ホーム家づくりブログお役立ちブログ安曇野市

安曇野市

注文住宅の価値を高めるのに必要なことって?|エコ・アイ工法、樹脂サッシ編

前回は、エコ・アイ工法によって期待される効果についてご紹介させていただきました。前提として、気密性の高い家づくりが必要であることもご紹介しました。今回は、その要となるの建材の一つ、樹脂サッシについて見てみましょう。
 
窓およびサッシは室内の熱量を左右する重要なパーツです。夏の熱い空気の7割は窓から入ってきており、反対に冬ではせっかく暖房などであたためた室内の空気の4割は窓から逃げてしまっています。あなたの家が暑い・寒いのは窓にも原因があると言えるでしょう。エコ・アイ工法では、樹脂でできたサッシを採用することで、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる住宅の実現が可能となります。これは、通常のアルミサッシと比較して2.5倍の価格がする高級品です。では、なぜ樹脂サッシを採用すべきなのでしょうか。それはアルミサッシと比べた時に圧倒的な断熱効果が期待できるからに他ありません。また、樹脂サッシは大変結露しにくいため、カビの発生を抑え、掃除の手間を減らすことができます。
 
いかがでしたでしょうか。単にサッシといっても住宅の断熱効果を考える上で大事なパーツとなっていることがご理解いただけたでしょうか。次回は、樹脂サッシと併用となるLow-Eガラスをご紹介します。
 
 
 
長野県安曇野で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の価値を高めるのに必要なことって?|住宅の基礎編

前回は、地盤の専門資格である地盤コンシェルジュについてお伝えしました。今回は、住宅の耐震性の高さを保つ「住宅の基礎」についてご紹介します。地盤と同じく基礎というのは見えないところで住宅を支えてくれています。それでは住宅の基礎について見てみましょう。
 
住宅の基礎とは簡略に説明すると、主にコンクリートで地盤と住宅の間を支えている部分を指します。つまり、基礎は住宅の重さを支えている部分のため、住宅を建設する際に手を抜けない部分といえるのです。住宅の基礎は主に2種類に分けられます。1つ目は、布基礎と呼ばれるもので基礎の各部分が独立した形になっています。2つ目は、ベタ基礎と呼ばれるもので基礎全体が一体化した形になっています。近年、主流になっているのはこのベタ基礎で、その理由として断熱性・気密性・地熱利用に優れている点があげられます。AIWA匠でもこのベタ基礎を採用しています。
 
いかがでしたでしょうか。基礎は大事な家・家族・財産を地震などの災害から守るために重要な役割を担っていることがご理解いただけたと思います。基礎は何事にも通じて大事ということですね。次回は、住宅の構造についてお伝えします。
 
長野県安曇野で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の価値を高めるのに必要なことって?|太陽光発電編

前回は無垢木材のあたたかさについてお伝えしました。今回はご家庭に太陽光発電を設置するメリットをお伝えします。みなさんの中にも「私の家にも太陽光発電って導入できるの?」「実は高いんじゃないの?」とお考えの方もいるかと思います。そのような方のために、今回は太陽光発電のメリットについてお話しさせていただきます。
 
太陽光発電は近年、一般家庭にも注目されてきています。太陽光発電は初期の設置費用が約150万と比較的高い商品です。ですが、同時に、初期投資を十分に回収できるほどのメリットが存在します。まず1番のメリットとしては電気代の削減があげられるでしょう。毎月の電気代が1万円ほどの家庭の場合は太陽光発電によって年間2万円ほど削減することができます。同時に、これは意外かもしれませんが太陽光発電パネルを設置した屋根は通常の屋根と比較し、高い断熱効果を得ることができるのです。このように他にも太陽光発電導入による住宅へのメリットは大きいということが感じられたでしょうか。
 
いかがでしたでしょうか?太陽光発電を導入することで、より環境に優しく、かつ快適に住めるようになります。メリット・デメリットをしっかり検討した上でぜひ検討して見てくださいね。次回は家事動線についてお伝えします。
 
長野県安曇野で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

失敗しないための工務店選びのポイントとは?その2強み編

こんにちは!

前回は、失敗しない工務店を選び方として、「その会社に理念やコンセプトはあるか」というポイントをお話しさせていただきました。こうした価格や知名度に表れない部分をご理解いただけていたら幸いです。

さて今回は、「その会社独自の強みがあるかどうか」という観点で工務店の選び方をお伝えいたします。ぜひ、工務店選びの参考にしてください!

 

 

■その工務店の強みとは?

