ホーム家づくりブログお役立ちブログ安曇野市

安曇野市

注文住宅に太陽光発電は必要?3つのメリットで考えよう。

注文住宅を建てると同時に、太陽光発電を設置する家庭が増えてきています。
自然エネルギーが注目されている中、自家発電で省エネ対策をしようという流れでしょう。
そこで今回は、太陽光発電を自宅に設置するメリットを見ていきましょう。
 
太陽光発電のメリット
1. 電気代が安くなる
太陽光発電を導入して何よりも嬉しいのが、光熱費の削減です。
電力が自由化され、各電力会社が電気料金の値下げを行っていますが、太陽光発電で貯電することによって電気代が削減できるのです。
オール電化の注文住宅にすることでガス料金も抑えられ、一石二鳥です。
 
2. 売電ができる
太陽光発電で発電した電力は、自宅で使うだけではなく電力会社に売電できます。
売電価格は年々下がっていますが、ある程度一定の収入が太陽光パネルを設置しているだけで入ってくるのでお得です。
 
3. 災害時も安心
大地震や台風による停電は、いつどこで起きてもおかしくない状況です。
停電が原因で二次災害が生じたり、非難が遅れたりする可能性もあるのです。
そのような災害時に明かりをもたらしてくれるのが太陽光発電なのです。
自立運転に切り替えることで貯蓄していた電力を供給してくれます。

メリットとデメリットを把握して、太陽光発電付きの注文住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

失敗例から学ぼう!注文住宅の窓はここに注意!

注文住宅を建てる際、窓の配置や数はどのように決めていますか。
窓は、建物の中と外のどちらからも目に入ります。
そのため、見た目のバランスが取れた配置を優先するのではないでしょうか。
 
しかし、見た目にばかり注意していると、後悔する可能性もあるのです。
注文住宅の窓について、注意点を見ていきましょう。
 
失敗例から学ぶ窓の注意点
 
<失敗例1>
リビングに大きな窓を壁一面につけたが、家具配置が難しくなってしまった。
リビングの窓が隣の家のリビングの窓と対面になってしまったため、カーテンを開けていると、互いの生活が見えてしまう。
 
<対策1>
リビングは一日の中で最も時間を過ごす場所です。
窓の配置や大きさで、心地の悪い生活にはしたくないですよね。
このような失敗をしないためにも、まずリビングに何を置くのか考えましょう。
リビングに設置する家具が決まれば、それに合わせた窓の数や大きさを決められます。
また、近所の家の窓がどの位置にあるのか、事前調査をしておくといいですね。
 
<失敗例2>
リビングとダイニングの間のスリット窓が役に立たない。
スリット窓では部屋が薄暗い。
 
<対策2>
スリット窓は、明るさが室内の照明で補える玄関や廊下、階段に利用するとオシャレな空間になります。
また、設置場所や家の向きによっては、足元を照らすオシャレな間接照明の役割も果たしてくれることでしょう。
 
しかし、設置場所によっては効果が十分に発揮できないことがあります。
どのくらい光を取り込むことができるのか、モデルハウスで確かめたり、業者に相談したりしておきましょう。
 

窓の種類や大きさ、配置など考えることはたくさんあります。

部屋に置くものに応じて、適材適所の窓選びをすることで、素敵な注文住宅を叶えてくれることでしょう。

 

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

水回りリフォームのタイミング!目安となるサインとは?-脱衣所編ー

皆さんは「何か水回りの調子が悪い!」や「水回りに問題が出てきた!」といった悩みを抱えていませんか?
水回りは劣化の激しい場所ですので問題が生じることが非常に多くあります。ただ、どのようなタイミングで水回りのリフォームをすればよいのか、判断するのは難しいですよね。
 
そこで今回は、水回りのリフォームのタイミングについてご紹介します。
 
◆脱衣所
皆さんのご自宅の脱衣所には何も異常はありませんか?
脱衣所はお風呂上りに、必ず通る場所であるので、身体が濡れたままの状態で脱衣所に行くことが多くあると思います。そのため、脱衣所に何かしらの異常が起きている可能性が高いのです。
 
