ホーム家づくりブログお役立ちブログ安曇野市

安曇野市

注文住宅の配線計画は失敗しやすい!?間取りで後悔しないためには

「スイッチやコンセントの位置が、使いにくい」
「長いテレビコードを使わないと、テレビが見られない」
など、注文住宅の配線計画を失敗してしまったと嘆く方は多くいらっしゃいます。
 
ほかにも、ダイニングにもテレビ配線が必要だったことが後でわかったり、ミキサー等を使いたいときに、キッチンのカウンターの近くにコンセントがなく不便だなと感じたりすることも少なくありません。
 
では、配線の計画をする際に、どのようなことを意識すべきだったのでしょうか。
 
・コンセントや照明スイッチの場所が非常に大切
 コンセントや照明スイッチの場所は、いかに快適な生活を過ごせるかどうかにとても影響します。
なので、コンセントやスイッチは、何のために、どのようなときに使用するものなのかを明確にする必要があります。
 
 例えば、掃除機をかける際、どのようなところにコンセントがあるとよいでしょうか。
おそらく、真ん中にひとつコンセントがあれば、一度に掃除機をかけることができるので、4隅にコンセントを配置するだけだと不十分だと言えます。
 
 また、帰宅したとき、部屋を明るくしたいときに、照明スイッチが、入り口ではなく奥の方に位置していた場合、スイッチを探すのに苦労すると考えられます。
これは、寝室にも言えることで、どこにスイッチがあると、ベッドから起きるときに便利かどうかを考える必要があります。
 

 いかがでしょうか。

コンセントや照明スイッチは、何のために、どのようなときに使用するのか明確にすると、後悔することがない配線計画をすることができます。

掃除機をかけるとき、帰宅したとき、どのような配置だと便利になるのかを考えましょう。

今回の記事が参考になれば幸いです。

 

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

ローコスト注文住宅のデメリットー断熱・気密編-

「ローコストで注文住宅を建てたいな」
「でも、ローコスト注文住宅って、デメリットあるのかな」
など、ローコスト注文住宅を建てるか建てないか迷っている方が多くいらっしゃいます。
 
実は、ローコスト注文住宅を建てると複数のデメリットが挙げられます。
そこで、今回から、ローコスト注文住宅のデメリットについてお話したいと思います。
 
・気密施工をしっかり行わなければ、寿命の短い住宅を建てることになる!
 断熱材というのは、その名の通り、熱を断つ材で、床、壁、天井、そして、屋根に沿って、断熱材が使われることで、室内の熱を外に逃がさない、また、室外からの影響(暑い、寒い風など)を防御する役目を担っています。
 
 気密は、隙間をなくすことで、室内の熱を外に逃がさない、また、室外からの影響を受けないようにするためのものです。
 
 そして、多くのローコスト注文住宅ではとても安価な断熱材として繊維系断熱材に属する「グラスウール」を使用しています。このグラスウールは、空気の断熱性能を利用して断熱している断熱材です。
 
ただ、壁体内結露により断熱性能は急激に落ち、グラスウールが木材を濡らすことがあるので、気密施工をしっかり行わなければなりません。
 
 しかし、ローコスト注文住宅では、人件費が削減することが予想されるため、職人さんの仕事のクオリティが落ちることが多いのです。
 
 

 いかがでしょうか。

ローコスト注文住宅は、結果的に、住宅の寿命を短くなりやすいのです。

そして、長期的に見れば、寿命が短くなると、コストはむしろ増えてしまいます。

正しい知識を身に付けて納得のいく注文住宅を依頼しましょう!

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

新築にお住いの方は要注意!シックハウス症候群について

夢のマイホームを購入して間もない皆さんの中には、最近体調が悪いという方がいらっしゃるのではないのでしょうか?
例えば、アレルギー症状や倦怠感、胃の不快感を感じてらっしゃる方は、ひょっとするとシックハウス症候群かもしれません。
 
シックハウス症候群とは?
シックハウス症候群とは、新築の住宅やリフォーム後の住宅に使われている防腐剤などの揮発性化学物質の吸引が原因で、体調の悪化や健康被害を引き起こしてしまう症状のことです。
具体的な症状としては、例えば、頭痛やのどの痛み、くしゃみ、嘔吐、めまいなどが挙げられ、いずれも辛いものばかりです。
 
シックハウス症候群の対策法
シックハウス症候群は上述の通り、住宅の化学物質の吸引が原因で発症しますので、根本的な解決の考え方として、そうした化学物質を体に取り込まないようにすることが重要です。具体的な解決策としては、窓を十分に開けて換気をしたり、なるべく高頻度で掃除をするのが有効です。
それでも症状が続く場合は、建築基準法を逸脱している可能性もございますので、専門家に相談するようにしましょう。
 
