ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市

松本市

リフォームの際にもらえる助成金を松本市のAIWA匠が解説

「リフォームにおいてはどのような助成金制度があるのだろう?」
新築ほどではありませんが、決して安くないリフォームに関して助成金の対象であればもらっておきたいものですよね。
そこで今回は、リフォームの際にもらえる可能性のある助成金についてご紹介いたします。
 
□リフォームの際に使える助成金について
 
*住宅用温暖化対策設備設置に関する助成
既に建てられている住宅において、温暖化対策を施すリフォームについて補助をするという制度です。
たとえば、ドアや窓の交換や設置といった開口部の断熱改修については20万円を上限として設備購入費用および工事費用の2割を支給しています。
また効率の高いと言われている給湯器の設置についても20万円を上限として設備購入費用および工事費用の2割を、太陽光発電システムなどの設置にあたり上限を10万円として支給するといったものが設けられています。
居住のための建物であり同じ松本市の市内に支店や事務所を構える事業者に依頼することが条件ですので注意しましょう。
 
*長期優良住宅化リフォーム推進事業
中古住宅をリフォームして長期優良住宅の基準を満たした物件にする場合に、最大で250万円の補助金を受けられるのがこちらの制度です。
長期優良住宅は断熱性にとどまらず、耐震性をはじめとして様々なことにメリットがあるので、リフォームの際には検討されることをおすすめいたします。
 
*ゼロエネ住宅推進のための補助制度
ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業に関連した制度で、ゼロエネ住宅というのは自家発電の設備を備えていることなどでエネルギーの消費量が生産量以下であるような住宅のことを指します。
リフォームにおいても最大で70万円程を受け取ることができますので、導入されても良いかもしれません。
 
*三世代家族支援事業
若い世代から高齢者までが互いに近くで支え合えるように、三世代が同居または近隣に住む家族を対象にして支援をするという制度です。
リフォームにおいては最大額を40万円として対象経費の1割を支給するとしています。
同居であることが条件のため、今後一緒に同じ場所に暮らす場合は利用してみてはいかがでしょうか。
 
*地域型住宅グリーン化事業
エネルギー性能に優れている木造住宅が対象であり、最大で140万円受け取ることができます。
 
□最後に
今回は、リフォームでもらえる助成金についてご紹介いたしました。
助成金の注意点として、対象となる期間が限定的であることが挙げられます。
利用条件や期限に気を配りながら、利用できるものを最大限に活用してリフォームを進めていきましょう。
 
 
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

耐震性の向上はリノベーションでできる?|松本市のAIWA匠が解説

「リノベーションってリフォームとは何が違うのだろう?耐震性を高めることはできるのかな?」
リフォームに関連した話ではよくリノベーションという言葉が出てきますが、どのような特徴があるのかについてはよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、リノベーションの意味とそれを通してできることをご紹介いたします。
 
□リノベーションの意味
リフォームというのは修繕という意味が強く、長年住んできている住宅で傷んだ部分を改修して住みやすさを回復させるという印象が強いです。
一方で、リノベーションはそれよりも大きな規模の改修をするという感覚でしょう。
修繕にとどまらず間取りやデザインを変更することによって、時代や生活様式に沿った住宅に変更していくとともに、さらに価値を付けて住環境を整えることを目指して行われます。
 
□リノベーションでできること
 
*間取りを変える
一部分の修繕のみならず住宅全体で行われますので、耐震性との相談にもなりますが、間取りを変更してこれまでとは違った使い方をすることが可能になります。
 
*窓や柱の変更
大規模に修繕することで窓や柱といった構造に関連する部分まで触れることもできます。
強い地震が発生した時には建物が揺れを受けるわけですが、そこに耐えうるのは柱や壁といった構造体です。
加工を施した柱に変更する・壁の厚みを増す・構造用合板を貼り付けるなどといったこれまでの構造体を、地震で受ける力やねじれに対して、耐久性を示せるように工夫していくことが大切になります。
こういった大がかりなことは単にリフォームするだけでは難しいこともあり、リノベーションならではのメリットと言えるでしょう。
 