やはり工務店のなかでも、それぞれの個性や特徴は異なり、各地域の工務店が得意分野や強みを持っているものです。

逆に、ウェブサイトやお店を訪れても、「ここのお店の得意なところはどこなんだろう…?」と感じてしまう工務店には注意が必要かもしれません。「何でもできます」という言葉は頼りがいがありますが、逆にどの分野にも強い専門性を持っていないという意味である可能性も秘めているということです。

 

お店を訪れた際や、担当者と話した際に、ぜひ「おたくの工務店の強みはなんですか?」と聞いてみてください。優良な工務店ならばすぐにいくつかの分野やこだわりを教えてくれるはずですよ。参考にしてみてください。

 

 

いかがでしょうか。この記事が工務店選びの際の一助になれば幸いです。

我々AIWA匠では、「太陽光発電」や「自然無垢材」にこだわって、住宅造りを進めています。気になった方はぜひ、一度お話を聞きにきてください!

 

長野県安曇野で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

お子様が喜ぶ、家族が喜ぶリフォームとは?その1

こんにちは!

マイホームをお持ちの方の中で、「もっと子供のために良い家に出来たらな」とお考えの方はいらっしゃるのではないでしょうか。子供というのは、1年も経てば、体も心もみるみる成長し、今までのゲームやおもちゃでは満足しなくなっていきます。お家も一緒で、1年、2年と年月が経つにつれて使い勝手や求めるものが全く変わってきます。

そこで、お子様にとって一番住みやすい家にするために、ぜひ考えていただきたいのが「リフォーム」という選択です。今回からは、様々な事例に合わせて考えられるリフォームをご紹介させていただきます!ぜひ、リフォームを検討する際の参考にしてください!

 

 

■弟、妹が新しい部屋を欲しがる…

小さい頃はまだよかったものの、大きくなって自我が芽生え始め、兄弟や姉妹で同じ部屋を共有するのは満足できなくなったというケースは良くお聞きします。一部屋では、お互いに気を遣ってしまいますし、喧嘩した時などは大変ですよね…。

そんな時に考えられる方法は2つです。一つは、「大胆なリフォームで仕切りを設け、一部屋を二部屋にしてしまう」という方法です。これは、ある程度の費用はかさみますが、お互いのパーソナルスペースが出来て、それぞれ勉強などに精が出ることでしょう。

もう一つは、「ベッドや本棚、カーテンなどでスペースを区切る」という方法です。こちらの場合、少しのカーテンレールの取り付けや、物の移動で出来る簡単なリフォームになります。しかし、音などは漏れてしまうので、完全なパーソナルスペースとはならないかもしれません。

 

 

いかがでしょうか。これら二つの方法のうち、どちらが自分の家族に合っているかをお考えの上、ぜひ一度リフォームのお見積りをAIWA匠にご依頼ください!

 

 

長野県安曇野で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

太陽光発電に潜むリスクと解決方法1

近年は屋根にソーラーパネルを乗せたお家もよく見かけるようになりましたね。
住宅向けの太陽光発電も一般的となり、環境問題への意識の高まりから太陽光を導入しようとお考えのご家庭も増えているのではないでしょうか。
 
太陽光発電は初期費用はかかるものの、自宅で使う電力を自給できるだけでなく余った電力を売ることで収益を得ることが可能です。
導入コストは10年程度で回収することが可能で、以降は収入源にすることができます。
 
しかし、それは太陽光発電が正常に稼働し続けた場合の話です。
太陽光発電は設備としては非常に丈夫な部類ですが、万が一に備えてリスク回避を行いましょう!
 
・太陽光発電は壊れにくい
太陽光発電のパネルは非常に丈夫です。ちょっとよそっとの衝撃で破損することは滅多にありません。
パネル自体の強度も然ることながら発電機器の劣化も少なく40年近く稼働し続けている例もあるほど。
しかし、台風や噴火などの自然災害による破損・汚損リスクが全くないわけではありません。
 
破損などが生じて修理している間には当然発電を行うことができません。また、修理費用もかかってしまいます。
こうなると当初予定していた資金計画も立ち行かなくなってしまうため、有事の際の保険やきちんとした強度を持っているかどうかの確認を行うことが大切です。
パネル自体は丈夫でも、設置した屋根の方が破損してしまうことはないか?修理中の売電保証はあるか?など予め確認しておくようにしましょう。
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

お家の印象を決定づける外観デザイン。おしゃれな外壁ってどんなもの?1

お家を建てる際に気になるのはやはりお家の内側のことですよね。
居心地のいい空間はこれから暮らす上で非常に重要なポイントのひとつです。
しかし玄関やリビング以上に他の人に見られ、お家の印象を決定づけるのはやはり外観ではないでしょうか。
外観が優れていればお家はより魅力的に映りますし、愛着も湧くというもの。
 
今回から数記事に渡って、魅力的なお家づくりのための外壁デザインについてご説明したいと思います。
 
・重要なのは外壁のデザイン
お家の外観で最も大部分を占めるのは外壁です。
近年は外壁のデザインに力を入れた住宅もよく見られるようになり、町中を歩いてみてもおしゃれなお家は簡単に見つかります。
 
