ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市

松本市

松本市でリフォームされる方必見!長期優良住宅とは?

「一生に一度の大きな買い物をした家だから、大事に大切に住んできた。」
「耐震性も高く、環境にも配慮された家だから、これからもずっと住んでいきたい。」
このように、現在のご自宅を大切にして住まれている方も多いと思います。
 
実は、このような家を長期優良住宅に認定させると、補助金が出されたり減税が適用されたり、様々な待遇を受けることができるのです。
そこで今回は、長期優良住宅についてご紹介します。
 
□長期優良住宅とは
長期優良住宅とは、住宅に長期にわたり住むことで、住宅の解体や除去に伴う廃棄物を抑制し、環境への負荷を軽減することと、建て替えによる費用の削減によって、より豊かで優しい暮らしへの転換を目的にした住宅のことです。
 
□長期優良住宅のメリット
*住宅ローン控除を受けられる
長期優良住宅の場合、この住宅ローン控除の控除対象借り入れ限度額が優遇されます。
一般住宅は4000万円までの限度額ですが、長期優良住宅は5000万円まで引き上げられるのです。
控除率は1%ですので、5000万円の1%が1年の控除額となり、最大控除額は10年間で500万円です。
 
*不動産所得税が減額される
こちらも、一般住宅より控除額が引き上げられます。
一般住宅は1200万円が控除されるのに対し、長期優良住宅は1300万円の控除を受けることができます。
 
□認定を受けるための項目
長期優良住宅として認定を受けるためには、主に7つの項目があります。
 
*劣化対策
少なくとも100年程度は住宅がもつことを想定されます。
 
*耐震性
建築基準法レベルの1.25倍以上、もしくは免震構造になっている住宅です。
 
*維持管理
内装や設備の清掃、点検などがしっかり行われていることです。
 
*省エネルギー性
断熱性能が備えられていたり、太陽光発電機が備え付けられていたりする住宅です。
 
*居住環境
地域内における景観が良好であったり、外装が街並みと調和されていたりする住宅です。
 
*住戸面積
原則として75平方メートル以上です。
 
*維持保全計画
将来を見据えて定期的な点検や補修などの計画が立てられていることです。
 
□申請方法
登録住宅性能評価機関で事前審査を受けた後に、所管行政庁へ申請することができます。
申請する際には、登録住宅性能評価機関が発行する適合証が必要になります。
申請した後は、所管行政庁の審査が行われ、認定通知書が届きます。
 
以上、長期優良住宅についてご紹介しました。
購入した家を大事に扱ってきた上に、減税などの嬉しい待遇を受けられるのは嬉しいですよね。
住宅に対して何かお困りの際は、ぜひ一度株式会社AIWA匠までご連絡ください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームとリノベーションの違いについてご紹介

物件は一から作る新築の他にも、一度使われている為に価格が下がっている中古物件が存在します。
しかし、中古物件の機能は新築物件と比較して仕様が古いという事もありますので、何らかの形で現代の建築物の仕様に合わせる必要があります。
 
近年、注目されているのがリフォームとリノベーションです。
この両者の違いは、部屋の間取りを変更するのかどうかという部分にあります。
 
リフォームは主に壁や床などをフロアシートなどを活用して部屋の雰囲気や機能性を変えていくというものです。
部屋の雰囲気を変えたいだけであれば、この施工方法を使えば、コストを最小限に抑える事も出来るでしょう。
 
リノベーションは、間取りを変更しますので、柱や壁などを取り払って、間取りを広くしていきます。
このようにする事で、元の間取りと比較して広々とした部屋を作り出す事が出来ますので、リフォームよりも踏み込んだカスタマイズが行えます。
 
リフォームとリノベーションでは、間取りの大幅な変更を行いますので、リノベーションの方が施工費が高くなります。
また、工期も長くなりますが、大幅な部屋のカスタマイズが施せますので、リノベーションの実績が高い企業であれば、ユーザーの思いのままのカスタマイズに仕上げてもらえる可能性が広がります。
 
施工方法の違いをよく理解して、最適な施工を行う事が大切です。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームにおけるよくある失敗って?解決策ともに紹介します

リフォーム専用の設備が開発されていることから、古い家であっても新築のような美しさを取り戻すことができますし、最新設備を導入することで快適な住まいにすることが可能です。

ただリフォームをするときには設備をカタログなどで選んでしまい、実物を見ないで決めてしまうと、想像していたものと違ったと失敗をしてしまうことがあります。

特に外壁リフォームの場合は塗料の色をカタログだけで決めてしまうと、実際に塗った状態と想像していた色と違うと感じてしまうこともあるでしょう。

キッチンやお風呂などの設備に関しても、大きさを数字だけで確認したり、色や素材を写真などだけで確認してしまうと、工事が終わった後にこんなのではなかった筈だと後悔してしまうことがあります。

そこで失敗しないようにするために、設備を新しく導入するときには展示場などに行って実物を見ることが解決策になります。

メーカーがリフォーム素材を展示している場所があるので、手間がかかっても実物を見ておくほうが安心です。自分の目で見て触って判断することで、後々の後悔を回避することができます。

そして塗装リフォームの時には、専門業者に色に関して相談をしたり、カタログだけでなくもう少し大き目のサンプルや実際に塗料を見せてもらってから慎重に判断することが解決策につながります。

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅を建てるときに気になる話、費用の目安は?

