ホーム家づくりブログお役立ちブログ岡谷市

岡谷市

注文住宅を建てるなら知っておきたい「ZEH」とは?

近年環境保全への意識が高まり、スマートハウスのような省エネ性能の高い住宅が注目されています。
そんな中、2030年に向けて政府も持続可能な暮らしを目指したエネルギー政策を推し進めており、新しい住宅の形としてZEH(ゼッチ)が推奨されています。
この記事ではZEHの特徴とメリット・デメリットについて見ていきましょう。
 
 
□ZEH(ゼッチ)とは
ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、自家発電で必要なエネルギーをまかなうことが特徴です。
消費電量を抑えながら発電することで、1年間に消費するエネルギーを実質0以下にすることを目標としています。
つまりZEHは「省エネ」に加え、太陽光発電などでエネルギーを創る「創エネ」のはたらきをもっており、家庭で必要なエネルギーを自給自足できる住まいのことをいいます。
 
□ZEHのメリット
*快適な暮らし
ZEHの特徴の1つとして断熱性が挙げられます。
気密性と採光性を高めることで、夏は涼しく、冬は暖かい快適な住まいを実現できるのです。
冷暖房の稼働を抑えられるので、省エネの効果もあります。
 
*省エネで高熱費をカット
ZEHは空調、給湯、照明システムに最新設備を用いており、高い省エネ効果が期待できます。
消費エネルギーを抑えることは地球だけなく、お財布にも優しくなるので一石二鳥ですね。
 
*創エネ
ZEHでは太陽光発電システムを利用し、日々の生活で利用する電力を賄うことができます。
余った電気は蓄電池に貯めて電力が不足した時に利用することができます。
 
*災害時も安心
太陽光発電、蓄電システムを備えるZEHは台風や地震で停電したりしたときも安心です。
電気が復旧するまでの間も太陽光発電システムを稼働させ、生活することができます。
 
□ZEHのデメリット
*初期費用が高い
ZEH住宅は高断熱性、省エネ性能の高い設備・システム、太陽光パネルの工事などかなりの高性能といえます。
その分、一般住宅と比べるとどうしても建築コストが高くなります。
 
*100%自家発電ではない
ZEHのエネルギーを賄っているのは太陽光発電ですが、天候によって発電量が大きく左右されるのが特徴です。
蓄電システムに電気を蓄えることができますが、梅雨など天候の悪い日が続くと一般家庭のように外部の電源を頼ることになります。
電気代が必ずしもかからないわけではありませんので注意が必要です。
 
 
ここまでZEHの特徴とメリット・デメリットについて見てきました。
ZEHは住まいで消費するエネルギーを住まいで賄うという画期的な住宅です。
環境にやさしく、ランニングコストを抑えられるというメリットが魅力的ですので、興味がわいてきたという方も多いと思います。
 
AIWA匠は注文住宅、見積もりサポートのサービスを承っています。
些細なことでも住宅やZEHに関するお悩みがありましたら、無料で相談を受け付けていますのでHP、お電話からお問い合わせください。
長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

長期優良住宅とは?松本市でリフォームをお考えの方必見

住宅の広告などで「長期優良住宅」という言葉を見聞きしたことはありませんか?
行政は、従来の「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の社会から、「きちんと手入れをして、いい家に長く大切に住む」というストック活用型社会へ転換し、資源を有効活用することを目指しています。
そこで今回は、行政が補助金などの制度をもって推し進める長期優良住宅についてお話しします。
 
□長期優良住宅とは
長期優良住宅とは、平成20年にスタートした制度で、長期にわたり良好な環境で居住できる措置が一定以上施された優良な住宅を言います。
住宅の解体や除去に伴う廃棄物を抑制できることから、環境への負荷が小さいとされ、推奨されています。
 
