ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市

松本市

松本市の方に新築と土地にかかるコストについて解説します。

「注文住宅を建てたいが資金計画が難しい」
「新築と土地代でどのくらいコストがかかるの?」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
新築を建てるとなると基本的に土地とセットになるので、それぞれの内訳を知っておく必要があります。
今回は、そんな方向けに土地購入と新築建設にかかるコストについて詳しく解説します。
ぜひ、新築建設の資金計画を立てる際の参考にしてください。

□新築建設にかかる費用の内訳
主に土地購入を伴う新築建設費用を紹介します。
 
*土地購入にかかる費用
新築の物件を建てる際、最初に建築するための土地を探すことから始まります。
土地本体の価格の他に、土地を探す際にその地域の不動産屋を仲介することが多いため仲介料がかかり、その仲介料に消費税が課せられます。
土地の状態があまりにも悪い場合は、土地整備費用が別に必要な可能性があります。
しかし、もともと自分が持っている土地に新築建設を行う場合はこれらの費用はかかりません。
土地の価格によりますが、バランスの良い資金計画の土地代が占める割合は約10パーセント前後と言われています。
土地購入後にも税金や諸費用がかかるので、ご自身で一度確認することをおすすめします。
 
*建物にかかる費用
建物を建築するのにかかる費用は主に本体施工費用と別途工事費用と諸費用に分けられます。
全体に占めるそれぞれの割合は本体施工費用が約80パーセント前後、別途工事費用が約15パーセント前後、諸費用が約5パーセント前後と言われています。
本体施工費用は言葉の通り建物本体を建てるのにかかる費用です。
別途工事費用は解体費用、照明器具工事費用、外構工事費用、屋外工事費用、カーテン工事費用、特殊設備工事費用などが含まれます。
諸費用は、登記費用、保険に関する費用、祭事にかかる費用、施工業者や近所への手土産などにかかる費用など、全て合わせると大きな出費になる可能性があるので、しっかりと資金計画を立てることをおすすめします。

□まとめ
今回は土地購入と新築建設にかかるコストについて詳しく解説しました。
新築を建てる上で、もともと持っていた土地に建築する方は多くないです。
だからこそ、再現性の高い資金計画をスムーズに立てるために土地購入にかかる費用を把握しておく必要があります。
まずは業者に相談しながら、わからないことを聞いてみると良いでしょう。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

 

松本市に在住の方必見、土地の種類について詳しく解説します。

「土地にはどのような種類があるの?」
「家を建てたいけど、土地についてよくわからない」
「土地探しで必要な知識について知りたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
土地を購入する機会はあまりないため、土地の法律に関する知識を持ってらっしゃる方は多くはないでしょう。
今回はそのようなこれから土地探しを検討している方に向けて土地の種類について詳しく解説します。
ぜひ、土地選びをする際の参考にしてください。

□土地の種類
土地を分類するにあたって用途地域という言葉が出てきます。
用途地域とは住宅地や工業地などに分類された、十三種類の地域のことです。
街に学校、工場、ショッピングモール、テーマパーク、高層ビルなどが所構わずに建設されていたら大変ですよね。
それを未然に防ぐために制定されたのが、都市計画法です。
快適な街づくりのために作られ、これにより人が住みやすく、商業がしやすく、工業が発達しやすい都市を実現しています。
都市によって建設が許可されている建物が異なり、種類や用途の制限が決められています。
 
□住宅系用途地域
住宅系用途地域の中でも、実際に住むための家を建てる際に関わってくる第一種住居地域について詳しく解説します。
高さの制限が無く、日照権に関する制限が比較的緩いため、一戸建てやマンションを建てるのに適した土地であると言えます。
ほとんどが住宅ですが、住居専用地域と違うのは、マンションや一戸建ての近くにスーパー、飲食店、宿泊施設などを建てることが許可されている点です。
公害を引き起こす恐れがないと判断されれば、工場を建てることもできます。
住居やビルの間に飲食店があるような郊外の駅前や、線路沿いに多くみられるような場所が第一種住居地域です。
様々な商業施設や住宅地があるため、治安が比較的良いと言われています。
土地によってばらつきがあるため、自分が住む予定の地域は、実際に足を運んでご自身の目で確認することをおすすめします。

