ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市

松本市

松本市で注文住宅を建てる方必見|土地の選び方の基準を徹底解説

住宅を建てるための土地選びは、非常に重要ですよね。
どんなところに住むのかという点は、生活の質にも関わってきます。
この記事では、土地選びの重要な基準と見るべきポイントをご紹介します。
 
□土地選びの基準
まずは、どのような基準で土地を判断すると良いのかについてご紹介します。
 
*価格
できれば自分の理想をすべて詰め込んだ理想の土地に住みたいですが、それにはお金という制約があることが多いです。
家を建てるための土地に、ほとんどの資金を使って、家を建てるための費用が足りなくなってしまっては本末転倒です。
どれくらいの金額までの土地を購入するのかは重要な基準です。
 
*場所
どのような場所に住むのかは、生活の利便性の面に大きな影響を持ちます。
通勤、通学に適したエリアに住みたいのか、それとも比較的静かな住宅街に住みたいのかは人それぞれです。
自分がどんなエリアに住みたいのかイメージを持ちましょう。
 
*建てたい家に合っているか
土地のある場所によって、建てられる住宅に制限がある場合があります。
例えば、火災の防止に力を入れて取り組んでいる防火地域の土地では、耐火性の高い家でないと建てられないといったことがあります。
建てられる住宅にこのような制限があると、建築費用にも影響がありますので注意が必要です。
 
□見るべきポイント
*住んでいるイメージが持てるのか
土地選びの場所は、住宅選びの場所ですよね。
ですから、自分が将来住んでいるイメージができるかどうかは大切なポイントです。
この土地に家を建てて、勤務先、学校まではこれくらいかかるといった具体的なイメージを持てるのか判断しましょう。
 
また、マイホームにはそれなりに長期間住むことになるので、将来のことも視野に入れておきましょう。
 
*快適に暮らしていけるのか
日々の生活の中で大事な点は、通勤のしやすさや周りの静かさだけではありませんよね。
どれくらいの距離にスーパーがあるのか、週末に遊べる公園やショッピングセンターなどはどこにあるのかなど、少し視野を広げてそのエリアを俯瞰してみてみることも重要です。
日々の生活が快適に送れるのかも意識しましょう。
 
□おわりに
今回は、住宅の土地選びの基準と見るべきポイントをご紹介しました。
土地選びはなかなか経験することはありませんし、家もまだ建っていないので住んでいるイメージが湧きにくく難しいですよね。
想像力を働かせて、自分に適した土地かどうかを判断することが大切ですね。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市の方ご注目、リフォームの際に使える助成金制度

「古くなった家をリフォームしたいのだけれども、費用が高くつきそう…助成金のようなものってないのかなあ?」
松本市にお住まいでこのようなことを考えている方はいらっしゃいませんか?
 
リフォームをするにおいても決して安い投資にはなりませんので、少しでも補助してもらえる仕組みがあるとありがたいですよね。
そこで今回は、松本市のリフォーム助成金についてご紹介いたします。
 
□松本市の住宅リフォーム助成金について
自治体は住宅の新築やリフォームの助成金を出すことでより工事に踏み切りやすくなる制度を持っていて、松本市も行なっています。
松本市においてはリフォームをする際に工事費用の一部を負担する住宅リフォーム助成金という制度が設けられています。
 
その特徴について、受け取ることのできる条件・対象となる工事の種類・助成金額の目安という三つの観点でお話ししましょう。
 
*リフォーム助成金を受け取ることができる条件は?
松本市のリフォーム助成金を受け取ることができる条件は主に二つあります。
 
一つは、現在住んでいる住宅が対象ということです。松本市に現時点で住居を構えているということですが、自治体の助成金ですから当然ですよね。
 
そしてもう一つは、地元の業者を利用することがあります。
地元の業者に工事を依頼することでその地域経済の活性化を目的としています。
依頼する側からしてもその地域の特徴を知っていて、何かあったときにすぐに対応してもらえる業者の方がありがたいですよね。
 