 
いかがでしたでしょうか?
新築物件に住み始めてから体調がおかしいと感じてらっしゃる方は、この記事を参考にし、必要であれば一度病院に行き、シックハウス症候群かどうかを確かめてみてください。

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅で子育てを支援してくれる機能を設ける!! 思春期を配慮して間取りを考えましょう。

思春期は誰もが通る道です。
一人に成りたい時間があったり、親に対して反抗的な態度をとってしまったりして、なかなか家族と接しづらい時期を皆さんも経験しましたよね。
注文住宅では、理想の設備を実現できる点に目を向けてしまいがちですが、それ以外にも強みがあります。
 
それは、リフォームを考えて家を建てられる点です。
家族の人生と合わせたリフォームをできるように、家を建てませんか。
 
今回は、お子様の思春期に配慮できる注文住宅の建て方をお伝えします。
 
・子供部屋は大きく設計する
2人以上のお子様を迎えられる場合、子供部屋は大きく設けておきましょう。
幼いころは大きくて家族と一緒に過ごせる部屋の方が、お子様も過ごしやすいですよね。
 
しかし、成長に連れて、その部屋が苦痛に感じてしまうことがあります。
その場合、その部屋に仕切りを設けて、部屋を分けてしまいましょう。
 
壁を壊したり、間取りを変更したりする必要がないため、比較的安い金額でリフォームができます。
少しの工夫で家にかかる費用が大きく変わる為、長い目で注文住宅の設備を考えていってください。
 
今回は、お子様の思春期に配慮できる注文住宅の建て方をご説明しました。

子供部屋を大きく設けて、お子様の人生に寄り添える家にしませんか。

 

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の失敗ポイントって?|生活環境編

こんにちは、AIWA匠です。
前回は、注文住宅から不要な設備をなくすにはどうすれば良いのかについてお話しさせていただきました。
今回は、生活環境についてご紹介します。それではみてみましょう。
 
今回は注文住宅そのものだけでなく、その周辺状況の失敗について考えてみましょう。
家には満足できたとしても、その生活環境に不安を持ってしまったら元も子もありません。
 
生活環境に関係する失敗としては、やはり家族としての問題があるでしょう。
お子さんをお持ちのご家庭はやはり周辺の学校などの情報もしっかり入手しておくべきです。
その他にも注文住宅を建てる予定の地域には、どのようなご近所づきあいが求められているのかもしっかりと把握しておきましょう。
 
例えば、近所の方と全く付き合いのない地域もありますし、掃除当番などの負担がある場合もあります。
どちらにせよ、事前に生活環境に関しては調べておくことで、生活環境にまつわる失敗を避けることができるようになるでしょう。
 
いかがでしたか。
家の内部だけではなく、周辺環境にも目を向けてみることで、今後の暮らしやすさが大きく変わってくることでしょう。次回は工務店選びについてご紹介します。
長野県安曇野で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の失敗ポイントって?|家の明るさ編

こんにちは、AIWA匠です。
前回は、注文住宅の間取りを決める際に、視点を意識することの重要性についてご紹介しました。
今回は、家の明るさに関する失敗についてお伝えしたいと思います。
 
せっかくの注文住宅なのですから、暗い家には住みたくないですよね。
注文住宅をお考えの際は、部屋の明るさを意識して、間取りなどを決めていくとよいでしょう。
家に十分な光を取り込めるかは、周囲の建物や窓にとって大きく左右されます。
 
他にも、季節や地域によって変化があることを想定する必要があるでしょう。
家の明るさの失敗例としては、家の出入り口である玄関に陽が入らず、ずっと暗いといった事例が挙げられます。
 
他にも、リビングのライトをこだわったのにも関わらず、リビングが南向けに設計されていたために、ライトを有効に使えないといった例も聞きます。
このような明るさの失敗を防ぐためにも、設計の段階で、家のどの部分から光が取り込まれるのかという点への意識が大事ではないでしょうか。
 
他にもどの時間帯に家にいることが多いのかといったライフスタイルによっても、調整の余地があります。
 
いかがでしたか。
やはり家に住む人が明るく暮らすためには、家の明るさにも目を向ける必要があるでしょう。
次回は、家の温度についてご紹介したいと思います。
長野県安曇野で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の失敗ポイントって?|モデルハウス編

こんにちは、AIWA匠です。
注文住宅をご検討のみなさんにとって心配ごとはつきませんよね。
おそらく一生に一度しか考える機会はないであろう、注文住宅。
 
そんな注文住宅を建てる時に失敗はしたくないもの。
これから15回に渡り、注文住宅の失敗ポイントをご紹介していきます。
 
ぜひこれから注文住宅を建てるのに参考にしてみてくださいね。
今回は、モデルハウスについてお話しします。
 
もし、みなさんが注文住宅をご検討の場合、まず最初にすることといえばモデルハウス訪問ではないでしょうか。
モデルハウスを参考に自分の注文住宅に生かしていきたいものですよね。
 