□まとめ
今回は、土地探しを検討している方に向けて土地の種類について詳しく解説しました。
もしかしたら、建てる予定だった家が法律違反で建てることができないという事態が発生するかもしれません。
それに備えて、土地について最低限の知識を備えておくのが良いでしょう。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

 

松本市の方に土地の購入にかかる費用について詳しく解説します。

「土地購入にかかる費用にはどのようなものがあるの?」
「土地購入の手続きや流れがわからない」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
土地契約を行う機会は多くないので、わかりにくいですよね。
今回は、そんな方向けに土地を購入する際にかかる費用や契約の流れについて詳しく解説します。
土地購入に関する資金計画の参考にして頂けたら幸いです。

□土地の購入にかかる費用
土地を購入する際の経費をいくつかご紹介します。
 
*頭金
購入したい土地が見つかった場合、不動産屋に申請する必要があります。
そして、土地の所有者と契約をしなければなりませんが、その際に頭金を支払わなければなりません。
頭金の相場は、価格の約8パーセント前後である場合が多いです。
 
*仲介手数料
不動産屋を通して土地契約をするならば、仲介手数料を支払わなければなりません。
計算方法は土地の費用に対して3%+6万円であり、これの金額に消費税も課せられます。
仮に、不動産屋の名義である土地を直接契約する際は、仲介手数料がかからないため、コストカットができます。
 
*登記費用
所有権移転に伴う登記費用には、司法書士にかかる費用と登記にかかる登録免許税が含まれます。
司法書士にかかる費用の相場は約7万円と言われています。
 
*測量費
土地の境目や面積を詳細に測定するのにかかる費用であり、通常は売り主が負担することが多いです。
費用の相場は業者によって異なるので、ご自身で確認することをおすすめします。
 
*固定資産税
固定資産税額は、土地や建物の価値を、自治体が独自に評価して決まります。
固定資産税額 = 課税標準額×税率であり、税率は自治体や各都道府県によって異なります。

□土地契約のおおまかな流れ
土地契約のおおまかな流れは、土地探し、申請、審査、契約、決済、所有権移転です。
これらにかかる期間は約3ヶ月前後と言われています。
様々な方と関わる機会があるため下調べして土地契約に関する知識をあらかじめ蓄えておき、スムーズな取引ができるようにしておくのが良いでしょう。
時間には余裕を持ってスケジュール管理をすることをおすすめします。

□まとめ
今回は、土地を購入する際にかかる費用や契約の流れについて詳しく解説しました。
土地購入にかかる費用に関する正しい知識持っておけば、正確かつスムーズに資金計画を進めることができるでしょう。
まずはご家族や業者に相談することをおすすめします。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

 

松本市でリフォームを検討中の方に断熱と省エネについて解説します。

「インスペクションを活かしたい」
「リフォームに関する断熱と省エネってどのようなものなの?」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
今回はそんな方向けにリフォームに関する断熱や省エネについて詳しく解説します。
ぜひ、リフォームをする際の参考にしてください。

□断熱リフォーム
夏の暑さや冬の寒さが原因で、断熱加工のリフォームをお考えの方は多いでしょう。
ですが、元々断熱加工が施されていない建物に断熱リフォームを行うのは非常にコスパが悪いと言われています。
なぜなら、施工費用には足場や家具の移動コストなどが含まれており、一度に行う方がコストを削減できるからです。
それに、断熱施工を行うには壁や床を剥がす必要があるので、同時に新しく張替えをすればコストカットができます。
断熱施工は外壁が最も有名ですが、床、天井、窓などにも断熱施工できます。
ですので、断熱リフォームを行う際は、他にもリフォームが必要な箇所がないかを確認して、出来るだけ他の箇所の施工と一緒に行うことをおすすめします。

