ホーム家づくりブログお役立ちブログ安曇野市

安曇野市

松本市の住宅建築業者が解説|土地の購入に必要な気になる費用とは

土地や住宅の購入には、様々なお金が必要になります。
そういった費用の種類、手続きは難しく、またあまり経験することでもないので、完璧に理解されている方は多くはいらっしゃらないでしょう。
そこでこの記事では、土地の購入に際して生じる経費や手続きについてご紹介します。
 
□購入時にかかる費用
*不動産会社に払う費用
土地の購入には、不動産会社の仲介を通す場合と通さない場合があります。
前者では、その不動産会社へ仲介料を支払う必要があります。
その金額は一般的に、土地の価格の3%です。
 
この費用には、消費税も生じるため、実際にはもう少し高い金額になります。
仲介を通さないと、このお金を節約できます。
 
*登記費用
土地を購入するときは所有権が移るため、司法書士に依頼して申請して貰う必要があります。
これを登記と言い、このために必要な費用に司法書士への報酬と登録免許税という税金があります。
手数料は6万円から8万円が一般的です。
 
*測量費
どこからどこまでの土地をあなたが購入したのか、その境界をはっきりさせるためには、測量をして面積を測ることがあります。
この測量にも費用がかかり、土地家屋調査士に測量費を支払う必要があります。
 
それとは別に、表示登記申請に関わる費用もあります。
この測量費は、売り手が負担することも買い手が負担することもあります。
 
*手数料
土地や住宅の購入には様々な仕事の人が関わります。
そういった場面では手数料が発生しますよね。
その一例に、住宅ローンを利用する際の手数料などがあげられます。
 
□購入後にかかる費用
上記で購入時にかかる費用をご説明しましたが、土地を購入した後にも費用がかかります。
 
*整備費
いざ住宅を建てようと土地を購入しても、すぐには建設に取り掛かれないこともあります。
土地によっては水道、電気、ガスといったインフラ設備が整っていない場合があります。
もちろん、これらは購入前に確認できます。
 
土地が整っていないけれど、どうしてもその土地が気に入ったという場合は、これらの費用がかかることを覚悟しておきましょう。
土地の状態によりますが、100万円を超えることもあります。
 
*固定資産税
購入した翌年から毎年かかる費用に固定資産税があります。
台帳によって定められた土地の評価額に固定税率の1.4%を乗じた金額を毎年、自治体に納税する必要があります。
 
□おわりに
土地の購入には、いろんな種類のお金がかかります。
その中には、何に支払っている費用なのかがわかりづらい費用がありますよね。
今回ご紹介した内容を意識して必要な費用をしっかり整理、理解しておきましょう。
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

土地購入と新築建設でどのくらいのコストがかかる?松本市の業者が解説

「新築する際には、新しい土地に引っ越して何もかも新しくして生活を始めたいなあ。でも費用が高くなりそうで不安…」
このような悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もともと所有している土地に新築を建てるのではなく、土地も購入するとなるとやはりコストがかかってきてしまいます。
 
そこで今回は、土地購入と住宅の新築におけるコストに関してご説明します。
 
□土地の購入にかかるコスト
土地の購入といっても、土地そのもの以外にも様々な費用がかかってきます。
 
*土地の購入に必要なコストの種類
土地の購入に際しては様々なコストがかかってきます。
たとえば、所有権を移転する際には登記を行いますが、そこで司法書士に依頼する場合には報酬が10万円弱必要です。
また、不動産などの業者を仲介して購入する場合には仲介手数料が必要になります。
そして、ローンを利用して土地を購入するのであれば元金だけでなく利息分の支払いも考慮しておきたいですよね。
 
他にもインフラ整備の代金・測量費用・既存の住宅の取り壊し費用なども必要になります。
 
*土地の購入に際して必要な税金
土地の購入の際には、所有権移転に伴って発生する登録免許税・固定資産税の残り分・不動産所得税などの税金が必要になります。
また、購入にあたっては親族からの贈与があるかもしれませんが、金額が大きいと課税されることもあるので注意しましょう。
ちなみに土地に関しては消費物とみなされていないために消費税はかかりません。
 