注文住宅を建てるときは地域によって相場が違うことがあることを知りましょう。
この相場の違いは土地代だけではなく建築相場と広さも変わってくるのです。
ではどのようにして予算を組んだらいいのでしょうか。
 
まず費用の組み方としては、用意できる頭金を考えることから始めます。
頭金は通常住宅購入額の20%以上が一般的とされているのです。少なくとも10%は用意しておきましょう。
そこから引越しの費用や注文住宅を建てている間のための仮住まい費用も差し引いて預金からどのくらい頭金が用意できるか考えていくのです。
 
この次に考えることといえば、住宅ローンのことになってきます。
住宅ローンを考える目安としては自分自身の年収や完済できる期間があげられます。
住宅ローンの視点からも資金計画を考えてみることも大事になってくるのです。
 
こういった住宅ローンの返済は平均で30年前後といわれています。
これはポイントとして定年退職をする年齢に完済できるかどうかがポイントになってきているのです。
 
このようにして二つの視点から注文住宅を建てる際の費用を組み立てていくことで自分に合った無理のない理想の住宅を建てることが出来ます。

返済期間と金利を考えてそこに年収という視点も加えて融資したいと思う金額や返済方法を考えて決めることが注文住宅の予算のポイントなのです。

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームの打ち合わせ、スムーズに進めるには?

同じ家に長年住んでいると色々なところが傷んできます。
修理をすることも可能ですが、予算があるならリフォームをすることをおすすめします。
 
ただし、リフォームをスムーズに進めるためにはお客様の協力が不可欠ですので、ぜひこれからのポイントを確認して満足のいくリフォームを行いましょう。
 
リフォームで重要となるのは最初の打ち合わせだといえます。
どのようなものにしたいのか、施工業者側とお客様との間で食い違いがないようにすることが重要です。
 
その際に役に立つのがチェック表です。どの部分をどのようにリフォームしたいのかということを文書にしてまとめておいてもらうと、食い違いが起こる可能性が少なくなるのでおすすめです。
 
さらに、料金に関しては細心の中を払うようにしてください。弊社ではなるべく細かい見積書を作成するように心がけていますが、もしもわからないことがあれば気軽に質問してください。
 
お金の問題に関しては後々大きな問題となりやすいです。どの部分にどのくらいのお金がかかるのかはっきりしておくことはお互いにとって必要なことといえます。
 
この際、出来れば予算をはっきりしておいてもらえると、こちらとしても計画が立てやすくなるのでありがたいです。
 
このように、打ち合わせが成功の鍵だということがおわかりになったかと思います。私達も精一杯サポートしていきますので一緒に頑張りましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅、その費用の内訳とは?気になるお金の話!

もう何もかも出来上がっている建売住宅を購入する場合は、その家の値段+税金ということでわかりやすいのですが、注文住宅の場合は、建て方次第、いれる住宅機器次第などで全く費用は変わってきます。
 
まずは、地盤が弱い場合は地盤改良からスタートです。そして基礎工事をして家を建てていきます。
壁や屋根もその厚みやデザインで値段が大きく変わりますし、住宅機器もオール電化にすれば初めの初期費用はガス併用にするよりは高くなります。
 
床の材質やドアのデザイン、お風呂の浴槽やキッチン、洗面台のグレードもあります。
初めに標準装備とされている場合も、変更していくことは可能です。
例えば自分ならば食器洗い機はいらないと思えばなしにして収納スペースに変えることもできます。
 
お風呂のドアひとつとっても何種類も選ぶことが可能です。
同じ価格であっても注文住宅の場合は、壁紙も部屋ごとに決める必要性もあり、それは楽しみでもあり忙しくもあります。
 
そしてまた、注文住宅の場合は外構も作る必要が出てきます。
ガレージをどうするか、門やライト、フェンス、インターフォン、そして防犯カメラ類の設置などを考えて決めていく必要があります。
 
ということで、注文住宅の場合は思っていたよりもずっと費用が掛かってしまうかもしれません。
家が出来上がった後も引っ越しにかかる費用もありますから、予算配分をしっかり行いましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅のメリット!子育てのしやすい家を建てよう!

