ホーム家づくりブログお役立ちブログ諏訪市

諏訪市

その間取りで大丈夫?注文住宅の間取りと動線の考え方

注文住宅は、ご自身の思い通りに設計ができる反面、「実際に暮らしてみると不便なところがあった」「もうすこし間取りを考えておけばよかった」という後悔の声も聞こえてきます。
そこで今回は、注文住宅の間取りで失敗しないための方法を「動線」という観点から見ていきましょう。
 
□注文住宅の間取りが重要な理由
間取りとは住宅の部屋の配置のことです。
注文住宅の住み心地は限られたスペースをどう配分するかで決まってきますので、間取りを考えることは非常に大切といえます。
 
□間取りを考えるときのポイント「動線」
 
動線とは家の中を家事や用事で移動する経路のことをいいます。
間取りと動線にその家の暮らしやすさがかかっているといっても過言ではないでしょう。
 
□動線の種類
動線にはいくつか種類があります。
各動線の特徴について見ていきましょう。
 
*家事動線
圧倒的に多くの方が苦労されるのは家事動線です。
家事動線は掃除、洗濯など毎日家事をするときに通るルートのなので、距離は短く楽にしたいですよね。
例えば、洗濯機とベランダを近い配置にすれば洗濯物を干すのが楽になります。
玄関と冷蔵庫が近いと、食材を買ってきて冷蔵庫に入れるとき便利ですね。
毎日やる家事だからこそ、移動経路を短縮できれば暮らしやすさは格段に上がるでしょう。
 
*収納動線
収納動線は、使ったものを収納するのに移動する経路です。
最近ではリビングに衣類やカバンを収納できるスペースをつくり、着替えるクローゼットを配置するという家もあります。
洗濯物をしまうのが楽になり、朝の準備の時間も短縮できるというメリットがあります。
 
*衛生動線
衛生動線は水回りのことで、洗面所やトイレの配置に悩まれる方は多いです。
もちろん洗面所とトイレは近いほうが便利です。一方、リビングやダイニングとトイレが近いと食事中、来客中に音が気になってしまいます。
水回りの配置は難しいので家族で話し合い、慎重に決めるといいでしょう。
 
*来客動線
お家にお客さんが来る場面もあると思います。
来客を通すルートを来客動線といいます。
リビングに通すまでに、プライベートな空間が見えないようにするのが理想です。
リビングから見えにくい位置、キッチン横などにパントリーを設置しておくと来客時に慌てることはありません。
また、来客動線と家族が普段使う動線が重ならないようにしておくと、来客中だからと遠慮してできないことがなくなりますね。
 
 
ここまで「動線」という観点から注文住宅の間取りで失敗しないための方法を見てきました。
部屋の間取りや動線は建ててしまうとなかなか変えられないので、専門家に相談しながらお決めになられる方も多いです。
お悩みの方はぜひAIWA匠までご連絡ください。
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の費用の内訳とは?松本市で家を建てたい方必見

注文住宅を考えているけど、どれくらいの費用が必要なのか正直よくわからないという方は多いと思います。
無理のない範囲で高品質なマイホームを手に入れるために、資金計画は非常に大切です。
この記事では、注文住宅にかかる費用とその内訳についてご紹介します。
 
 
□注文住宅にかかる費用の内訳
みなさんは注文住宅にかかる費用の内訳をご存知ですか?
家づくりをするとき見積もりを取ると思いますが、工務店などからもらう見積書は専門用語が多いので難解な印象を持たれるかもしれません。
ですが費用の内訳は実は簡単で、「本体工事費」「付帯工事費」「諸費用」の3つの要素にわけることができます。
それでは3つの要素についてそれぞれ見ていきましょう。
 
 
□注文住宅にかかる費用「本体工事費」
本体工事費とは、建物の本体の建設にかかわる費用をいいます。
基礎工事から内外装、設備までを含む工事で、総費用の7~8割程度を占めるといわれています。
主な本体工事を見ていきましょう。
 
*基礎工事
基礎工事は家の基礎を作るための工事で、コンクリート、鉄筋、杭、土の処理などをいいます。
 
*木工事
木工事は大工が木材、建材を使い建物の骨組みを作る仕事です。
本体工事費のうちの35%と大きな割合を占めています。
 
*屋根工事
瓦、板金で屋根を葺いたり、雨どいや水切りを取り付けたりする工事のことをいいます。
 
*電気水道工事
壁、天井裏などに電話線、電線、水道管の配線・配管を行います。
 
*左官工事
外壁内壁を塗り上げる工事のことを指します。
 
□注文住宅にかかる費用「付帯工事費」
本体工事以外に建物に付属する設備や物品にかかる費用を付帯工事費といいます。
個々のケースで違いますが、全体の工事費用の10%ほどといわれています。
付帯工事費の主なものを見ていきましょう。
 
