ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市

松本市

松本市で注文住宅をお考えの方必見!おしゃれな玄関をご紹介!

注文住宅を建てようとお考えの方で、おしゃれな玄関にしたい方もいらっしゃいますよね。
玄関は家の入り口のため、非常に印象に残りやすい場所です。
そこで、今回はおしゃれな玄関のポイントをご紹介します。
 
 
□玄関の中をおしゃれにするポイント
 
家の中に入った時の印象は大事ですよね。
そこで実例を元にして、玄関をおしゃれにするポイントをご紹介します。
 
*中庭の設置
 
今、最も人気の玄関は、玄関に入って、正面や左右に中庭を設置するタイプです。
玄関と中庭を組み合わせることで、太陽光が取り込まれ、明るくなる上に、開放感のある空間を作り出せます。
また、中庭に植える樹木をライトアップし、穏やかな空間を作ることも効果的です。
 
*収納棚の設置
 
ただ収納を置いても効果はありません。
魅せる収納にするため、おしゃれなインテリアを飾りましょう。
ここで飾るインテリアによって、家だけでなく家の人の印象も変わります。
困った時はインテリアコーディネーターに相談しても良いですね。
 
*白いタイル
 
ホテルのような高級感を演出する白いタイルを使っても良いです。
玄関と室内部分の床に同じタイルを使うと玄関と室内が連続しているような印象を与えます。
そのため、玄関が非常に開放的になり、良い印象を与えられます。
 
*吹き抜けを作る
 
玄関に吹き抜けを採用する利点は、開放感です。
天井が高くなり、日中であれば太陽光をしっかり取り入れられるため、電気をつける必要もなくなります。
 
 
□玄関の外をおしゃれにするポイント
 
玄関は中だけでなく、外から見た印象も大事です。
そのため、玄関周りをおしゃれにするポイントをご紹介します。
 
*リースを飾る
 
ピンク色やドライフラワーのリース、ハート形のリースを設置してみても良いでしょう。
色のあるリースはその色の印象を家に与え、ドライフラワーは落ち着いた印象を与えます。
リースの色、形にもこだわって選んでみてはいかがでしょうか。
 
*ボードを飾る
 
街でよく見かける、カフェのボードを参考にしたものです。
 
*緑色を取り入れよう
 
玄関の周りにお花などを植えるのも良いです。
お手入れは大変になるかもしれません。
しかし、その分お手入れを頑張れば、より良い印象を与えられます。
 
 
□まとめ
 
今回は実例を元に、玄関をおしゃれにするポイントをご紹介しました。
何か気に入ったものが見つかれば幸いです。
困った時は、インテリアコーディネーターに相談すると良いでしょう。
松本市で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市で注文住宅をお考えの方必見!玄関を作る際の注意点!

収入も安定してきたし、そろそろ注文住宅を立てようかなとお考えの方もいらっしゃいますよね。
玄関は家の入り口で、毎日使用する場所となるため、後悔したくないですよね。
そこで今回は注文住宅をお考えの方に、玄関で失敗しないための注意点を解説します。
 
 
□玄関内部
 
*框(かまち)の高さ
 
玄関を入って、廊下に上がる際の段差のことを框と言います。
この段差をなくすかどうかは、人によって異なります。
バリアフリーを重視するなら、高さを無くした方良いですね。
しかし、高齢者が腰かけて靴を脱いだりする場合は、ある程度高さのある框を設けたほうが便利です。
また、これらの両立を目指すならば、バリアフリーの土間にベンチを置いても良いですね。
 
*手すりの設置
 
先ほど框があった方がいい場合を紹介しました。
しかし、高齢者に段差の上り下りはしんどいため、手すりを設置しても良いですね。
 
*収納棚
 
玄関では靴の収納棚が必要不可欠ですよね。
おしゃれをしたい時の靴とサンダルなどの郵便をもらう際に使う靴と靴によって使用頻度が違いますよね。
そのため、これらの靴の総量を確認し、使用頻度の高いものが手前におけるように収納の大きさを考えましょう。
 
*扉
 
玄関の扉は建物全体の外観に影響があります。
そのため、外壁との組み合わせだけでなく、門やコスト面も一緒に考えましょう。
 
*照明
 
照明は光の当て方によって、人の表情を大きく変えます。
正面から光が当たれば明るい表情に、後ろから当たれば暗い表情に見えます。
そのため、家の人と来訪者の顔が明るく見えるように、お互いの立つ位置の間に照明を設置しましょう。
 
