ホーム家づくりブログ

家づくりブログ

新しいモデルハウスが完成しました!

営業の小野です。

 

今冬では一番の雪が降り寒い日が続いています!

インフルエンザが流行っていますのでみなさんもお気を付けください。

 

そんな中ですが、弊社の新しいモデルハウスが完成しました!

2月はプレではありますが、オープン致します。

 

2月9日~11日プレオ―プンの見学会を開催します。

 

今度のモデルハウスは今までと違ったデザイン、コンセプトで造られています。

沢山ありますのでこれから少しずつ紹介していきたいと思います。

 

ご興味、ご関心があるかたはぜひ一度ご覧下さい!

 

松本市、塩尻市、安曇野市の新築、リフォーム、不動産はAIWA匠まで!

長期優良住宅とは?松本市のAIWA匠が解説

「長期優良住宅ってどのような特徴があるのだろう?メリットなども知りたいな。」
そのような疑問をお持ちの方に向けて今回は、長期優良住宅の特徴やメリットについてご紹介いたします。
 
□長期優良住宅とは?申請のための条件とは?
 
*敷地面積と床面積
快適な居住空間を確保するためにある程度の広さが必要であると考えられており、この数値は注文住宅建設において重要な要素となっています。
長期優良住宅においては、一階の床面積が40平方メートル以上であることが前提で、かつ共同住宅の場合は全体で55平方メートル、戸建て住宅の場合は75平方メートルであることが条件です。
また、建築基準法によって敷地面積が200平方メートル以上であることが定められています。
この敷地面積については土地の高さを一定にして算出され、4メートル未満の道路に接する場合はそこから1メートル後退した部分を敷地として捉えますので押さえておきましょう。
 
*劣化対策
名前通り長きにわたって住み続けることを目的としていますので、劣化がなるべく起こらないように工夫を凝らさなければなりません。
木造住宅である場合には、床下や小屋裏に点検口を設置することや点検しやすいように高さを確保することが要件となっています。
また鉄筋コンクリート造の場合には、セメントに加える水の比率を下げコンクリートの厚みを増すことなどが求められています。
 
□長期優良住宅のメリット
 
*可変性がある
バリアフリー改修など、その場所に住む人の生活様式が変化することに対応しており、間取りを容易に変更できるような工夫が施されています。
 
*省エネルギー性に優れている
長期優良住宅は省エネルギー性においてもある一定の質が求められています。
具体的には1999年に策定された省エネルギー基準に適合することが条件です。
そのため、エネルギーの効率性も高まり、光熱費を抑えた住宅になります。
 
*耐震基準が高い
耐震性には様々な基準が設けられていますが、良く利用されているのは耐震等級でしょう。
こちらには三つの段階があるのですが、長期優良住宅においてはその上から一番目または二番目であることが認定されるための基準として設けられています。
具体的には、建築基準と比較して1.25倍以上の強さの揺れに対しても耐えうることが求められており、これは極めて稀に発生する地震に対しても倒壊せず変形も一定以下に抑えることが可能であるという見通しです。
 
□最後に
今回は、長期優良住宅とはどのようなものかやそのメリットについてご紹介いたしました。
申請に関しては建築工事の着手前までに建築指導課に依頼することが必要になりますので、忘れずに行いましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ECO-I〈エコアイ〉換気

◆家にマスクをしたようなエコアイ換気システム◆

housePM2.5を約98%、花粉を約99.8%除去して家の中に入れないエコアイ換気

club1.吸気フィルターで、汚染物質を98%除去。新鮮な空気を取り入れます。

club2.熱交換換気で、冬は冷たい空気を暖かい空気に交換し室内へ。室内の汚れた空気は、排気します。

club3.室内の汚れた空気とちり、アレルゲンを床下の排気口から外に排気します。

club4.床下排気口でインフルエンザ菌を除菌。室内に汚れた空気が回りません。

 家の中を美味しい健康な空気にしましょう。dogby.nishidog

house塩尻市、松本市、安曇野市で新築住宅、リフォーム、不動産のご相談は是非、AIWA匠へconfident

 

現場新築工事

2019130162753.JPG

こんにちは田中です

野溝木工に松本モデルが完成しました2月9日にプレオープンです

新築・リフォームのご相談は是非AIWA匠までご相談ください

 

 

 

 

土地の探し方の流れを松本市のAIWA匠が解説します

「注文住宅を建てたい。そのためにはまずは土地を探さないといけないよね。どのようにして探していくのが良いのだろう?」
住宅を建てる際に土地を探すことから始めると時間がかかるため、事前にやることを知ってスムーズに家を建てられるようにしたいですよね。
そこで今回は、土地を探す際の流れについてご紹介いたします。
 
□土地を探す流れ
 
*暮らしのイメージづくり
土地を探す前にすることがイメージづくりです。どのような空間にしたいのか、暮らしの場で何を叶えたいのかをじっくりと考えていきましょう。
ただそうは言ってもなかなか思い描けないという方もいらっしゃるかもしれません。
その際には資料請求して施工事例を見たり、来店して相談したり、住宅関連のイベントに参加したりして自分自身にとって気に入るものを探し、イメージを固めるヒントを探すとよいでしょう。
 