*土地の購入全体でどのくらいの費用がかかるのか?
土地の購入にかかる費用の目安は200~500万円程であり、これは全体の費用のうちの5~10%ほどに該当します。
しかしながら、地域によって単価は大きく異なります。
土地の費用によって変動する諸費用もあるため、実際に購入する土地を決めるまでは費用は確定しないです。
 
□住宅新築のコスト
住宅を新築する際の費用は平均して約3300万円です。
これはあくまでも平均であり、都道府県別では2800~3500万円と大きな幅があります。
地域によっても料金は変わってきますので、あくまで参考にしたうえでどの程度の価格であれば購入可能なのかということを考えましょう。
 
□最後に
今回は、土地の購入および住宅の新築にどのくらいのコストがかかるのかということについてご紹介いたしました。
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の予算の決め方って?松本市の業者が解説

「注文住宅の予算でどう決めたらよいのだろう?」
既に価格が決まっている分譲住宅と違って注文住宅は希望次第で価格が変動します。
そのため、特に注文住宅を建てる場合は予算決めが大切となります。
 
今回は、注文住宅の予算を決める際に行う資金計画の重要性とその立て方についてご紹介いたします。
 
□資金計画の重要性
最近では住宅建築費用のほぼすべてを住宅ローンで支払うことも不可能ではありません。
しかし、十分な資金を持ち合わせていない状態で住宅という高額な買い物をすることは返済を考えるとリスクが非常に大きいです。
 
ただでさえ貯金が少ないのに、返済額をどのように賄っていくのかを考えずに契約してしまうと、その後の生活の困窮や最悪財産の差し押さえという結果につながるかもしれません。
資金計画であらかじめ自己資金や返済能力を把握して契約をすることが大切となります。
 
□資金計画の立て方
その資金計画ですが、主に五つの段階を踏んでいくことになります。
 
*現状の自己資金を把握する
最初に行うのは、現状いくら持ち合わせているかの把握です。
自己資金はもちろんですが、新築に伴う親族からの贈与あるいは国や自治体からの補助金も含めて考えましょう。
 
*注文住宅に必要なおおまかな費用を算出する
次に注文住宅に必要なおおまかな費用を算出しましょう。
注文住宅や土地の費用だけでなく、その課程での手続きの費用や税金、引っ越しと家具の新調にも費用がかかってきます。
 
*自己資金と必要な費用を比較する
最初に把握した自己資金と注文住宅を建てるのに必要な費用を比較してみましょう。
自己資金が多ければそれで問題ありませんが、そううまくはいかないことも多いです。
その時は次の段階である住宅ローンの検討に進みます。
 
*住宅ローンをいくら借りるのか、どのように返済していくのかを考える
住宅ローンには金利や返済方法の違いによって様々な種類があります。
生活が苦しくならないように確実に返済できるのはいくらなのかということから検討していきましょう。
 
*注文住宅のプランを再検討する
住宅ローンの借入額と自己資金を合わせた金額が注文住宅にかけられる費用の上限です。その金額で充分に実現できるプランであるのかを再検討しましょう。そこで考えて出した金額が最終的な予算ということになります。
 
□最後に
今回は、注文住宅における予算の決め方に関して資金計画を行うことがなぜ重要なのか、またどのような流れで行っていくのかについてご紹介いたしました。
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

プロが教える!失敗しない注文住宅業者の選び方

これから始まる新生活に向けて新しく家を購入しようと考えているがいらっしゃるでしょう。
憧れの注文住宅を建てようと考えている方も多いのではないでしょうか。
 
しかし、注文住宅の業者は世の中にはたくさんあって何を基準に選べば良いか分からないですよね。
人生最大の買い物ですから失敗はできません。
そして失敗しない為には最初の業者選びがカギです。
 