具体的に脱衣所の異常とは、床が浮いていたり、ぶよぶよしていたり、腐食していたりといった異常です。
このような異常が見られる場合は、リフォームを検討する必要があるでしょう。
 
また、まだこのような異常が見られない場合は、床が濡れないように気を付けたり、濡れてしまったら拭いたりするといった対策をしましょう。
 
◆まとめ
ここまで、水回りのリフォームのタイミングの目安として脱衣所の異常についてご紹介しました。
もしも、脱衣所に今回ご紹介したような異常がある場合には、できるだけ早めにリフォームをすることをお勧めします。
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

浴室リフォームのポイント!浴室をきれいに保つ方法とは?

皆さんのご自宅の浴室はきれいでしょうか?
浴室に限らず水回りは、水垢やカビなどの汚れが目立つ場所ですよね。ただ、汚れをそのまま放置してしまうと、その後もどんどん増殖してしまい大変なことになってしまいます。そこで今回は、リフォームで浴室をきれいに保つ方法をご紹介したいと思います。
 
◆汚れを見つけやすくする
そもそも汚れは必ず出てきてしまうものですので、必ず掃除が必要なのです。しかし、水回りの掃除は汚れが顕著に出てくるまでは、なかなか掃除をしないことが多いです。ただ、そのような状況でも汚れは蓄積していっているの、定期的に掃除が必要なのです。そこで、浴室に入ったら一目で全体を見渡せるように、浴室をリフォームしましょう。それによって、以前よりも掃除をする機会が増えるでしょう。
 
◆換気扇
皆さんのご自宅の浴室には換気扇がついていますか?「定期的に窓を開けて換気しているからいらない!」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、換気扇を回すことが浴室のカビを生えにくくする手っ取り早い方法なのです。もしも、換気機能が付いていないのであれば、設置することを検討してください。
 
◆まとめ
浴室にカビが生えていたり、水垢があったりする状況はできるだけ避けたいですよね。その問題をリフォームで解決しませんか?
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームの床材!おすすめの床材3選!-インテリア編ー

皆さんはご自宅の床をリフォームされる際にどのような床材にしようと考えていますか?
「どのような床材にすればよいのかわからない!」といった方も多くいらっしゃると思います。そこで今回は、インテリアを重視したおすすめの床材を3つご紹介したいと思います。
 
◆おすすめの床材3選
・カーペット
カーペットの魅力は何といっても柄の豊富さです。また、カーペットの種類が違うだけで部屋の雰囲気を変えられることも特徴です。カーペットは理想のデザインを見つけやすい床材です。
 
・天然木フローリング
天然木フローリングは部屋に明るさをもたらしてくれます。木材によって高級感も感じられます。天然木独特の心地よい雰囲気を味わいたいのであれば、天然木フローリングが良いでしょう。
 
・天然石
天然石の特徴と言えば高級感です。その中でも大理石は別格の存在感を放っています。リフォームで豪華な部屋にしたいのであれば大理石をお勧めします。
 
◆まとめ
いかがでしたか?
ここまでインテリアを重視したおすすめの床材を3つご紹介しました。
どれも素晴らしい雰囲気を出せる床材です。皆さんも理想の床材を見つけてください。また今回は、インテリアの観点からおすすめの床材をご紹介したのですが、次回はメンテナンスの観点から床材をご紹介したいと思います。
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

飽きない家にするために!外壁のリフォームのすすめ

「建築当初は気に入ってたけど、外壁の色に飽きてしまった。」
など、実際に家に住んでみて出てくる問題もありますよね。そんなとき、どういった塗装にするのか迷うこともあると思います。今回はどのような外壁があるのかをご紹介します。
 