*基礎部分の強化
建物を支えるだけでは耐震性を強化しきれているか心配な方もいらっしゃるかもしれません。
それであれば基礎部分にまで手を加えるのも一つの手です。
大がかりに刷新することで基礎部分の打ち込みにも手を回せますので、より強化していくことができます。
基準としては耐震等級が2以上になるように施工を進めていくことも可能です。
 
*面積の変更
お子様が独立して家に住まなくなったなど、生活様式の変化によって使わなくなった部分はありませんか?
リノベーションにおいては減築などにも対応しており、良好な居住環境を満たすための面積の変更も行えます。
 
□最後に
今回は、リノベーションの意味とそれをすることによって得られるメリットについてご紹介いたしました。
 
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームで大切なインスペクションとは?その内容をAIWA匠が解説

「リフォームの話の中でインスペクションという言葉を聞いたのだけれども、どのようなものなのだろう?」
インスペクションという言葉をいきなり聞くとなかなか想像するのも難しいかもしれません。
今回は、インスペクションがどのようなものかということおよびその内容についてご紹介いたします。
 
□インスペクションとは?
インスペクションは直訳すると点検・診断という意味を持つ言葉です。
2016年に改正された宅地建物取引業法においては、不動産をはじめとする宅建業者は家屋の状況を調査して顧客に書面で説明することが義務となりました。
リフォームにおいても住宅を診断することで現状としてその建物がどのようになっているのかを把握し、どのような修繕を施すことが住宅を長持ちさせられ、快適に過ごしてもらえるようになるのかを確かめることにおいて重要になります。
 
□インスペクションの内容
 
*外側
住宅の周囲を回って劣化の状況などを調べていきます。
まず基礎部分や外壁はヒビ・欠け・腐食・苔などがないかを確かめ、打診棒などで叩くことが特徴です。
そういった気になる点があれば幅や長さなどをチェックしてリフォームに活かしていきます。
屋根については直接のぼって確かめるほかにも、双眼鏡などを使って遠方から調べることもあります。
水の含み具合を赤外線で当てて調査することもありますし、雨漏りの原因になる雨樋(あまどい)についても詰まりがないかをみておくことは重要です。
 
*屋内
天井・壁・床・扉の開閉を中心に問題がないかを確かめていきます。
天井や壁についてはシミがあるようならば雨漏りが生じている可能性があるため、リフォームの際に修繕工事を行う必要があります。
特に床については、傾きやたわみが激しい場合に注意を払わなくてはなりません。
また水回りを中心とした設備についても外との関連性も踏まえて正常に機能しているかを調べていくことになります。
 
*床下
点検口がある場合にはそこから行いますが、なければ畳や床を外すことになりますので知っておきましょう。
基礎部分についてはひび割れや腐食がないかを確かめ、水分の含み具合も調査していきます。
場合によってはライトを灯しながら床下に潜ることもあり、主に通気性の良さや湿気などによる被害が生じていないかをチェックしていくのです。
 
□最後に
今回は、インスペクションがどのようなものであるのかということおよびその必要性や内容についてご紹介いたしました。
 
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

土地にかかる費用のローンの組み方を松本市のAIWA匠が解説

「住宅を建てる前に土地を購入する必要があるな。ローンを組もうと思っているのだけれども、どのように考えていくことが良いのだろう?」
土地代などをはじめとして住宅の新築にかかる費用は高額になりますので、資金繰りはしっかりと確かめておきたいものですよね。
そこで今回は、ローンを組むにあたっての資金計画をどのように進めていくのかについてご紹介いたします。
 
□ローンを組むにあたっての資金計画で知っておきたいこと
最近では土地も含め新築住宅に必要な費用のほぼ全てをローンで支払うことは可能です。
住宅を手に入れやすくなったのも事実ですが、何も考えずに購入してしまうと後に生活が大変になります。
確実に返せるような資金計画が必要となりますので慎重に進めていきましょう。
 
*自己資金を把握する
最初に行うことが自己資金の把握です。
ご自身で用意できるもの、親族の方から贈与を受けるものを合わせて、どのくらいであり使用できるかを調べてみましょう。
その際に一部は生活のために残しておくことと、贈与にあたっての税金がかかる可能性があることはおさえておく必要があります。
 
*土地にかかる費用を算出する
土地を仕入れるのに必要な費用を把握しましょう。
候補がいくつかある場合には、それぞれにおいて必要になる取得費用と税金を計算しておくことが大切です。
 
