ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市

松本市

夏涼しい家を叶える3つの要素!リフォームで快適な家づくり

四季がある日本では夏と冬の温度差が気になります。
住宅にも工夫をしないと、夏の暑さと冬の寒さを感じない快適な家づくりは難しいのではないでしょうか。
リフォームをするのであれば、夏涼しく冬暖かい家を心掛けましょう。
 
夏涼しく、冬暖かい家にする要素
1. 断熱化
夏は暑さのため冷房を使用します。
いくら温度を低く設定しても、部屋が中々涼まらないなんてことはありませんか?
これは冷房の冷気が家の外に逃げてしまっているからロスが生じるのが原因です。
 
このロスを抑えるために断熱材を取り入れるのが一般的になってきています。
外断熱や内断熱、断熱材の種類によって特徴が異なるので、リフォームする際に相談してみるといいですね。
 
2. 気密化
暖房や冷房のロスは断熱材でも抑えられますが、家を気密化することを有効です。
家の継ぎ目部分を極力減らし、隙間風をなくすという考え方ですね。
床と壁の継ぎ目、コンセントの穴など、日頃気づかない隙間から外気は入ってきてしまいます。
気密性を高めてくれるシートを貼ることで、湿度を含んだ隙間風を通さないよう、冷暖房のロス対策をしましょう。
 
3. 自然風の利用
夏涼しさを提供してくれるのは、冷房だけではありません。
自然風も上手に取り入れることで、十分快適に過ごせる家になります。
リフォームする際は、自然風の動きを読んで窓の配置や大きさを工夫してみてはいかがでしょうか。
 

夏涼しい家、冬暖かい家はリフォーム時の一工夫で叶います。

業者と相談して、住みやすい家にしてみてはいかがでしょうか。

 

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の内装!気を付けるべき注意点とは?-床材編ー

皆さんは、マイホームを建てるのであれば、内装はどのようなものにしたいですか?
強いこだわりがある方もいらっしゃるでしょうし、どのような内装にしようか全然決まっていない方もいらっしゃると思います。そこで今回は、内装の中でも床材についてご紹介したいと思います。
 
◆床材にはこだわるべき
皆さんは、どのような床材を採用しようとお考えでしょうか?
実際のところ床材は内装の中でも忘れられがちだと思います。ただ、床は生活の中で足と常に接しているため、身体に直接触れる場所として床材はこだわるべきポイントの一つです。床材を選ぶ基準としては、足と接した際の素材感やメンテナンスのしやすさ、インテリアとしての魅力などの観点から選ぶのが良いでしょう。もちろん、床材にこだわらないで他の部分にお金をかけるという選択もありですが、床材によって部屋の雰囲気が変わることもあるので、こだわりのある上質な床材を選択することをお勧めします。
 
◆まとめ
ここまで、内装の中でも忘れられがちな床材についてご紹介しました。
床材には様々な種類がありますので、素材感が良い床材やメンテナンスのしやすい床材、インテリアとしての魅力的な床材などから、皆さんの希望に合った内装を手に入れましょう。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

浴室リフォームのポイント!浴室を安全な空間にする方法とは?

浴室は滑りやすく、転倒のリスクが高い場所です。特に高齢者が使用される浴室に関してはより安全な空間を心掛けなくてはなりません。ただ、実際に浴室を安全な空間にするために、どのような対策をすればよいのかわからない方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、浴室を安全にするためのリフォームについてご紹介したいと思います。
 
◆様々なリフォーム
転倒防止などの浴室を安全にするためのリフォームには様々な種類があります。そこで、どのようなリフォームがあるのかご紹介します。
 
・手すりを付ける
高齢者の方は立ったリ、座ったりする際にうまく体を動かせないことがあります。そこで、手すりを設置することで、動きやすくなりますし、転倒のリスクを減らせます。
 
・浴槽の高さを適切にする
皆さんのご自宅の浴槽は高すぎませんか?浴槽が高すぎると、入りにくく、転倒のリスクも高いです。リフォームをする際には浴槽の高さにも気を付けましょう。
 