今回は皆さんに失敗しない注文住宅業者の選び方のポイントをお伝えします。
 
□信頼性を重視しよう
何と言っても「信頼性」のある業者でないと依頼できませんよね。
では何で信頼性を判断すればいいのでしょうか。
見るべき3つのポイントをご紹介します。
 
まず一つ目は「地元で安心な住宅を提供しているという実績があるかどうか」です。
ホームページなどを検索してもらえればどういった実績があるのかはすぐ分かるはずです。
逆にすぐに分からないようなホームページの業者はやめておいた方がいいです。
 
次に「建物に不備が見つかった場合の対処方法が明確化されているか」を見てください。
住宅の不備は業者の責任でもあるのでどのように責任を取るのかをはっきり書いてある業者は信頼度が高いと考えられます。
 
3つ目は「保証があるか」を確認してください。
信頼のある業者はシロアリの保証や地盤保障などを用意しています。
保障があるかどうかは見えにくい細かい部分なので見落としがちですが大事なポイントなので押さえておきましょう。
 
□スタッフを見てみよう
注文住宅業者スタッフがしっかりしているということは、会社がしっかりと教育しているということです。
例えば、ホームページのスタッフ紹介がしっかり書いてある、見積もりにきた際の態度や質問対応がしっかりしている、といった会社は良い注文住宅業者だと言えるでしょう。
 
また担当スタッフが頻繁に転勤しないかどうかも確認しましょう。
大切な家のことですから親身になって最初から最後まで見届ける、そんな担当をしてくれる業者を選びましょう。
 
□万が一を考えよう
もしも自分が選んだ業者が事業が低迷しているからと撤退を始めたら、もしもその業者が建築中に倒産してしまったとしたら建築途中の物件はどうなるのでしょうか。
こういった非常事態にも迅速に対応してくれる、工事が止まらない保証がある業者であれば万が一の場合にも安心ですよね。
 
注文住宅業者の選び方についてご紹介しました。
会社を信頼できるか、スタッフはきちんと対応してくれるか、万が一の保証はあるか、この3点をぜひ注文住宅業者選びの際は参考にしてください。
注文住宅のことで気になることがあればお気軽に「株式会社AIWA匠」にご相談ください。
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームで設置する太陽光発電に収益性はあるのか?松本市の注文住宅会社が解説

「太陽光パネルを住宅に設置しても、採算取れないのでは?」
「太陽光パネルの値段がすごく高いので、収益がほとんどないのでは?」
このように疑問に持っている方が多くいらっしゃるかと思います。
 
できるならば、太陽光パネルの導入コストを抑えて多くの電力を発電したいですよね。
太陽光パネルを設置したことがない方は本当に収益を取ることができるのか不安になるかと思います。
そこで今回は、太陽光パネルを設置して採算がとれるのかどうかを解説します。
 
□太陽光発電に収益性はあるのか
発電した電力の買い取り価格は、国が定めた「再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度」の適用を受けているため、20年間変わることがありません。
そのため、平均年利10%前後の高い収益を20年間継続的に生み出すのです。
 
さらに、株式や不動産投資のように価格が変動しないため、確実な収益確保が可能です。
導入コスト回収の見通しを立てて、資金計画を立てやすいですね。
 
□収益を高めるための方法とは
電力の買い取り価格は変わらないため、より多くの電力を発電することで収益を高めることができます。
 
株式会社AIWA匠では、太陽光パネルを綺麗に敷き詰めるアンダールーフ工法を採用したマルチエネヤネを使用しています。
純度の高いシリコンを太陽光パネルに使うと劣化率が低くなりますが、当社では、太陽光パネルには超高純度パネルを採用しているので、劣化率を20年間で4%と少なく寿命が長いのです。
 
