ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市

松本市

リフォームでも住宅ローンを控除できる?ローンの控除を受ける方法

「リフォームはしたいけど、できるだけお金はかけたくない」
「住宅ローンを控除できることもあるって聞くけど、リフォームの場合は?」
住宅を建てる場合はもちろん、ご自宅をリフォームする場合も、一般的に住宅ローンを組んで、設定することが多いかと思います。
同じ金額を借りられるなら、できるだけ返済額は安くすませたいですよね。
そこで今回は、リフォームで受けられる住宅ローンの控除について解説します。
 
 
 
□住宅ローンの控除額は?
 
住宅ローン控除は、正式には「住宅借入金等特別控除」と言います。
平成33年の12月31日までにリフォームした家に住み始める方が対象となります。
最大で10年間は、住宅ローンに年末時点で残っているローンの金額のうち1%を所得税から控除してもらえます。
そのため、控除額は次の式で表せます。
 
ローン控除額 = 年末時点で残っている買い入れ額 × 0.01
 
ただし、控除額は最大で40万円です。
この式で計算した結果、控除額が50万円になったとしても、実際の控除額は40万円になります。
 
 
 
□リフォームで住宅ローンの控除を受けるには?
 
この住宅ローンの控除を受けるには、10年以上の住宅ローンを選ぶ必要があります。
自分が住むための住宅のリフォームが対象となるので、リフォームをした年の12月31日まで、6カ月以上住み続けなくてはいけません。
また、リフォームをした後の住宅の床面積が50平方メートル以上であり、その半分以上が自分の居住用スペースである必要があります。
さらに工事費用が100万円以上であることも条件の1つです。
その他に、リフォームの内容について次のいずれかの条件を満たすことが必要です。
 
 
*増改築、大規模な修繕や模様替えの工事であること
大規模な修繕や模様替えの基準は、「壁や柱、床や梁、屋根や階段のいずれかについて半分以上の修繕・模様替え」として建築基準法で決められています。
 
 
*家屋の一室の修繕・模様替え
家屋の中で、リビングやキッチン、浴室、トイレなどの一室の床や壁を全部修繕する場合も適用されます。
 
 
*構造強度や地震への安全性に関わる工事
建築基準法で決められた構造強度や耐震性を満たすための工事にも控除は適用されます。
 
 
*マンションなどの場合は所有している部分の半分以上の工事
マンションのように、1つの建物を複数人で所有している場合は、ご自身が所有しているスペースの床や階段、壁の半分以上を工事すると、控除の対象となります。
 
 
*バリアフリーや省エネのための改修工事
バリアフリーな設計の住宅にするためや、省エネ性能を上げるために行われるリフォームも控除の対象です。
 
 
 
□まとめ
 
今回は、リフォームをする場合に、住宅ローンの控除を受ける方法について解説しました。
リフォーム後はローンの返済しながら、生活費を捻出しなくてはいけません。
できるだけ楽に返済できるように、ぜひご紹介した方法を参考にしてローンの控除を受けてみてください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

土地の購入にはいくらかかるの?諸費用を松本市の業者が解説します

「土地を購入するときって、土地そのもの以外にどんな費用がかかるの?」
「予算内で土地を買いたいけど、土地そのものにかけられる費用ってどれくらい?」
土地を購入するには、土地自体の費用だけでなく、様々な費用がかかります。
購入した土地に希望に沿った家を建てるには、建物の予算を確実に残しておきたいですよね。
そこで今回は、土地の購入にかかる費用についてご説明します。
 
□土地の契約時に支払う費用
*手付金
購入したい土地が見つかったら、土地の売り主と売買契約を結びましょう。
この時に土地代金の全てを支払う必要はありません。
まずは売り主と話し合って、土地代金の一部を「手付金」として支払います。
一般的にこの手付金は、土地代金の10%程度であると言われています。
 
*印紙税
契約を結ぶ際は、収入印紙を貼って税金を納めます。
この印紙税の金額は、土地の代金によって異なります。
例えば1000万円以下の土地なら5000円、1000万円より多く、5000万円以下の土地なら1万円の印紙税がかかります。
 
*仲介手数料の半分
一般的に土地の売買をするときに、直接売り主と買い主がやりとりすることは少ないです。
多くの場合、仲介会社が間に入って、やりとりします。
土地を購入したら、仲介会社に対して仲介手数料を払う必要があります。
契約時に仲介手数料の半分を、土地の引き渡し時に残り半分を支払うことが多いです。
 