□断熱リフォームのメリット
断熱加工は遮熱加工と違って、夏は涼しく、冬は暖かく保ち、一年を通して室内の温度を快適に保つ効果があります。
その効果により、エアコン、扇風機、ヒーターなどの温度調節機を使用する機会が減るので、省エネになり電気代が減るうえに、環境にも優しいというメリットがあります。

□断熱施工のインスペクション
インスペクションとはリフォームなどの住宅に関する施工を行う前にする事前調査のことです。
これを行うことで、依頼者のイメージ通りのリフォームを実現することができる可能性が高くなります。
インスペクションでは床や壁のひび割れ、柱の傾き、建物の劣化など様々なことが発覚しますが、最も多い指摘は断熱施工の整備不良や劣化だと言われています。
そのようなことが発生するのを未然に防ぐためにも、施工の前にインスペクションを行なっておくことをおすすめします。

□まとめ
今回はリフォームに関する断熱や省エネについて詳しく解説しました。
最近は断熱加工がとても流行っていて、悪徳業者に引っかかる方も多くいます。
施工やインスペクションを依頼する業者を選ぶ際は注意しましょう。 
今回の記事を参考に、断熱・省エネリフォームについて検討してみてください。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

 

注文住宅を検討中の方にマイホームはいつ建てるべきかを解説します。

「マイホームを建てるか迷っている」
「マイホームをいつ建てれば良いのかタイミングがわからない」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
今回はそんな方向けにいくつか例を紹介しながら、マイホームをいつ建てるべきか、そのタイミングについて詳しく解説します。

□マイホームを検討する時期
*結婚のタイミングで
マイホームを検討している方の多くは結婚と同じタイミングの方が多いです。
新婚生活を楽しみたい方や、両親と暮らすために二世帯住宅にする方も多いです。
結婚のタイミングで新築を建てることによって、ライフプランに合わせた設計を行いやすいというメリットがあります。
 
*子供の進学のタイミングで
お子さんの進学のタイミングでマイホームを建てれば、学区や成長環境を選ぶことができたり、資金を手配しやすかったりします。
デメリットとしては入学試験の合格発表の時期の関係で施工のスケジュールが立てにくいことが挙げられます。
 
*転職のタイミング
昔は終身雇用の時代で一つの企業に勤めるのが一般的でしたが、現代は転職をするのが当たり前の時代になりました。
転職をするタイミングで、マイホームを建てるメリットは仕事中心の生活をしている方が勤務地の近くに家を建てれば、移動コストを大幅にカットできます。
デメリットは再び転職や転勤をする可能性がある方はマイホームを手放さなければならなくなるかもしれないことです。
家族がいる方は単身赴任をすれば良いですが、独身の方であれば家に誰も住まなくなるので建てて数年で売却しなければならない可能性があります。
 
*退職のタイミングで
退職をすると、ほとんどの場合退職金を受け取れます。
多額の退職金をもらって新しく家を建てる資金的な余裕ができる方が多いでしょう。
注意点は、退職により今後の収入が減ることが明確である場合、しっかりとした資金計画を立てる必要があることです。
家を建てることは大きな買い物であるため、資金計画なしでは成功しないと言われています。
 
*どうしても住みたい場所を見つけたタイミングで
たまたま住みたい場所が見つかって引越しを検討する方はたくさんいらっしゃいます。
資金計画とご自身のライフスタイルと合っているか確認できれば、直感でマイホームを建てるのもいいかもしれません。

□まとめ
今回は例を挙げながらマイホームを建てるタイミングについて詳しく解説しました。
マイホームを建てるタイミングは人それぞれですので、まずはご家族や業者に相談してみましょう。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

 

リフォームやリノベーションを検討中の方必見!耐震性について解説します!