・脱衣所と浴室の段差
脱衣所と浴室の段差はできるだけ低いほうが良いです。目安としては3cm程度が良いでしょう。
 
◆まとめ
いかがでしたか?
ここまで、浴室を安全にするためのリフォームについてご紹介しました。
浴室をリフォームするのであれば、転倒事故が起こるリスクを減らして、安全な浴室を作り上げましょう。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームの床材!おすすめの床材3選!-メンテナンス編ー

皆さんはメンテナンスがしやすい床材をご存知でしょうか?
今回は前回のインテリア編に引き続きメンテナンス編として、メンテナンスの観点からおすすめの床材をご紹介したいと思います。
 
◆おすすめの床材3選!
皆さんは床材を選ぶ際にはどのような基準で選びますか?様々な基準があると思いますが、メンテナンスがしやすい床材はとても魅力的だと思います。そこでメンテナンスがしやすい床材を3つご紹介します。
 
・フローリング材
フローリング材はとても人気の床材です。ただ、メンテナンスの面から考えると、耐水性や耐薬性が低いというデメリットがあります。そこで、表面にコーティングをすることで、メンテナンスがしやすい床材となります。
 
・クッションフロア
クッションフロアは水に強い床材で、カラーバリエーションも豊富です。また、価格が低いというメリットもあります。お手頃な床材をお求めであればクッションフロアをお勧めします。
 
・タイル
タイルはモップで掃除ができ、さらに耐久性も高い床材です。そのため、とてもメンテナンスのしやすい床材です。
 
◆まとめ
メンテナンスがしやすいということは魅力的なメリットでしょう。前回のインテリア編と合わせて二つの観点から床材をご紹介しました。次回は、素材の観点からおすすめの床材をご紹介したいと思います。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

家を建てたい!そんなあなたに注文住宅の大きなメリット3点!

家を買うことは人生の中の一大イベント!何があっても失敗したくないですよね。そんなあなたにこそ注文住宅をおすすめします!
それでは注文住宅のメリットを見ていきましょう。
 
1 自由度が高い
近年は分譲住宅でも万人受けする様々なタイプが見られますが、注文住宅ではあなたに合った世界に一つしかない家を建てることが出来ます。
「玄関は広めにとりたい」「リビングは吹き抜けにして開放的なスペースにしたい」「外観はヨーロッパのようなおしゃれな家に住みたい」といった、あなたの要望をかなえることが可能です。
 
2 予算の調整ができる
分譲住宅では値段が一律で決まっていますが、注文住宅では建設に必要な資材をある程度自由に選ぶことが出来ます。
また設計のプロである担当者と相談しながら決めることが出来るので、あなたのこだわりたい部分に予算を配分し、他の部分は安く抑えるといった予算配分であなたオリジナルの家が実現します。
 
3 建設途中でチェックできる
注文住宅では工事期間中に現場へ行き、現場管理者にいろいろと質問することが出来ます。
分譲住宅の場合、既に完成している家を購入することが多いため、なかなか建設途中に赴くことはできません。
ご自身の目で家が出来上がっていく過程を見ることができ、図面通りに進んでいるのかも確認できるので安心でしょう。
 
いかがでしょうか。
以上のように、注文住宅はこだわりを反映させたい方にはうってつけです。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ベランダ・バルコニーのリフォームで欠かせない3つの重要ポイント!

