ホーム家づくりブログお役立ちブログ諏訪市

諏訪市

土地の探し方の流れを松本市の注文住宅業者が解説

「新しい住宅を建てる際には土地にもこだわりたい。でも土地ってどのように探すものなのだろう?」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、土地どのように探すのが良いのかということについてご紹介いたします。
 
□土地探しの流れ
 
*どのような場所に住みたいのかを決める
最初に、どのような場所に住みたいのかを決めましょう。
何もプランがない状態で土地を探し始めても何を基準に選んだらよいのかがわかりませんよね。
 
そこでどんな新しい暮らしをしたいのかということを想像してみましょう。
広さはどの程度なのか・庭は欲しいのか・周りの環境は住宅街か自然が豊かな場所なのか・通勤通学先や商業施設へのアクセスはどうなのか、などご自身が住宅やその周りの環境に求めることから必要な要素を出していきましょう。
 
具体的にどの地域にするのかが決まっていると探しやすいかとは思いますが、なかなか希望条件に合った土地が見つからないこともあります。そのため、どの観点を重視したいかという優先順位までつけて考えておきましょう。
 
*資金計画を立てる
土地を購入する際にはどの程度の予算で探すか、ということも考えなければなりません。
実際にどの程度の費用であれば土地の購入費として出せるのかということを考えることは土地選びで後悔しないためにも重要な要素になります。
 
そのために必要なのが資金計画を立てることです。
大まかな流れとしては、現状持ち合わせている資金のうち、住宅・土地の購入にかけられるのがどの程度なのかということを把握します。
また住宅ローンを申請する場合には生活が困窮しないような程度で返すことができる金額がどの程度なのかを考え、自己資金とローンを合わせたものから土地に使える金額がどの程度なのかということを計算します。
 
新築後も無理なく生活をするために、予算に収まるような土地を選んでいきましょう。
 
*自分であるいは不動産会社と土地を探す
土地の希望条件とおおまかな予算が決まってはじめて土地選びの段階になります。
自分自身で探すこともできますが、手間をかけたくないということでしたら不動産会社や建築業者に相談するのも良いでしょう。
 
□最後に
今回は、住宅を建てる土地を探す際の流れについてご紹介いたしました。
実際に探す前段階としてどのような土地を求めているのかということを条件として出し、また資金計画を立てることによって予算を明確にしておきましょう。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォーム・リノベーションで耐震性を向上させませんか?

リフォームをお考えの方の中には、耐震性を気にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
大地震が心配されているので、丈夫な家を建てることは多くの方の関心かと思います。
 
そこで今回は、地震に強い家のポイントとリノベーションによって耐震性を高めることについてお話しいたします。
 
□地震に強い家を建てるのに必要な要素
自身から家族の暮らしを守るために住宅に必要な要素としては、主に二つの観点が挙げられます。
 
*基礎
住宅を建てる際にはまず基礎と呼ばれる土台が必要となります。
その土台は建物を支えるために設けられているものですが、耐震性を高める上ではもう一工夫が必要になります。
地震の揺れによっては水平方向の力も加わるため、単に建物を支えているだけでは衝撃を吸収しきれません。
 
基礎部分と立ち上がりの生コンクリートを同時に打ち付けることで上下が一体化しより頑丈な基礎になります。
こうしたリフォームによって地震への強さは格段に上昇するでしょう。
 
*構造体
強い地震が発生すると建物の揺れによって、垂直方向だけでなく水平方向にねじれる力が生じます。
このねじれに対応できるようにする工夫としては、壁に構造用面材を張るということや柱を太くするということができるでしょう。
 
また、床に使用する板も分厚いものにすることで水平方向のねじれにも強さを発揮できるようになります。
こちらの床や壁の張り替えはリフォームにおいても簡単にできる耐震性の補強方法です。
 
□リノベーションによって新築に近い耐震性を
リノベーションをする際に「果たしてリノベーションだけで耐震性を充分に強化できるのだろうか?」という疑問を持つ方もいらっしゃるかと思います。
何十年も前に建てられた中古住宅は現在の耐震基準を満たしていないものも多く、経年劣化で弱くなっていることもあります。
 