 
□玄関ポーチ
 
玄関ポーチとは、雨よけとなる庇(ひさし)の下の部分のことを言います。
こちらを取り付ける際の注意点をご紹介します。
 
*掃除面
 
庇はおしゃれにした方が、見栄えはよくなります。
しかし、掃除のことを考えておかないと、掃除できないまま汚れがたまるということがあり得ます。
梯子(はしご)を立て掛けられるか、2階から掃除できるかを考えておきましょう。
 
*大きさ
 
扉の開閉時に、自分が移動する必要がないよう広さに余裕を持ちましょう。
また、雨天時に、濡れずに傘をさせる広さを確保することも重要です。
 
 
□まとめ
 
今回は注文住宅を建てる際に注意すべき、玄関の構造について解説しました。
玄関の間取りに関する注意点をご理解いただけたでしょうか。
住宅が完成した後に後悔しないためにも、しっかりと計画を建てることが重要です。
松本市で注文住宅をお考えの方はぜひ当社までお気軽にご相談ください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市で注文住宅をお考えの方必見!玄関での失敗例をご紹介!

収入が安定してきて、注文住宅の購入をお考えの方もいらっしゃいますよね。
注文住宅を考える際に、玄関の間取りで失敗したくないとお考えの方もいると思います。
そこで今回は、玄関でありがちな失敗例をご紹介します。
 
 
□失敗例
 
*収納が少ない
 
最も失敗が多いのは十分な収納スペースの確保です。
お子さんのいる家庭では、子供の遊び道具やベビーカーが必ずありますよね。
これらの道具は外で使うもののため、玄関に置いておくと、楽に取り出せます。
また、アウトドアによく行く家庭であれば、アウトドア用品も玄関に置いた方が楽ですね。
このように靴以外の物を収納できるスペースの確保が重要です。
さらに、女性の方であればブーツを履くため、ブーツをしまえるくらいの高さを確保した部分を作ることも重要です。
 
*玄関とトイレの位置が近い
 
トイレを玄関の近くに設置すると、来客時にトイレに入っていることを知られます。
そして、トイレが近いと、音やにおいも気になりますよね。
訪問された方に、嫌な思いをさせないように、玄関とトイレの位置はしっかりと考えましょう。
 
*玄関のタイルの色
 
玄関は土足で利用しますよね。
もし玄関のタイルを白色などの汚れの目立つ色にしてしまうと、非常に汚れが目立ちます。
普段からの掃除はもちろん必要です。
しかし、汚れの目立たない色にすることをおすすめします。
 
*庇(ひさし)がない
 
庇がないことは少ないと思いますが、庇のスペースが狭いことはよくあります。
もし雨が降っていたときに、庇の雨よけとなるスペースが狭いと、外に出た時に、急いで傘をさす必要があります。
雨に濡れない十分なスペースを確保し、傘をさすまでに体が濡れることのないようにしましょう。
 
*採光を忘れる
 
照明があれば、十分明るいとお考えの方もいらっしゃいますよね。
しかし、玄関に採光がない場合、昼間でも玄関は真っ暗で、訪問した方は暗い印象を抱きます。
そのため、ドアに採光の用の窓がついたものなどを設置し、積極的に太陽光を取り入れるようにしましょう。
 
*玄関が狭い
 
玄関にはある程度の広さが必要です。
人の出入りをスムーズに行ったり、大きな荷物を運んだりすることもありますよね。
玄関が狭いと非常に不便なため、十分なスペースを確保しましょう。
 
 
□まとめ
 
今回は、注文住宅でありがちな玄関の失敗例をご紹介しました。
これらの失敗例を元に、ご自身の玄関の間取りを考えましょう。
玄関は毎日使用する場所のため、不満のない快適な空間にしましょう。
松本市で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

 

松本市の方必見|注文住宅の間取りの失敗例を紹介します

「注文住宅の購入を検討しているけど、どのように間取りを決めたら良いのかな。」
「間取りで失敗しないためにはどうしたら良いのかな。」
注文住宅の購入を検討している方で、間取りで失敗したくないと考える方は多くいらっしゃると思います。
間取りでの失敗は、ある程度決まっています。
そこで今回は、松本市の方に注文住宅の間取りの失敗例と気をつけるべきポイントについて詳しく解説します。
 
