ホーム家づくりブログお役立ちブログ茅野市

茅野市

リフォームとリノベーションの違いとは?耐震工事の例もご紹介

中古住宅をリノベーションして暮らしていると聞くとなんだかオシャレなイメージがありますが、リノベーションについて詳しくは分からないという方も多いと思います。
リフォームと混同されがちですが、実はリノベーションとリフォームの意味合いは違っています。
この記事では住宅のリノベーションについてご紹介します。
 
□リフォームとリノベーションの違い
 
*リフォーム
リフォームは建物の劣化した部分を改修し、新築時に近い状態に戻すことをいいます。
英語のreformを見ても「悪い状態から改良すること」を表しています。
塗装のはがれた外壁の塗りなおしや、老朽化したり汚れたりしている部分の補強など、マイナスの状態をもとに戻すことをリフォームといいます。
 
*リノベーション
既述の通り、建物に大規模な工事を行い、新築時以上に性能を向上させたり価値を高めたりすることをリノベーションといいます。
工事の規模もリフォームと比べ大きいのが特徴で、その分住宅への付加価値も大きくなります。
リフォームと異なりマイナスのものを元に戻すだけでなく、プラスαの価値を与えてより住みよい家を目指すのですね。
 
 
□リノベーションの実例「耐震性を高める」
開放感のある部屋にしたり、採光性を高めたりするリノベーションも人気ですが、今回取り上げるのは耐震性を高める目的で行うリノベーションです。
耐震性を高めるリノベーションをいくつか見ていきましょう。
 
*基礎強化工事
基礎コンクリートは長い時間がたつと、ひび割れや内部の鉄筋が錆びてしまい、耐震性が落ちてしまいます。
地震による被害を最小限に留めるためには、基礎部分の劣化度を評価し、それに応じて基礎強化工事をする必要があります。
 
 
*筋交い・制震ダンパー
木造住宅の耐震補強の方法として筋交い・制震ダンパーが挙げられます。
筋交いは壁の柱の間に斜めに柱を立て、耐震性を強化することです。壁の復旧も考えると約10~15万円相場だといわれています。
 
 
ここまで住宅のリノベーションについてご紹介しました。
近年耐震基準についてニュースで取り上げられるなど防災の意識が高まっており、耐震工事を検討されている方も多いです。
他にも様々な耐震工事がありますので、専門家に相談しながら自分の家にあった工事をするといいでしょう。
 
AIWA匠では専門家が第三者の立場からお客様にアドバイスを行う、「マイホームサポートサービス」を提供しています。
無料で承っておりますので、住宅に関するお悩み・ご相談がありましたらお気軽にお電話・ホームページからお問い合わせください。

長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅を建てる方必見!業者の選び方のポイントとは?

自分の家を持つことに憧れを持っている方はいらっしゃいませんか。
マイホームを建てるのは一生に一度の高額な買い物です。
それだけに、「思っていたのと違う」「別の業者にしておけばよかった」などと後悔はしたくありませんよね。
そこで今回は、注文住宅を依頼する業者の選び方のポイントをご紹介します。
 
 
□注文住宅を依頼する業者選びが重要なわけ
自由に住まいをデザインできる注文住宅は、世界に1つだけの家を建てられることが大きな魅力です。
家族構成やライフスタイルに合わせて、一から家を建てる喜びを感じることができます。
 
しかし注文住宅を手掛ける業者は数多く存在するため、その中で自分の要望にぴったり合う業者を見つけるのはなかなか難しいものです。
業者選びで妥協してしまうと、「契約したとたん対応が悪くなった」「他の業者にしていればよかった」と後悔することになってしまうかもしれません。
そのため見積もりをしたり、モデルハウスへ足を運んだりしながら、時間をかけて業者選びをする必要があるのです。
 
 
□注文住宅業者を選ぶときに注目すべきポイント
*住宅業者の特徴・コンセプト
それぞれの住宅メーカーには、どんな家を建てるのかというコンセプトがあります。
リーズナブルな家なのか、環境にやさしい家なのか、機能性の高い家なのか。
まず自分がどんな家を建てたいのかを明確にしておきましょう。
 