所管行政庁に申請し、基準を満たしていれば長期優良住宅の認定を受けることができます。

長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

この認定を受けると、住宅ローン控除の最大控除額が最大100万円増加するというメリットがあります。
一般的な住居は最大400万円ほどの控除ですが、長期優良住宅の場合は最大500万円と優遇されています。
他にも所得税、不動産取得税、固定資産税の控除額が増え、住宅ローンが低金利で借りられるなどの優遇があり、行政の力の入れ具合がうかがえます。
 
 
□長期優良住宅の認定を受けるには?
税金やローンの控除などかなり優遇されている長期優良住宅ですが、認定を受けるにはどのような条件が必要なのでしょうか?
認定基準は大きく分けて9つあります。
それぞれの認定基準について確認していきましょう。
 
*バリアフリー性
高齢者の利用しやすいバリアフリーデザインの住宅が求められます。
廊下の幅、車いすが使用しやすいかなどの項目がチェックされます。
 
*可変性
間取りを容易に変更できるかどうかを可変性といい、考慮する必要があります。
 
*耐震性
近年頻発している大規模地震に対応できる耐震性(耐震等級2級以上)が要求されています。
 
*省エネルギー性
次世代省エネルギー基準に適合するため、断熱性能や最新の省エネシステムを採用することが求められます。
 
*居住環境
省エネだけでなく景観へ配慮し、地域の環境維持・向上に貢献することが評価されます。
 
*維持保全計画
住居のメンテナンス、補修に関する計画を事前に策定する必要があります。
 
*維持管理・更新の容易性
維持管理の容易さも評価ポイントの1つです。
 
*劣化対策
数世代にわたって住宅の構造躯体が使用できることとされており、住居が長持ちするよう設計しなければなりません。
 
*住戸面積
良好な居住環境のために、一戸建て住宅では75平米以上と一定の水準が定められています。
 
 
ここまで長期優良住宅について簡単にご紹介しました。
長く快適に住むことができ、補助金の支援も受けられる長期優良住宅ですが、設計時に認定基準を満たし認定を受ける必要があります。
AIWA匠では住宅に関するお悩みを相談できる「マイホームサポートサービス」を無料で行っています。
長期優良住宅に興味のある方、相談してみたいという方はぜひお電話・ホームページからお問い合わせください。

長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅をお考えの方へ|注文住宅の気になる間取りの考え方をご紹介

注文住宅を購入するときには、間取りを決められます。
キッチンはここで、トイレはあっちといったようにご自分の希望通りに実現できます。
 
しかし、いざ間取りを決めるとなっても、「間取りを決めたことがある経験がないから、あまりイメージができない。」という方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、注文住宅での間取りの考え方を解説します。
 
□生活動線を意識した考え方
日々の生活の中でどのような動きをするのか、という生活動線は間取りを決める上で非常に重要です。
例えば、家で過ごすときに多くの時間をリビングにいるのに、トイレまでが遠いと非常に不便ですよね。
こういった点から生活動線を意識することは大切な考え方です。
 
*生活動線に重要なのは水回り
先ほどのトイレの例にもなりますが、生活動線を考える上では水回りが重要な部分です。
水回りとは、トイレ、キッチン、お風呂などです。
 
気づいた方もいらっしゃると思いますが、これら3箇所は毎日必ずと言っていいほど使用しますよね。
家で一日トイレに行かない人はいないでしょうし、料理をする人なら毎日台所に立ち、調理するでしょう。
これら水回りの使いやすさを意識することで、その後の間取りに不満が出る確率を減らせます。
 
□収納も大切
家の間取りを考える時には、リビングや寝室といった住むための部分の他に、ものを置いておくための収納についても考える必要があります。
これもあそこに収納があればよかった、ここの収納は持て余しているなど、後から不満が出ることが多いです。
 
大切なのは、どこに収納スペースを作るのかと、自分が何を持っているのかを知ることです。
例えば、趣味で楽器やバイクをお持ちの場合は、一般的な住宅に比べて大きな収納スペースが必要になる可能性があります。
このように、自分が何をどこにしまうのかを意識して、収納の間取りを考えると良いでしょう。
 