*対象となる工事の種類って?
対象となる工事は、増築・改築工事・屋根の吹き替えや塗装防水工事・壁の張り替え工事・内装や畳の更新・ベランダ工事・配管設備工事・断熱改修工事・耐震化工事などがあります。
また、工事費用のみの助成ですが水回りのリフォームや給湯器の工事にも支給されます。
 
バリアフリー化に関しては別で補助を受けていると対象外となりますので知っておきましょう。
 
*助成金額はどのくらい?
対象となる工事費用の20%で出た数字で1万円未満を切り捨てた金額を助成金として受け取ることができます。
上限は10万円で、受給は一つの住宅に関して一回限りです。
 
□最後に
今回は、松本市にあるリフォーム助成金について、その条件や対象となる工事の種類などの特徴をご紹介いたしました。
こうした制度をうまく活用して満足のいくリフォームを実現しましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ローン申請の流れに関して知っておきたいことを松本市の注文住宅業者が解説

「注文住宅を建てるときにローンを申請しようと思っているのだけれども、どのような感じで行うのだろう?」
住宅ローンは人生でも何度も使うものではないかと思うので、ローン申請と言われても想像するのが難しいかもしれませんね。
 
そこで今回は、住宅ローンの申請に関して三つの観点でお話いたします。
 
□住宅ローンの申請時期は?
住宅ローンは申請してすぐに融資がおりるわけではありません。
万一受け入れてもらえなかったとしても対応できるようになるべく早い段階の時期に申請を出しておくのが良いでしょう。
 
具体的なタイミングとしては予算を決めた直後です。
建てたい家を決めて資金計画によっておおよその予算が決まったときに申請すると過不足ない金額を手に入れることができますし、工事業者との契約や諸手続きを行う間に審査が行われるため効率よく進められます。
 
□住宅ローンの申請方法は?
住宅ローンは必ずしも通過するとは限りませんので、事前に審査を行うことをおすすめします。
この審査のことを仮審査と言い、この際にどの程度の申請金額であれば通るのかということを確かめておきます。
金利の比較のために複数の銀行で問い合わせておくとよいでしょう。
 
そもそもお金を出しても問題ないか、どの程度であれば貸し出せるかということを数週間程度で審査されます。
そこで出た金額に合わせて家のプランを再検討しましょう。
本審査の申し込みの際には家族全員の住民票や印鑑証明書、収入証明資料、工事請負契約書などが必要になります。
 
□住宅ローンの申請にあたっての注意点は?
まず、住宅ローンというのは建物と土地をそろえて申し込むことになっています。
そのため、仮審査の前の段階でどのような住宅にする予定でどの程度費用がかかるのかということを把握しておかなくてはなりません。
 
また、住宅ローンが給付されるのは住宅が完成したタイミングなのですが、新築に関連した費用の中には、引き渡しよりも前に支払わなければならないものもあります。
 
自己資金の割合が少ないと、こうした費用の支払いが難しくなることもあるかもしれません。
その際にはつなぎ融資というシステムを利用しましょう。
つなぎ融資というのは一時的に借りることのできる資金であり、契約金や中間金などを融資で支払い、完成時に受け取る住宅ローンの一部をつなぎ融資の返済に充てる形となります。
 
□最後に
今回は、住宅ローンの申請にあたって、その時期と方法および注意点についてお話しいたしました。
仕組みやタイミングをしっかりと押さえて、失敗のないように申請準備を進めていきましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市の業者が解説!土地の選び方の基準とは?

土地の購入を考える際に、漠然と面積と価格だけを見て選ぶのは大失敗の原因になります。
土地選びの際の基準はたくさんの要素があり、満足のいく住宅建設はもちろん、快適なライフスタイル作りにも関係してきます。
 
今回は土地選びの際に気にすべきポイントについてご紹介していきます。
 
□住んでからのことを考える
実際にその地域で生活するにあたって、どういった施設を利用するでしょうか。
通勤・通学に電車やバスなどの公共交通機関を利用する方は、そういった施設が近くにあるのか、どれくらいの頻度で動いているのか、また通学先・通勤先まで何分かかるかなどを確認することが必要になります。
通学と通勤はほとんど毎日することなので、こうした点での不満が後々、大きな問題になってきます。
 