□残金決算時に支払う費用
*土地の残金
土地を引き渡してもらう前に、残りの土地代金を支払います。
一般的に売り主が指定した口座に振り込みますが、ローンで借りたお金で払う場合は、金融機関が直接振り込んでくれることもあります。
 
*ローンの印紙税
ローンの契約をする際も収入印紙が必要です。
印紙税は、借入額によって異なります。
 
*ローン借り入れ費用
ローンで借り入れするには、事務手数料はもちろん、火災保険料や保証料など様々な費用がかかります。
そのため土地代金をローンで支払う場合は、土地代金だけでなく、これらの経費もかかります。
 
*仲介手数料の残り半分
売買契約時では、仲介手数料のうち半分を払いました。
残金決算をするときは、この残り半分を支払います。
 
*登記費用
土地を購入したら、土地の所有権をご自身に移さなくてはなりません。
この不動産登記という手続きをする際は、登記をしてもらう司法書士への報酬や登記免許税などが必要です。
 
□まとめ
今回は、土地を購入するために必要な手続きや、その経費について説明しました。
税金やこれらの諸費用は、土地代金と建物の工事費用を合わせた金額の6%から7%と言われています。
土地を購入する際は、ぜひこれらの費用を計算に入れて、予算を考えてみてください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

ZEHの注文住宅なら光熱費が安くなる?今話題のZEHとそのメリットとは

注文住宅を建てようと色々なことを調べている方は、「ZEH」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
しかし、「ZEH」とは何かよく知らない方も多いでしょう。
実はZEHの住宅なら、注文住宅を建てたあとに光熱費が安くすることができるかもしれないのです。
今回は、ZEHとは何か、ZEHの注文住宅にはどのようなメリットがあるのかをご説明いたします。
 
 
 
□ZEHとは
 
ZEHとは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」という英語の頭文字をとったもので、「ゼッチ」と読みます。
名前からも分かる通り、消費エネルギーがゼロになることを目指した住宅のことです。
お風呂のお湯を沸かしたり、冷暖房を使ったりして、エネルギーを使うことで私たちの快適な生活は成り立っています。
しかし、エネルギーは使うほど光熱費がかかりますし、住宅のエネルギー収支はできるだけ少なくしたいですよね。
ZEHでは、まず建物の断熱性をあげたり、消費電力の少ない機器を使ったりすることで、使うエネルギーを減らします。
さらに、ZEHなら太陽光パネルや蓄電池などの設備を使って発電し、エネルギーを生み出すことで、このエネルギー収支をゼロにすることを目指せます。
 
 
 
□ZEHのメリット
 
 
*光熱費の削減
冷暖房が活躍する夏季や冬季はもちろん、過ごしやすい気温である春や秋も意外と光熱費は高くつきます。
ZEH化すれば、自宅で消費する分のエネルギーを生産できるため、冷暖房を使うことを我慢せずに光熱費を抑えられます。
また発電して余った電力は売ることもできるので、光熱費だけでなく他の生活費を下げることも期待できます。
 
 
*健康に良い
住宅の中でも、場所によって温度差がある場合があります。
特に冬は暖房が効いたリビングは暖かくても、脱衣所などの水回りは比較的寒いことが多いです。
この寒暖差には、血圧が急激に変化し、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険があります。
ZEHの住宅の場合、断熱性が高く部屋ごとで温度の差が少ないため健康に良いのです。
 
 
*地球に優しい
先ほど説明したようにZEHは私たちの身体に優しいことはもちろん、地球にも優しい住宅なのです。
地球温暖化の原因の1つが、火力発電が排出する温室効果ガスです。
ZEHの住宅なら、太陽光発電などを使って家庭で発電することで、この火力発電の稼働率を下げること期待できます。
そしてその結果、温室効果ガスが減り、地球温暖化を防げるかもしれません。
 
 
 
□まとめ
 
今回は、ZEHの意味やそのメリットを解説しました。
ZEHの注文住宅にすることで光熱費を抑えるだけでなく、健康に良いというメリットもあります。
注文住宅を建てる際は、ぜひご紹介したメリットを参考にZEHの住宅を検討してみてください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