*利用するローンを探す
使用できる自己資金が必要な費用を下回っていた場合にはローンを申請することになります。
ローンの種類は返済期間・金利・返済方法などによってさまざまです。
また、補助金を利用できるかもしれませんので、建てようと思っている土地がある地方自治体に問い合わせてみましょう。
 
*支払いおよび返済にあたっての計画を立てる
土地代のうち不足している金額を埋め合わせるのに使うローンは、当然のことながら返済をしていかなくてはなりません。
新しく住宅を建てた後の生活を考えたときに、その暮らしに影響が出ないような月々の返済を考えていくことが重要です。
返済期間として設定されている回数と月々の支払額をかけ合わせてみましょう。
その金額が借り入れる予定のローンを上回っている場合にはかなり厳しい見通しとなるため、購入する土地を再考するまたは生活費の削減をしていくことになります。
 
□最後に
今回は、土地の購入などローンを組む際に必要となってくる資金計画について、どのような流れで進めるのかや注意点をご紹介いたしました。
どの過程も大切ですので、着実に進めて安心した暮らしができるようにしていきましょう。
 
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市のAIWA匠が解説、土地の選び方の基準について

「どういう基準で土地を選ぶのが良いのだろう?」
住宅を新しくする際には、どの場所に建てるかあるいは購入するかということを悩みますよね。
今回は土地の選び方に関してみるべきポイントをご紹介いたします。
 
□土地選びの際に見るべきポイント
 
*日用品を購入できる店舗が近いか
日々の生活は慌ただしいので、最低限必要なものは苦労せずにそろえたいものです。
食事の材料や日用品を購入できるスーパーやドラッグストアが複数あると選択肢も広がって良いでしょう。
 
*最寄りの交通機関が何でどれくらいの距離か
移動の多くは車があれば便利ですが、遠距離になると大変ですよね。
そのため、交通機関が近くにあるところをお勧めします。
種類や本数によっても利便性は変わるため、どのくらいの頻度で運行しているのかということは確かめておくようにしましょう。
もちろん複数の交通機関があるようならば移動の選択肢が広がりますし、多数の競合が存在するために価格競争が起こるので唯一の交通機関であるよりも安い傾向があります。
また、交通機関からどのくらいの距離に位置するのかという点もみておきたいものです。
 
*子育てのしやすい環境であるか
お子様がいらっしゃる子育て世代あるいはこれから子育てをされる方にとっては、新しい家の場所がいかに子育てしやすいかということが重要な観点です。
たとえば、小さいうちは一緒に遊ぶ機会も多いので、公園だけでなく広場や自然の豊かな場所など外で遊べる場所があれば楽しみも増えますよね。
また、地元の学校に通わせるのであれば、安全に通学できるような道が整備されていてかつ近い場所にある方が良いでしょう。
そして休日に家族ででかける施設が同じ市内あるいはその周辺にあるとアクセスしやすく、様々な経験をさせることができますよね。
 
*実家や職場との距離
仕事のことを考えると職業によっては住む場所が限定されるかもしれません。
職場からどのくらいで帰宅できるのかということは、日々の移動における利便性を左右しますよね。
また、実家との距離も意外に重要なものです。
近いほど様子を見にきてもらうことも容易になりますし、何よりも帰省のストレスを最小限に抑えることができます。
 
□最後に
今回は、土地の選び方に関してみるべきポイントをご紹介いたしました。
住宅を建てるあるいは購入する際には、どの場所選ぶかによってその後の生活を大きく左右します。
暮らしの中で快適さを感じられるように場所選びも納得いく形でしていきましょう。
 
 
長野松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

長期優良住宅とは?松本市のAIWA匠が解説

「長期優良住宅ってどのような特徴があるのだろう?メリットなども知りたいな。」
そのような疑問をお持ちの方に向けて今回は、長期優良住宅の特徴やメリットについてご紹介いたします。
 
□長期優良住宅とは?申請のための条件とは?
 