しかし、基準よりも基礎を組む間隔を短くしたり、板の厚さを増したりするといったリノベーションを行うことによって、新築に劣らない水準の耐震性を実現できます。
しかもこれを新築よりも安い価格で実現できます。
 
□最後に
今回は、耐震性の高い家の要素として二つご紹介し、リノベーションによっても新築と同じ水準の耐震性を確保できることをご紹介いたしました。
リフォームやリノベーションによって安心して暮らせる地震に強い家を実現しましょう。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームだけじゃない!古民家をリノベーションしよう

「古くなった不動産を相続したけれど、どうにかして住める状態にしたい。」
「最近よく話題になるイノベーションってなに?」
このように悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
 
最近では、「古民家カフェ」など、古くなってボロボロの状態の家を購入してリノベーションし、おしゃれになった家に住む方が増えているようです。
今回は、古民家を再生・再建するためのリノベーションについてご紹介します。
 
□リノベーションとは
リノベーションとは、間取りから内装、配管まですべてを一から考え、これから住む人たちの暮らしに合わせて作り変えることで、新しい価値を生み出す工事のことです。
マンションを購入すると、ほとんどの間取りは、ファミリーを想定した画一的な間取りになっていますよね。
この間取りを、住む人によって心地いい間取りにデザインし、住む人の暮らしに合わせて刷新するのです。
 
□リノベーションとリフォームとの違い
リフォームとは、時間を経て、汚れたり古びたりした内装を新築の状態に近づけるための改修のことです。
リノベーションは、古くなった状態を元に戻すことで、リノベーションは、古くなった状態を作り変えて新たな価値を見出すことです。
 
□リノベーションをするメリット
*材料の質が高い
古民家の柱や梁などの材料には、ヒノキやケヤキなど希少性の高い木材が使われています。
樹齢100年のヒノキは、伐採されてから100年後に最も強度が強く、200年から300年間はその強度が維持されると言われています。
 
リノベーションする場合、元の家の強度を心配し補強される方もいらっしゃいますが、古民家のリノベーションの場合はそのような心配がありません。
 
*資源を保護することができる
古民家の柱や梁をそのまま再利用することができるため、自然保護に繋がります。
さらに、シックハウス症候群やアトピーなどの原因物質を含む木材が使われていないため、人にも優しく、健康的に暮らすことができます。
 
*固定資産税を軽減できる
固定資産税は築後年数によって税額が決定するため、古民家を取り壊して新たに家を建てるよりも税金を抑えることができます。
リノベーションによる費用が心配な方は嬉しいですね。
 
以上、古民家を再生・再建するためのリノベーションについてご紹介しました。
古民家でどのような暮らしをしたいかをイメージした上で、あなたにあった方法を検討してくださいね。
古民家の物件やリノベーションについて何かお困りの際は、ぜひ一度株式会社AIWA匠までご連絡ください。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トイレリフォームを成功させるためのコツ、おすすめの素材は?

リフォームはこれまで問題に感じていた点を改善できるように行うものですから、あまり費用をかけずに済むように安さだけを追求してしまうと失敗につながる恐れがあります。
トイレは狭く感じやすい空間ですから、タンクレスを検討したり、壁材や床材にこだわったりしただけでもずいぶん違った印象になるのでおすすめです。
 
部分的に変更するとまとまりがない印象になることがあるので、照明をLEDにしたり、収納スペースや窓のサイズを変えたりするなど雰囲気に合わせてトータルコーディネートをすることも考えましょう。
 
使用する素材は汚れに強いものが適していて、床材はリビングのフローリングと同じ素材は適さないことがあります。
清潔感やぬくもりを感じられるような無垢材はトイレには適さず、汚れが付くと落ちにくくて1年程度でくすんでしまいます。
 
アンモニアのシミは水垢などとは違うため、おすすめなのは表面に汚れが残りにくい撥水に優れた素材です。
サニタリー用やトイレ専用のフロアがあるので、見本を見ながら検討するとイメージも膨らみやすいです。
 
壁と床の色や柄を統一すると空間を広く感じさせる演出ができるので、リフォームするときは合わせて選ぶとよいでしょう。
濡れていても滑りにくい、抗菌性や消臭性が高く機能が優れているものもあるので、しっかりした性能のものを選べば後悔せずに済みます。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅を新築する際に行う手続きの流れについて