*お客様目線かどうか
早期に契約を結ばせようとしてきたり、なかなか要望を聞いてもらえなかったりする業者は危険です。
他にも住宅に関して知識が乏しかったり、他社の住宅を非難して自社を良く見せようとしている場合には注意が必要です。
反対に、家を建てるお客様に真摯に向き合い、さまざまな提案や丁寧な説明をする業者は信頼がおけるといえます。
 
*相見積もりをする
同じ条件でも業者によって出来栄えや価格、性能が全く異なってきます。
まずは複数の住宅業者に話を聞きにいき、見積もりをとって比較することが大切です。
見積もりでは、内訳書が手に入るので、各工程の詳細な費用を把握することができます。
ここで注意したいのは、金額が安いほうが優秀とは限らないことです。
業者によって工法も完成度も違います。
金額が安いほうを選ぶ方が多いため、あえて簡単な費用のかからない工法にして価格を下げる業者もいるので注意が必要です。
 
ここまで注文住宅を依頼する業者の選び方のポイントをご紹介してきました。
注文住宅を建てるときは綿密な情報収集が必要不可欠です。
そのため資料請求や相見積もりは必ずするようにしましょう。
AIWA匠のマイホームサポートサービスではプロがお客様目線で客観的なアドバイスを差し上げます。
注文住宅でお悩みの方はぜひホームページ・お電話にてご相談ください。

長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

 

注文住宅で家を建てる方へ|失敗しない業者の選び方のポイント

住まいの購入は、多くの人にとって人生でもっとも大きな買い物になりますよね。
そんなビッグイベントですから、絶対に失敗したくないと思います。
そこでこの記事では、注文住宅の購入をお考えの方に向けて、失敗しないための業者の選び方についてご紹介します。
 
□注文住宅の失敗って?
業者選びに失敗すると、どんなことが起きてしまうのでしょうか。
そのリスクを知って、絶対に失敗しないための心意気を持ちましょう。
注文住宅では、その名の通り、お客様のご要望に沿った設計の住まいを作り上げられます。
お客様が大事にされるポイントは十人十色で、またそれによっても選ぶべき要素が異なってきます。
 
あまりお客様のニーズに合っていない業者を選ぶと、後から家に不満が出て、もっとこうすれば良かったと後悔することになってしまいます。
これから長い間住んでいく住まいですので、そういったことが起こらないようにしたいですよね。
 
□どうして失敗してしまう?
今や注文住宅を扱っている業者は、非常に多いです。
しかし、多くの人にとって家の購入はそう何度も経験されることではなく、はじめての人がほとんどです。
ですので、業者選びの判断基準が友人がお世話になった業者、ウェブのページを見た感じの良さそうな業者などになってしまいます。
 
注文住宅は、お客様のニーズに合うかどうかが大事です。
そうなると、こういった判断基準はあまり良いとは言えないでしょう。
 
□失敗しないためのポイント
*相見積もりを行う
業者選びで最も大事なポイントは、必ず相見積もりを行うことです。
複数の業者にあなたの住宅に求める条件、予算などを伝えて、その業者がどういったことができるのか、またそれに伴う建設費用を複数の業者から聞くようにしましょう。
 
一つの業者にしか見積もりをお願いしていないと判断基準がありませんし、何だかその業者が良く見えてしまうものです。
必ず複数の業者に見積もりを頼み、その中から判断するようにしましょう。
 
*大手メーカーか地方密着型か
業者の中には、全国的に展開している大手メーカーと比較的小規模の地域密着型の業者があります。
大手メーカーは、全国で多くの案件を扱っていて安心感がありますが、その分建設費用が高くなる可能性があります。
地域密着型の業者では、比較的小規模ですのでどういった職人が建設をしてくれているのか知りやすいなどのメリットもあります。
これらは、一長一短ですので自分の要望に合った方を選びましょう。
 
□おわりに
注文住宅にとって、業者の存在は非常に重要です。
ご自分の予算や要望などを明確に理解し、相見積もりをすることが失敗しない業者選びの近道です。
注文住宅の購入をお考えの方は、今回ご紹介したことを参考に業者選びをしてみてくださいね。
 