*外構工事費
外構工事費はフェンスや門、庭や駐車場などに必要な費用を指します。
 
*建物解体・伐採費
建て替えや建物の解体をするときに発生する費用が建物解体費、伐採費です。
 
*地盤改良工事
地盤調査で、住居を建てる地盤が軟弱だと判断された場合、地盤の強度を高める追加の工事が必要になります。
土地を安く購入できた場合でも地盤が弱くて工事が必要ということになりかねませんので、注意が必要です。
 
*引き込み工事
引き込み工事とは水道管やガス管を引き込む作業です。自治体によって負担額が決められているので確認の必要があります。
 
 
□注文住宅にかかる費用「諸費」
諸費用は建物の建設に直接かかわる費用ではなく、印紙税、登録免許税などの税金やローン、保険の手数料などが該当します。
他にも多くの種類があり、建物の建築以外にも多くの費用がかかることをご理解ください。
 
 
ここまで注文住宅にかかる費用とその内訳についてご紹介しました。
注文住宅にかかる費用はさまざまで、専門家に相談される方がほとんどです。
注文住宅に関する疑問・お悩みがありましたら、ぜひAIWA匠までお問い合わせください。

長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅をお考えの方必見|新時代のZEH住宅のメリットをご紹介

「ZEHの注文住宅を購入した。」
このような話を友人や知り合いから聞いたことはありませんか?
ZEHは比較的新しい住まいのスタイルで、いまいちよく知らないという人も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、ZEHとは何なのか、そのメリットについてご紹介します。
 
□ZEHとは何なのか
まず、ZEHとは何なのかについてご説明します。
この発音の仕方も分かりにくいZEHですが、「ゼッチ」と読みます。
これは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、文字通り使用するエネルギーをゼロにすることを目指した住宅になります。
 
「エネルギーがゼロってどういうこと?」と疑問をお持ちですか?
簡単に言うと、日常生活で使用するエネルギーを少なくし、さらにそれを創出したエネルギーで補うという意味です。
それでは、どのように行っているのか見ていきましょう。
 
*消費エネルギーの削減
私たちは、日々の暮らしの中で電気やガスといったエネルギーを使用していますよね。
部屋の明かりや料理の時の火力、エアコンによる空調管理などがその例です。
ZEHでは、様々な工夫を住宅に行うことで、その消費エネルギーの削減を目指します。
 
代表的な場合は、住宅の断熱性能を高めるという方法があります。
住宅の構造や素材に工夫し、断熱性能を高めることで夏は涼しく冬は暖かく快適に暮らせ、エネルギーを多く使用するエアコンの使用を減らせます。
 
*エネルギーの創出
普段私たちが使用している電気やガスなどのエネルギーは、業者から購入して使用していますよね。
そのための費用が光熱費ですね。
ZEHでは、太陽光発電を取り入れることで、日々の暮らしの中で使用する電力を自分で創出してしまいます。
これに蓄電池を組み合わせると、より効率よく電力を貯められます。
 
□ZEHの持つメリット
*住環境が改善される
「冬になるとお風呂場が寒い。」
このような経験はないでしょうか。
実は、部屋からお風呂に行くときに急激な気温の変化があると、ヒートショックという血圧の変化が起こり、健康被害を引き起こす可能性があります。
 
先ほどご説明した通り、ZEHは断熱性能を高めます。
ですので、このヒートショックのような住環境からのリスクを減らせます。
 
*光熱費が節約できる
ZEHでは、使用するエネルギーを自給で賄うことを目指しています。
ですので、業者から電力やガスなどのエネルギーを購入する必要がなくなる可能性があります。
初期費用はかかってしまいますが、長期的なランニングコストの削減ができます。
 
*補助金が出る
ZEHは、エネルギー消費の削減ができるエコな住宅です。
ですので、政府はこの普及に力を注いでいます。
現在はZEHの住宅に対して補助金が支給されています。
住宅の購入は金額が相当かかってしまいますので、少しでも補助金が出ることはとてもうれしい点ですよね。
 
□おわりに
この記事では、ZEH住宅とは何なのか、メリットについてご紹介しました。
ZEH住宅には、様々なメリットがあることがご理解いただけたでしょうか。
注文住宅をお考えでZEHの住宅について興味をお持ちの方はぜひ一度ご連絡くださいね。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームされる方必見|リフォームのローン控除について徹底解説