そんなモデルハウス訪問ですが、注意していただきたい点があります。
それは、モデルハウスは理想を追求したものであるという点です。
 
モデルハウスはその名の通り、みなさんが理想と感じるものばかりを詰め込んだ家です。
そのため、モデルハウスのような注文住宅を実現しようと思うとどうしても費用がかさんでしまいます。
モデルハウスを参考にするのはもちろん重要ですが、マイナスのイメージも合わせて持っておく必要があるのではないでしょうか。
 
 
いかがでしたか。
モデルハウスを訪問する際は、いいイメージばかり抱いてしまわないように注意しましょう。
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の価値を高めるのに必要なことって?|エコ・アイ工法、樹脂サッシ編

前回は、エコ・アイ工法によって期待される効果についてご紹介させていただきました。前提として、気密性の高い家づくりが必要であることもご紹介しました。今回は、その要となるの建材の一つ、樹脂サッシについて見てみましょう。
 
窓およびサッシは室内の熱量を左右する重要なパーツです。夏の熱い空気の7割は窓から入ってきており、反対に冬ではせっかく暖房などであたためた室内の空気の4割は窓から逃げてしまっています。あなたの家が暑い・寒いのは窓にも原因があると言えるでしょう。エコ・アイ工法では、樹脂でできたサッシを採用することで、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる住宅の実現が可能となります。これは、通常のアルミサッシと比較して2.5倍の価格がする高級品です。では、なぜ樹脂サッシを採用すべきなのでしょうか。それはアルミサッシと比べた時に圧倒的な断熱効果が期待できるからに他ありません。また、樹脂サッシは大変結露しにくいため、カビの発生を抑え、掃除の手間を減らすことができます。
 
いかがでしたでしょうか。単にサッシといっても住宅の断熱効果を考える上で大事なパーツとなっていることがご理解いただけたでしょうか。次回は、樹脂サッシと併用となるLow-Eガラスをご紹介します。
 
 
 
長野県安曇野で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の価値を高めるのに必要なことって?|住宅の基礎編

前回は、地盤の専門資格である地盤コンシェルジュについてお伝えしました。今回は、住宅の耐震性の高さを保つ「住宅の基礎」についてご紹介します。地盤と同じく基礎というのは見えないところで住宅を支えてくれています。それでは住宅の基礎について見てみましょう。
 
住宅の基礎とは簡略に説明すると、主にコンクリートで地盤と住宅の間を支えている部分を指します。つまり、基礎は住宅の重さを支えている部分のため、住宅を建設する際に手を抜けない部分といえるのです。住宅の基礎は主に2種類に分けられます。1つ目は、布基礎と呼ばれるもので基礎の各部分が独立した形になっています。2つ目は、ベタ基礎と呼ばれるもので基礎全体が一体化した形になっています。近年、主流になっているのはこのベタ基礎で、その理由として断熱性・気密性・地熱利用に優れている点があげられます。AIWA匠でもこのベタ基礎を採用しています。
 
いかがでしたでしょうか。基礎は大事な家・家族・財産を地震などの災害から守るために重要な役割を担っていることがご理解いただけたと思います。基礎は何事にも通じて大事ということですね。次回は、住宅の構造についてお伝えします。
 
長野県安曇野で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の価値を高めるのに必要なことって?|太陽光発電編

前回は無垢木材のあたたかさについてお伝えしました。今回はご家庭に太陽光発電を設置するメリットをお伝えします。みなさんの中にも「私の家にも太陽光発電って導入できるの?」「実は高いんじゃないの?」とお考えの方もいるかと思います。そのような方のために、今回は太陽光発電のメリットについてお話しさせていただきます。
 
太陽光発電は近年、一般家庭にも注目されてきています。太陽光発電は初期の設置費用が約150万と比較的高い商品です。ですが、同時に、初期投資を十分に回収できるほどのメリットが存在します。まず1番のメリットとしては電気代の削減があげられるでしょう。毎月の電気代が1万円ほどの家庭の場合は太陽光発電によって年間2万円ほど削減することができます。同時に、これは意外かもしれませんが太陽光発電パネルを設置した屋根は通常の屋根と比較し、高い断熱効果を得ることができるのです。このように他にも太陽光発電導入による住宅へのメリットは大きいということが感じられたでしょうか。
 
いかがでしたでしょうか?太陽光発電を導入することで、より環境に優しく、かつ快適に住めるようになります。メリット・デメリットをしっかり検討した上でぜひ検討して見てくださいね。次回は家事動線についてお伝えします。
 
長野県安曇野で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
ページ上部へ