ホーム家づくりブログお役立ちブログ

お役立ちブログ

松本市のプロが解説|土地のローンの組み方を解説します

「注文住宅に向けて土地を購入したい。」
「土地を購入するときにもローンは組めるの?組み方を知りたい。」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
注文住宅のように、先に土地を購入してから家を建てる方も多いですよね。
土地の購入も人生の中で最も大きな買い物の中の1つです。
そのため、ほとんどの方は、自己資金だけでは購入できないため、ローンを組むことになります。
しかし、住宅ローンはよく聞きますが、土地のローンについてはほとんど知らないですよね。
そこで今回は、土地を購入するときのローンの組み方についてご紹介します。
 
 
□土地のローンの組み方
 
土地を購入する方の中には、駐車場経営や不動産投資目的の方もいますが、今回は注文住宅の場合としてご紹介します。
土地の購入には、住宅ローンは使えません。
住宅ローンとは、完成した住宅を抵当に入れて融資を受けることなので、抵当に入れられる建物がない土地購入では住宅ローンを組めません。
そのため、専用のローンを組む必要があります。
 
*土地先行融資
 
土地先行融資とは、土地を購入した後に家を建てることを前提にしてお金を借りる融資です。
先に土地分だけ融資してもらい、家が完成してから家の分の融資を追加で受けられます。
 
*つなぎ融資
 
つなぎ融資は、住宅ローンの融資を受けるまでの間に一時的に融資を受けて、住宅ローンまでつなぐことです。
つなぎ融資と住宅ローンを組む金融機関は同一にしておくと手続き等が簡単です。
 
□土地ローンの組み方の注意点
 
一般の住宅ローンとは異なるので、注意しなくてはいけないことがあります。
 
*家の計画
土地購入のローンは、家のプランが具体的でないと融資を受けられないことがほとんどです。
そのため、家のプランがない状態だと金融機関から融資を断られる可能性があります。
都銀か地方銀行か、支店によって異なるので、いろいろな金融機関を確かめましょう。
 
*自己資金の使い道
 
土地を購入した後に、住宅の購入も控えているので、自己資金の配分の仕方が難しいですよね。
土地のローンは、住宅ローンよりも金利が高く設定されています。
そのため、自己資金があるならば、後からの負担を減らすために土地代にまわすのがおすすめです。
 
*土地の名義
 
土地を購入してから家を購入するまでに期間が空きすぎて、土地と家の名義が異なる場合に住宅ローン控除が受けられなくなる可能性があります。
 
□まとめ
今回は、土地購入のローンの組み方と注意点についてご紹介しました。
普通の住宅ローンとは組み方が違ってくるので、金融機関によく相談しましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市のプロが解説|土地の購入費用はいくらが相場?

「土地を購入したいが、どのくらい費用がかかるのか知りたい」
「土地を購入するにはどのような手続きが必要なのか分からない」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
土地や住宅の購入は、人生でも最も大きな買い物の1つです。
たいていの方にとっては初めての経験なので、手続きのやり方や、かかる諸費用など分からないことだらけですよね。
そこで今回は、土地購入の手続きと必要な費用についてご紹介します。
 
□購入にかかる諸費用
 
費用は、購入の手数料や税金、購入後の整備費用等があります。
これらを合わせると、一般的には土地の価格の5%から10%ほどです。
 
*仲介手数料
 
土地の購入は不動産会社に売主と交渉してもらう場合がほとんどです。
その場合、所有者と仲介してもらうときの費用がかかります。
不動産会社が元から所有している土地を購入するときにはかかりません。
 
*登記費用
 
土地を購入すると、元の所有者から所有権を移す必要があります。
登記の移転は司法書士に依頼することが多いです。
司法書士に依頼するための費用と、登記免許税がかかります。
 
*測量費、表示登記費
 
購入する土地の面積をきちんと測るための費用です。
測った後には面積を申請するための表示登記申請費用がかかります。
 
*ローン手数料、印紙代
 
ほとんどの方は、ローンを組んで土地を購入します。
ローンの手数料と抵当権設定の費用、契約書に張り付けるための印紙代もかかります。
 
*固定資産税
元の所有者から所有権を移転する時点での税金を支払う必要があります。
 
*不動産取得税
土地や建物のような不動産を取得するときには不動産取得税がかかります。
 
*インフラ
 
元からインフラが整備されている土地とされていない土地では価格が異なります。
上下水道、ガスの整備の費用がかかります。
 
条件によっては、これら以外にも費用はかかる場合があるので、資金計画は慎重に立てるのが大切です。
 
□土地の購入の手続き
 
購入には、3つの段階があります。
 
*買い付け
 
購入の意思があるということを売主に正式に伝えるのが、買い付けです。
買い付けまでに建築設備や販売図面のような細かい点も確認しましょう。
 
*契約
 
登記や土地の境界等のトラブルがなければ契約を結びます。
 
*引き渡し
 
引き渡しが完了してしまうと、契約を解除するときにはお金がかかります。
きちんと問題がないかを確認しましょう。
所有権を移転するときの手続きは基本的に司法書士に依頼します。
 