□家具の配置を考える
冷蔵庫やテレビのような生活家電は、私たちの生活には欠かせないものですよね。
これらの配置を予めイメージしておくことも、間取りを決める時の重要な考え方です。
 
テレビをここに置いて、ソファがテレビを向くように設置するなど、具体的にイメージすることが大切です。
家電は電力を使いますので、それに伴ってコンセントの位置まで考えてしまうと良いでしょう。
 
□おわりに
注文住宅で間取りを決める時の考え方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
間取りを一から決めるのは簡単そうに見えてなかなか難しいですよね。
今回ご紹介した考え方を意識して、取り組んでみてくださいね。
 
長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

古民家をリフォームする方へ|古民家再生に必要なリノベーションとは

最近、古民家を購入してリフォーム、リノベーションを行って手を加えていくスタイルが人気を集めています。
古き良き日本の面持ちを残した古民家は、非常に趣がありますよね。
しかし、長い間使われているだけあって安全面や機能面に不満が残るのも事実です。
そこで今回は、古民家に住むために必要なリノベーションについてご説明します。
 
□安全面の変更
*耐震性能
昔ながらの雰囲気が魅力の古民家ですが、昔ながらなのはその建築方法も同じです。
最近、頻発している大きな地震への耐震性を高めるためにも、耐震性能向上のリノベーションは必要でしょう。
 
伝統工法で建てられている住宅は、地震に合わせて揺れることで、衝撃を小さくするという地震対策をとっている場合がほとんどです。
それに対して、現代では建物自体の地震への強度を上げる耐震が主流です。
また、長年の使用で壁や柱が傷んでいないかの確認をすることも重要です。
 
*断熱性
古い家に行くと、お風呂や廊下に出ると部屋との気温が違い、とても寒く感じられる経験はないでしょうか。
これは、建物の断熱性能が原因です。
 
通気性に優れた古民家は夏は涼しく感じられますが、冬になると部屋の内外で大きな気温差が生じます。
また、部屋を暖めるためのエアコンの費用がかさんだり、気温差によるヒートショックが心配です。
断熱性能向上のリノベーションも必要になる可能性があることを知っておきましょう。
 
□内装の変更
*間取り
現代の生活スタイルは、古民家が建てられた時代のスタイルとは大きく異なりますよね。
ですので、間取りの変更も行うと生活しやすくなるでしょう。
あなたが日々の生活の中で、その家の中をどのように動くのか生活動線を意識して間取りを考えましょう。
 
*インテリア
古民家を再利用することで得られる良さはなんといってもその趣ある佇まいですよね。
現代では、どの住宅業者も扱っていない素材や工法でつくられた梁や柱はとても良い雰囲気を醸し出してくれます。
しかし、そういった梁や柱などが壁や天井に隠れている場合もあります。
どうせならリノベーションをして、見えるようにしておくと良いかもしれませんね。
 
□おわりに
今回は、古民家の再生に必要なリノベーションについてご紹介しました。
古民家には魅力もたくさんありますが、現代の住宅には劣っている点もあります。
それらをリノベーションすることで補っていくことが可能です。
 
自分がより住みやすいようにするには、どんな修復、改善をする必要があるのか理解しておきましょう。
弊社では、リフォームやリノベーションのご相談も受け付けていますので、ぜひ気軽にお問い合わせくださいね。
 
長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

土地に関する規制、松本市の業者が簡単に解説

「家を建てる際には土地の規制って何かあるのか?」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
住宅を建てる際には土地によって様々な制限がかかってきますので、理解した上で住宅のデザインをするのが重要です。
 
今回は、土地に関する規制についてご紹介いたします。
 
□土地で決まる建物の大きさ
「できるだけ大きな家にしたい」とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、土地全体を使って家を建てるということは残念ながらできません。
というのも土地に建てられる建築面積と延床面積は地域によって細かく決められているためです。
その際には建蔽率(建築面積÷敷地面積)と容積率(延床面積÷敷地面積)というものが基準の数値としてよく設けられています。
 