*資金計画
暮らしのイメージづくりと同様に準備として大切なのが資金計画です。
特に土地の購入の伴う注文住宅においては、予算をはるかに超えて支払いが困難になったり返済に追われたりすることがよくあります。
せっかく理想の住宅を建てたのにお金の面で苦しむと、幸せに暮らすことが難しくなりますよね。
そのためにも、現状どのくらいの資金を住宅新築に使えるかを調べ、また見積もりを取ってもらって工事にかかるおおよその費用を把握しておきましょう。
仮に見積もりの金額が自分で出せる資金を上回っていた場合には、ローンをどのくらい借り入れいつ返済していくのかを決めていくことが大切です。
 
*土地探しとプランニング
注文住宅を建てる際には土地を選ぶことも必要になります。
周りの環境・最寄り駅までのアクセス・どの学校の区内なのか・近隣の商業施設など選ぶ観点は様々ですが、ご自身の重視したいポイントが何なのか優先順位を決めて候補を比較していきましょう。
同時に施工してもらう業者を決めることになります。
契約する業者を探す傍ら実際に思い描いているものが形になるのかをプランニングしてもらって、どの業者であれば実現できるかを確かめるのも良いでしょう。
 
*契約
業者と家を建てる土地が決まり次第契約となります。
土地の購入や新築にあたっては必要な手続きも多いですし、税金もいくつもの種類を支払うことになりますので確実に進めていきましょう。
最後に施工して新しい暮らしが始まります。
 
□最後に
今回は、土地を購入するにあたって探す際の流れをご紹介いたしました。
土地を手に入れるまで大体の流れを知って、安心して進められるように準備していきましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

現場新築工事

2019129173747.JPG

こんにちは田中です

野溝木工に松本モデルハウスが2月9日から11日までプレオープンします

新築・リフォームのご相談は是非AIWA匠までご相談ください

 

現場新築工事

201912917320.JPG

こんにちは田中です

松本モデルルームが2月9日にプレオープンします

新築・リフォームのご相談は是非AIWA匠までご相談ください

 

現場新築工事

2019129173034.JPG

こんにちは田中です

2月9日にモデルルームがプレオープンします

新築・リフォームのご相談は是非AIWA匠までご相談ください

 

現場新築工事

201912917284.JPG

こんにちは田中です

モデルルームが2月9日にプレオープンします

新築・リフォームのご相談は是非AIWA匠までご相談ください

 

土地の種類について、松本市のAIWA匠が解説します。

「土地はどのような種類があるのだろう?」
土地の種類は色々な形に分類できるのですが、今回はその中でも利用する方法ごとに区域を定めている、用途地域の基準にそってご紹介いたします。
 
□用途地域ごとに分類、土地の種類
用途地域というのは、建築できる建物を定めた決まりのことです。
これがあることによって無秩序に建築が進み、快適さが失われることを避けています。
実はこの用途地域ごとの分類は、全ての土地が対象ではありません。
というのも、年中環境を守りより便利に暮らしが営めるようにしているもので、農地や森林は対象にならないためです。
大きく分けると住居系・商業系・工業系の三つに分かれますが、さらに細かい分類法もありますので、あわせてお話します。
 
*住居系用途地域
住居系用途地域は七つに分類されます。
低層住居専用地域は高さが10メートルまたは12メートルという高さ制限があり、マンションも三階建て程度と比較的閑静な住宅街になる場所です。
第一種においては住宅の他は兼用の住宅・小中学校・診療所などと限定的で住宅専用の区域という印象を受けるでしょう。
一方で、第二種になると床面積が150平方メートル以内の店舗・飲食店・コンビニなどが建てられるようになります。
次に中高層住居専用地域は、低層住居専用地域で建てられるものに加えて病院・高等学校・大学なども建設可能です。
第一種は床面積500平方メートル以下の飲食店や店舗・駐車場など、第二種はさらに床面積1500平方メートル以下の飲食店や店舗・事務所などが建てられて、職環境と住環境が近い地域となります。
そして住居地域においては、床面積3000平方メートルまでのホテル・スポーツ施設などの大規模な施設も対象となり、第二種においてはカラオケやパチンコなどの娯楽施設も含まれるようになるので、騒音などについては調査されておくことが良いでしょう。
最後に、準住居地域ですが、こちらは自動車関連施設や映画館なども建てられる可能性のある地域です。
 
*商業系用途地域
商業系用途地域は二つに分類されます。
まず商業地域というのは百貨店をはじめとする店舗やオフィスビルなどの事務所が中心に建てられ、駅の周辺や市街地の中心部などが対象です。
住宅自体は建築可能であるものの、住環境としてはあまり重視されません。
近隣商業地域は住宅地の近くに店舗やスーパーマーケットが建てられる場所です。
商店街を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。
 
*工業系用途地域
工業系用途地域は三つに分類されます。
まず、工業専用地域は工業の増進を目指すために設けられている地域で、公害の発生の恐れがある業種も含めて工場を建てられることが特徴です。
こちらには住宅や商業施設を建てることはできません。
次に工業地域においては、住宅や店舗を建てることは可能である一方、学校やホテルなどは不可となっており、幾分条件は緩和されている印象です。
こちらは工場跡地として再開発が行われている地域も対象になることがあります。
そして、準工業地域は環境を悪化させない工場などが建てられる地域です。
安全性や衛生面での条件が厳しいため住宅や商業施設なども共存でき、町工場や住宅が混在している街並みとなります。
 
□最後に
今回は、用途地域ごとの土地の種類についてご紹介いたしました。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
ページ上部へ