「住まいのリフォームをしたいけど、費用面から諦めている。」という方は多いのではないでしょうか。
実は、リフォームすることによって住宅のローンが控除される場合があるのです。
そこでこの記事では、リフォームのローン控除についてご紹介します。
 
□住宅ローン減税
住宅ローンを利用してリフォームを行った場合、住宅ローン減税の対象になります。
ローン残高の1%が所得税額から控除され、入居から10年間適用されます。
場合によっては、住民税の一部も控除されます。
 
この住宅ローン減税を受けるためには、もちろん一定の条件を満たす必要があります。
以下に、その条件をご紹介します。
 
*工事内容
・大規模修繕もしくは模様替え工事
・マンションなどの床、階段、壁の過半の修繕、模様替え
・一室の床、壁すべての修繕、模様替え
・耐震改修
・バリアフリー化
・省エネ化
 
これらの工事内容の一つに当てはまり、工事費用が100万円以上、居住部分の工事費が全体の費用の半分以上であることが条件です。
これらの条件を満たし、工事後6ヶ月以内に居住する、ローン返済期間が10年以上、年収3000万円以下などの要件に合う場合、住宅ローン減税が受けられます。
 
□ローン型減税
上記の住宅ローン減税以外のローンでも、控除を受けられます。
それは、リフォームローンの返済期間が5年以上のローンの場合です。
その条件にはバリアフリー、省エネ、同居対応、長期優良住宅化といった条件を満たす必要があります。
 
年間控除額の上限は12万5千円で、5年間最大で62万5000円の控除が受けられます。
これは、金額を計算して所得額から控除されます。
控除額の計算方式は借り入れたローンの内の、対象リフォームの工事費用分の2%と、借り入れローンの内の、それ以外の工事費用相当分の年末ローン残高の1%の合計あるいは限度額、どちらか一方の少ない方が控除額になります。
 
□自発的に行動しよう
マイホームのリフォームで受けられるローンの控除をご紹介しましたが、今回ご紹介した2つの方法を利用するためには、自発的に行動する必要があります。
要件に合うリフォームを選択し、税務署に確定申告することではじめてこれらの控除が受けられます。
リフォームでローンの控除を考えている人は、今すぐ行動を起こすことを心がけましょう。
 
□おわりに
今回は、リフォームの際に受けられるローン控除についてご紹介しました。
方法によっては工事費用を安くしながら、リフォームを行えることがお分かりいただけたと思います。
リフォームが気になっている方はぜひ一度ご連絡くださいね。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

土地の探し方の流れを松本市の注文住宅業者が解説

「新しい住宅を建てる際には土地にもこだわりたい。でも土地ってどのように探すものなのだろう?」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、土地どのように探すのが良いのかということについてご紹介いたします。
 
□土地探しの流れ
 
*どのような場所に住みたいのかを決める
最初に、どのような場所に住みたいのかを決めましょう。
何もプランがない状態で土地を探し始めても何を基準に選んだらよいのかがわかりませんよね。
 
そこでどんな新しい暮らしをしたいのかということを想像してみましょう。
広さはどの程度なのか・庭は欲しいのか・周りの環境は住宅街か自然が豊かな場所なのか・通勤通学先や商業施設へのアクセスはどうなのか、などご自身が住宅やその周りの環境に求めることから必要な要素を出していきましょう。
 
具体的にどの地域にするのかが決まっていると探しやすいかとは思いますが、なかなか希望条件に合った土地が見つからないこともあります。そのため、どの観点を重視したいかという優先順位までつけて考えておきましょう。
 
*資金計画を立てる
土地を購入する際にはどの程度の予算で探すか、ということも考えなければなりません。
実際にどの程度の費用であれば土地の購入費として出せるのかということを考えることは土地選びで後悔しないためにも重要な要素になります。
 
そのために必要なのが資金計画を立てることです。
大まかな流れとしては、現状持ち合わせている資金のうち、住宅・土地の購入にかけられるのがどの程度なのかということを把握します。
また住宅ローンを申請する場合には生活が困窮しないような程度で返すことができる金額がどの程度なのかを考え、自己資金とローンを合わせたものから土地に使える金額がどの程度なのかということを計算します。
 
新築後も無理なく生活をするために、予算に収まるような土地を選んでいきましょう。
 
*自分であるいは不動産会社と土地を探す
土地の希望条件とおおまかな予算が決まってはじめて土地選びの段階になります。
自分自身で探すこともできますが、手間をかけたくないということでしたら不動産会社や建築業者に相談するのも良いでしょう。
 
□最後に
今回は、住宅を建てる土地を探す際の流れについてご紹介いたしました。
実際に探す前段階としてどのような土地を求めているのかということを条件として出し、また資金計画を立てることによって予算を明確にしておきましょう。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォーム・リノベーションで耐震性を向上させませんか?