□建物の高さに関する規制
建物の高さに関する制限は主に三つあります。
 
一つ目は絶対高さ制限というものです。
低層住居専用地域においては住環境を考えて10または12メートル以下に高さを制限することになっています。
 
二つ目は北側斜線制限と呼ばれるものです。
これは北側の日照を確保することを目的としたものですが、北側の敷地との境界から5メートルの高さにおいて南側:上側=4:5の三角形を考えてそれの内側に住宅をとどめることが求められています。
 
三つ目は道路斜線制限と呼ばれるものです。
道路の反対側から底辺:高さ=4:5になるような三角形で考えたときにその三角形の斜辺の延長の道路側には家を建ててはいけないというもので、道路の幅が狭い場合には道路側に空間を広く取らないといけないかもしれません。
 
□土地と道路に関する規制
かつては道路ぎりぎりのところに住宅が建てられているという場合もありましたが、今では制限がかかっています。
まず、家を建てる際には4メートル以上の幅がある道路に2メートル以上土地が接していることが前提です。
つまり、道路とほとんど接していないような土地には家を建てることができず、道路と接している部分を確保しなければなりません。
 
敷地に接している道路の幅が4メートル未満である場合には道路の中心線から2メートル離れた位置が道路と敷地の境界線とみなされ、建てられる家の大きさも小さくなります。
 
□隣地に関する規制
隣地に関する規制としては二種類があります。
 
一つ目は建築基準法によるものです。
低層住居専用地域においては境界線から建物までを1あるいは1.5メートル離すことが求められます。
 
二つ目は民法によるものです。
隣地の境界線から0.5メートル以上距離を取ることが求められています。
 
□最後に
今回は、土地に関する規制についてご紹介いたしました。
 
長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームで出てくる用語、インスペクションとは?

リフォームに関する話を聞いたり書類を見たりするときに、インスペクションという用語を目にされることがあるのではないでしょうか。
今回は、インスペクションがどのようなものなのかということを、内容や目的などを含めてご説明いたします。
 
□インスペクションとは?
インスペクションとは点検や診断のことを指します。
2016年に改正された宅地建物取引業法によって、住宅業者は建物の状況を調査しその結果を買い手あるいは家主に書面で説明することが義務化されました。
それによって中古住宅などの住宅診断であるホームインスペクションが注目されるようになっています。
 
この点検や診断というのはホームインスペクターと呼ばれる資格を持った人によって行われます。
この資格には二種類ありますが、いずれもガイドラインに準拠した建築士のみが得られる資格です。
 
□インスペクションはなぜ必要なのか?
リフォームを行うにおいてはご自身の希望を満たすように住宅を変えることももちろん行いますが、同時にその住宅が現状抱えている問題を解決することが求められます。
せっかく工事をするのですから、一緒に他の問題点も解決することをおすすめします。
 
リフォームに先駆けて、どの部分に問題を抱えているのかということを知るのはリフォームをより効果的にします。
インスペクションはそのために大切な作業です。
 
□インスペクションの内容
リフォームに先駆けて住宅の診断を行うインスペクションですが、その対象は多岐にわたります。
外壁を例にあげると、ひび割れがどの程度であるのか・塗膜の浮き・チョーキング現象の有無・コーキングが剥離するなどして劣化していないか・変色が見られるかといったことがチェック項目です。
 
室内の壁や柱でだと、壁紙などが剥がれや割れを起こしていないか・雨漏りの跡がないか・腐食やカビの発生が見られるか・タイルや塗膜の浮きや剥がれがあるかどうか、といった項目で見ていくことになります。
 
他にも、家の外側ですと基礎部分・屋根・雨樋・外側に付いている金物・バルコニーなど、家の内側ですと床・天井・階段・屋根裏といった場所、そして住宅の各設備や床下も同様に細かく診断をしていきます。
 
 
今回は、リフォームに関連した用語としてインスペクションについて取り上げ、必要な理由や行う内容についてご紹介いたしました。
 
長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

土地購入とともに必要になる固定資産税とは?