また視野を変えて、育児や家事をする方の目線に立つとするならば、スーパーや保育園などは近くにあるのか、病院や郵便局などはあるのか、あるいは交通量が多い危険なところはないかなど確認するべき要素はたくさんあります。
子供の安全性を考えれば、夜でも街灯が点いていて明るいかなども確認しておくと良いでしょう。
 
□様々な制限に注意する
土地は自分のものだからといって、その土地内であれば、どのような建物でも建てられるというわけではありません。
すべての土地に何かしらの制限があるので、最低限確認して欲しい要素について触れていきます。
容積率と建ぺい率をいう言葉をご存知でしょうか。
この二つの言葉は建てられる家の面積に関わることなのですが、それぞれ違う意味を持っています。
 
説明にあたって、購入した土地の面積は100平方メートルとします。
容積率は土地の面積あたりの延べ床面積の合計の値で、仮に150%だとすれば、その土地には、延べ床面積で150平方メートルまで建てることができます。
 
例えば、1階に80平方メートルを使えば、2階に70平方メートルまで使えるということです。
建ぺい率は土地面積あたりの建築部分の面積と考えて下さい。
仮に80%だとすれば、建物の1階部分は80平方メートルまでしか建てられないということです。
建物は一般的にこの2つによって制限されており、他にも高さ制限や用途の制限もあるので確認するようにしてください。
 
土地選びに失敗すれば、思い描いていた理想の注文住宅の可能性を狭めてしまいます。
土地選びでそれほど差はないと考えていては危険です。
 
土地は広いのに、建ぺい率が低いため、欲しかった部屋を諦めざるを得ないということも十分にあり得ます。
まずは以上の要素を参考に色々な土地を比較してみてください。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

今話題のZEH住宅とは?多過ぎるメリットを注文住宅業者が解説

最近増えてきた話題の住宅「ZEH住宅」をご存知ですか?
注文住宅業者に勧められた方もいらっしゃると思います。
 
ZEH(ゼッチ)とは「Zero Energy House(ゼロエネルギーハウス)」の略称なのですが、一体ZEHとはどういったものなのでしょうか。
また、ZEH住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか。
 
今回は、今話題のZEHについてとそのメリットを解説していきます。
 
□ZEH住宅とは
ZEH住宅とはゼロエネルギーハウスというように家庭内の消費エネルギーがほぼゼロになる住まいのことです。
具体的には最新技術でエネルギーをより抑えた家電や給湯器などで毎日のエネルギー消費を削減し、太陽光パネルや蓄電池によってエネルギーを創り、蓄える仕組みが備わっているのでエネルギーの自給自足が可能になります。
 
□メリット
*人に優しい
ZEH住宅の数多くのメリットの中でも「住む人に優しい」というのは、特に魅力的なメリットです。
近年では、夏は夜でも暑苦しくなってきていますよね。
皆さん毎日寝苦しいと感じてはいませんか?
冷房もずっとつけていては体に悪いですし経済的にも良くないですよね。
 
ZEH住宅なら断熱性に優れているので冷暖房に頼らなくても夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。
体の負担も軽くなりますし、特にハウスダストアレルギーや冷暖房に弱い方にとっても過ごしやすいというのは大きなメリットですよね。
 
また、寒暖差が激しくないので「ヒートショック」予防にも最適です。
ヒートショックとは急激な気温の差によって失神などが引き起こされることです。
ヒートショックでの死亡率は決して低くはないので少しでも起こりにくい環境での住まいというのは安心ですね。
 
*環境にも優しい
日本の電力発電を担う火力発電はCO2を大量に排出します。
このCO2が地球温暖化の一つの要因であるのは皆さんご存知だと思います。
ZEHはエネルギーの自給自足ができるので将来的にすべての住宅がZEH住宅になれば温暖化に歯止めをかけることも可能かもしれません。
 
*災害時に役立つ
災害時に重要なライフラインが止まってしまうと大変困りますよね。
そんな時、ZEHだと蓄電池に貯まっている電気を使える上に太陽光発電による電気供給が可能です。
日本は自然災害が非常に多い国なのでこういったシステムが家に備わっていると安心ですね。
 
ZEHとそのメリットについてご紹介しました。
皆さんも人と環境に優しいメリットたくさんのZEHをこの機会に取り入れてみませんか?
長野県諏訪市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市でリフォームされる方必見!長期優良住宅とは?