外壁塗装で重要なポイントは配色です。
住宅の配色には「多くても3色」と言われるように、少ない色数で調和の取れた配色をすることが求められます。
 
また、「サイディング」と呼ばれる外壁の柄も有効なデザイン方法のひとつです。
木目やタイルなどの模様を外壁に刻むことでお家の表情が一気に変わり、個性も引き出しやすくなります。
 
次回以降はこれらのデザインについてより詳しくご説明します!
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
 

モデルハウス見学でのチェックすべきポイント 見学当日編その2

今回も前回に引き続き、モデルハウス見学における確認すべきポイントややるべきことをご紹介していきます。では、早速みていきましょう。

 

 

・置かれている家具は実際に触って、座って確認する

モデルハウスにはお客様がイメージしやすいように必ず家具が一通り配置されています。ただ歩いて見て回っているだけでは見学とは言えませんよね。遠慮なく椅子やベッド、キッチンなど実際に座って、触って、寝転んで、マイホームをイメージしながらモデルハウスを見学してください。

 

・近隣の情報を確認する

モデルハウス見学は何も家を見るだけではありません。分譲地の場合は近隣にどういった人が住んでいるのかを営業マンに確認しておくことをおすすめします。近隣に同世代の人が多い方が住みやすかったり、家族住みが多い方が付き合いもしやすかったりと好みは色々だと思います。近所付き合いは問題が多いので事前に回避できるように近隣にも注意を払いましょう。

 

・アンケートは必要な場合だけ記入すれば大丈夫

モデルハウス見学に行くとアンケートを受け取ると思います。見学後にもっと情報が欲しい場合やその住宅メーカーを気に入った場合にしっかりと記入すれば良いのです。あなたの希望にあったより良い情報を提供してくれるでしょう。一方で、そこまで気に入ってはいないけれどもう少し情報が欲しい場合には、連絡先だけ記入しても問題ありません。

 

 

いかがでしたか。

モデルハウス見学当日はたくさんチェックポイントがありましたね。しかし、今回ご紹介したのは最低限していただきたい内容です。より良い見学をしたい方は実際にモデルハウス見学に行かれた知り合いの方に聞くなどしてより知識を深めてください。次回は見学後のチェックポイントをご紹介します。

 

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

 

バリアフリーへ〜キッチン・座ったまま作業〜

キッチンは他の場所よりも比較的作業をすることが多い場所です。
そのため、しっかりバリアフリー対策を行っていないと、本来は楽しいはずの作業が苦痛となってしまう可能性もあります。
そこで、どのようなポイントに気をつければキッチンが快適に作業できるスペースとなるのかをご紹介しましょう。
 
たポイントはたくさんありますが、キッチンなどの長時間作業する場所だからこそ気を付けたいことがあります。
それは座って作業ができるスペースを確保することです。
例えば野菜の皮むきをする場合、絶対に立たなければ皮むきができないということはありません。
 
 
このように、座ったままできる作業というのは案外多いものです。
では座って作業をするためには、どのようなリフォームが必要なのでしょうか。
 
 
まず、座ったままでも使える高さにすることが大切であり、それに加えて足元にスペースがあるとなおよいでしょう。
なぜかというと、車椅子を使用したままでも作業することができるからです。
 
長い間作業をする際に無理をしてしまうとすぐ嫌になってしまいますよね。

キッチンをリフォームして楽しく作業しましょう。

 

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

バリアフリーへ〜階段・転落を防ぐ〜

階段のバリアフリー対策は、2種類に分けることができます。
1つめは前回もお話した、もしも転落してまった時に被害を最小限に抑えるリフォーム。
もう1つは、そもそも転落しにくい階段にするためのリフォームです。
今回は後者のバリアフリーへのリフォーム方法をご紹介します。
 
まず勾配ですが、これは普段実感する場面が多々あるかと思います。
急な階段と緩やかな階段では、明らかに緩やかな階段の方が登りやすいですよね。
そこで緩やかな勾配に加えて、段差を小さくし、踏み面は広い方がそうでない階段に比べて容易に登ることができます。
 
 
たまに、狭いビルなどの階段でとても急なうえ、段差も大きく踏み面が狭くて足がはみ出してしまうような階段を見かけますが、非常に登りにくいです。
足腰が弱っていなくても登り降りがとても怖く、緊張します。
そのような階段を自宅に取り付けてしまうと、毎日利用するものですので大変危険です。
 
 
さらに手すりもないとなると、危険が高まります。
手すりはできるだけ両サイドに取り付けましょう。
利き手が不自由になってしまった時にでも捕まることができるからです。
 

転落してしまわないよう、しっかり対策を行ってください。

 

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ページ上部へ