注文住宅を建てたり、土地を購入したりするとかかってくる費用として、固定資産税というものがあります。
固定資産税という単語は聞いたことがあるけれども、具体的な算出方法や値段がよく分からないという方が多いのではないでしょうか。
 
そういった方に固定資産税とはそもそも何なのか、固定資産税の減税措置について話をしていきます。
 
□固定資産税とは
固定資産税とは、毎年1月1日時点で抱えている土地や家屋などの資産に対してかけられる、毎年、市町村に納める税金のことを指します。
これは、固定資産税評価額に標準税率をかけたものです。
 
固定資産税評価額は、国が一定の基準を設けて算出され、その評価額は3年に一度、修正されるため、大幅なリフォームなど、特別な出来事がない限りは、固定資産税は減少していきます。
土地と家屋で評価の仕方が異なり、土地であれば、まずは用途として畑なのか宅地用なのかなどに分けられ、路線価(土地が面している道路の価格)に土地面積をかけてそれぞれの土地の形や奥行きなどの諸要素を考慮して算出されます。
 
家屋に関しては、建物の再建築にかかる費用(現在全く同じ建物を建てるのにかかる費用)にどれだけの期間使っているかを考慮して算出されます。
そのようにして求められた固定資産税評価額に、市町村が設定した標準税率をかけることで算出されます。
標準税率はほとんどの場合、1.4%ですが、地方の財政の状態によって上がっていることもありますので確認してください。
 
□固定資産税の軽減について
また、ある一定の基準満たした場合、固定資産税の減額があるので、それについてもお伝えします。
これも住居と土地で分けて話していきます。
 
住居に関しては、新築の戸建て住宅とマンションに対して戸建て住宅は3年間、マンションに関しては5年間、固定資産税が半額になります。
ただし、制限として1戸あたり120平方メートルの部分までの軽減、居住部分の面積が50平方メートル以上280平方メートル以下であること、平成32年3月31日までに建てられた住居であるなどの制限があります。
 
次は土地についてですが、土地は住宅用地に対して軽減がなされます。
200平方メートルまでは小規模住宅用地として税率が6分の1になり、200平方メートルを超える部分は一般住宅用地として税率が3分の1になります。
 
住宅を持てば、固定資産税がかかってしまいますが、マイホームを持つためなら仕方ないのではないでしょうか。
固定資産税は住居や土地にもよりますが、1年間で10~30万円と考えておく方が良いでしょう。
 
はじめのうちは軽減措置などがありますが、それがなくなると大幅に上がるため、その点は覚えておいてください。
長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ローン控除できる減税制度でお得にリフォームをしよう!

「長年住んできた家をリフォームしたいけれど、費用が気になる。」
「リフォームの費用をなんとか抑えたい。」
このようにリフォームの費用について悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
 
実は、新築で住宅を購入される方やマンションを購入される方に適用できる減税制度は、リフォームにおいても適用することができます。
税金が絡んでくる制度になりますので、少し難しい印象を持たれるかと思いますが、きちんと理解しておけば、その分お得にリフォームをすることができるかもしれません。
そこで今回は、リフォームで適用できる減税制度についてご紹介します。
 
□減税制度の種類とは
リフォームで適用できる減税制度には全部で3つあります。
 
*住宅ローン減税
こちらの制度は、ローンの返済期間が10年以上となり、比較的大規模のリフォームや中古住宅の購入に伴うリフォームを対象に最大控除額400万円まで減税することができます。
対象要件としては全部で9つあり、すべての要件を満たした場合のみ適用されるので、しっかりと確認しておきましょう。
 
*省エネ改修減税
こちらの制度は、ローンの返済期間が5年以上となり、太陽光発電設備を設置するためのリフォームや断熱工事を行うリフォームを対象に最大控除額62.5万円まで減税することができます。
1年でまとめて減税分の還付を受け取ることができる投資型と、5年かけて還付を受け取ることができるローン型があります。
 