 
□間取りの失敗例
 
*収納が足りなくなってしまった
 
収納に関する失敗は主に、スペースが狭くて足りなくなってしまったという失敗が多いです。
現時点で収納のスペースを考えた結果、物が増えて足りなくなってしまうことが多いようです。
また、奥に広い収納にしてしまい、手前に物を置きすぎた結果奥にあるものが取りにくいといった失敗も多いです。
 
*生活動線が不便
 
間取りを決める際、生活動線が不便であるといった失敗も多いです。
生活動線が整っていないと、家事などをはじめとする生活がしにくくなってしまいます。
 
*コンセントの位置
 
コンセントの位置も間取りを決める上で失敗しやすいポイントです。
コンセントは一度決めてしまうと、他の場所に移動させたり、新しく配置したりすることが難しくなってしまいます。
 
*風通しが悪い
 
間取りを考える上で、風通しも意識する必要があります。
風通しが悪く、空気の入れ替えがしにくいといった失敗もよくあります。
 
□間取りを決める際の注意点
 
*今後の生活を確認する
 
間取りを決める際、今後の生活を確認しておくことがとても重要です。
今後の生活を確認しておくことで、どのような間取りにすれば住みやすくなるのか明確になるからです。
 
*生活動線をよく考える
 
間取りを決める際は、生活動線をよく考えて決めましょう。
生活動線を意識して間取りを決めれば、快適に生活できる住宅になると思います。
 
*業者にアドバイスをもらう
 
間取りを考える際、業者にアドバイスをもらうことは非常に大切です。
業者は、多くの現場を経験してきているので、失敗しないためのポイントを教えてくれます。
 
 
□まとめ
 
今回は、注文住宅の間取りの失敗例と気をつけるべきポイントについて詳しく解説しました。
失敗例を知った上で、満足いく住宅を完成させましょう。
注文住宅の購入を検討している方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
また当社は、お客様に満足していただけるよう、丁寧な対応を心がけています。
何かわからないことや聞きたいことがあればお気軽にお問い合わせください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市の方必見|注文住宅の玄関の間取りについて解説

「注文住宅の購入を検討しているけど、どのように間取りを決めたら良いのかな。」
「玄関の間取りを決める際、どのようなことに気をつけたら良いのかな。」
注文住宅の購入を検討している方で、玄関の間取りをどのように決めたら良いかわからず困っている方はいらっしゃいませんか。
玄関は、住宅の第一印象を決める重要な空間です。
そこで今回は、注文住宅の間取りを決める際に、玄関で気をつけるべきポイントについて詳しく解説します。
 
 
□玄関の間取りで気をつけるべきポイント
 
*収納
 
玄関で特に意識すべきポイントは、収納です。
玄関は、ものをなるべく収納に片付けて、すっきりとした空間にすると良いです。
そのため、ものを十分にしまえる収納にすることを意識することをおすすめします。
 
*照明
 
玄関の間取りを決める際に、照明は見落とされやいポイントです。
玄関は、来客者と住民の顔がはっきりと見えるようにすることが重要です。
そのため、照明はなるべく明るいものを選び、効率的に明るくできる場所に設置することをおすすめします。
 
*広さ
 
玄関の広さを考えることもとても重要です。
狭すぎると来客が多い時に不便であり、広いとメンテナンスの手間が増えてしまいます。
自分の生活タイルにあった広さの玄関にしましょう。
 
*色
 
玄関を決める上で、壁紙の色を考えることも重要です。
色によって、空間の雰囲気が大きく変わるからです。
玄関には、なるべく明るい色を採用することをおすすめします。
 
 
□玄関の間取りを決める際のポイント
 
*あらかじめ生活スタイルを確認しておく
 
生活スタイルを明確にしておくことは、非常に重要です。
生活スタイルを明確にしておくことで、理想的な間取りをイメージしやすくなるからです。
 
*メンテナンスにかけられる時間を考慮する
 
玄関は、人の出入りが多い場所であり、汚れやすい場所です。
そのため、メンテナンスをする必要が出てきます。
メンテナンスにかけられる時間を考慮して玄関の間取りを決めることも非常に重要です。
 
 
□まとめ
 
今回は、注文住宅の間取りを決める際に、玄関で気をつけるべきポイントについて詳しく解説しました。
ポイントを意識して、満足いく玄関を完成させましょう。
注文住宅の購入を検討していて、玄関の間取りについて悩んでいる方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
また当社は、お客様に満足していただけるよう、丁寧な対応を心がけています。
何かわからないことや聞きたいことがあればお気軽にお問い合わせください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市の方必見|注文住宅でおすすめの間取りを解説