*敷地面積と床面積
快適な居住空間を確保するためにある程度の広さが必要であると考えられており、この数値は注文住宅建設において重要な要素となっています。
長期優良住宅においては、一階の床面積が40平方メートル以上であることが前提で、かつ共同住宅の場合は全体で55平方メートル、戸建て住宅の場合は75平方メートルであることが条件です。
また、建築基準法によって敷地面積が200平方メートル以上であることが定められています。
この敷地面積については土地の高さを一定にして算出され、4メートル未満の道路に接する場合はそこから1メートル後退した部分を敷地として捉えますので押さえておきましょう。
 
*劣化対策
名前通り長きにわたって住み続けることを目的としていますので、劣化がなるべく起こらないように工夫を凝らさなければなりません。
木造住宅である場合には、床下や小屋裏に点検口を設置することや点検しやすいように高さを確保することが要件となっています。
また鉄筋コンクリート造の場合には、セメントに加える水の比率を下げコンクリートの厚みを増すことなどが求められています。
 
□長期優良住宅のメリット
 
*可変性がある
バリアフリー改修など、その場所に住む人の生活様式が変化することに対応しており、間取りを容易に変更できるような工夫が施されています。
 
*省エネルギー性に優れている
長期優良住宅は省エネルギー性においてもある一定の質が求められています。
具体的には1999年に策定された省エネルギー基準に適合することが条件です。
そのため、エネルギーの効率性も高まり、光熱費を抑えた住宅になります。
 
*耐震基準が高い
耐震性には様々な基準が設けられていますが、良く利用されているのは耐震等級でしょう。
こちらには三つの段階があるのですが、長期優良住宅においてはその上から一番目または二番目であることが認定されるための基準として設けられています。
具体的には、建築基準と比較して1.25倍以上の強さの揺れに対しても耐えうることが求められており、これは極めて稀に発生する地震に対しても倒壊せず変形も一定以下に抑えることが可能であるという見通しです。
 
□最後に
今回は、長期優良住宅とはどのようなものかやそのメリットについてご紹介いたしました。
申請に関しては建築工事の着手前までに建築指導課に依頼することが必要になりますので、忘れずに行いましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

土地の探し方の流れを松本市のAIWA匠が解説します

「注文住宅を建てたい。そのためにはまずは土地を探さないといけないよね。どのようにして探していくのが良いのだろう?」
住宅を建てる際に土地を探すことから始めると時間がかかるため、事前にやることを知ってスムーズに家を建てられるようにしたいですよね。
そこで今回は、土地を探す際の流れについてご紹介いたします。
 
□土地を探す流れ
 
*暮らしのイメージづくり
土地を探す前にすることがイメージづくりです。どのような空間にしたいのか、暮らしの場で何を叶えたいのかをじっくりと考えていきましょう。
ただそうは言ってもなかなか思い描けないという方もいらっしゃるかもしれません。
その際には資料請求して施工事例を見たり、来店して相談したり、住宅関連のイベントに参加したりして自分自身にとって気に入るものを探し、イメージを固めるヒントを探すとよいでしょう。
 
*資金計画
暮らしのイメージづくりと同様に準備として大切なのが資金計画です。
特に土地の購入の伴う注文住宅においては、予算をはるかに超えて支払いが困難になったり返済に追われたりすることがよくあります。
せっかく理想の住宅を建てたのにお金の面で苦しむと、幸せに暮らすことが難しくなりますよね。
そのためにも、現状どのくらいの資金を住宅新築に使えるかを調べ、また見積もりを取ってもらって工事にかかるおおよその費用を把握しておきましょう。
仮に見積もりの金額が自分で出せる資金を上回っていた場合には、ローンをどのくらい借り入れいつ返済していくのかを決めていくことが大切です。
 
*土地探しとプランニング
注文住宅を建てる際には土地を選ぶことも必要になります。
周りの環境・最寄り駅までのアクセス・どの学校の区内なのか・近隣の商業施設など選ぶ観点は様々ですが、ご自身の重視したいポイントが何なのか優先順位を決めて候補を比較していきましょう。
同時に施工してもらう業者を決めることになります。
契約する業者を探す傍ら実際に思い描いているものが形になるのかをプランニングしてもらって、どの業者であれば実現できるかを確かめるのも良いでしょう。
 
*契約
業者と家を建てる土地が決まり次第契約となります。
土地の購入や新築にあたっては必要な手続きも多いですし、税金もいくつもの種類を支払うことになりますので確実に進めていきましょう。
最後に施工して新しい暮らしが始まります。
 