長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅はいつ買えば良い?マイホーム購入のタイミングをご紹介

夢のマイホームを購入したいと思っていても、多くの方にとってマイホームの購入は人生に一度のことですよね。
そのため、いつ購入に踏み切れば良いのか、そのタイミングを判断することは難しいと思います。
そこでこの記事では、マイホーム購入のタイミングについてご紹介します。
 
□家を購入する人の平均年齢
まずは、他の人がどんなタイミングで家を購入しているのか参考に見ていきましょう。
住宅の購入は非常に費用がかかります。
ですので、多くの人は30代から40代の生活、仕事が安定してから購入される傾向があります。
 
実際の数値ですと、平均的な注文住宅の購入年齢は40.2歳、30代40代を合計するとおよそ7割以上の人がこのタイミングで住宅を購入しています。
 
□お金も重要なタイミング
年齢も注文住宅購入のタイミングを決める上で大切ですが、それよりも大切なのがお金ですよね。
多くの場合、ローンを組んでコツコツ支払いをしていくことになりますが、このローンを組むためにも収入がないと認められません。
 
昔であれば、住宅購入のための金銭的ハードルが高かったですが、最近では年収が300万円以上で家を購入するという方も多くおられます。
自分がどのローンを利用するのか、そのために必要な収入があるのかを知ることで住宅購入のタイミングを判断しやすくなります。
 
□いつまでに購入するべき?
家の購入はさきほどもあったように、ローンで支払うことが一般的です。
有名なローンであるフラット35に代表されるように、ローンは数十年かけて支払いしていくことになります。
住宅ローン自体は80歳まで組むことが可能ですが、返済に長期間かけられないので一度の支払金が高額になります。
長期的なローンの使用をお考えの方は40代には住宅を購入することが望ましいでしょう。
 
□結婚や子どもが生まれるタイミング
結婚や妊娠を機に住宅を購入するという方も少なくありません。
同棲を始めたり、家族が一人増えるわけですから、その分適した間取りや住環境がありますよね。
これは、マイホーム購入の非常に良いタイミングですが、同時に注意も必要になります。
これからの家族計画、現在の金銭状況から、自分にとって今のタイミングがベストなのかを慎重に考えてみましょう。
 
□おわりに
今回は、注文住宅購入のタイミングについてご紹介しました。
マイホームはこれから何年も住み、多くの時間を過ごしていく大切な場です。
後悔することがないように、今回ご紹介した点を参考にして自分に最適のマイホーム購入のタイミングを考えてみてくださいね。
 
長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

土地ってどのような種類があるの?松本市の業者が解説

土地にはいくつか種類があることをご存知ですか?
土地には大きく分けて住居系・工業系・商業系の三種類があります。
それぞれさらに細かく分けられるのですが、どのような分類になるのかということについて今回はご紹介いたしましょう。
 
□住居系用途地域
住居系は細かく分けると7種類あります。
 
*第一種低層住居専用地域
低層の住宅が良好な環境で建てられるように定められている地域のことであり、様々な制限がかかっています。
一戸建てを建てる際には一番向いている環境であり、住宅以外の施設として建てられるのは学校・図書館などです。
 
*第二種低層住居専用地域
第一種低層住居専用地域と位置づけはほぼ同じなのですが、こちらでは病院・大学・小規模な店舗・飲食店も建築できます。
 
*第一種中高層住居専用地域
中層高層住宅が良好な環境で建てられるように定められている地域のことであり、四階建て以上のマンションなどが建築できます。
 
*第二種中高層住居専用地域
主に中層高層住宅が良好な環境になるように指定されている地域のことであり、より面積の広い学校や病院なども建築できます。
 
*第一種住居地域
住居の環境を保護するために設けられている地域で、専用地域と比べると制限は弱いです。
上記のものに加えて、スポーツ施設やホテルなども建てることができます。
 