「一生に一度の大きな買い物をした家だから、大事に大切に住んできた。」
「耐震性も高く、環境にも配慮された家だから、これからもずっと住んでいきたい。」
このように、現在のご自宅を大切にして住まれている方も多いと思います。
 
実は、このような家を長期優良住宅に認定させると、補助金が出されたり減税が適用されたり、様々な待遇を受けることができるのです。
そこで今回は、長期優良住宅についてご紹介します。
 
□長期優良住宅とは
長期優良住宅とは、住宅に長期にわたり住むことで、住宅の解体や除去に伴う廃棄物を抑制し、環境への負荷を軽減することと、建て替えによる費用の削減によって、より豊かで優しい暮らしへの転換を目的にした住宅のことです。
 
□長期優良住宅のメリット
*住宅ローン控除を受けられる
長期優良住宅の場合、この住宅ローン控除の控除対象借り入れ限度額が優遇されます。
一般住宅は4000万円までの限度額ですが、長期優良住宅は5000万円まで引き上げられるのです。
控除率は1%ですので、5000万円の1%が1年の控除額となり、最大控除額は10年間で500万円です。
 
*不動産所得税が減額される
こちらも、一般住宅より控除額が引き上げられます。
一般住宅は1200万円が控除されるのに対し、長期優良住宅は1300万円の控除を受けることができます。
 
□認定を受けるための項目
長期優良住宅として認定を受けるためには、主に7つの項目があります。
 
*劣化対策
少なくとも100年程度は住宅がもつことを想定されます。
 
*耐震性
建築基準法レベルの1.25倍以上、もしくは免震構造になっている住宅です。
 
*維持管理
内装や設備の清掃、点検などがしっかり行われていることです。
 
*省エネルギー性
断熱性能が備えられていたり、太陽光発電機が備え付けられていたりする住宅です。
 
*居住環境
地域内における景観が良好であったり、外装が街並みと調和されていたりする住宅です。
 
*住戸面積
原則として75平方メートル以上です。
 
*維持保全計画
将来を見据えて定期的な点検や補修などの計画が立てられていることです。
 
□申請方法
登録住宅性能評価機関で事前審査を受けた後に、所管行政庁へ申請することができます。
申請する際には、登録住宅性能評価機関が発行する適合証が必要になります。
申請した後は、所管行政庁の審査が行われ、認定通知書が届きます。
 
以上、長期優良住宅についてご紹介しました。
購入した家を大事に扱ってきた上に、減税などの嬉しい待遇を受けられるのは嬉しいですよね。
住宅に対して何かお困りの際は、ぜひ一度株式会社AIWA匠までご連絡ください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームとリノベーションの違いについてご紹介

物件は一から作る新築の他にも、一度使われている為に価格が下がっている中古物件が存在します。
しかし、中古物件の機能は新築物件と比較して仕様が古いという事もありますので、何らかの形で現代の建築物の仕様に合わせる必要があります。
 
近年、注目されているのがリフォームとリノベーションです。
この両者の違いは、部屋の間取りを変更するのかどうかという部分にあります。
 
リフォームは主に壁や床などをフロアシートなどを活用して部屋の雰囲気や機能性を変えていくというものです。
部屋の雰囲気を変えたいだけであれば、この施工方法を使えば、コストを最小限に抑える事も出来るでしょう。
 
リノベーションは、間取りを変更しますので、柱や壁などを取り払って、間取りを広くしていきます。
このようにする事で、元の間取りと比較して広々とした部屋を作り出す事が出来ますので、リフォームよりも踏み込んだカスタマイズが行えます。
 
リフォームとリノベーションでは、間取りの大幅な変更を行いますので、リノベーションの方が施工費が高くなります。
また、工期も長くなりますが、大幅な部屋のカスタマイズが施せますので、リノベーションの実績が高い企業であれば、ユーザーの思いのままのカスタマイズに仕上げてもらえる可能性が広がります。
 