洗濯物を干したり、ときにはリビングルームの延長として、住まいにおいて重要な存在であるベランダやバルコニー。
住み始めたときには気にならなくても、しばらく住んでみるとその重要性に気がつきますよね。
それでは、そのリフォームの際に気をつけたいポイントをご紹介します。
 
・通気性
ベランダ・バルコニーに欠かせないのは風通しの良さです。これは洗濯物を干したいと考えている方にはより重要なポイントになります。
また、憩いの場としてリフォームした場合であっても、ベランダ・バルコニーを作ったことにより、家の中の風通しが悪くなっては本末転倒です。
それゆえ、壁に通気用の穴をあけたり、格子状のものを採用するなどして風通しを意識したリフォームがおすすめです。
 
・防水性
ベランダ・バルコニーは常に風雨にさらされる場所です。
そのため、フェンスの防錆塗装などの防水性能を考えずに設計したり、またメンテナンスを怠ったりすると、ベランダ・バルコニー自体の耐久性にも影響が出てしまいます。
例を挙げると鉄製のバルコニーでは防錆塗装がきれないように5年程度でのメンテナンスが必要と言われています。
 
・日照の確保
洗濯物を干したいと考えている方には必須となります。また、窓を、屋内の明るさを妨げない位置、大きさにすることも大変重要です。あまりに太いフェンスをつけたり、日光が通りにくい屋根にしたりすることは控えましょう。
 
 
いかがでしょうか。
ベランダ・バルコニーのリフォームといった一見簡単に決まりそうに思われるところでも気にすべき点はたくさんあります。
よく考えて納得のいくリフォームを実現しましょう。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の間取りで用途に合ったスペース確保が大切な1つの理由

「バルコニーの幅が狭すぎて、洗濯物干しにくい・・・」
「テラスの広さが中途半端で、テーブルを置くことができない」
など、注文住宅でお家を建てた時に、お家の中のことばかりに気を取られて、屋外のことを気にしていなかった方は多くいらっしゃいます。
 
物干しをしたり、ちょっと軽食を楽しみたいということで、バルコニーやテラスをつくったのだと思いますが、実際は、幅が狭すぎたり、広さが十分でなかったりして、後悔するケースが意外に多いです。
 
やはり、優先順位としては、お家の外よりも、お家の中になると思いますが、せっかく屋外空間をつくるのであれば、用途に合ったスペース確保は非常に重要になります。
 
・中途半端な空間ではなく、用途に合ったスペースを確保しよう
 
 お家の中の間取りを優先することはよいかもしれません。
ただ、予算に余裕があり、付け加える形で、できるだけ広い屋外空間を確保しようとする場合は、注意が必要になります。
 
 例えば、予算に少し余裕があるので、テラスをつくったとします。
そして、できるだけ広い空間をつくったのですが、中途半端になりました。
ただ、テラスの用途としては、テーブルを置き、そこで軽食を楽しむ等が挙げられると思います。
 
しかし、このとき、テーブルを置くスペースがなかったら、何のためのテラスなのかわからなくなります。
あとで、用途を付け加えるのも良いかもしれませんが、この場合、リビングを広くしたほうが開放感を得ることができます。
 
テラスをつくるのならリビングを狭くする、中途半端なテラスをつくるのならリビングを広くするといったように、メリハリのはっきりした間取りにすべきなのです。
 
 

 いかがでしょうか。

もし、屋外空間をつくると決めたのであれば、その用途に合ったスペースを確保してください。

できるだけ広い空間にしようとした場合、中途半端な空間になり、何のためにつくったのかわからなくなります。

今回の記事が参考になれば幸いです。

 

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の間取りの注意点!プライバシーが保護された家に住もう!

「玄関から洗面室まで視線が丸見え」
「来客時、見せたくない部屋を見せてしまう間取りに」
など、注文住宅を建てた後に、室内外問わず、人の視線を感じるような間取りになっていることに気づき、後悔する方は多くいらっしゃいます。
 
たしかに、せっかく建てたお家が、プライバシーのないお家だったときはすごく落胆してしまいますね。
家族だけならいいものの、外で散歩している人や来客の方には見せたくない、隠したいことはよくあります。
 
なので、室内外の人の視線を気にしなくても良いような間取りのお家にすることは非常に重要です。
 
・玄関ドアと窓の直線状に何があるのかを把握する
 室内外からの人の視線は、やはり、玄関や窓などから感じてしまいます。
玄関ドアを開けた時に、人にできるだけ見られたくない空間が正面になっていないかを確認してみましょう。
 