「注文住宅の購入を検討しているけど、どのように間取りを決めたら良いのかな。」
「おすすめの間取りについて詳しく知りたい。」
注文住宅の購入を検討している方で、どのような間取りにすれば良いかわからず困っている方はいらっしゃいませんか。
また、間取りを決める際におすすめの間取りを参考にしたいと考える方も多いと思います。
そこで今回は、注文住宅でおすすめの間取りについて詳しく解説します。
 
 
□おすすめの間取り
 
*開放感のあるLDK
 
間仕切りのないLDKや、吹き抜けのあるリビングでは、とても開放感を感じられます。
開放感を感じられる空間は、部屋間の移動をスムーズに行えるので、とても生活動線が良くなります。
生活動線が良いと、家事を効率よく行えるようになるといったメリットがあります。
 
*光を効率的に取り込める間取り
 
光を効率的に取り込める間取りは、明るい雰囲気の住宅にしやすいといったメリットがあります。
明るい雰囲気の住宅にできれば、おしゃれな空間を作り出しやすくなるだけではなく、気持ちも明るくなるでしょう。
 
*ウォークインクローゼット
 
収納として、ウォークインクローゼットを設置することはとてもおすすめです。
ウォークインクローゼットは、広い空間なので、あらゆるものを収納できます。
 
 
□間取りを決める際のポイント
 
注文住宅の間取りを決める際のポイントを知っておけば、失敗する可能性も減らせます。
 
*生活動線をよく考える
 
注文住宅の間取りで多い失敗は、生活動線に関することが多いです。
そのため、生活動線を考慮して間取りを決めれば失敗しにくくなるでしょう。
あらかじめどのように生活するのかイメージを持っておくことが大切です。
 
*風通しや日当たりについて考える
 
生活していく上で、風通しや日当たりはとても重要なポイントです。
間取りを決める際は、これらを考慮して考えることをおすすめします。
 
*業者に相談する
 
間取りを決める上で、失敗しないために最も効果的な方法は、業者に相談することです。
業者は、経験豊富なので、いろいろなアドバイスをくれます。
 
 
□まとめ
 
今回は、注文住宅でおすすめの間取りについて詳しく解説しました。
おすすめの間取りを意識すれば、満足いく間取りの住宅を完成させやすくなると思います。
注文住宅の購入を検討している方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
また当社は、お客様に満足していただけるよう、丁寧な対応を心がけています。
何かわからないことや聞きたいことがあればお気軽にお問い合わせください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市の方必見|注文住宅の間取りの決め方について解説

「注文住宅の購入を検討しているけど、どのように間取りを決めたら良いのかな。」
「間取りを決める際のポイントについて詳しく知りたい。」
注文住宅の購入を検討している方で、どのように間取りを決めたら良いかわからず困っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
間取りをよく考えることで、住みやすい住宅にできます。
そこで今回は、松本市の方に注文住宅の間取りの決め方について詳しく解説します。
 
 
□間取りの決め方
 
*あらかじめ家族と生活スタイルについて話し合っておく
 
注文住宅の購入を検討している方は、初めに今と今後の生活スタイルについて話し合っておく必要があります。
生活スタイルを明確にし、それにあった住宅にすることが住みやすい住宅にするためにとても重要だからです。
 
*生活動線を考えて間取りを決める
 
間取りを決める際、生活動線を考えて決めることをおすすめします。
生活動線が整っていれば家事などをスムーズに行えますが、整っていないと生活に不便さを感じてしまう機会が増えてしまうでしょう。
例えば、洗濯機を設置する場所とベランダが近ければ、洗濯物を乾かす時に楽です。
 
*収納
 
収納は、注文住宅の間取りを決める際に忘れられることが多いです。
収納もよく考えて決める必要があることは頭に入れておきましょう。
 
*風通しを考える
 
風通しを考えて間取りを考えることも非常に大切です。
窓を対角に配置することで、風通しの良い住宅にしやすくなります。
 
*日当たりを考える
 
日当たりが良い間取りにすることで、明るい住宅にできます。
陽の当たりやすい向きに住宅を建てることや吹き抜けにすることはとても効果的です。
 
*コンセントの配置
 
間取りを決める際は、コンセントの位置もよく考えましょう。
コンセントは、一度配置してしまったら場所を変えられませんし、新しく設置することも難しいです。
どのようにスペースを利用して生活するかを明確にして、コンセントの位置と数を決めることをおすすめします。
 
 
□まとめ
 
今回は、注文住宅の間取りの決め方について詳しく解説しました。
あらかじめ家族と生活スタイルを話し合っておき、理想的な間取りの住宅になるように考えていきましょう。
注文住宅の購入を検討していて、間取りの決め方がわからず困っている方は今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
また当社は、お客様に満足していただけるよう、丁寧な対応を心がけています。
何かわからないことや聞きたいことがあればお気軽にお問い合わせください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

 

松本市で注文住宅を建てたい|注文住宅における間取りの考え方をご紹介!