施工方法の違いをよく理解して、最適な施工を行う事が大切です。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームにおけるよくある失敗って?解決策ともに紹介します

リフォーム専用の設備が開発されていることから、古い家であっても新築のような美しさを取り戻すことができますし、最新設備を導入することで快適な住まいにすることが可能です。

ただリフォームをするときには設備をカタログなどで選んでしまい、実物を見ないで決めてしまうと、想像していたものと違ったと失敗をしてしまうことがあります。

特に外壁リフォームの場合は塗料の色をカタログだけで決めてしまうと、実際に塗った状態と想像していた色と違うと感じてしまうこともあるでしょう。

キッチンやお風呂などの設備に関しても、大きさを数字だけで確認したり、色や素材を写真などだけで確認してしまうと、工事が終わった後にこんなのではなかった筈だと後悔してしまうことがあります。

そこで失敗しないようにするために、設備を新しく導入するときには展示場などに行って実物を見ることが解決策になります。

メーカーがリフォーム素材を展示している場所があるので、手間がかかっても実物を見ておくほうが安心です。自分の目で見て触って判断することで、後々の後悔を回避することができます。

そして塗装リフォームの時には、専門業者に色に関して相談をしたり、カタログだけでなくもう少し大き目のサンプルや実際に塗料を見せてもらってから慎重に判断することが解決策につながります。

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅を建てるときに気になる話、費用の目安は?

注文住宅を建てるときは地域によって相場が違うことがあることを知りましょう。
この相場の違いは土地代だけではなく建築相場と広さも変わってくるのです。
ではどのようにして予算を組んだらいいのでしょうか。
 
まず費用の組み方としては、用意できる頭金を考えることから始めます。
頭金は通常住宅購入額の20%以上が一般的とされているのです。少なくとも10%は用意しておきましょう。
そこから引越しの費用や注文住宅を建てている間のための仮住まい費用も差し引いて預金からどのくらい頭金が用意できるか考えていくのです。
 
この次に考えることといえば、住宅ローンのことになってきます。
住宅ローンを考える目安としては自分自身の年収や完済できる期間があげられます。
住宅ローンの視点からも資金計画を考えてみることも大事になってくるのです。
 
こういった住宅ローンの返済は平均で30年前後といわれています。
これはポイントとして定年退職をする年齢に完済できるかどうかがポイントになってきているのです。
 
このようにして二つの視点から注文住宅を建てる際の費用を組み立てていくことで自分に合った無理のない理想の住宅を建てることが出来ます。

返済期間と金利を考えてそこに年収という視点も加えて融資したいと思う金額や返済方法を考えて決めることが注文住宅の予算のポイントなのです。

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームの打ち合わせ、スムーズに進めるには?

同じ家に長年住んでいると色々なところが傷んできます。
修理をすることも可能ですが、予算があるならリフォームをすることをおすすめします。
 
ただし、リフォームをスムーズに進めるためにはお客様の協力が不可欠ですので、ぜひこれからのポイントを確認して満足のいくリフォームを行いましょう。
 
リフォームで重要となるのは最初の打ち合わせだといえます。
どのようなものにしたいのか、施工業者側とお客様との間で食い違いがないようにすることが重要です。
 
その際に役に立つのがチェック表です。どの部分をどのようにリフォームしたいのかということを文書にしてまとめておいてもらうと、食い違いが起こる可能性が少なくなるのでおすすめです。
 
さらに、料金に関しては細心の中を払うようにしてください。弊社ではなるべく細かい見積書を作成するように心がけていますが、もしもわからないことがあれば気軽に質問してください。
 
お金の問題に関しては後々大きな問題となりやすいです。どの部分にどのくらいのお金がかかるのかはっきりしておくことはお互いにとって必要なことといえます。
 
この際、出来れば予算をはっきりしておいてもらえると、こちらとしても計画が立てやすくなるのでありがたいです。
 
このように、打ち合わせが成功の鍵だということがおわかりになったかと思います。私達も精一杯サポートしていきますので一緒に頑張りましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
ページ上部へ