住宅を購入する時には、既に出来上がっている物件を購入したり、一からユーザーの要望を採り入れた物件を注文したり、リフォームやリノベーションで中古物件を現代的な使い方に合わせたりといった方法が考えられます。
注文住宅で家を建てたいのであれば、その実績が高い企業に依頼する事で、ユーザーは納得するでしょう。
 
注文住宅を新築する際に行う手続きの流れは、まず、資金計画を立てていきます。
そして、その予算に合わせて、資料請求などを行い、施工を依頼する企業を探します。
販売実績や施工実績が十分にある企業を選択する事で、ユーザーが納得出来る形で注文住宅を仕上げてくれるでしょう。
 

施工してもらう企業を探したら、予算内で建てられるかどうかを確認する為に見積もりをもらいます。場合によっては、複数の施工会社から見積もりを貰って比較検討しても良いでしょう。

限られた予算を最大限に活用するには、見積もりをもらって、どのような部分に費用がかかるのかを知る事です。

ユーザーが一番望む部分に予算を割り振る事で、ユーザーが納得出来る内容の家を作る事が出来ますので、施工を依頼する企業と入念に相談をして、予算内で注文住宅を築き上げていく事が大切です。

デザイン面や機能面を両立させるには、それなりの予算が必要になってきますので、効率的に手続きを進めていきます。

長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

フローリング張り替えリフォームの費用相場とは?

自宅のフローリングが傷んできた場合は、リフォーム手法として張り替えをすることができます。
リフォーム専門業者に依頼をすれば、きれいな仕上がりが可能で、まるで新品の床のように仕上げることが可能です。
 
ただ、専門業者の選定には注意をする必要があります。
同じような作業を依頼した場合でも、業者によってかなり料金が異なりますので、十分に業者の選定をすることが重要です。
 
その点、当社は過去の実績と高い技術でもって、できるだけお客様にご負担にならないよう、可能な限り低価格での作業を提供させていただいています。
もちろん、安いから雑な仕上がりになるということは全くなく、まるで引越し当初のような美しさに仕上げさせていただきます。
 
最初に選択をいただく点として、床の素材の張り替えをするか、重ね張りをするかの二択があります。
後者の方が費用面では割安ですが、若干ごわごわした肌触りを感じるかもしれません。
 
当社の作業は、経験豊富な専門スタッフが作業に当たりますので、短時間で作業を完了させていただきます。
また、素材の種類も豊富に取り扱うことができるので、希望にそった床の印象を提供させていただけると自負しております。
 
まずはお気軽にご相談ください。当社専門スタッフが分かり易く丁寧に、ご納得いただけるまで作業内容をご説明いたします。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

工務店との契約でトラブルにならないためにはここに注意!

住宅を建てるためには、工務店などの建設会社に依頼を行うことが自然ですが、建てるためにはトラブルが発生することも頭に入れておく必要があります。
 
そのトラブルには大きく分けて二つのタイミングが存在し、工事中と工事後の二つです。
 
工事中であると隣り家に影響や間違い工事、工事期間の延長といったケースがあります。工事後の場合では欠陥工事や壁や床に損傷、工事代金や追加工事の発生などのトラブルが多いです。
 
そのため工務店と契約して、工事着手前から対策を行っていくことがポイントで、見積もり書や契約書を繰り返し確認して不明な点がないかを確認することが必要となります。
 
また現場を視察することで疑問に思うことなどを随時、聞いていったり、工事前には設計・営業・大工の三者と打ち合わせを複数回にわたり行っていくこともポイントです。
 
打ち合わせなどでは納得できる説明がされるかどうか、対応が悪いサービスがないかをチェックしていくことも必要で、他にも見積書や契約書に不備がないかどうかの確認も行っていくことも必要となります。
 
工事中も依頼通りに作業が進んでいるか、手抜き工事をしている部分がないかなどを現場で確認すると良いです。
工務店によっては作業の進捗に合わせてチェックリストを作っているケースもあります。
 
そういったチェックリストを見せて貰える場合があるため、こうしたことからもトラブルを未然に防ぐこともできます。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅で失敗しないためのチェックリストをご紹介!