 
□まとめ
 
今回は、土地購入の簡単な流れと必要な費用についてご紹介しました。
詳しいことは、不動産会社や不動産仲介業者、金融機関に相談してみることをおすすめします。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の建設を考えている方へ|住宅業者の選び方をご紹介

「注文住宅を建てたいけど、業者の種類が多すぎて分からない。」
「どのような業者を選べばよいか知りたい」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
住宅の購入は人生でも一番大きな買い物になる方が多いです。
その分、業者選びも慎重に行って素敵な住宅を建てたいですよね。
そこで今回は、注文住宅業者の種類と選び方のコツをご紹介します。
 
□業者の種類
注文住宅を扱っている業者にはいくつか種類があり、それぞれの特徴があります。
自分たちの希望に沿った業者を選択しましょう。
 
*ハウスメーカー
様々なデータを活用して、安定した品質の住宅を建てられます。
アフターサービスや保証も充実しています。
 
*工務店
その地域に密着して営業しているため、融通が利きやすいのがメリットです。
地域の気候等の特徴に合わせた注文住宅を建設するのが得意です。
費用も安く済むことが多いです。
 
*設計事務所
自分の希望を活かした個性的な家づくりをしたい方におすすめです。
建築家が設計して、工務店に施工を依頼します。
 
□業者の選び方のコツ
 
*相見積もり
住宅業者を選ぶときは、複数の業者を比較検討する必要があります。
1つだけでは、適正な価格なのか分からなかったり、よりよい条件があるところに気が付かなかったりする可能性が高いです。
また、比較することで新しいアイディアも浮かびます。
自分の希望の最もあった業者を選ぶためにも相見積もりをしましょう。
 
*担当者
家づくりは担当者との相性も大切です。
自分の希望をきちんと伝えるためには、担当者と良い関係を築かなくてはいけません。
担当者の変更を言い出しにくかったら、業者の変更も検討しましょう。
 
*実績
「デザインにこだわりたい。」
「耐震性や耐久性を重要視したい。」
注文住宅を購入する方の中には、このように自分の希望をお持ちの方もいらっしゃいます。
最近では、省エネにもこだわる方も多いです。
業者には、それぞれ得意分野があります。
自分の理想の家を建てるためには、自分の要望と似ている住宅を建てた実績がある業者に依頼するのが安心です。
 
*口コミ
口コミも、注文住宅業者選びにおいて大切な役割を果たします。
実際の利用者の声を見て、評判を確認しましょう。
 
□まとめ
今回は、注文住宅業者の選び方のコツ、ポイントについてご紹介しました。
満足のいく住まいにするためにも、業者選びは重要です。
ご紹介したポイントやコツを参考にして、業者選びをしてくださいね。
皆さんの中で、松本市、塩尻市、安曇野市で注文住宅をお探しの方は、ぜひ株式会社AIWA匠にご相談下さい。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅のプロが解説|マイホームはいつ建てる?

「親の家がゴミ屋敷になっているので、どうにかして片付けをしたい。」
「どこから手をつけたらよいか分からない。」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
歳をとってくると片付けがしんどくなってモノを放置しがちです。
そうすると、モノがたまってしまいまともな生活が送れなくなります。
そうなる前に、自分で片づけるか、どこかに依頼して暮らしやすい環境にすることが必要です。
しかし、最近では実家と離れて暮らしてる方も多いですので、片付けに毎回行くのは大変です。
そこで今回は、不用品回収業者にゴミ屋敷の片付け依頼をするメリットについてご紹介します。
 
□ゴミ屋敷の片付けを依頼するメリット
ゴミ屋敷は、衛生的にもよくありませんし、まともな生活を送れなくなります。
また、モノがあふれた室内だと、転倒やモノの落下の危険性もあります。
そのため、なるべく速やかに片付けに取り掛かりましょう。
 