*第二種住居地域
住居を中心として住環境を保護するために定められている地域のことで、さらに娯楽施設なども対象に含まれます。
 
*準住居地域
住環境を保護するだけでなく、地域の特性を活かした業務の利便性を高めるために設けられている地域です。
 
□工業系用途地域
工業系には、工業専用地域・工業地域・準工業地域の三種類があります。
 
*工業専用地域
工業の利便性を高めるために定められている地域のことです。
診療所・託児所・公衆浴場・カラオケボックスなどが含まれます。
この地域には住宅を建てることができません。
 
*工業地域
工業を中心とした産業の利便性を高めるために設けられている地域のことです。
工業専用地域よりも対象は広く、図書館・スポーツ施設・娯楽施設なども対象となっています。
 
*準工業地域
環境の悪化をもたらす恐れのない工業の利便性を高める地域のことです。
工業地域よりもさらに用途は広く、映画館・ホテル・病院・学校なども建築しても問題ありません。
 
□商業系用途地域
商業系には、商業地域と近接商業地域という二つの種類があります。
 
*商業地域
商業や他の業務を行うにおいて利便性を高めるために設けられている地域です。
サービス業にまつわる施設全般を含んでいます。
 
*近接商業地域
近隣に住む人が日用品を購入できるような商売をするあるいは業務における利便性を高めるための地域です。
スーパーなどの販売店や公共施設のほか、娯楽施設なども含まれます。
商業地域と違って、地元の住民を主な対象としているのが特徴です。
 
□最後に
今回は、土地にはどのような種類があるのかということについてご紹介いたしました。
 
長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅を建てる際の費用の内訳って?松本市の業者が解説

「注文住宅を建てるのにはどのような費用が必要になるのだろう?」
家を建てるのにかかる費用は人生の支出の中でも大きなものとなります。
どのような費用がどの程度かかるのかということはあらかじめ知っておきたいですよね。
 
そこで今回は、注文住宅を建てる際にどんな費用がかかるのかについてご紹介いたします。
 
□注文住宅を建てる際にかかる費用
*土地代
新しく土地を手に入れるということであれば土地代が必要になります。
こちらの金額は地域や時期によって変動するので、ご希望の地域や時期の値段を調べてみましょう。
 
*建築費用
住宅つまり建物部分をつくるために必要な費用です。
 
*住宅ローン手数料
住宅ローンは高額になる新築費用の負担を分散できる制度ですが、当然ながら返済義務があります。
また、単に借り入れた金額をそのまま返済すればよいのではなくて、金利と呼ばれる手数料も負担しなければなりません。
 
会社によって異なりますが、この手数料だけでも数百万円に及ぶことがありますので、借り入れる際には返済可能なプランであるかを慎重に検討しましょう。
 
*火災保険
火災保険は火災だけでなく落雷・雪・風による被害、衝突・破壊・盗難などの人災といったものに対しても補償が受けられる制度です。
内容は保険によって異なりますが、もしものことを考えて加入するのも一つの手でしょう。
 
*登記費用・司法書士報酬
登記費用というのは、土地や家を購入した場合に法務局に行う必要がある費用のことで、その際に必要な登録免許税などを含めたものです。
司法書士に代行してもらう場合にはその料金も払わなければなりません。
 
*印紙代
土地や住宅取得にあたっての手続きで書類を作成することがあります。
その際に使用する印紙の代金のことです。
 
*住宅取得税
住宅を新たに取得した際に支払う必要がある税金の一つです。
 
*仲介手数料
不動産会社の紹介によって注文住宅を建てた場合、つまり直接建築業者に依頼しなかった場合には紹介料として手数料が必要になります。
 
*消費税
土地は対象外ですが、住宅は消費物の一つと考えられているため消費税がかかってきます。
普段の生活ではあまり気にならない額かとは思いますが意外と負担になるので、考慮しておきましょう。
 
*住宅新築中あるいはその後の費用
物件の契約を締結してから建てる注文住宅は、すぐに入居することができません。
そのため、それまでの仮住まいの費用が必要になります。
また、引っ越し費用や家具家電の新調費用などもかかってきますので、数百万円はかかると考えておきましょう。
 
