ホーム家づくりブログお役立ちブログ岡谷市

岡谷市

注文住宅の間取りで失敗した!暑すぎて/寒すぎて快適じゃない!!

「エアコンが部屋の隅々まで効きにくい・・・」
「吹抜けにしたけど、冷暖房が効きにくく、快適じゃない」
など、注文住宅で、部屋の暑さと寒さで後悔している方が多くいらっしゃいます。
 
最近、ローコストで建てたお家でも、冷暖房の効率は高くなっていますが、間取りが悪いと、夏は暑すぎて、冬は寒すぎるお家になってしまい、失敗したと感じる方が少なくないのです。
 
特に、日本は四季があるので、暑い季節・寒い季節に、どのように快適に過ごすかはお家に求めるべき要素になります。
では、暑さや寒さで後悔しないためには、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか。
 
・開放的な空間は、快適性が失われることも!?快適性を意識した対策を!!
 「気密・断熱・換気・冷暖房」をしっかりと対策しているお家でも間取りが悪ければ、暑すぎたり、寒すぎたりすることがあります。
「室内に日差しや風がどのように入ってくるのか」「開放的かどうか」によって、どのような対策をすべきかどうかは変わっていきます。
 
 例えば、吹抜けにしたとき、冷暖房が効きにくく、快適性が損なわれることが予想されます。
なので、吹抜けのような開放的な空間にしたい場合は、その広さに適した冷暖房器具が設置されていることが大切になります。
 
また、寒くなる冬のことを考慮して、床暖房をつけた空間にすべきでしょう。
 空間を有効活用しようとロフトをつくった方がいると思います。
 
しかし、冷暖房の効きが悪く、夏は暑すぎて行けなくなることが多いです。
この場合は、ロフトは熱がこもりがちなので、窓が配置されているかどうかが大切になります。
 
 

 いかがでしょうか。

吹抜けのある開放的な空間にした方や空間の有効活用のためにロフトを作った方は、まず、冷暖房が効きにくいことを把握しましょう。

そして、そのような間取りにしたい場合は、冷暖房器具を設置したり、窓を設置したりと対策をする必要があります。

今回の記事が参考になれば幸いです。

 

長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ローコスト注文住宅は、最終的にハイコストになってしまう!?

ローコスト注文住宅は、その名の通り、ローコストで、冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごすことができます。
そのため、今、ローコスト注文住宅を建てる方が非常に多いのです。
しかし、このローコストが最終的にハイコストになることがあるのはご存知でしょうか。
 
・長くお家に住めば住むほど、ランニングコストは大きくなる!?
 
 先ほどもお話した通り、ローコスト注文住宅は、低価格で建てることができるものです。
そして、ローコスト注文住宅を選ぶ方は、コストが低いという理由が最も多くなります。
 
しかし、近い将来ではなく、遠い将来を考えると、ハイコストになってしまう恐れがあります。
その原因は、ランニングコストです。
 
 住宅を購入する際、住宅ローンを利用する方が多いです。
そして、その住宅ローンが約30~35年で終わるということを考えると、当然ながら、低価格であるお家を建てたほうが、コストは少なく済みます。
ただ、住宅ローンが終わっても、常に支払い続ける必要があるものがあります。
 
それは、ランニングコスト(光熱費)です。
 住宅性能が高いお家は、ランニングコストが抑えられるようになっています。
しかし、ローコスト住宅では、年金暮らしや老後など遠い将来を考えた場合、安定した収入が見込めず、ランニングコストで悩んでしまうことだって考えられるのです。
 
 
 いかがでしたか。
長くお家に住めば住むほど、ランニングコストは大きくなり、住宅性能の高いお家よりもコストがかかってしまうことも考えられます。
近い将来ではなく、もっと長期的に考えて、お家を建てましょう。今
回の記事が参考になれば幸いです。

プロが教える!注文住宅の外壁の色の選び方!ー汚れ編ー

皆さんは家のどの部分を重視しますか?
様々なこだわりがあるかもしれませんが、誰からでも見える家の外壁が気になってしまう方がいらっしゃるのではないでしょうか?
特に「汚れが目立つ色が目立つのは嫌だ!」と思われる方は多いと思います。そこで汚れが目立たない色をご紹介いたします。
 
◆白や黒は汚れが目立ちやすい!?
白色の建物は清潔感があり憧れている方がいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし白色の外壁は汚れが目立ちやすいのです。
 
また黒色も目立ちやすい色です。
そのため外壁の汚れを気にしてしまうは避けたほうが良いかもしれませんね。
 
◆汚れが目立ちにくいのは何色?
汚れが目立ちにくい色の代表格としてはグレー系の色があげられます。
確かにグレー色の家はよく見かけますよね。
また同じく汚れが目立ちにくい色としてはクリーム系の色があります。
 