「リフォームとリノベーションどちらがいいの?」
「地震が多いから、建物の耐震性が気になる」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
最近メディアで連日のように地震のニュースが流れていて、耐震対策について気になっている方は多いでしょう。
今回はそんな方向けにリフォームやリノベーションに関する耐震性について詳しく解説します。
ぜひ、リフォームやリノベーションを検討する際の参考にしてください。

□リノベーションにより新築のように
リフォームのみによる、高い耐震効果を期待することは難しいでしょう。
リノベーションは規模が大きく費用も比較的高くなってしまいますが、高い耐震効果が期待できます。
施工費用は規模や施工する箇所に大きく依存しますが、相場は約200万円前後であることが多いと言われています。
リノベーションをすることで新築同様の耐震性がある建物になるケースもあるそうです。
また、施工業者によって施工費用や材料費に多少のばらつきがあります。
いくつかの業者から見積もりをしてもらい、一番良い条件の業者に依頼することをおすすめします。

□様々な耐震対策
耐震対策は主に耐震、制震、免震の三つに分けられます。
耐震は、柱や壁などを改築して、揺れに備える対策のことを言います。
これは大きな地震が来た際に建物が崩れるのを防ぐ方法ですが、建物が地面と強く接しているため、衝撃が建物に伝わりやすいというデメリットがあります。
制震は、特殊な材料を使用して、揺れを吸収する方法のことを指します。
建物の揺れ方は耐震とあまり違いはないですが、衝撃を吸収し、建物に伝わる衝撃が減るというメリットがあります。
免震は、建物と地面の間に特殊な機械を取り付ける方法のことを指します。
建物と地面の間にスペースを作ることによって、建物に衝撃を伝えにくくする方法と言われ、最近流行っています。
ご自身の建物の状態を業者と確認しながら、最適な施工を選ぶことが大切です。

□まとめ
今回はリフォームやリノベーションに関する耐震性について詳しく解説しました。
日本は地震が多い国と言われているので、しっかりとした耐震対策をすることが大切です。
また、悪徳業者による被害件数も年々増加しているので業者選びをする際は事前にしっかりと下調べを行なっておくことをおすすめします。
当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しておりますので、何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

松本市で注文住宅を検討中の方必見!費用の内訳について解説します。

「業者に支払ったお金は何に使われているの?」
「余計なところにお金がかかってないか心配」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに注文住宅を依頼して業者に支払う費用の内訳について詳しく解説します。
ぜひ、注文住宅を検討中の方は資金計画の参考にしてみてください。

□費用の内訳
注文住宅にかかる費用は主に三種類あり、本体工事費用、別途工事費用、諸費用があります。
 
*本体工事費用
本体工事費用とは、建物本体を建築するのにかかる施工費用を指しています。
例えば、基本的な工事、家の骨組み、内外装、屋根、設備を含む建物本体の工事費を指します。
また本体工事費は建物本体にかかる費用のみを指しているため、庭や駐車場、テラスなどにかかった施工費は入っていません。
本体工事費用の価格は建物の規模、使用する材料、デザイン、施工の種類などに大きく依存すると言われている上に、注文住宅にかかる費用の大部分を占めており、全ての費用に占める割合は約七割〜八割と言われることが多いです。
 
*別途工事費用
別途工事費用とは、建物本体以外の施工費のことです。
例えば、柵、門戸、庭などの外構工事や屋外給排水工事、建替の際の解体工事費、地盤整備の発注先など、専門業者工事の場合にかかる費用のことを指しています。
別途工事費用は、注文住宅において本体工事費の次にかかる費用で、全ての費用に占める割合は、約二割と言われることが多いです。
 