小さいお子さんがいるご家庭の場合、家の作りによって子育てしやすい・しにくいが出てきてしまいます。
子育てしやすい環境を作りたいなら、自由に間取りなどを決めることができる注文住宅がおすすめです。
注文住宅なら例えば、対面式のキッチンにして、リビングにいるお子さんの様子を、料理をしながら確認するということもできます。
 
対面式にしてオープンキッチンにすれば、お子さんの様子を確認できるだけでなく、話しかけることもできるのでコミュニケーションが取りやすい家になるという点もメリットです。
 
見守りの観点からだけでなく、家事動線を考える上でも注文住宅にはメリットがあります。
食事の支度、洗濯といった家事をお子さんを見守りながら、そして効率よく行えるような家事動線にすることによって時間も有効活用できます。
 
それから、収納スペースを確保できるのも注文住宅の魅力です。
収納を作る場所や大きさなども注文住宅であれば自由に決められます。例えば階段下やリビングに子どもの背丈でも届く収納スペースを設置すれば、お子さんが自分で片づけるという習慣も身に付きやすいのでおすすめです。
 
もちろん、収納スペースを作ることによって、部屋もスッキリとした印象をキープできます。お子さんの数や年齢などに合わせて、子育てでストレスを感じない家を建ててみてはいかがでしょうか。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅、その費用の内訳とは?気になるお金の話!

もう何もかも出来上がっている建売住宅を購入する場合は、その家の値段+税金ということでわかりやすいのですが、注文住宅の場合は、建て方次第、いれる住宅機器次第などで全く費用は変わってきます。
 
まずは、地盤が弱い場合は地盤改良からスタートです。そして基礎工事をして家を建てていきます。
壁や屋根もその厚みやデザインで値段が大きく変わりますし、住宅機器もオール電化にすれば初めの初期費用はガス併用にするよりは高くなります。
 
床の材質やドアのデザイン、お風呂の浴槽やキッチン、洗面台のグレードもあります。
 
初めに標準装備とされている場合も、変更していくことは可能です。
 
例えば自分ならば食器洗い機はいらないと思えばなしにして収納スペースに変えることもできます。
 
お風呂のドアひとつとっても何種類も選ぶことが可能です。
同じ価格であっても注文住宅の場合は、壁紙も部屋ごとに決める必要性もあり、それは楽しみでもあり忙しくもあります。
 
そしてまた、注文住宅の場合は外構も作る必要が出てきます。
ガレージをどうするか、門やライト、フェンス、インターフォン、そして防犯カメラ類の設置などを考えて決めていく必要があります。
 
ということで、注文住宅の場合は思っていたよりもずっと費用が掛かってしまうかもしれません。
 
家が出来上がった後も引っ越しにかかる費用もありますから、予算配分をしっかり行いましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の注意点!失敗しないために気を付けること!

注文住宅は分譲住宅と異なり、設計の段階から要望を入れることができるので、理想の住宅に近づけることができます。
ただ注意店を知っておかなければ、様々な失敗をしてしまうことがあります。
家は安い買い物ではありませんから、失敗しないように慎重に行動することが大切です。
 
1つ目はあらかじめ予算を決めておくということです。注文住宅は自由度が高いので、要望を全て取り入れてしまうと驚くほど費用がかさんでしまうことがあります。
気づいたときには予算を大きくオーバーしていたということもあり、どこから削ればいいのかわからなくなってしまいます。
 
そこで最初に絶対に譲れない部分を項目別に書き出して優先順位をつけておきます。
予算の範囲内におさめながら、最大限理想に近づける家にすることが大事です。
 
そしてもう1つは家を建てる業者との意思疎通を頻繁に行うことが欠かせません。
依頼主が頭の中で思い描いていたものを、業者が理解していなかったら、想像とかけ離れたものになってしまうことがあります。
 
ある程度施工が進んだものはやり直しをすることになると、さらに工期が伸びてしまったり費用がかさんでしまうことになるので、頻繁にコミュニケーションをとることが重要です。
そのためには信頼できる業者を探して、任せられると判断してから契約をするようにします。
打ち合わせを細かく行うことが、理想の家を作るための第一歩になるでしょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

浴室リフォームのタイミング!劣化のサインを知ろう!

新築の住宅に住み始めたら暫くはリフォーム等の事は考えることなく過ごすことが出来るのですが、長く住めば住むほど忍び寄るのがリフォームという物です。まず一番最初にリフォームの必要性を感じるのは、水回りです。

水回りはどうしても綺麗にしていても水カビ等が発生してしまいますのでそこでリフォームするタイミングを計ることになると思います。特に汚れなどの劣化が顕著に現れるのは間違いなく浴室です。

浴室は床の隅などに黒い水カビが生えるのが初期段階です。

こまめに掃除をすることである程度は排除することが出来ますが、築10年を過ぎてくると水カビだけでなく、材質などにもよりますが、浴室の床に歪みが発生したりする場合もあるので、平均してリフォームのタイミングは12年から15年と言われています。

手入れの仕方や頻度によって、それよりもタイミングが早まる事も多々あります。

ですから自分自身で生活する中で考える必要があります。少しでもそのような費用の発生を防ぎたいのであれば、毎日少しずつでも手入れを怠る事なく掃除をする事ですが、仕事をしたりしているとなかなか難しいです。

あとは新築の住宅に住んでいても今後の事を考えて、少しずつ費用を貯めておくことも大切になります。

費用が100万以上掛かる内容なので、事前に準備しておいて将来に早めに備えましょう。

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ページ上部へ