土地の規制ってよく分からない?松本市の業者が簡単に解説します

「土地を持っているけど、建物を建てるときの守るべき規制ってどんなもの?」
「土地の規制って、難しい説明が多くてよく分からない」
ご自身の土地だからと言って、自分の好きなように家を建てていいわけではありません。
しかし、法律で決められた規制は、説明が難しい場合もあります。
そこで今回は、土地に建物を建てる上で守るべき規制を簡単に解説します。
 
 
 
□土地と建物の面積に関する規制
 
 
*建ぺい率
住宅に関わる仕事をしていない方にとっては、「建ぺい率」は耳慣れない言葉かもしれません。
これは、建物を上から見たときの建物の面積(建築面積)を敷地の面積で割った値です。
簡単に言いますと、土地の敷地内の何割を建物に使っていいのか表した指標です。
一般的な建物は1階の床面積が一番広いので、これを建築面積とします。
しかし、上階の床面積の方が広い場合は、その床面積を計算に用います。
 
この建ぺい率の上限は、都市計画法で決められた土地の種類によって異なります。
例えば、低い住宅や、小中学校などを建てられる第1種低層住居専用地域では、建ぺい率の上限は30%、40%、50%、60%のいずれかに決められています。
上限の値は地域に都市計画によって違うので、お住いの地域の都市計画を調べてみると良いでしょう。
 
 
*容積率
せっかく家を建てるなら、建物を高くして、総面積が広い家を作りたいですよね。
しかし、建物の全階の床面積を合わせた延床面積にも制限があります。
延床面積を土地の敷地面積で割った値を容積率と良い、この値の上限が都市計画で決められているのです。
 
 
 
□土地と建物の高さに関する規制
 
 
*住宅の北側に家がある場合
太陽は南に昇ります。
そのため、北側に家があると、ご自宅が隣の家への日照を遮ってしまう可能性があります。
これを避けるために、低い住宅を建てられる低層住居専用地域の場合、隣家との境界線上の5mの高さから傾き1.25で直線を引いた高さまでは、建物を建てることが禁止されています。
つまり高さの上限は次の式で表せます。
 
1.25×(境界線からの距離)+5
 
この式に当てはめると、隣家との境界線から4mの位置なら、その位置の建物の高さは10mを超えてはいけないことになります。
 
 
*道路を遮らないための制限
家を建てるには、道路に面していることが必要です。
しかし、その道路の幅によっても、建物の高さは制限されてしまうのです。
道路の反対側から傾き1.25で直線を引き、建物はその線の高さを超えてはいけません。
つまり、建物の上限は次に式で表せます。
 
1.25×(境界線からの距離+道路の幅)
 
道路の幅が5m、境界線からの距離が5mなら、その位置の建物の高さは12.5mを超えてはいけないのです。
 
 
 
□まとめ
 
今回は、法律で決まっている土地の規制を簡単に解説しました。
自分の理想の家を建てるためには、これらの規制をふまえて、設計しなくてはいけません。
住宅を建てる際は、これらの規制をよく理解しているプロの建設会社にご相談ください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

土地にも種類がある?松本市の土地の種類をご紹介します

「土地ってどんな種類があるの?」
「気になる土地があるけど、あの土地に家を建ててもいいのかな」
家を建てることを検討中の方の中には、土地さえあれば家を建てられると思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実は土地にはいくつか種類があり、それによって使い道が異なるのです。
そこで今回は、土地の種類、それぞれの使い道についてご説明します。
 
 
 
□土地の種類って誰が決めているの?
 
そもそも土地に種類があるのか疑問を持っている方もいるでしょう。
実は種類は、都市計画法によって決められているのです。
小さな一戸建ての隣に、大型マンションが建ってしまうと、一戸建ての家は日当たりが悪くなってしまいますよね。
また家の隣に大きな工場が建設されると、工場の音が騒がしくて、落ち着いて暮らせないかもしれません。
このような問題を避けるために、都市計画法では使い道によって土地の種類を定めて、区分けしているのです。
 
 
 
□都市計画法による土地の種類
 
それでは、実際どのように土地を区別しているのでしょうか?
市街地地区にある土地には、主に住宅と工場、商業施設という3つの使い道があります。
この使い道をさらに細かく分けると、13種類の土地があります。
 