*作業が楽
自分たちで一からゴミ屋敷を片付けるのは、かなり手間暇がかかります。
重いものを運ぶのも大変ですよね。
業者はプロなので、今までの経験を活かして速やかに対応してくれます。
また、大量に出てくる不用品、粗大ごみは自分で処分するのにも時間がかかります。
自治体に回収してもらうことはできますが、日にち、時間が指定されているため、都合が合わないと処分できません。
業者の場合は、自分の都合に合わせて日時を決定できます。
早いところでは即日対応が可能です。
 
*家電の処分
現在は、様々な規制があり、製品にあった処分の方法を取らなくてはいけません。
例えば、冷蔵庫、エアコン、テレビは家電リサイクル法、パソコンは資源有効利用促進法によって定められています。
これらの処分方法をそれぞれ調べて、処分するのも大変です。
業者に依頼すると、全てをまとめて回収してくれるので手間が省けます。
 
□業者選びのポイント
業者選びには、注意した方が良いポイントがあります。
 
*無料見積もり
ほとんどの業者では見積もりを無料でしています。
見積もりをしたからと言って、必ず契約しなくてはいけないわけではありません。
複数の業者で相見積もりを出して、条件の良い業者を探しましょう。
 
*口コミ
口コミ等で評判を見てから申し込みましょう。
 
*保険
作業中に何らかの事故で、業者が家を傷つけてしまうことがあります。
優良な業者ならば賠償保険に加入しているので、きちんと補償してくれます。
見積もりの際に、保険の有無を確認しましょう。
 
□まとめ
今回は、ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼するメリットについてご紹介しました。
大阪で優良業者をお探しの方は当社までご相談ください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

古民家をリフォーム、リノベーションするためのコツは?

「古民家を所有しているけれど、今のままでは暮らしづらい。」
「古民家はどのようなリフォームやリノベーションをすれば良いのか分からない。」
このような方はいらっしゃいませんか?
古民家は、見た目にも情緒があり日本の伝統的な家です。
上手にリノベーションできれば、日本らしいおしゃれな家で暮らすことができます。
そこで今回は、古民家を再生・再建するのに必要なリノベーション、リフォームについてご紹介します。
 
□古民家のメリット、デメリット
 
先ほどもご紹介したように、古民家ならではのメリットとデメリットがあります。
これらのメリットとデメリットを理解したら、どのようなリノベーションをしたらよいか想像しやすくなります。
 
*メリット
 
・昔ながらの雰囲気
 
現代の家では感じられない雰囲気があるのが古民家の魅力です。
木や漆喰のような自然素材が使用されているので、自然の温かみも感じることができます。
 
・健康に良い
 
現代の住宅では、化学物質に反応してアレルギー反応やシックハウス症候群を引き起こす恐れがあります。
古民家だと自然にあるものが材料の中心なので、化学物質による健康被害は起きにくいです。
 
*デメリット
 
・寒い
 
古民家は、夏は涼しくて良いのですが、断熱材と気密性に難点があるので冬はとても寒くなります。
冷暖房の効きも悪いです。
 
・虫
 
古民家には虫が発生しやすいです。
トイレが水洗トイレでないと、そこからハエが発生しやすくなります。
 
・メンテナンス
 
リフォームやリノベーションを一度しても、ずっと快適に暮らせるわけではありません。
定期的なメンテナンスに気を配りましょう。
 
□古民家を再生するためのリノベーション
 
先ほど紹介したメリットは活かして、デメリットは改善できるようなリノベーションが求められます。
 
*断熱性、気密性
 
壁や柱、外壁等を取り替えて、断熱性と気密性を確保します。
暮らしやすさには、快適な室温、湿度が大きく関わってきます。
冷暖房の効きも良くなることで、光熱費も抑えられます。
 
*耐震性
 
基礎の状態からリノベーションすれば、耐震性も現代の基準のものになります。
日本は地震が多い国なので、耐震性が確保できていることは重要です。
 
*水周り
 
古民家の給排水管は古い状態なので、リノベーションしないと水漏れの被害があります。
トイレや浴室もきちんとリノベーションするのがおすすめです。
 
これらの箇所を、古民家の雰囲気を残したままリノベーションすることで、おしゃれなカフェのような住まいが実現できます。
 
□まとめ
 
今回は、古民家に必要なリノベーションやリフォームについてご紹介しました。
家族構成やライフスタイルに合わせてリノベーションして、日本の伝統的な温かみのある住居にしてくださいね。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

太陽光発電のリフォームが収益を取れるか、松本市の方知っていますか?