*諸費用
諸費用とは、住宅ローン手数料や登記費用、火災保険などの様々な保険、不動産取得税や固定資産税、地盤調査費や建築確認申請費など建物の施工の他にかかる費用のことを指しています。
諸費用は、基本的にキャッシュで支払うことが多く、事前に準備しておくことをおすすめします。
その他にも近隣住民や業者の方への手土産、地鎮祭や上棟式にかかる祭事費用、引越し費用、家具家電などのインテリアにかかる費用が含まれています。
諸費用が全ての費用を占める割合は約一割と言われることが多いです。

□まとめ
今回は注文住宅を業者に依頼して支払う費用の内訳について詳しく解説しました。
支払ったお金がどこにどれだけ使われているか気になりますよね。
かかる費用の内訳を知っておくことで、資金計画をスムーズに立てることができ、施工後のお金のトラブルを未然に防ぐことにもつながります。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

 

リフォームを検討中の方にインスペクションとは何なのか解説します。

「インスペクションってなに?」
「インスペクションをする必要ってあるの?」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
リフォームが初めての方は、ご存知でない方も多いでしょう。
今回はそんな方向けにインスペクションの必要性や内容について詳しく解説します。
ぜひ、リフォームを検討中の方は参考にしてください。

□インスペクションってなに?
インスペクションは点検や診断という意味があり、リフォームする前に行う事前調査のようなものを指します。
リフォーム以外にも物件を査定するときにもインスペクションと呼ぶ場合がありますが、点検というよりも査定に重きを置いているため、内容は異なります。

□インスペクションの必要性
事前調査を行わずにリフォームを行うことは可能ですし、実際に行う方も一定数いらっしゃいます。
ですが、インスペクションを行わずにリフォームをしてしまうと、いくつかのリスクが発生しますので紹介します。
 
*デザイン性を重視しすぎて本当に必要なリフォームができなかった
*劣化や不具合の補修を同時にしなかったために効率が悪くなった
*必要な補修工事を後からしたために施工費用が割高になった
*リフォーム業者の不要な補修・設備などの提案に乗ってしまい余計な出費をしてしまった
 
そういった不利益を被ることを未然に防ぐためにも、リフォームの施工前に業者と確認しながらしっかりとしたインスペクションを行うことをおすすめします。
施工業者が事前調査を行うことで、優先的に補修・補強すべき点が明らかになり、効率的なリフォームができるので、施工費用も比較的安く抑えられます。

□注意すること
リフォーム前のインスペクションの実施時期は、解体前であるため、隠れて見えない部分もあります。
インスペクションは全てを網羅しているとは限りませんし、リフォームを検討する上での初期調査という認識をしていた方がいいでしょう。
また、悪徳業者が粗末なインスペクションを行い、不必要な施工を要求されることがあります。
業者を選ぶ際は事前にしっかりと下調べをしておくことをおすすめします。

□まとめ
今回は、インスペクションの必要性や内容について詳しく解説しました。
事前調査を行うことで安心・安全なリフォーム施工を行うことができるので、迷っていらっしゃる方はやってみるのがいいかもしれません。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

 

松本市の方に土地のローンの組み方について詳しく解説します。

「土地を買うときにローンって組めるの?」
「土地に関するローンについて知りたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
お金に関することってわかりにくいですよね。
今回はそんな方向けに土地ローンの組み方についてご紹介します。
注文住宅を検討中の方はぜひ、土地購入の資金計画の参考にして頂けると幸いです。

□土地に関するローンについて
一般的に土地と建物にローンを組めるのは、中古物件を購入する時と注文住宅を建てる時のみです。
注文住宅を建てる際は、最初に土地を探して購入することが多いでしょう。
この際に土地のみにローンを組むことはできるのかという疑問が生まれます。
しかし、一般的にローンは土地と建物が対象とされているので、土地だけで組むことは基本的には不可能です。
仮に、土地のみでローンを組みたい方は、つなぎ融資という特殊な金融商品を利用する必要があります。
どのローンも最終的に建物を建てることが決まっている場合のみ、土地のみにローンを組めるので覚えておきましょう。