 
*住宅系用途地域
この地域は、主に8種類に分類できます。
低層住居専用地域は、高さの低い住宅や、小中学校、規模の小さいお店などを建てることができる地域です。
中高層住居専用地域なら、高さのある住宅の建物や、大学、病院などを建てられます。
最大で1500平方メートルの広さを持つお店や事務所などにも使用可能です。
他にも、ホテルやカラオケボックスなどが集まる住居地域というものもあります。
また、田園風景と周辺の住環境を守るための地域や、自動車に関する施設と周辺の住環境を守る地域もあります。
 
 
*商業系用途地域
この地域は、2種類に分類できます。
近隣商業地域は、周辺に住む人が日用品など生活に不可欠なものを買えるお店だけでなく、住宅や小さい工場も建てることができます。
商業地域には、映画館などの娯楽施設や飲食店、銀行などが集中しています。
他にも住宅や小さい工場も建てられます。
 
 
*工業系用途地域
この地域は、3種類に分類できます。
準工業地域の土地には、サービス施設や軽工業の工場を建てることができます。
ただし、環境に悪く、危険性が高い工場は建てられません。
工業地域と工業専用地域なら、危険性の高い工場でも建設できます。
ただし人に害が出る恐れもあるので、住宅やホテルはもちろん、病院や学校も建てることはできません。
 
 
 
□まとめ
 
今回は、都市計画法で決められた土地の種類についてご説明しました。
住宅を建てたいなら、希望の住宅に適した種類の土地を購入する必要があります。
マイホームを建てる際は、ぜひご紹介した土地の種類を確認して、希望に沿う土地を探してみて下さい。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市で土地をお探しの方へ|探し方のポイントや流れをご紹介

「マイホームを建てる土地を探したいけど、何から始めたらいいのか分からない」
「住みやすい土地を見つけるには、どうすればいいの?」
マイホームを建てる上で建物はもちろん、どこに住むのか、つまり土地を選ぶことはとても大切です。
しかし、土地を探そうと思っても何から手を付けたらいいのか分からない方もいるでしょう。
そこで今回は、土地の探し方の流れや、気を付けたいポイントをご紹介します。
インターネットで購入したい金額を考えます。
 
 
 
□土地探しの流れ
 
 
*土地探しを手伝ってもらう
土地を買う機会って、一生を通してもそれほど多くないですよね。
そのため、一般の方がご自身で土地を探すと、失敗してしまう場合もあります。
土地探しでは、地盤や土地の形状、高低差など、注意すべきポイントがたくさんあります。
また、家のことも考えなければならないので、初心者ではご自身に適した土地かどうか判断が難しいのです。
 
土地を探すなら、まず家づくりのプロに土地探しを手伝ってもらいましょう。
建設会社は、土地だけでなく、建物のプロでもあります。
そのため、ご自身が希望する家を建てることも考えて、土地を探してもらえます。
 
 
*何を優先して土地を選ぶか決める
ご自身の家を持ちたいと考えている方の多くは、建物だけでなく住む場所についてもこだわりを持っているでしょう。
しかし、希望を全て実現しつつ、予算で収まる土地を探すのは難しいものです。
そのため、あらかじめどの条件を優先するか決めておきましょう。
譲れない条件と妥協してもいい条件を分けておきます。
 
 
*土地探し
優先する条件が決まったら、具体的に土地を探しはじめます。
土地を探す方法の1つとして、インターネットがあります。
住みたい地域の名前で土地を調べたり、不動産会社のホームページで探したりできます。
他にも、不動産屋の店舗で土地情報を聞いても良いですね。
住みたい地域が決まっているなら、その地域に実際に足を運んで、良い土地がないか探す方法もおすすめです。
車などでその地域を回って、「売土地」とかいた看板がたっていないか探してみてください。
気になる土地がみつかったら、依頼する建築会社の方に、地盤などを確認してもらいましょう。
 
 
 
□まとめ
 
今回は、土地の探し方のポイントや流れをご説明しました。
土地探しの流れを知っておけば、スムーズに理想に近い土地を見つけることができそうです。
住宅を建てるために土地をお探しの方は、ぜひご紹介した探し方を参考にしてみてください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

松本市にお住いの方必見|注文住宅の予算の正確な決め方とは

「注文住宅を建てたいけど、予算ってどうやって決めたらいいの?」
「お金をかけすぎて、生活が苦しくならないか不安」
せっかく注文住宅を建てるなら、できるだけ自分の要望を反映させたいですね。
しかし、注文住宅にお金を使いすぎてしまうと、その後の生活が苦しくなるかもしれません。
そこで今回は、注文住宅の予算の上手な決め方をご紹介いたします。
 