リフォームをお考えの方の中には、耐震性を気にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
大地震が心配されているので、丈夫な家を建てることは多くの方の関心かと思います。
 
そこで今回は、地震に強い家のポイントとリノベーションによって耐震性を高めることについてお話しいたします。
 
□地震に強い家を建てるのに必要な要素
自身から家族の暮らしを守るために住宅に必要な要素としては、主に二つの観点が挙げられます。
 
*基礎
住宅を建てる際にはまず基礎と呼ばれる土台が必要となります。
その土台は建物を支えるために設けられているものですが、耐震性を高める上ではもう一工夫が必要になります。
地震の揺れによっては水平方向の力も加わるため、単に建物を支えているだけでは衝撃を吸収しきれません。
 
基礎部分と立ち上がりの生コンクリートを同時に打ち付けることで上下が一体化しより頑丈な基礎になります。
こうしたリフォームによって地震への強さは格段に上昇するでしょう。
 
*構造体
強い地震が発生すると建物の揺れによって、垂直方向だけでなく水平方向にねじれる力が生じます。
このねじれに対応できるようにする工夫としては、壁に構造用面材を張るということや柱を太くするということができるでしょう。
 
また、床に使用する板も分厚いものにすることで水平方向のねじれにも強さを発揮できるようになります。
こちらの床や壁の張り替えはリフォームにおいても簡単にできる耐震性の補強方法です。
 
□リノベーションによって新築に近い耐震性を
リノベーションをする際に「果たしてリノベーションだけで耐震性を充分に強化できるのだろうか?」という疑問を持つ方もいらっしゃるかと思います。
何十年も前に建てられた中古住宅は現在の耐震基準を満たしていないものも多く、経年劣化で弱くなっていることもあります。
 
しかし、基準よりも基礎を組む間隔を短くしたり、板の厚さを増したりするといったリノベーションを行うことによって、新築に劣らない水準の耐震性を実現できます。
しかもこれを新築よりも安い価格で実現できます。
 
□最後に
今回は、耐震性の高い家の要素として二つご紹介し、リノベーションによっても新築と同じ水準の耐震性を確保できることをご紹介いたしました。
リフォームやリノベーションによって安心して暮らせる地震に強い家を実現しましょう。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームだけじゃない!古民家をリノベーションしよう

「古くなった不動産を相続したけれど、どうにかして住める状態にしたい。」
「最近よく話題になるイノベーションってなに?」
このように悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
 
最近では、「古民家カフェ」など、古くなってボロボロの状態の家を購入してリノベーションし、おしゃれになった家に住む方が増えているようです。
今回は、古民家を再生・再建するためのリノベーションについてご紹介します。
 
□リノベーションとは
リノベーションとは、間取りから内装、配管まですべてを一から考え、これから住む人たちの暮らしに合わせて作り変えることで、新しい価値を生み出す工事のことです。
マンションを購入すると、ほとんどの間取りは、ファミリーを想定した画一的な間取りになっていますよね。
この間取りを、住む人によって心地いい間取りにデザインし、住む人の暮らしに合わせて刷新するのです。
 
□リノベーションとリフォームとの違い
リフォームとは、時間を経て、汚れたり古びたりした内装を新築の状態に近づけるための改修のことです。
リノベーションは、古くなった状態を元に戻すことで、リノベーションは、古くなった状態を作り変えて新たな価値を見出すことです。
 
□リノベーションをするメリット
*材料の質が高い
古民家の柱や梁などの材料には、ヒノキやケヤキなど希少性の高い木材が使われています。
樹齢100年のヒノキは、伐採されてから100年後に最も強度が強く、200年から300年間はその強度が維持されると言われています。
 
リノベーションする場合、元の家の強度を心配し補強される方もいらっしゃいますが、古民家のリノベーションの場合はそのような心配がありません。
 
*資源を保護することができる
古民家の柱や梁をそのまま再利用することができるため、自然保護に繋がります。
さらに、シックハウス症候群やアトピーなどの原因物質を含む木材が使われていないため、人にも優しく、健康的に暮らすことができます。
 
*固定資産税を軽減できる
固定資産税は築後年数によって税額が決定するため、古民家を取り壊して新たに家を建てるよりも税金を抑えることができます。
リノベーションによる費用が心配な方は嬉しいですね。
 
以上、古民家を再生・再建するためのリノベーションについてご紹介しました。
古民家でどのような暮らしをしたいかをイメージした上で、あなたにあった方法を検討してくださいね。
古民家の物件やリノベーションについて何かお困りの際は、ぜひ一度株式会社AIWA匠までご連絡ください。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トイレリフォームを成功させるためのコツ、おすすめの素材は?