□最後に
今回は、土地を購入するにあたって探す際の流れをご紹介いたしました。
土地を手に入れるまで大体の流れを知って、安心して進められるように準備していきましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

土地の種類について、松本市のAIWA匠が解説します。

「土地はどのような種類があるのだろう?」
土地の種類は色々な形に分類できるのですが、今回はその中でも利用する方法ごとに区域を定めている、用途地域の基準にそってご紹介いたします。
 
□用途地域ごとに分類、土地の種類
用途地域というのは、建築できる建物を定めた決まりのことです。
これがあることによって無秩序に建築が進み、快適さが失われることを避けています。
実はこの用途地域ごとの分類は、全ての土地が対象ではありません。
というのも、年中環境を守りより便利に暮らしが営めるようにしているもので、農地や森林は対象にならないためです。
大きく分けると住居系・商業系・工業系の三つに分かれますが、さらに細かい分類法もありますので、あわせてお話します。
 
*住居系用途地域
住居系用途地域は七つに分類されます。
低層住居専用地域は高さが10メートルまたは12メートルという高さ制限があり、マンションも三階建て程度と比較的閑静な住宅街になる場所です。
第一種においては住宅の他は兼用の住宅・小中学校・診療所などと限定的で住宅専用の区域という印象を受けるでしょう。
一方で、第二種になると床面積が150平方メートル以内の店舗・飲食店・コンビニなどが建てられるようになります。
次に中高層住居専用地域は、低層住居専用地域で建てられるものに加えて病院・高等学校・大学なども建設可能です。
第一種は床面積500平方メートル以下の飲食店や店舗・駐車場など、第二種はさらに床面積1500平方メートル以下の飲食店や店舗・事務所などが建てられて、職環境と住環境が近い地域となります。
そして住居地域においては、床面積3000平方メートルまでのホテル・スポーツ施設などの大規模な施設も対象となり、第二種においてはカラオケやパチンコなどの娯楽施設も含まれるようになるので、騒音などについては調査されておくことが良いでしょう。
最後に、準住居地域ですが、こちらは自動車関連施設や映画館なども建てられる可能性のある地域です。
 
*商業系用途地域
商業系用途地域は二つに分類されます。
まず商業地域というのは百貨店をはじめとする店舗やオフィスビルなどの事務所が中心に建てられ、駅の周辺や市街地の中心部などが対象です。
住宅自体は建築可能であるものの、住環境としてはあまり重視されません。
近隣商業地域は住宅地の近くに店舗やスーパーマーケットが建てられる場所です。
商店街を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。
 
*工業系用途地域
工業系用途地域は三つに分類されます。
まず、工業専用地域は工業の増進を目指すために設けられている地域で、公害の発生の恐れがある業種も含めて工場を建てられることが特徴です。
こちらには住宅や商業施設を建てることはできません。
次に工業地域においては、住宅や店舗を建てることは可能である一方、学校やホテルなどは不可となっており、幾分条件は緩和されている印象です。
こちらは工場跡地として再開発が行われている地域も対象になることがあります。
そして、準工業地域は環境を悪化させない工場などが建てられる地域です。
安全性や衛生面での条件が厳しいため住宅や商業施設なども共存でき、町工場や住宅が混在している街並みとなります。
 
□最後に
今回は、用途地域ごとの土地の種類についてご紹介いたしました。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市のAIWA匠が解説!長期優良住宅とは

皆さんの中に住宅のリフォームを検討しているという方はいらっしゃいませんか?
現在住んでいる住宅に引っ越してからかなり年月が経っていると、住宅が老朽化してくるのはごく当たり前のことです。
新しい家に引っ越すのでなく思い入れのある現在の住宅をリフォームして今後も暮らしていきたいという方は少なくないでしょう。
そこで今回は、そんな方のためにリフォームにおける長期優良住宅について説明します。
 
□長期優良住宅とは
本当に簡単に言えば、長く、安心して暮らせる住宅のことです。
平成21年から始まった長期優良住宅認定制度が出している基準をクリアしている住宅が長期優良住宅と呼ばれます。
その基準というのが、バリアフリー性があるか、耐震性があるか、省エネルギー性があるか、可変性があるか、劣化対策が施されているかなどが主な項目です。
 
