方選挙

先週は、県会議員選挙 今週は、市会議員選挙です。

私も選挙に行ってきたのですが、18歳以上に選挙権が与えられたの

ですが、投票に来ている方の中に10代の方や20代と思われる方が

一人も見当たりませんでした。

かと思えば、タクシーで投票に来られた 80代位の方と・・・

なんと 意識の違いが投票会場で現れています。

若い人は 口を揃えたように誰がなってもかわらないから・・・

選挙もせずに 政治に参加もせず 変わらなくしているのは

選挙権を有しながら 選挙をしない君かもしれませんよ。と

言いたくなります。

まず、親から政治に興味を持ち子供達にも興味を持たせましょう。

将来を背負う子供達があなたの目の前いるのですから。

 

新築 リフォーム 不動産のお問合せはAIWA匠へ

松本市 塩尻市 安曇野市 岡谷市 諏訪市 朝日村 山形村

 

フランク・ロイド・ライトの生い立ち

私たちが、シカゴのライトの作品をめぐる旅をし、ライトの財団で

販売している積み木や、ライトのお母様の肖像画も興味深く見てきました。

ライトの生い立ちを語るのに欠かせないものでした。

 

フランク・ロイド・ライトは、1867年(明治元年)6月8日、アメリカの

ウィスコンシン州のリッチランドセンターで生まれました。

 

ライトの母、アンナ・ロイド・ライトは息子のライトを建築家にすることを

強く望み、ライト自身も自然に建築家を志すようになります。

7歳の時に与えられた『フレーベルのギフト(積み木)』はライトの建築に

大きな影響を与えたと、ライト自身も語っています。

 

また、母アンナはウィスコンシンの美しい自然の中で、植物の持つ構造や

自然が作り出すデザインの美しさを繰り返し教えました。

 

ライトが建築家としてのキャリアをスタートさせてのは、20歳の時、ジョセフ・ライマン

シルスビーの事務所でした。ほどなくライトはアドラー&サリヴァン事務所に移りますが

5年間住宅の設計をまかされた後、1893年に独立します。

 

独立後の最初の仕事がウィンズロー邸であり、弱冠26歳でエポックメイキングな作品を、

世に送りだすこととなりました。ライトはそれまでの住宅を「光と空気を取り入れるための

穴が開けられた箱」と述べ、まったく新しい考え方である『有機的建築』に基づいた住宅を

生み出しましたが、それは母の教えで自然から学んだものを、ライトが建築の世界で昇華

させたものと言えます。

デビュー作ウィンズロー邸が、ライトの「第一黄金期」のスタートを飾る作品ともなり、

その後数々の傑作を世に送り出し、確固たる地位を築いていくことになりますが、ライトの

生涯が常に順風満舗だったわけではありませんでした。

 

1910年から1935年には、世界的な経済恐慌などの理由から、ほとんど依頼のないじだいも

続きます。ライトは25年間にも渡る忍従の時代の間、決して建築をあきらめず、設計活動を

続け膨大な数の図面、プロジェクトを遺しています。

残念ながら実現したものは少ないのですが、この時代に蓄積したアイデアがその後の

「第二黄金期」につながっています。日本で帝国ホテルを建築したのもこの時期に

なります。

 

新築 リフォーム 不動産のご用命はAIWA匠まで

松本市 塩尻市 安曇野市 岡谷市 諏訪市 朝日村 山形村・・・・

ユネスコ世界遺産リスト へ ノミネート

フランク・ロイド・ライト建築が、ユネスコ世界遺産リストへ

再ノミネートされます。

 

日本で有名な帝国ホテルは、有名なライトの代表作品nひとつです。

関東大震災の際 東京中信に破壊された中で帝国ホテルが残った

ことはあまりにも有名な話です。

 

その 帝国ホテルが落成100年が 2023年になります。

100年の記念すべき年に向けて 記念行事を企画すべく

フランク・ロイド・ライト財団が 明治村に保存されている

帝国ホテルを訪れ 世界遺産登録に期待をよせつつ、4年後の

帝国ホテル落成100年記念の年に向け、フランク・ロイド・ライトと

有機的建築の思想を啓豪し、オーガニックハウスのブランディングを

継続的に行っていきます。

 

新築 リフォーム 不動産 のお問合せはAIWA匠へ

松本市 塩尻市 安曇野市 岡谷市 諏訪市 朝日村 山形村・・・

 

フランク・ロイド・ライト

フランk・ロイド・ライトは、アメリカの建築家であり、

ル・コルビュジェ、ミース・ファン・デル・ローエとともに

近代建築の三大巨匠の一人としてかぞえられる、世界で最も

著名な建築家の一人です。

 

終生一貫して、より豊かな人間性の保証に寄与する建築、

つまり『有機的建築』の理想を追求し続け、生涯に1191に

ものぼる作品を遺し、その内の460作品が実現されました。

彼が生涯をかけて唱え続けた『有機的建築)は、現代もなおその

輝きを増して、われわれの心に訴えかけるものであり、無機質に

なりがちな現代において、より人間的な豊かさを提供してくれる

建築思想です。

 

日本での作品は、東京都千代田区にありました 帝国

ホテル自由学園明日館、ヨドコウ迎賓館等があります。

 

代表作品は 落水荘、ジョンソン・ワックス社、ウィンズロー邸、らーキン・ビル

等があります。

 

三大巨匠の フランク・ロイド・ライト財団に認証された住宅に住むことが

できます。

私ども AIWA匠が責任を持って お施主様のご要望の家を フランク・ロイド・ライトの

思想に沿って 家を造り上げてまいります。

 