もちろん入居後にも光熱費・固定資産税などの税金・改修費といったもので適宜費用が必要になってきますので、留意しておきましょう。
 
□最後に
今回は、注文住宅を建てる際にどんな費用がかかるのかについてご紹介いたしました。
 
長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

マイホームはいつ建てる?注文住宅業者が教えるタイミング

「マイホームを持ちたいけど、いつ建てたらいいかわからない」、「みんながマイホームを建てる理由って?」とお考えの方は多くいらっしゃるでしょう。
マイホームは必ず持たなければならないものではありませんし、決まったタイミングで購入するものではありません。
 
貯蓄状況や世帯数によって購入のタイミングや理由も異なります。
ですから、今回は皆さんにマイホームが多く選ばれるタイミングを生活面と資金面からご紹介します。
 
□マイホーム購入は生活が変化した時
日本で賃貸からマイホームに変える時期が一番多いのは「生活スタイルが大きく変化したとき」です。
例えば、出産ですね。
家族が増える事でこれからの生活のことを考えてマイホームにされる方が多いようです。
結婚の際にマイホームを持つ方は結婚後の生活費がどれくらいかかるのかを見越した上での充分な貯蓄を考える必要があります。
 
また、「お子さんが小学校へ入学する時」というのも多いタイミングです。
お子さんが入学してからマイホームを持つと、転校などで悲しい思いをさせてしまうということで、入学前にマイホームにされる方が多いですね。
 
最近多くなってきているのが「退職後にマイホームを買う」という方たちです。
退職後に今まで貯めていた資金でバリアフリーに特化したマイホームや老後も安心して暮らせる家を購入されます。
 
では資金面ではどのくらいのときに皆さん購入されているのでしょうか。
 
□マイホーム購入に必要な資金
ほとんどの方がマイホームを購入の際に住宅ローンを組んでいますよね。
マイホーム購入には自己資金というのが必要で、住宅購入値段の約2割から3割を自己資金で準備される方が多いです。
 
借用金は利子があるのでできるだけ自己資金を貯めてから購入される方がほとんどですね。
世帯収入で見てみると、平均500万の世帯が一番多いようですが、実際には世帯収入に関係なくマイホームを購入することも可能です。
 
□マイホームを建てる前に
「今が一番お得で人気なためすぐに売り切れてしまいますよ」
といった文句には耳を貸してはいけません。
マイホームは人生で一番大きな買い物ですから購入前に「資金には余裕があるか」、「将来どのような家が必要になるだろうか」をよく考えてみてください。
 
マイホームを建てるタイミングについてお分りいただけたでしょうか。
マイホームの衝動買いは禁物です。
 
各世帯ごとに購入のタイミングは違うので、購入前には不動産や家族としっかり話し合うことが大切です。
マイホームについて何か相談がありましたらお気軽に「株式会社AIWA匠」にご相談ください。
 
長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅業者直伝!家事・収納に最適な間取りの考え方

皆さん、「家事動線」や「収納動線」をご存知ですか?
間取りを決めるときによく用いられる考え方のひとつで、人が家事、収納をする際にどういった進路で部屋の中を移動しているかを基準に間取りを考えることです。
 
実はこの考え方を間取り決めのときに取り入れるのと取り入れないのでは、生活のストレスが180度違ってくるんです。
具体的にどんな考え方なのか、どうやって間取りに反映させていくのか解説していきます。
 
□家事動線から見た間取り
一般的に既にある間取りに家事をする時には通るだろう通路に線を引いて考えます。
朝ご飯を作って、洗濯物を回して、干して、掃除して、と自分が実際に使うと想像して線を引いてみてください。
くねくね曲がっていませんか?
 