たとえば、玄関から洗面室まで丸見えになってしまっているような間取りがよくある失敗例です。洗面室の洗濯物の山はできるだけ見られたくないですよね。
なので、図面を見た時に、リビングなどのように、見られてもよいような部屋が玄関から直線状にあるかどうかは大切です。
 
また、窓やドアの位置が、隣の家の窓やドアと向かい合わせになっていると、プライバシーの面で心配してしまうことがあります。
隣家の窓やドアはどこにあるのかも注意したほうがよいでしょう。
 

 いかがでしょうか。

玄関ドアや窓を適したところに配置すると、室内外からの視線を感じなくなります。

「洗濯室と玄関ドアは直線状の位置にあるか」「隣家の玄関ドアや窓と向かい合わせになっているか」等に注意したほうがよいでしょう。

今回の記事が参考になれば幸いです。

 

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ローコスト注文住宅のデメリット-価格編-

前回は、「ローコスト注文住宅のデメリット-断熱・気密編-」についての記事でした。
多くのローコスト注文住宅では安価な断熱材として「グラスウール」を使用しているのですが、このグラスウールを使用する場合は、しっかりと気密施工をしなければなりません。
 
というのも、壁体内結露により断熱性能が落ちたり、グラスウールが木材を濡らすことがあったりして、お家の寿命が短くなるからです。
今回は、そんなローコスト住宅の価格についてのデメリットについてご紹介します!
 
・ローコスト住宅が、ハイコスト住宅に!?
 
 ハウスメーカーや工務店などが、ローコストで建築するために企画して、できる限り安く提供できる建材や設備を使って、建てていくのがローコスト住宅になります。
 
 しかし、お家は一生に一度のお買い物です。ローコスト住宅を希望して打ち合わせを進めていくと、「あれも欲しい」「これもつけて」など、いろいろなものをお家に求めていくことが考えられます。
そして、結果的に、コストが上がっていき、ハイコスト住宅になっていくのです。
 
 であれば、家族一人一人のニーズをまとめて、それらを満たすようなお家にすべきではないでしょうか。
ローコスト住宅の上に、いろいろな条件を付け加えていった場合、「あれもつけといたらよかったな」と後悔することが多いです。
しっかりと家族と議論して、住む人たちと話し合って、理想のお家の条件をまとめるべきなのです。
 
 

 いかがでしょうか。

ローコスト住宅は、打ち合わせを進めていくと、いつの間にかハイコスト住宅になっていることが多いです。

家族皆のニーズを満たすようなお家にしたほうが、後悔することはないですし、納得できる価格でお家を建てることができると思います。

今回の記事が参考になれば幸いです。

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

新築注文住宅で予算オーバーを抑える最も大切なこととは?!

新しく注文住宅を建てようと考えておられる方が、今後直面する一番厄介な問題は予算オーバーではないでしょうか。
なぜなら、注文住宅は自分の理想が実現しやすいので、計画を立てていくにつれて「やっぱりこうしたい」「これを追加した」などとオプションの追加や計画の変更がよくあるからです。
 
では、注文住宅を建てる際に予算オーバーをできるだけ抑えるためにはどのようにすればよいのでしょうか。
いろいろと建設段階で無駄を省くという方法もあるのですが、一番大切なことは優先順位を決めておくことです。
 
先ほどもお伝えしましたが、予算オーバーは当然のように起こってくる問題です。
ですので、それに対する対策を立てる必要があります。
 
例えば、キッチンのグレードを一番重要視したいのであればキッチンを最優先事項として決めておいて、他の部分のグレードアップと迷ったらキッチンの方を迷わず選択できるようにしておきましょう。
そうすることで、迷う時間を無くすことができるし、大幅な予算オーバーを無くすことができます。
 
 
いかがでしたか。
注文住宅を建てるとなると予算オーバーは必ず起こってきます。
ですので、計画を立てる際は必ず事前に優先順位を決めておいてくださいね。

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ページ上部へ