新築 リフォームをお考え中の方お電話下さい 

松本市 塩尻市 安曇野市 岡谷市 諏訪市 朝日村 山形村 松川村

 

 

新築 建替えをお考え中の皆さんお急ぎください

グループ化事業が採択され省エネ性能や耐久性などに

優れた木造住宅の供給促進事業です。

 

AIWA匠もこれで お客様にグリーン事業をお勧めできます。

地域型住宅ブランド化事業に、認定低炭素住宅ゼロ・エネルギー住宅

住宅以外の良質な木造建築物を補助に加えられました。

 

長期優良住宅及び認定低炭素住宅では100万円まで、ゼロ・エネルギー

住宅では165万円まで、低炭素住宅では、1㎡当たり1万円まで、いずれも

工事費の1割が対象になります。まだ地域産材を使用すると利用法により

加算されます。

 

注意点は省エネ住宅ポイントと併用することはできません。

 

補助金を利用して丈夫で安心なマイホームを造りましょう。

補助枠に限りがあります。申し込みはお早めに!

新築 リフォームと今だけの補助金がありますので、しっかり

利用しましょう。

木と対話すると・・・・

毎日、ジメジメと雨の日が続いています。長野県は例年ですと

7月20日頃まで梅雨が続きますが、あと僅かで梅雨が明けます。

 

樹木は自ら移動しないし 鳴きもしない だから生き物だということを

実感しにくいし 樹木植物が作り出す酸素や同化される炭素の重要性を

私たちが意識することも ほとんどない。 塚本さんは困難極める「藤の

移植」を成功させ、しかもフラワーパークの経営状態を劇的に改善

させた。何故そんなことが可能であったか。

 

おそらく物言わぬ樹木との「対話」を通して想像力と決断力が磨かれ

たのだと思う。想像力によって正統な危機感を抱き戦略を立て

様々な決断を下す それは優れた経営者に共通の特質である。

 

多くの方が、ご覧になられたのではないでしょうか。

私たちも様々な木と出会い その木の良さや特質を発揮できるよう

『木』と対話しています。そして『木』の放つ香りに癒されているのです。

 

子育て中のひとは子供と目と目を合わせて対話する

良き夫婦になるのも対話

人と人も対話 これで全てが良き方向へ向かうのです。

先日の見学会をご覧いただいた皆さんはスタッフからお聞きに

なられたと思いますが、栗の木が使われています。また他のお宅では桜の木

樺の木、もちろん桧を選ばれる方等々 木が持つ色や匂い、特性が

また年数を重ねた時の木の艶 話しだしたら止まりません。

 

新築をお考え中の方はより多くの物件をご覧になってイメージを

つくりましょう。そして補助金をしっかり活用してより一層いい家を

造ってください。

 

 

シミが気になります

最近、朝早起きをして 散歩をしています。

6時前に太陽がサンサンと照り 日焼け止めをしないと

シミがどんどん濃くなってしまいそうです。

 

紫外線でシミやしわができるのは、角質層・有棘祖・基底層にわかれている

表皮にUVBが当たると、基底層にあるメラノサイトという細胞がメラニン色素を

作り出し、表皮細胞に沈着し、メラニン色素は細胞の核を覆うように沈着し、

細胞の核を守る働きをしています。

 

日焼けは皮膚を守るための防御反応でもあります。メラニン色素は

黒っぽい色をしているので、日焼けをすると皮膚は黒っぽくなります。

メラニン色素が沈着しても、表皮細胞は徐々に角質に変化していき、

その後は剥がれ落ちてしまうので、目立たなくなります。

 

しかし、メラノサイトのDNAが傷つき、そして傷が蓄積されると

しみができます。するとコラーゲンという線維が減少し、しわになってしまう

のです。

 

昨年同様 今年も暑い日が続くことでしょう。これからは日焼け止めや

サングラスを着用して目の保護も怠ってはいけないでしょうね。

 

でも、太陽光発電を設置してあると、太陽がサンサンと照っていると

思わず笑みがこぼれます。今日も元気いっぱいに稼いでくれて

いるからです。本当に稼ぎますよ。

今年度の太陽光の申し込みも後数日で締め切られます。

新築をお考え中の方は 急いでください。

今 長野があつい

このタイトル どこかで聞いたような ? まぁ いいですよね。

7年に一度の御開帳がスタートしました。テレビで見た初日の人だかりは

凄かったですね。私も 御開帳期間中に出かけたいと思っています。

 

御開帳って どういう意味か知ってますか。雑誌から引用させて頂くと

宗派の別なく宿願が叶うとされているのが善光寺なのだそうです。

しかし善光寺の御本尊は古来より絶対秘仏とされその身代わりとして

御本尊と同じ姿に作られた前立本尊が、数え年で7年に1度、約2か月間

人々の前に姿を現し、拝むことが叶うのが 善光寺前立本尊御開帳

 

この機会に行かなければと思っています。

そして やっぱり目が行くのが善光寺のたてものです。入母屋造りの屋根

甲良宗賀が設計再構築されたもので 建物を見るのも 楽しみの

一つであります。

 

回向柱に触り利益・功徳に授かろうとおもいます。

 

そして 忘れてはいけないのが 今週の土日に行われる

完成見学会 松本市波田(下波田ヒルズ内)4月11日・12日

午前10時から夕方の5時まで 限定2日間 お施主様の

ご好意により開催いたします。サクラもきっときれいに咲いて

いることと思います。どうぞご家族皆様でお出かけ下さい。

新築住宅を考え中の方 お待ちしております。

ページ上部へ