注文住宅で失敗しないためのチェックリストとして、ひとつは耐震強度に関する問題があります。

注文住宅を行っている業者の中には、見た目や内装などを中心に行っており、家の基盤となる耐震強度に関する問題を疎かにしていることもあります。

家の安全性に関しては、見た目よりも重視するべきポイントであり、地震が起こった際でも被害を最小限にすることができるので、可能であれば耐震強度に関する問題を重点的に対策している業者に依頼すると良いでしょう。

他には、業者の方と積極的なコミュニケーションを取ることです。自分が考えているものが漠然であるのであれば、なるべく具体的な案を提案することで、考えていたものとかけ離れたものが出来上がると言った問題を未然に防ぐことができるでしょう。

具体的な案を考えるためにも業者の方とのコミュニケーションは不可欠で、コミュニケーションを行った量に応じて、自分の考えていたものと同じものが作れるかどうかが決まっていきます。

事前に話し合いを行うことで、建築基準法の問題も考慮することができますし、予算の問題についても解決できるでしょう。

特に予算については、適切に話し合わなければならない問題であると考えられます。

どのような支払い方法を行うのか、お金は何時払うかなどの規定を決めておくことで業者の方とのトラブルを避けることができます。

長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅と建売住宅!それぞれの違いを把握しよう!

新しい住宅の購入を検討されている方にとって、何を基準にして住宅選びをすればいいのか悩んでいる方は少なくありません。
 
住まいの購入を判断する基準とする際に重要になるのが、「注文住宅」と「建売住宅」の二つです。
そこでこの二つの違いやそれぞれのメリットやデメリットをご紹介します。
 
注文住宅はユーザーの好みを建築時に反映できる事が可能で、建売住宅は完成品を見て購入を判断する事が可能という特徴があります。前者の場合は家を立てる土地探しから始める必要があり、土地探しを入れた住宅の購入プランを立てる必要があり、時間がかかりやすくなりますが自分の気にいった場所に家を構えることが出来るので、満足のいく住宅を立てることが出来るメリットがあります。
 
後者の場合は住宅と土地が付いてくることから、立地面とセットで住宅選びをすることが可能なので、気にいった地域で建売住宅の販売をしていれば、入居後のイメージを立てやすくオーソドックスな家選びをすることができます。
 
反面注文住宅のデメリットは土地から選ばなくては行けないので、完成するまでに期間とコストがかかりやすくなります。自分の希望通りの家にする事は高額費用がかかりやすいので、ある程度妥協をする必要があります。
 
建売住宅のデメリットは、既に完成している状態で購入するため、希望する設備を入れることができなかったり信頼のおける施工会社を自分で選ぶことができません。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームの業者選び!優良業者を見極めよう!

リフォームはどこも同じと考えている人は意外と多いのですが、実際はリフォーム業者にも得手不得手があったり、誰でもなれることから質が悪い業者も数多く存在します。
選び方を間違えると希望通りの施工をしてもらえなかったり、最悪の場合には欠陥がある施工になる恐れがあります。
 
選んだリフォーム業者が優良かどうかの判断ですが、最初に自身が希望するリフォームの内容と同規模、もしくはそれ以上の工事の実績があるのか確認してください。具体的にはどの程度の実績があるのか、そして今まで行った施工内容が自身が希望する内容のイメージと重なるのか確認してください。
 
次に住居の状況に応じた適切なプランを提案してくれるのかや、工事開始後に発生する可能性のある追加工事についても適切な説明があるのかどうかも確認の対象です。
 
リフォーム業者に依頼する際には誰でも丁寧な対応をしてくれる業者を選びたいと考えますが、丁寧な対応をしていれば必ずしも安心という訳ではありません。
中には小規模な補修を得意とする人もいれば、大規模なものを得意としている場合もありますし、外壁が得意な場合や屋根が得意といったように様々です。
 
大切なことは希望する内容に合わせた提案ができるかどうかです。
どんなに得手不得手があっても、お客様の理想に合った設計が出来なければ意味がないので、こちらの要望を適切に汲み取ってくれるのかどうか確認しましょう。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
ページ上部へ