バリアフリー性があるかというのは、将来的に高齢になった際に今日しやすいようにバリアフリーデザインにリフォームできるかということです。
耐震性は安全性を考えれば当たり前かもしれませんが、長くその住宅に暮らすためには重要なことです。
省エネルギー性は政府が推進しています。
 
島国で化石燃料に恵まれない日本では、エネルギー問題の解決は重要な意味を持ちます。
次に可変性というのは、生活スタイルの変化に伴って住宅の間取りを変化させられるようになっているかということです。
長く住んでいれライフスタイルが変わることもあり得るので、長期に渡って暮らすためには大事です。
劣化対策も、長い年月、安全に暮らすためには必須と言えるでしょう。
 
□長期優良住宅のメリットは?
最大のメリットといっても過言でないのが税制での優遇です。
長期優良住宅へのリフォームの場合、住宅ローンの残高の1%が毎年所得税から控除されます。
 
また、長期優良住宅にするためにかかった費用(リフォーム費用など)の10%が所得税額から控除される投資型減税という制度も存在します。
他にも登録許可税が軽減されたり、不動産所得税が軽減されたり、固定資産税が軽減されたりと、税制における優遇措置が盛りだくさんになっています。
もちろん、長く安心して生活できることもメリットですが、今説明したように税控除のメリットがすごく大きいです。
 
□まとめ
今回は長期優良住宅について紹介しました。
今まで長期優良住宅のことをあまり知らなかったという方にも興味をもってもらえたのではないでしょうか?

今住んでいる住宅をリフォームしようと考えている方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度長期優良住宅を検討してみてください。

 

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

マイホームに注文住宅を建てるのはいつがいい?おすすめのタイミングを紹介

皆さんの中にマイホームがほしいと考えている方はいらっしゃいませんか?
今すぐではなくても、いつかはマイホームがほしいと考えている方が多いのではないでしょうか。
最近は賃貸マンションなどの賃貸住宅が人気を集めていますが、やはり自分だけのお家に住みたいと考える人も多いです。
そして多くの人が悩むのが、「マイホームの購入はいつが最適なのだろうか?」ということです。
そこで今回は、マイホームで特に注文住宅がほしいという方がいつ購入するのがいいかについて解説します。
 
□マイホーム購入のタイミング
いくつか候補があるので順に説明します。
*年収が安定してきて、頭金があるとき
注文住宅を購入するとなれば住宅ローンを組む方が多いと思いますが、そのローンをきちんと返せるかということが1つの目安になります。
 
一般的に、ローンを組む人の世帯年収に占める一年あたりの返済額の割合が25%以下であれば問題なく返済できると言われています。
例えば、年収が500万円の世帯であれば、毎年の返済額が500万円の25%、125万円以下であれば返済できるということです。
年収が低い場合にはしっかりと返済できるということを示すために、相応の頭金が必要になります。
毎年の返済額から考えて今の年収で十分返せると判断できれば購入するタイミングとしては適切でしょう。
 
*家族構成が変わる時
しっかりと返済できる経済状態というのは前提のもとで、結婚などで家族構成が変わる時は住宅を購入するタイミングとして適切でしょう。
また、親の世帯と同居することになった場合は二世帯住宅を購入するというのも適切なタイミングと言えるでしょう。
他には夫婦二人で暮らしていたけど、子どもができたという場合はより広いマイホームを購入するというのはよくあるパターンです。
 
*定年したとき
定年をきっかけにマイホームを購入する方も多いです。
定年退職した方ですと、多額の退職金をもらえますし、それまでの貯蓄が十分にあれば年金と貯蓄で十分に返済できるでしょう。
ただ1つ注意があるとすれば、家を買ったはいいけど老後の生活資金がなくなってしまったら大変なのでその辺は自分の資産と今後の収入を考慮して購入するようにしましょう。
 
□まとめ
この記事ではマイホーム、特に注文住宅をいつ買うのがいいかについて解説しました。
注文住宅に関していうと、購入する人の平均年齢は40歳前後となっています。
そのぐらいの年齢になると貯蓄も十分にたまり年収も上がっているため余裕をもって購入できる人が多いのでしょう。
注文住宅の購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
ページ上部へ