これも人気な色ですよね。また建物を明るく見せられる色でもあります。
 
外壁の汚れが目立つか目立たないかというのは重要なことだと思います。
しかし最終的に決断する時には専門家のアドバイスを聞いて総合的に判断しましょう。

外壁の汚れが目立たない色についてご紹介いたしましたがいかがでしたか。

 

長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

理想の注文住宅を手に入れるために押さえるべき4つのポイントとは

注文住宅で理想の住まいをつくりたいとお考えの方の中にも、注文住宅についての知識がなくて、困っているという方がいらっしゃるかもしれません。
今回は、注文住宅で理想の住まいを実現させるために知っておくべきポイントを紹介しようと思います。
 
●外観デザイン
注文住宅の外観デザインで人気のものには、「コンテンポラリー」「現代和風」「シンプルモダン」「都市型」「南欧スタイル」等が挙げられます。
自分が理想とする外観デザインを見つけてみてください。
 
●間取り
間取りについては自分一人ではなかなかイメージがつかめない、ということもあるので、必ず専門家と話し合うようにしましょう。
その際、「家族とのコミュニケーションを大切にしたい」「子供部屋をきちんと確保したい」等、自分の要望を専門家に伝えることが大切です。
 
●耐震性
住宅を建てる際には耐震性も考えなければなりません。住宅の耐震性には「耐震等級」といって等級1~等級3までのレベルがあります。
現代の基準では最低でも等級1をクリアしていることが求められるので、業者がしっかりと情報公開を行っているかチェックしましょう。
 
●建築素材
建築素材にはフローリング一つをとっても檜、杉、待つ、ヒバ等様々あります。
強度や耐久性、価格等を考慮して「見た目だけ」の判断にならないように注意しましょう。
 
 
いかがでしたか。
注文住宅で理想の家を建てる際にはこれらの基本事項をしっかりとおさえた上で実行しましょう。

長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の際に意識しておくべき3つのこと。

皆さんは注文住宅を検討する際、どこにこだわりをお持ちになられますか?
キッチン、トイレ、ベランダなどなど、自分好みのスタイルをある程度考えられてる方もいらっしゃれば、どこをどうすれば快適に暮らせるだろうとお悩みの方もいらっしゃると思います。
 
今回はそんな方のために、注意すべきことや失敗したと思わないようにするために最低限意識しておくべき事などをご紹介させていただきます。
 
まずは、これで暮らしやすさが決まるといっても過言ではない、生活動線についてです。
ここを失敗してしまうと様々な問題が生じてしまうため、注意深く考える必要があります。
起床から就寝までの自分の動きを確認したり、シミュレーションすることで思い通りの生活動線を作り出すことができるようになります!
 
また、必要なところに必要な分だけの収納スペースを作っておくのも大切です!
注文住宅を建てられた後によく後悔されるのが収納スペースの欠如、そしてコンセントの配置位置です。
 
収納スペースは多ければ多いほど役に立つものなので、もしスペースに空きができれば収納スペースにしてしまいましょう!
コンセントの位置に関しましては、ある程度その場所でどのような家具の配置にするかなどを決めておくことが大切です。  
これらの事に意識を向け素晴らしいお家を建ててくださいね。

 

長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の失敗ポイントって?|屋外空間編

こんにちは、AIWA匠です。
前回はコンセントの数が足りないといった配線計画の失敗についてお伝えしました。今回は、屋外空間の失敗についてみてみましょう。
 
注文住宅の間取りを決める上で、忘れがちなのは屋外空間です。
家の中のことばかりを気にして、屋外空間への配慮がなされずに失敗してしまったという例は多く聞かれます。
 
例えば、敷地の中央部に家を設定してしまい、屋外空間が全方位に中途半端な形で確保されてしまったなどの事例があります。
他にも、洗濯物を干したいのに、十分なバルコニーなどのスペースが確保されていなかったり、方角の関係で日当たりが悪くなってしまうこともあるでしょう。
 
このような失敗を防ぐためにも屋外空間についての検討を忘れないようにしましょう。
もし屋外空間の使用用途が決まっている場合は、その旨を設計師に伝えるようにするとよいでしょう。
 
いかがでしたか。
屋外空間は家の周囲からも見えますので、注文住宅をお考えの皆さんはそこへの配慮をするように心がけてくださいね。
次回は、家のニオイについてご紹介します。
長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の失敗ポイントって?|音の伝わり編

こんにちは、AIWA匠です。
前回は部屋の広さは基準値を参考に設計すると失敗を避けれるということについてお話ししました。
今回は、音の失敗についてご紹介します。
 
実際にその家で暮らすことを考えると、音は気になる要素となるのではないでしょうか。
家の中にも音を出すものは多くあると思います。テレビの音をはじめ、足音、話し声など家の内部には音の発生源が多くあります。
 
これらの音の発生源への検討が不足していることで、実際に注文住宅で暮らし始めた後に音に悩まされることとなります。
音に悩まされる例として、子供部屋がリビングの真上にあり、遊んでいる声がうるさくてリラックスできないといったことがあるかもしれません。
 