 
 
□住宅ローンから考える
 
注文住宅はとても大きな買い物ですから、一般的に住宅ローンでお金を借りて費用を支払います。
そのため、住宅が完成した後は、毎月住宅ローンを返済する必要があります。
予算を決める上では、余裕をもってこの住宅ローンを返済できるかどうかが重要です。
これを表す指標として、「返済負担率」というものがあります。
 
返済負担率とは、年収に対して、毎年返済する住宅ローンの金額の割合です。
一般的に返済負担率が35%をより低ければ、審査に通りやすくなると言われています。
フラット35を提供している機関の調査によると、注文住宅を購入した方の返済負担率は平均で21%です。
そして年収に対する借入額の割合の平均は、5.2倍です。
無理なく返済したい方には、この年収倍率や返済負担率を平均と同じにすることをおすすめします。
 
 
 
□自己資金を加える
 
計画的に貯金をしている方であれば、貯金したお金を注文住宅の頭金として支払うことができます。
あまり貯金がない方は親から援助してもらっても良いでしょう。
ただし、援助額が110万円を超えると贈与税が発生する場合もあるので、注意が必要です。
とにかく手元にあって使えるお金も、予算に加えておきましょう。
この場合、住宅を建てた後の生活にかかる費用を考えて、頭金を決めることがおすすめです。
 
 
 
□諸々の費用を引く
 
注文住宅を建てるには、土地や建物だけでなく様々なものにお金がかかります。
この諸費用を引いて、注文住宅の予算を導きましょう。
まず住宅ローンでお金を借りるためのお金が必要です。
事務手数料として借入額の2%、印紙代と登記費用で8万円から10万円ほど、さらに抵当権の設定費用と司法書士への報酬で10万円から15万円かかります。
他にも引越し費用として10万円から15万円ほど必要になりますし、家具を新調するならそのための費用も確保しなくてはいけません。
余裕をもって、諸費用は150万円ほどかかるものとして計算することをおすすめします。
 
 
 
□まとめ
 
今回は、注文住宅の予算の決め方をご紹介しました。
住宅ローンを返済できるか不安を感じている方は、ぜひご紹介した決め方を参考にして、予算を考えてみてください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅を安心して任せられる業者選び|選び方のポイントをご紹介

「注文住宅を建てたいけど、どの業者に任せようかな」
「安心して任せられる業者を選ぶには、何をチェックしたらいいの?」
注文住宅を建てる際は、どの業者を選ぶかがとても大切です。
しかし、どのような基準で選べばいいか分からない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、注文住宅を依頼する業者の選び方をご紹介します。
 
 
 
□「工法や構造」で業者を選ぶ
 
注文住宅を依頼する場合、ご自身の住宅に何かしらこだわりをお持ちでしょう。
大手のハウスメーカーであれば、複数の工法を扱っていることが多いですが、一般的に1つの業者が扱っている工法は1つに限られています。
まずは自分のこだわりにあった工法を扱っているか確認しましょう。
地元で安定した住宅を建設してきた実績があるかも重要なチェックポイントです。
 
またデザインも業者によって異なります。
内装はもちろん、外観のデザイン性で業者を選ぶ方も多いようです。
インターネットで注文住宅を調べて、気に入ったデザインを見つけたら、その業者を候補に入れてみてもいいかもしれません。
 
住宅は日々の生活を支える空間ですから、性能にもこだわりたいですね。
耐震性能はもちろん、気密性や断熱性の高さを誇っている業者もあります。
得意としている性能で業者を選んでみてもいいかもしれません。
 
 
 
□「人」で業者を選ぶ
 
ご自身の希望を叶えるには、業者の担当者にまず希望を伝える必要があります。
そのため業者を選ぶ時は、スタッフの対応をチェックすることが大切です。
社員教育にしっかり力を入れている業者なら、スタッフも丁寧な対応をしてくれそうですね。
注文住宅を建てるなら、最初から最後まで同じ人に担当してもらった方が安心できそうです。
担当者があちこち転勤しないか事前に確認しておきましょう。
またお互い人間ですから、性格の相性が合わない場合もあります。
担当者との打ち合わせで、トラブルを発生させないためには、スムーズにコミュニケーションをとれることも重要なポイントです。
 
 
 