○2色を使った塗り分け
よく見られるのが外壁を2色で塗り分けたデザインです。この配色は好みによって様々ですが、例えば落ち着いた印象にしたいという方は、白系とブラウン系の2色を組み合わせると良いと言われています。また、横に塗り分けるのか、縦に塗り分けるのか、によっても印象が大きく異なりますので、外壁をリフォームする場合はどちらの方がより求めているイメージに近いのか検証してみるとよいでしょう。
 
○塗り壁
塗り壁にも様々な色の種類があり、塗りパターンも多様です。また、場合によってはオリジナルの模様をつけることも可能です。また、比較的耐候性、耐久性があるのでメンテナンスも10年間隔で考えておけば良いでしょう。
 
いかがでしょうか。
家の外壁は他人にも見られる場所ですので、ご自身の好みをアピールできる場でもあります。実際に好みのイメージを持ってリフォーム業者と相談して決めるのが良いでしょう。
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

いくらかかるの?耐震リフォームで知っておきたい価格相場

地震大国日本に住んでいる限り、地震への不安はなくなりませんよね。
「耐震リフォームをしたいけどそもそもどんな工事をすればいいの?」「だいたい費用はいくらかかるの?」
このような疑問が出てきます。それではこれからご紹介していきましょう。
 
どんな工事をすればいいの?
 
耐震性は
・地盤の強さ 
・建物の重量 
・壁の強さ 
・床の剛性 
・接合部分の強さ
といった5点によって決まります。現在の家の耐震性がどのようなものか調べた上で検討する方が良いので、まずは実績のある工務店で耐震診断を行い、必要な箇所をリフォームするのが良いでしょう。
 
費用はいくらかかるの?
 
耐震のためのリフォームでは
・〜50万円以下 
・51万円以上〜100万円以下 
・101万円以上〜
といったような価格帯でわかれています。現在の家の状態にもよりますが、構造はそのままで補強を行う場合だと、だいたい100万円以下で施行できる場合が多くなっています。
 
なんで会社によって全然値段が違うの?
 
家の耐震性は外観から見ることはできません。それゆえ、実際のところ適当な工事をして費用を少し安く請求する悪徳業者もいます。
また、耐震リフォームは家の大きさ、構造、現在の状況によって変わってきます。以上の理由から会社によって値段が変わってしまうのです。
安いからといって良いという訳ではありません。
 
いかがでしょうか。
当社はおかげさまで塩尻市から「耐震改修工事の優良評価」をいただいております。
今後も技術力、提案力を磨き続け、お客様に満足いただけるリフォームを目指してまいります。
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

実際に生活してみると不便!?注文住宅の間取りで後悔しない方法とは

「来客用に独立した和室をつくったけど、実際あまり使わなかった」
「1階に手を洗う場所がなく、トイレやキッチンで手を洗うことに・・・」
など、注文住宅を建ててみて、実際に、日常の生活を送ってみると不便なところがいっぱいだったと後悔する方は多くいらっしゃいます。
 
プランニングの際は、動線を考慮することを忘れていたというケースが少なくありません。
生活動線が悪いと、快適に過ごすことは難しくなります。なので、家族はもちろん、来客の動線もしっかりと考える必要があるのです。
 
・家族の生活動線を書けば、理想の間取りが浮き上がってくる
 
 まずは、起きてからの寝るまでの動線を書き込んでみてください。
起きると、顔を洗うために洗面室に行ったり、シャワーを浴びに行ったり、朝食を食べたりすると思います。
 
そのとき、家族全員は快適に移動することができるのかどうかを考えるべきです。
帰宅時も、玄関の明かりをつけて、手を洗いに洗面所に行き、書斎に荷物を置きに行って、ご飯を食べにリビングやダイニングに移動しますよね。
このときに、洗面所や書斎が1階になかったとき不便に感じると思います。
 