「注文住宅の間取りを決めるのが難しい」
「注文住宅の間取りの考え方について詳しく知りたい」
このように注文住宅の購入を検討している方の中には、間取りに関する知識をつけたい方も多くいらっしゃると思います。
間取りによって快適に暮らせるかどうかが決まるため、絶対に間取り決めは失敗したくないですよね。
そこで今回は、注文住宅における間取りの考え方についてご紹介します。
 
 
□間取りを考えるときに注意したいよくある失敗
 
*家事導線が悪い
 
家事導線とは、炊事や洗濯など家事をする際に人が行き来する経路のことです。
この家事導線に無駄があり、効率的に家事ができない家になってしまうという失敗はよくあります。
 
*収納が少ない
 
部屋数にこだわりすぎて、収納が少なくなってしまうという失敗があります。
収納が少ないことで、部屋をすっきりと片付けにくくなります。
そのため、収納スペースは多めに確保することがおすすめです。
ただし、このとき収納スペースの面積を多くとり、奥行きが深すぎる収納にしてしまうとデッドスペースができてしまいやすいです。
したがって、あらかじめ収納するものを想定して収納スペースを設置することも重要です。
 
*コンセントが使いたい場所にない
 
コンセントが使いたい場所にないという失敗もあります。
家電を使いたいときに近くにコンセントがないと不便ですよね。
そのため、家電を設置する場所を想定してコンセントを設置することをおすすめします。
ちなみに、コンセントの数は延床の坪数と同じ数が目安と言われています。
 
*風通しが悪い
 
よくある失敗に風通しの悪い家になってしまうことがあります。
風通しが悪いと湿気がこもりやすいので、カビが発生しやすいです。
対策として、一部屋に窓を2面設置すると良いですね。
 
 
□世代別の注文住宅における間取りの考え方
 
*20代~30代
 
20代や30代の新婚の方の場合、将来的に子どもが何人欲しいかを話し合った上で必要に応じて子ども部屋にできる部屋を設置します。
また、後から部屋を仕切って子ども部屋を作れるようにしておくことも検討します。
 
*40代
 
この年代は家を建てる際、子どもがいらっしゃることが多いです。
そのため、間取りを考える上で子どもの個室の設置を検討します。
また、家族の人数が多く、それぞれ持ち物が多いため、クローゼットや納屋といった収納できるスペースをしっかりと確保することが大切です。
 
*50代
 
50代の場合、将来的に自分たちが快適に暮らせるように段差のないバリアフリーの家にすることを意識すると良いですね。
車いすでも通れるように廊下の幅を広くしたり、ゆとりのある広さを持ったトイレにしたりすることがおすすめです。
 
 
□まとめ
 
以上、注文住宅における間取りの考え方について紹介しました。
この記事が注文住宅の間取りを決めるのが難しいと感じていた方の参考になれば幸いです。
もし注文住宅に関して何かご不明点がありましたら、ぜひ当社へご連絡ください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市で注文住宅を建てる方必見|ZEHとは何なのか徹底解説します!

「ZEHとは一体何だろう」
「ZEHのメリットについて詳しく知りたい」
このように、注文住宅の購入を検討している方の中にはZEHについて興味をお持ちの方も多くいらっしゃると思います。
しかし、実際にZEHについて詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、ZEHとは何なのか、またそのメリットについてご紹介します。
 
 
□ZEHとは何?
 
ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称です。
高断熱化や設備の効率化などによって20%以上の省エネを満たし、太陽光発電によりエネルギーを生むことで、年間を通じて外部からのエネルギー取得を実質0にする住宅のことです。
使うエネルギーの量よりも、創るエネルギーの量の方が大きくなるため良いですね。
ZEHとなるポイントは以下の2点です。
 
*省エネルギー
 
ZEHとなるには、可能な限りエネルギーを使わないことが重要です。
ZEHでは一般的な住宅と比べ、20%以上の省エネルギーを基準としています。
 
*エネルギー自立
 
使うエネルギーは創ることで対応する家であることもZEHとなるポイントです。
具体的には、太陽光発電などで発電した電気を家で使うことがZEHとなる要因です。
ただし、太陽光発電していればZEHとなる訳ではなく、省エネルギーも実現してZEHとなることに注意しましょう。
 
 
□ZEHのメリット
 
*快適に暮らせる
 
ZEHは快適に過ごせる環境があります。
これは、体感温度に影響を与える湿度を気密性でコントロールすることにより、夏は涼しく冬は暖かい室内を実現できるからです。
 
*減税を受けられる
 
減税を受けられることもメリットです。
ZEHは低炭素住宅と長期優良住宅といった認定住宅の指標と重複する点があるため、認定住宅の指標を満たすようにすることで、様々な減税を受けられます。
認定してもらうためには、審査料が掛かりますが、減税を受けるメリットを考えると審査料は安いと考えられます。
そのため、ZEHを建てたい際は一度審査を受けてみましょう。
 
*ヒートショックを防げる
 
ヒートショックとは、急激な気温の変化によって血圧が変動し、身体に悪影響を及ぼすことです。
真冬などお風呂に入る前後や、暖房の部屋から出た後に室内で起こることが多い症状です。
ZEHにすると住宅の断熱性能を上がるため、この症状の予防が期待できます。
 
 
□まとめ
 
以上、ZEHとは何なのか、またそのメリットについて紹介しました。
注文住宅を検討している方にとって、ZEHは聞きなれない言葉かもしれませんが、ZEHは今後選ばれる住宅の主流になってくる住宅だと思います。
また、ZEHは快適に暮らせたり、減税を受けられたりといった魅力もあります。
今回の記事を参考にZEHの購入を検討してみてはいかがでしょうか。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市で注文住宅|住宅ローンの流れが分からない方へその申請方法や時期をご紹介!

「住宅ローンの申請時期や申請方法について詳しく分からない」
「ローンを組むときに注意することはあるのだろうか」
松本市で注文住宅の購入を検討している方の中にはこのようなことを考えている方もいるのではないでしょうか。
注文住宅のローンの流れについてはなかなか分からないものですよね。
そこで今回は、住宅ローンの申請時期や申請方法、注意点について紹介します。
 
 
□住宅ローンの申請時期と申請方法
 
*申請時期
 
申請時期は理想の物件が見つかって購入を決めた後と住宅の売買契約を結んだ後です。
具体的に説明すると、ローンを申請する流れとして、まずは気に入った住宅を見つけたら購入の申し込みを同時に住宅ローンの事前審査を申請します。
事前審査とは住宅ローンを扱う金融機関が申請した方に融資できそうかを審査するものです。
基本的にこの事前審査をクリアしないと、住宅の売買契約を結べません。
そして、事前審査後に不動産会社などとその売買契約を結び、ここで住宅ローンを申請して本審査へと進みます。
本審査とは、金融機関や保証会社が正式に住宅ローン融資を行うかどうかを判断するための審査です。
 
*申請方法
 
住宅ローンを申請するには、実際に金融機関の店舗に訪れて手続きを行うか、インターネットで手続きをするかの2つの方法があります。
金融機関の場合、メガバンクや地方銀行などの実際に店舗を持っている金融機関が対象です。
インターネットの場合、ソニー銀行やイオン銀行といったネット銀行が主に対象になります。
ちなみに、現在ではメガバンクなどでもインターネットで手続きできることが多くなっています。
また、インターネットで手続きを済ませる方が金利は低くなる傾向にあります。
実際に金融機関の店舗に足を運んで直接相談しながら住宅ローンを選びたいのか、時間を問わずできるだけ金利を安く抑えたいのかを考え、自分自身にあった住宅ローンの申請を行いましょう。
 
 
□ローンを組む際に注意すること
 
注意点としては、土地と住宅ともに建築確認申請を行った後で審査を受ける必要があることです。
これは住宅ローンが住むための土地と住宅を担保に融資するローンであるからです。
そのため、建築プランを決めた上で、役所に建築確認申請を行い、認められなければいけません。
 
 
□まとめ
 
以上、住宅ローンの申請時期や申請方法、注意点について紹介しました。
この記事が注文住宅の購入を検討している方にとって参考になれば幸いです。
また、松本市にお住まいの方で注文住宅に関して何か相談したい方がいらっしゃいましたら、ぜひ当社へお問い合わせください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
ページ上部へ