他にも外的な音にも悩みが生まれることもあるでしょう。もし、道路側に寝室などを設置した場合、車の音がうるさくて寝れないということもあるかもしれません。
このような失敗をしないために必要なことは、注文住宅の間取りを決める際、音の発生源を把握し、可能な限りリビングや客室が接していないかを確認するとよいでしょう。
 
 
いかがでしたか。
音の発生源は家の立地やライフスタイルなどによって様々です。
考えられる音をリストアップすることからはじめてみましょう。
次回は、家事動線の失敗についてご紹介します。
長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の価値を高めるのに必要なことって?|エコ・アイ工法、マルチエネ屋根編

前回は、エコ・アイ工法における住宅の断熱効果を高める基礎断熱についてご紹介させていただきました。今回は、屋根についてです!屋根といってもただの屋根ではなく、「7層のマルチエネ屋根」についてご紹介させていただきます。それでは見てみましょう。
 
マルチエネ屋根は、太陽光パネルを敷き詰めるためのアンダールーフ工法を採用しています。つまり、太陽光パネルの下に屋根の層が敷かれているということです。複数の屋根の層を敷くことにより高い断熱効果が期待できるでしょう。マルチエネ屋根は、反射断熱、吹付断熱、空気管、合板という4層の断熱構造を持ち、熱から家を守ることができます。高い断熱性を保つ屋根により、室内から熱が逃げていくのを防ぎます。壁だけに断熱効果を期待するのではなく、屋根にも断熱効果が求められているのです。このような断熱効果の高いマルチエネ屋根により、エコ・アイ工法の省エネ性や断熱性を高めることが可能となっています。
 
いかがでしたでしょうか。マルチエネ屋根が住宅の断熱効果や省エネに大きく貢献していることがご理解いただけたかと思います。今後注文住宅を検討の際は、快適な住宅を実現するエコ・アイ工法に注目してみてくださいね。次回は、資金計画についてご紹介します!
 
 
 
長野県岡谷で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の価値を高めるのに必要なことって?|工務店選び編

前回は、注文住宅の価値を持続させるための立地選びについてお伝えさせていただきました。今回は、実際に住宅を建てる上で重要である工務店選びについてお伝えしたいと思います。みなさんの中にも「工務店を選ぶ基準がわからない」という方もおられるのではないでしょうか。それでは、見てみましょう。
 
工務店選びは注文住宅の質を左右する重要な要素であり、慎重に検討する必要があります。工務店を選ぶ基準として、まずその工務店がどの分野を中心に扱っているかを確認しましょう。工務店の中には、新築よりもリフォームなど専門的に扱っているところもあります。このように工務店によって得意分野が異なっているのです。そのため、注文住宅を検討する際は、新築を中心に扱っている工務店を選べば、理想の住宅が実現できそうです。また、その中でも工務店の強みを見極める必要があります。例えば、デザイン性やこだわりの木材など、その工務店が他社と比べてどこが優れているのかを判別することで、あなたが求めている住宅を実現してくれるであろう工務店を選ぶことができるのです。
 
いかがでしたでしょうか。工務店の専門分野や強みをしっかり把握することで、少しでもあなたの理想に近づけるような工務店を選んでみてください。次回は、近年注目されているエコ・アイ工法についてご紹介します。
 
 
長野県岡谷で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

失敗しないための工務店選びのポイントとは?その5

こんにちは!

前回は、「アフターかがしっかりしているかどうか」という観点から、良い工務店選びのポイントをお話させていただきました。これから何十年も過ごす住宅だからこそ、アフターケアが非常に大切となるということがご理解いただけたでしょうか。

さて今回は、「ローンの組み方がしっかりしているか」という別の観点からお話をさせていただきます!ぜひお見逃しなく!

 

 

■無理な資金計画はNG

マイホーム購入の際には、ほとんどの皆さんがローンを組み、長期的な資金計画をしていくことになると思います。そんな中工務店が契約の欲しさから、一見無茶と思われる計画でも「お客様なら大丈夫です」などと無責任なことを言ったらどうなるでしょうか。多くの方は不安を抱えたままローンを組み、将来苦しむことになってしまいます。

 

いい工務店はお客様のためを思い、しっかりと現状や将来設計を把握した上で丁寧な資金計画、ローン計画を提案します。もし見積もりの際に、「これで本当に大丈夫なのか?」と不安を抱いたら、どんどん質問をするべきです。そこに、しっかりと親身に相談にのってくれる工務店が本当にいい工務店だと言えるでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。資金計画について、いい工務店と悪い工務店の違いがお分かりいただけたかと思います。我々AIWA匠は、お客様の立場に立って、丁寧かつ綿密な資金計画をご提案いたします。何か疑問がある方は、ぜひ一度お話を聞きにきてください!

 

長野県岡谷で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ページ上部へ