□「工事後の対応」で業者を選ぶ
 
家は建てて終わりではありません。
何か欠陥が見つかった時に、補修をしてくれる瑕疵担保保証はもちろん、地盤保証やシロアリ保証などの保証がついていることは注文住宅の業者選ぶにおいて非常に重要です。
またシステムとして定期的にメンテナンスをしてくれるかどうかも確認しておきましょう。
 
 
 
□まとめ
 
今回は、注文住宅の業者を選ぶ時に、チェックすべきポイントをご紹介しました。
ご自身やご家族の要望をうまく住宅に反映するには、優良な業者を選ぶことが大切です。
注文住宅の購入を検討している方は、ぜひご紹介した選び方のポイントを参考にして、業者を選んでみてください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

 

桜前線

こんにちは

営業の小野です。

 

世間的に新元号と桜の話題ばかりというのをきいたのですが、あえて両方いきます。(笑)

 

毎度、テレビやラジオなどで話題になっている頃は県内はなかなか桜は見れません。

営業でまわっているなかで目に付くのは各学校やお家にある桜の木、あと遠目に見てわかりやすいのは

弘法山です。

 

少し前カメラにはまっていろいろな写真を撮りに行ってた頃はそのために見に行ったりしていたのですが、

最近はいわゆる「花見」というのはしないので普段の生活の中から季節感を感じ取るくらいしかしなくなってしまいました。

 

また季節を感じるためにカメラをもって散歩に行ってみたいと思います。

 

松本市、塩尻市、安曇野市の新築、リフォーム、不動産はAIWA匠まで!

松本市で注文住宅をお考えの方へ|注文住宅の流れやかかる期間を解説

「注文住宅を建てるには、何をしたらいいの?」
「これからの人生を考えるために、注文住の流れや期間を知っておきたい」
人生設計を考えるためには、注文住宅が完成するまでにどれくらい時間がかかるのか知っておきたいですね。
また、注文住宅を建てたくても、一体何から始めたらいいのか分からない方もいるでしょう。
そこで今回は、注文住宅を建てる際の流れやかかる期間についてご説明します。
 
 
 
□契約までの流れ
 
 
*予算を決める
注文住宅を建てるために、どれくらいお金をかけられるのか考えましょう。
注文住宅はとても大きな買い物ですから、住宅ローンを借りる方が多いです。
そして住宅を買った後は、そのローンを毎月返済します。
毎月余裕をもって返済できる金額内で予算を決定しましょう。
 
 
*土地と建物のプランを決める
注文住宅を建てるには、まず土地を探す必要があります。
購入したい土地が見つかったら、意思表示のために買付証明書を不動産会社に渡します。
この際、契約はまだしていないので、正当な理由なら撤回することもできます。
 
良い土地が見つかったら、予算に収まるように建物のプランを考えます。
間取りや設備、外観などの細部までよく業者と話し合って決めましょう。
このとき、よりよいプランを立てるために、複数の会社から提案をしてもらうことをおすすめします。
 
 
*住宅ローンの事前審査
契約を結ぶ前に、一度住宅ローンの審査を受けます。
1回目の事前審査は、スムーズに進めば1週間ほどで結果が出ます。
事前審査に合格したら、契約する前に一度建物のプランを確認して、必要があれば修正を加えましょう。
 
 
 
□契約とその後の流れ
 
 
*土地と建物の契約
準備が整ったら、あらかじめ決めておいた土地と建物の契約をしましょう。
プランを決める前に土地だけ購入してしまうと、建物に使えるお金が制限されてしまうので、あまりおすすめできません。
 
 
*住宅ローンの本審査
契約したら、いよいよ住宅ローンの2回目の審査を受けます。
本審査は、何も問題なければ1週間から2週間ほどで終わります。
追加で書類が必要になることもあるので、平均すると2週間から1カ月ほどかかるそうです。
そして審査に通ったら、土地の所有権移転登記を行います。
 
 
*工事と完成後の引き渡し
ここまで完了したら、ようやく工事にとりかかれます。
完成までにかかる期間は、工法によって大きく異なるので、業者に確認しておきましょう。
完成したら、業者から住宅を引き渡してもらい、引越しして入居します。
 
 
 
□まとめ
 
今回は、注文住宅を建てるために必要な作業と、それにかかる時間について解説しました。
建てる流れを把握しておけば、ご自身の予定も前もって調整できそうですね。
注文住宅を建てる際は、ぜひご紹介した流れを参考にして、予定を立ててみてください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
ページ上部へ