このように、家族はお家の中を日常的にどのように移動するのかをまず考えるべきなのです。
 そのあとは、来客者が来たとき、どのような間取りだと便利になるかどうかを知るために、来客の動線も書き込むと、理想の間取りへと近づくことができるのです。
 
 

 いかがでしょうか。

まずは、家族の動線を書き込んで間取りを決め、そのあと、来客の動線も書き込んで間取りを調整してみてください。

そうすることで、生活動線で間取りの失敗は避けることができるかもしれません。

今回の記事が参考になれば幸いです。

 

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の配線計画は失敗しやすい!?間取りで後悔しないためには

「スイッチやコンセントの位置が、使いにくい」
「長いテレビコードを使わないと、テレビが見られない」
など、注文住宅の配線計画を失敗してしまったと嘆く方は多くいらっしゃいます。
 
ほかにも、ダイニングにもテレビ配線が必要だったことが後でわかったり、ミキサー等を使いたいときに、キッチンのカウンターの近くにコンセントがなく不便だなと感じたりすることも少なくありません。
 
では、配線の計画をする際に、どのようなことを意識すべきだったのでしょうか。
 
・コンセントや照明スイッチの場所が非常に大切
 コンセントや照明スイッチの場所は、いかに快適な生活を過ごせるかどうかにとても影響します。
なので、コンセントやスイッチは、何のために、どのようなときに使用するものなのかを明確にする必要があります。
 
 例えば、掃除機をかける際、どのようなところにコンセントがあるとよいでしょうか。
おそらく、真ん中にひとつコンセントがあれば、一度に掃除機をかけることができるので、4隅にコンセントを配置するだけだと不十分だと言えます。
 
 また、帰宅したとき、部屋を明るくしたいときに、照明スイッチが、入り口ではなく奥の方に位置していた場合、スイッチを探すのに苦労すると考えられます。
これは、寝室にも言えることで、どこにスイッチがあると、ベッドから起きるときに便利かどうかを考える必要があります。
 

 いかがでしょうか。

コンセントや照明スイッチは、何のために、どのようなときに使用するのか明確にすると、後悔することがない配線計画をすることができます。

掃除機をかけるとき、帰宅したとき、どのような配置だと便利になるのかを考えましょう。

今回の記事が参考になれば幸いです。

 

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ローコスト注文住宅のデメリットー断熱・気密編-

「ローコストで注文住宅を建てたいな」
「でも、ローコスト注文住宅って、デメリットあるのかな」
など、ローコスト注文住宅を建てるか建てないか迷っている方が多くいらっしゃいます。
 
実は、ローコスト注文住宅を建てると複数のデメリットが挙げられます。
そこで、今回から、ローコスト注文住宅のデメリットについてお話したいと思います。
 
・気密施工をしっかり行わなければ、寿命の短い住宅を建てることになる!
 断熱材というのは、その名の通り、熱を断つ材で、床、壁、天井、そして、屋根に沿って、断熱材が使われることで、室内の熱を外に逃がさない、また、室外からの影響(暑い、寒い風など)を防御する役目を担っています。
 
 気密は、隙間をなくすことで、室内の熱を外に逃がさない、また、室外からの影響を受けないようにするためのものです。
 
 そして、多くのローコスト注文住宅ではとても安価な断熱材として繊維系断熱材に属する「グラスウール」を使用しています。このグラスウールは、空気の断熱性能を利用して断熱している断熱材です。
 
ただ、壁体内結露により断熱性能は急激に落ち、グラスウールが木材を濡らすことがあるので、気密施工をしっかり行わなければなりません。
 
 しかし、ローコスト注文住宅では、人件費が削減することが予想されるため、職人さんの仕事のクオリティが落ちることが多いのです。
 
 

 いかがでしょうか。

ローコスト注文住宅は、結果的に、住宅の寿命を短くなりやすいのです。

そして、長期的に見れば、寿命が短くなると、コストはむしろ増えてしまいます。

正しい知識を身に付けて納得のいく注文住宅を依頼しましょう!

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ページ上部へ