さらに、変換効率が高い太陽光パネルを使用することで、小さな面積でより多くの電力を得ることができます。
 
□太陽光パネルを設置するメリット
*維持管理の手間がかからない
太陽光パネルを設置するだけで電力を出力して売ることができるので、余計な手間がかかりません。
もし設備に不具合が生じても、すぐに修理・復旧の対応をしてもらえるので、不具合によるロスを最小限に抑えることができます。
 
*日当たりがよければどこでも発電できる
太陽光を確実に確保できる場所であれば、どこでも発電することができます。
さらに、その土地の評価額が低ければその分初期投資も早くに回収することができるため、より効果的に収益を上げることができます。
 
以上、太陽光パネルを設置して採算がとれるのかどうかというお話でした。
太陽光パネルについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ一度株式会社AIWA匠までご連絡ください。
電話だけでなく、メールでのご相談も承っております。
 
長野安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

家づくりで考えてきたい家事動線、工務店がキッチンを例に解説します

工務店が家づくりで考える重要なポイントの一つが、お母さんの家事の負担を軽くするための家事動線を考えることです。
共働きが増えてきた現在では、家事にかける時間が限られてくるため、できるだけ効率的に動いて家事が楽になるようにする必要があります。
 
家事動線を効率的にするためのアイデアの一つが、お母さんが居ることが多いキッチンを起点にして、数歩で他の家事も済ませられるような設計です。
キッチンからの移動距離が短くなれば、身体の負担も軽くなり時間も大幅に短縮されるからです。
 
特に家事の中でも移動距離が多く大変なのが洗濯ですが、キッチンから洗濯する場所までの距離を短くして移動時間を短縮し、洗濯から物干し・乾燥までを同じ場所で行えるようになると負担が軽くなります。
洗濯物は物干しの場所から近く、子供達がお手伝いしやすいように収納を考えることも重要です。
 
また、洗濯物がリビングから見えないことも大切なポイントです。
リビングから見えてしまうと来客時に移動させなければならず、余計な負担がかかるからです。
 
キッチンを起点にして他の家事を行う場所との移動距離を短くする設計をするだけで、お母さんの家事にかかる時間が短縮され、その分家族との時間を取ることができるので特におすすめです。
また、家事の負担が減ることでストレスも減り、共働きのお母さんも快適に家事を行えるようになるでしょう。
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

風呂のリフォームにおいて押さえておきたいポイントは?

リフォームを行うときに多くの方が行うのがお風呂のリフォームです。
最近ではヒートショックという急に寒いところに行くと心臓にあまり良くないとのことから、浴室暖房乾燥機を付けるのが今の流行りといえます。
リフォームはかなりのお金がかかるものなので、後悔しないためにもしっかりとポイントを確認しておきましょう。
 
まず重要となるのが、どのようなタイプにするのかです。
お風呂のリフォームには大きく分けると2つのタイプがあります。在来浴室とシステムバス、この2つです。
 
在来浴室は浴室の形に合わせてタイルを貼り合わせていくものになります。
逆にシステムバスは大きさが決まっている既成品を浴室に入れていく形となっています。
 
前者は自分の好きなようにすることが出来るのが大きなメリットですが、工期が長くなります。
後者はなんでも自由に出来るというわけではありませんが、工期が短くなるのが大きな特徴です。
最近では色々なデザインのものが発売されていることから、こちらを選ぶ人が圧倒的に多いと言えます。
 
次に、どのような感じにしたいのかリストにまとめておきましょう。
特に重要となるのがどの年代の方を中心に考えるのかです。
家族の中に高齢者の方がいる場合は、バリアフリーの観点でリフォームを行わなければならないので注意しましょう。
 
この2つのポイントは必ず確認するようにしてください。

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

リフォームをする際に押さえておきたい、間取りの考え方

一戸建てなどの持ち家をリフォームしようと考える場合には、いくつかの事情や時期などがあるものではないでしょうか。
中古で購入した物件を自分たちの生活のコンセプトに合わせて変更するとき、新築のマイホームが古くなってしまったとき、居住する家族の人数に変更があったときなどさまざまです。
 