□先に土地を買う際の注意点
土地を先に購入する際の注意点をいくつかご紹介します。
 
*資金計画が重要
土地のみでローンを組むことは不可能ではないですが、大前提として建物を建てる予定のある土地であることが条件であるため、設計図や建築計画が無いと、金融機関から許可をもらうことは難しいでしょう。
ですが、金融機関によって評価の基準が違うので確認することをおすすめします。
 
*スケジュール管理
土地と建物の両方にローンを組む方は、必要な書類やお金を支払う機会が通常よりも多いので、しっかりと把握しておきましょう。
支払うお金の種類と支払時期を把握する必要があります。
土地を購入し、建物を建築する際は、 二つの処理をしなければなりません。
したがって、全ての資金から、土地購入にどのくらい使えて、建物にどのくらい使えるのかの資金計画を立てなければなりません。
これらのスケジュール管理をしたり、資金計画を立てたりするのを一人で行うことは非常に難しいです。
ご家族、知人、業者、銀行など頼れる方と相談しながら、一緒に計画を立てることをおすすめします。

□まとめ
今回は土地購入の際のローンの組み方について詳しく解説しました。
ローンの仕組みを理解しておくことで、資金計画を正確かつスムーズに立てることにつながります。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

 

注文住宅を検討している方必見!ZEHとは何なのか解説します!

「ZEHってなんだろう?」
「ZEHのメリットはなんだろう?」
注文住宅を検討している方このように思ったことはありませんか?
ZEH住宅と聞くと省エネをイメージする方も多いかもしれません。
今回はこのZEH住宅とは何なのか、そのメリットを紹介していきます。
 
 
□ZEH(ゼッチ)とは何か
 
ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略です。
ZEH住宅とは簡単に言うと使うエネルギーが創るエネルギーよりも少なくなる住宅のことを指す省エネ住宅のことです。
国の方針として将来的には標準的な新築住宅がZEHになること、そして新築住宅の平均がZEHになることを目指しています。
なぜ国がこの方針を策定したのかというと、将来的に枯渇するおそれのある化石燃料から再生可能エネルギーへの転換の声が高まってきた昨今、省エネルギー化の実現の必要性が高まってきていることが理由となっています。
 
 
□ZEHのメリットとは
 
*快適に暮らせる
 
ZEHを選ぶことで得られるメリットは快適に暮らせることだと思います。
ZEHは高断熱で高気密化された高性能の家であるので、季節を問わず、一年中過ごしやすい環境で生活することができます。
エアコンを使わずとも過ごせる点も良いです。
エアコンを使うと体調を崩しやすい方も中にはいますし、部屋間の温度差が大きいとヒートショックを引き起こしてしまう可能性もあります。
そのような人にとってはエアコンを使わなくても快適な室温を保つことができるので過ごしやすいです。
また省エネルギーによる光熱費も削減することができるのでお財布的にも助かります。
また、断熱化により結露を防ぐことができます。
 
 
*お財布に優しい
 
ZEHとして認定されると補助金を受けることができます。
そのためにはいくつか条件があります。
それは断熱性があり、省エネ創エネであることです。
これらの条件を満たし、ZEHとして認められると補助金を受けることができます。
補助金は2019年現在一戸あたり70万円です。
また、減税も受けることができます。
減税は住宅ローン控除が最大4000万円の年末残高の1%で40万円が上限からアップとなります。
また、5000万円の1%の50万円までアップとなります。
 
 
□まとめ
 
今回、ZEH住宅とは何かについて解説しました。
注文住宅を検討している方にとっても、ZEHは聞きなれない言葉かもしれませんが今後主流になってくる住宅だと思います。
快適な生活をするためにもZEH住宅は注目する価値があります。
今回の記事を参考にしてZEH住宅を検討してみてはいかがでしょうか。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
ページ上部へ