*バリアフリー改修減税
こちらの制度は、ローンの返済期間が5年以上あり、浴室やトイレの改良、階段の勾配の緩和を行うリフォームを対象に最大控除額62.5万円まで減税することができます。
省エネ改修減税と同じように、こちらにも投資型とローン型があります。
 
□すべての減税制度において気をつけておきたいこと
住宅ローン減税や、ローン型の省エネ改修減税とバリアフリー改修減税は、年末ローン残高を上限に所得税から控除されるので、その年に自分が払った所得税の合計金額以上には戻ってくることはありません。
投資型の省エネ改修減税とバリアフリー改修減税も、工事費を所得税から控除されます。
 
以上、リフォームで適用できる減税制度についてご紹介しました。
減税制度を利用して、お得で満足できるリフォームを行えたら嬉しいですよね。
 
リフォームに関してのことや控除に関して何かお困りの際は、電話だけでなくメールでのご相談も承っておりますので、ぜひ一度株式会社AIWA匠までご連絡ください。
 
長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

新築を注文住宅にすることのメリットとデメリット

新築の住宅に住もうと考えた時には、建売住宅を購入するのではなく、注文住宅を建てるという選択をする人が少なくありません。
そのように注文住宅が人気なのは色々なメリットがあるからなのですが、その一方でデメリットもまたあるので、それらについてきちんと知っておくことが肝心です。
 
新築を注文住宅にすることのメリットの中でも、特に重要といえるのが、自分たちの希望を取り入れた住宅づくりが出来るという点です。
 
建売住宅はすでに建てられているものなので、部屋などの使い方は自分たちの自由になっても、間取りや内装などを設計の時点で自由にすることは、当然のことですが出来ません。
しかし設計の段階から自分たちが関われば、希望通りの夢の我が家が手に入れられる可能性が高くなります。
 
その他のメリットとしては、建設途中の状況を自分の目で確認出来るため、欠陥住宅になってしまう恐れが小さくなることも重要です。また、評判の良い会社や自分にゆかりのある会社など、設計や建設を行う会社を自分たちで選べるという点もメリットだといえます。
 
新築を注文住宅にすることのデメリットとして代表的なのは、費用が高くなりがちだということです。
自分たちの希望を出来るだけ叶えようとするので、予算が膨れ上がってしまう恐れは小さくありません。
また、住めるまでの期間が長くなってしまうこともデメリットとなります。
 
長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

手軽に行う住宅リフォーム、DIYを成功させるためのコツ

DIYが世間で流行っています。以前は少し大変だったリフォーム工事も、最近は住民の手で出来るようになりました。
道具がここ数年でとても便利に、そして安価になっており、日曜大工の経験がほとんどなかった男性やそもそも大工仕事に関心がなかった女性にもDIYは簡単にチャレンジ出来る趣味になりました。
 
電動式の工具はホームセンターで手軽に買えます。
自宅のリフォーム工事を無事に成功させたい方はまず良い道具を揃えましょう。
 
古い金槌やノコギリだけでは事故の原因になります。
最新鋭の機能がある電動工具なら少しの力で女性でも扱えますし、既に大工のコツを知っている男性ならよりスピーディーに壁や床の修繕が出来るでしょう。
 
また自宅のリフォーム工事は失敗が許されません。
作業しながら仕上がりをイメージするのではなく先に設計図とイメージ図を紙で練っておきたいところです。
どういった素材を、どの程度準備すべきか、先に企画書の段階で煮込んでおけば、失敗を避けられますし、二重で工具や資材を買ってしまう等のトラブルも避けられます。
 

新築分譲を作る時、建築家は美術のスケッチのようにラフなイメージ図を先に準備します。室内は洋風にするのか日本風にするのか、どういった木材を使うかは、ラフスケッチで考えた方がアイデアが浮かびやすいです。

またDIYをする作業者だけではなく共に暮らす家族の意見も企画の段階で吸い取りましょう。

長野県岡谷市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ページ上部へ