さて、そのようないろいろな事柄でリフォームをする場合には、ただ単に古くなった住まいの設備を新しくするだけではなく間取りに注意することも大切です。
 
たとえばたくさんの家族が住んでいた頃には、ひとつひとつの部屋が狭くても個室の重要性は欠かせませんでした。
ところが、子どもたちが独立するなどマイホームで寝起きする家族が減ってしまえば、小さな部屋をひとつにまとめて広い部屋にすると開放感が得られるのです。
 
また逆に家族が増えたのであれば、広い部屋を何らかの方法で仕切って使いやすくする考え方もあります。
 
このように長くマイホームに住み続けるのであれば、何度か間取りの変更が出来るような柔軟な住まいにリフォームしてみてはいかがでしょう。
そのときどきで必要となる家のかたちも大きく変化がありますから、リフォームを考え始めたら専門家に相談することも必要かもしれません。
 
専門家は一般の方が思いつかないようなことで、コンセプトを形にしてくれることがあるのです。
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

工務店で家を建てる!坪単価はどのくらい?

一軒家には、完成した新築分譲と土地をセットで購入する建売住宅と、工務店などに設計から依頼して建てる注文住宅があります。
 
すでに所有している土地に家を建てる場合は注文住宅になり、建売住宅に比べて住人の希望が取り入れやすく、外観のデザインも選べることから量産型ではないオンリーワンの住宅が建てられるため人気です。
 
建売住宅に比べて工務店などに支払う費用がかさむ注文住宅は、住宅の床面積1坪当たり建築費がいくらかかるかという坪単価で費用を計算します。坪単価は地価により変動することもあり、郊外よりも都心部の方が高額になりがちです。
 
一般的に高齢の夫婦2人暮らしなら坪単価30万円の住宅でも謙遜は無く、夫婦に子供2人の二世帯なら坪単価50万円から70万円台で平均的な一軒家が建てられます。
 
工務店にもよりますが、お風呂場やキッチンなど水回りの設備を良くすると施工費が高くなる傾向にあり、手すりや車椅子用の玄関のスロープなどは、バリアフリー改修工事として自治体の補助金の枠内におさめるため安価です。
 
自治体によってはバリアフリー改修工事の他に床暖房や二重窓、太陽光発電など省エネルギーにつながる工事には助成金を出していることがあり、単純に坪単価だけで施工費は計れません。
助成金の決まりに詳しい工務店に依頼して家を建てるのも、施工費を節約できるコツです。
 
安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

インスタ映えしそう!おしゃれな注文住宅をご紹介します

近年では、収納がたっぷりで暮らしやすい家に住みたいと願っている人々が多くなっています。
 
家族の人数や年齢、生活スタイルに合わせて最適の間取りを提案してくれるのが、注文住宅です。
 
建築技術を身に付けた一級建築士と地元に根ざした職人たちが連携して作業を進める独自の顔の見えるリフォームが、大きな安心感を得られると喜ばれています。
 
お客様との打ち合わせは、誠実でコミュニケーション能力の高いスタッフが率先して丁寧に行うため、頼りになる味方として高い評価を集めているのです。
 
さらに、耐震改修工事の優良評価を表彰されるほど安定した専門業者です。
 
デザインは希望通りのデザインやカラーを用意していますので、お洒落で洗練された仕上がりを叶える注文住宅といえます。
 
開放的な広い玄関はインスタ映えにも大いに役立ちますし、ガーデニングが趣味の家庭には緻密に計算された美しい庭を作り上げているのです。
 
出来栄えは非常に個性的でオリジナリティ溢れる家を提案しています。
 
このように、心から満足できる注文住宅を建てるなら、地元に密着した実績豊かな職人と細やかな気配りが魅力の営業が全力でバックアップしている専門業者を選ぶと、より後悔のない素敵な家を得ることができるのです。
 
口コミによる評判は高く、なんでも気軽に相談できて頼りになると熱烈な人気を誇っています。
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
ページ上部へ