家事動線はまっすぐであればあるほどストレスが少ないと言われています。
多少曲がる事があってもどこに行くにも数回曲がらないと行けない間取りは家事動線から見てあまり良い間取りとは言えません。
 
*効率をあげるポイント
家事動線をシンプルにして効率の良いものにするには「作業場を繋げる」ことが重要です。
家事は行ったり来たりが多く、何回も同じ部屋を行ったり来たりしていては効率が悪いですよね。
 
作業場が近くにある、もしくは繋がっていれば移動距離も短くて済みます。
例えば台所の近くに洗濯機を置くなどすると、料理の合間に洗濯物を回すことができます。
 
□収納動線から見た間取り
先ほどの家事動線と密接な関わりを持つもう一つの間取りの考え方はストック(収納)です。
ストックの範囲はクローゼット以外にも家具を置く場所も含まれるため、多めに取っておかないと家具を入れてみたら収納の場所が以外と少ないといった状況になります。
 
また、床面積から家事動線とフリースペースを除いた面積が収納に当てられるわけですが、家事動線を意識しすぎると収納するところが少なくなりがちです。
結果的に部屋に物が散らかって家事動線の妨げにもなるので家事動線と収納動線はバランスを見て調節することが大切です。
 
*効率をあげるポイント
家事動線に合わせる形でこまめに収納動線があれば適切な収納スペースが確保できるのではないでしょうか。
家具もできるだけ収納機能がついたものを選ぶと良いですね。
 
家事や収納に適した間取りの考え方についてご紹介しました。
自分の生活スタイルに合わせて間取りが作れるのは注文住宅の良いところですよね。
間取りや注文住宅についてのご相談はぜひ「株式会社AIWA匠」へお気軽にどうぞ。
 
長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅を建てる際に行っておきたい、資金計画の立て方

注文住宅を購入する時は多くの資金が必要になるので、資金計画を立てる事は重要です。
家族構成などによってライフスタイルも変わってくるので、将来の出費を予想して日頃の支出が増えても問題ないような計画の立て方をしないといけません。
 
住宅の購入費は高額なのでローンを組んで購入する人も多いですが、少しでも多くの頭金を入れる事で利息で支払う額が少なくなって、総支払額が減らせるのでできる限り自己資金を用意すると良いです。
ローンを組む時は金利の種類を選べますので固定金利か変動金利のどちらかを選択する事になります。
 
将来の金利を正確に予測する事ができない以上どちらが得とは言えませんが、選択した金利から総支払額を予測して資金計画を立てないといけません。
特に変動金利の場合は固定金利と比べて総支払額が不透明なので、余裕を持った計画が必要です。
 

戸建の注文住宅では分譲マンションを購入した時のように毎月決められた修繕費を積立てる事を強制されません。

強制されないだけで修繕費用が必要ないわけではないので、ローンの支払いをしながらも将来やってくる修繕に備えて資金を用意しておく必要があります。

修繕費として必要になる金額の平均額を参考にして平均よりも多少金額が高くなっても対応できるように資金の準備をしておくと良いです。それと同時に保険等も住宅に入居する前に選んで契約しておくべきです。

長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

工務店と大手住宅メーカー、両者の違いを比較します

工務店と大手住宅メーカーを比較した場合、どのような点が異なっているのでしょうか。
 
まず、両者の定義は必ずしも明確ではないのですが一般的に言って、規模があまり大きくなく地域密着型の経営で住宅の建築と販売を顧客と相談しながら行っていくのが工務店で、日本の各地に支店があるなど規模が大きく、テレビなどの大きな媒体を介して宣伝を行いながら住宅の建築して販売しているのが大手住宅メーカーです。
 
どちらもサービス展開は様々な形態が見られるため一概には言えませんが、概ね価格に関しては工務店が安く、技術力や品質の程度は優劣つけがたく、柔軟な対応力は工務店が上であり、工期の短さでは大手住宅メーカーに軍配が上がるといった結論になります。
 
価格はハウスメーカーの場合、テレビなどの宣伝に多くの費用がかかっているため、建築費用がその分上乗せされて高額になるという理屈です。技術力や品質に関しては、どちらも千差万別に過ぎる部分があるため比較が難しいと考えられます。
 

柔軟な対応力に関しては、工務店の場合は規模が小さいだけあって規格が固定されていない分、自由な意見や要望を聞いてくれやすい体制になっているということです。

工期に関しては、大手メーカーでは規格がある程度決まっている分、柔軟性は欠くものの、早く仕上げることが出来る体制が整っているためであると考えられます。

長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ページ上部へ