リフォームはこれまで問題に感じていた点を改善できるように行うものですから、あまり費用をかけずに済むように安さだけを追求してしまうと失敗につながる恐れがあります。
トイレは狭く感じやすい空間ですから、タンクレスを検討したり、壁材や床材にこだわったりしただけでもずいぶん違った印象になるのでおすすめです。
 
部分的に変更するとまとまりがない印象になることがあるので、照明をLEDにしたり、収納スペースや窓のサイズを変えたりするなど雰囲気に合わせてトータルコーディネートをすることも考えましょう。
 
使用する素材は汚れに強いものが適していて、床材はリビングのフローリングと同じ素材は適さないことがあります。
清潔感やぬくもりを感じられるような無垢材はトイレには適さず、汚れが付くと落ちにくくて1年程度でくすんでしまいます。
 
アンモニアのシミは水垢などとは違うため、おすすめなのは表面に汚れが残りにくい撥水に優れた素材です。
サニタリー用やトイレ専用のフロアがあるので、見本を見ながら検討するとイメージも膨らみやすいです。
 
壁と床の色や柄を統一すると空間を広く感じさせる演出ができるので、リフォームするときは合わせて選ぶとよいでしょう。
濡れていても滑りにくい、抗菌性や消臭性が高く機能が優れているものもあるので、しっかりした性能のものを選べば後悔せずに済みます。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅を新築する際に行う手続きの流れについて

住宅を購入する時には、既に出来上がっている物件を購入したり、一からユーザーの要望を採り入れた物件を注文したり、リフォームやリノベーションで中古物件を現代的な使い方に合わせたりといった方法が考えられます。
注文住宅で家を建てたいのであれば、その実績が高い企業に依頼する事で、ユーザーは納得するでしょう。
 
注文住宅を新築する際に行う手続きの流れは、まず、資金計画を立てていきます。
そして、その予算に合わせて、資料請求などを行い、施工を依頼する企業を探します。
販売実績や施工実績が十分にある企業を選択する事で、ユーザーが納得出来る形で注文住宅を仕上げてくれるでしょう。
 

施工してもらう企業を探したら、予算内で建てられるかどうかを確認する為に見積もりをもらいます。場合によっては、複数の施工会社から見積もりを貰って比較検討しても良いでしょう。

限られた予算を最大限に活用するには、見積もりをもらって、どのような部分に費用がかかるのかを知る事です。

ユーザーが一番望む部分に予算を割り振る事で、ユーザーが納得出来る内容の家を作る事が出来ますので、施工を依頼する企業と入念に相談をして、予算内で注文住宅を築き上げていく事が大切です。

デザイン面や機能面を両立させるには、それなりの予算が必要になってきますので、効率的に手続きを進めていきます。

長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

フローリング張り替えリフォームの費用相場とは?

自宅のフローリングが傷んできた場合は、リフォーム手法として張り替えをすることができます。
リフォーム専門業者に依頼をすれば、きれいな仕上がりが可能で、まるで新品の床のように仕上げることが可能です。
 
ただ、専門業者の選定には注意をする必要があります。
同じような作業を依頼した場合でも、業者によってかなり料金が異なりますので、十分に業者の選定をすることが重要です。
 
その点、当社は過去の実績と高い技術でもって、できるだけお客様にご負担にならないよう、可能な限り低価格での作業を提供させていただいています。
もちろん、安いから雑な仕上がりになるということは全くなく、まるで引越し当初のような美しさに仕上げさせていただきます。
 
最初に選択をいただく点として、床の素材の張り替えをするか、重ね張りをするかの二択があります。
後者の方が費用面では割安ですが、若干ごわごわした肌触りを感じるかもしれません。
 
当社の作業は、経験豊富な専門スタッフが作業に当たりますので、短時間で作業を完了させていただきます。
また、素材の種類も豊富に取り扱うことができるので、希望にそった床の印象を提供させていただけると自負しております。
 
まずはお気軽にご相談ください。当社専門スタッフが分かり易く丁寧に、ご納得いただけるまで作業内容をご説明いたします。
 
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
ページ上部へ