「太陽光発電」という言葉、よく耳にしませんか。
一軒家の屋根に設置し、環境面やコストパフォーマンス面でもメリットが多いと言われています。
しかし、このような話を一度は聞いたことがあっても、本当に利益があるのか疑ってしまいますよね。
そこで今回は、太陽光パネルを住宅に設置することで、本当に採算がとれるのかを確かめていこうと思います。
 
□パネルによって利益が変わる
太陽光パネルと一概に言っても、その種類は複数あります。
種類によって異なるのはパネルの「劣化率」です。
ソーラーパネルに用いられるシリコンが高純度であるほど劣化率が低くなります。
一般的に使われている太陽光発電パネルのシリコンは、純度「99.9999%」です。
これが、SIソーラーパネル「SI-PRO」のシリコンになると、純度が「99.9999999%
」になります。
この超高純度パネルを使用した発電パネルは劣化が遅くなります。
長寿命でたくさんの太陽エネルギーを吸収してくれます。
 
□シリコンの重要性
先ほども言いましたように、発電量を下げてしまう要因はパネルの劣化です。
そこでおすすめしたいのが、「バージンポリシリコン」です。
高純度なシリコンで、一般的なスクラップシリコンより長寿命であることがわかっています。
この高性能のポリシリコンを材料にすることが、しっかりと太陽光発電パネルによる収益を上げることに直結します。
 
□上質なパネルで変換効率を上げる
パネル1枚あたり270W級の発電効率があるものは、同じ面積で設置しても、一般的なソーラーパネルより大きな出力を得ることが出来ます。
当社が用いる太陽光パネルは高品質・高性能です。
世界有数のもので、最先端の工場で製造されています。
さらに、厳しい耐久性試験を乗り越えた商品だけを使っています。
売電収入が高くなれば大きな利益につながります。
パネルの劣化や商品が低品質であることがきっかけでせっかく太陽光パネルを設置したのに採算が取れなくては仕方ありません。
たとえ小さな屋根だとしても、一枚一枚のパネルが高い売電収入をもつならば、価値のある設置だと言えるでしょう。
 
□まとめ
ここまで、太陽光パネルを住宅に設置することで、本当に採算がとれるのかを確かめました。
太陽光パネル自体の品質によって利益が出るか、逆に損をしてしまうか、左右されることが分かったと思います。
当社にお任せすれば、高品質の太陽光発電パネルを設置し、利益を出すことが可能です。
環境にやさしく、ご家庭も潤う、最高のリフォームだと思いませんか。
太陽光パネル設置に関して、気になることが少しでもございましたら気軽にご相談ください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市のリフォームのプロが解説|長期優良住宅とは

「古くなってきたので、まとめて家具・家電の買い替えをしたい。」
「不用品のリサイクルの方法が分からない。」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
買い替えや引越しのタイミングでは、どうしても不用品が出てしまいます。
処分の際には、なるべくリサイクルをして誰かに使ってもらいたいですよね。
しかし、不用品にも使用の状態や、製品によってリサイクルできない基準があります。
そこで今回は、不用品をリサイクルする基準や方法についてご紹介します。
 
□リサイクルできる基準
全ての製品がリサイクルできるわけではありません。
使用状態や、製造から何年以内か、のような基準が製品ごとに異なります。
 
*洗濯機
洗濯機は、製造から10年以内のものであることが1つの基準です。
さらに、ベランダ等の外に置いているか、部屋の中で使用していたかどうかでも使用状態に大きく差が出ます。
外で使用していた洗濯機は、雨風にさらされているためリサイクルできないケースが多いです。
また、リサイクルされた洗濯機の需要は主に一人暮らしの方に多いので、大きなタイプよりも単身用の方が引き取ってもらいやすいです。
 
*冷蔵庫
ほとんどの電化製品に当てはまりますが、有名でない海外メーカーの製品はリサイクルでも引き取ってもらえないことが多いです。
パナソニック、シャープ、三菱のようにブランド物で、140L程度の冷蔵庫は人気があります。
 
*テレビ
テレビは最近では、新品でも2万円ほどの安い製品が売られています。
そのため、リサイクルされたテレビの需要は高くありません。
製造から8年が経過したテレビは、値段がつくことはほとんどありません。
また、性能、機種によっても大きく差が出ます。
 
*エアコン
エアコンは、引き取ってもらいやすい季節が決まっています。
6月の後半からエアコンの販売が盛んになります。
そのため、6月後半のエアコン商戦に備えて業者は、4月ごろに買い取りの強化を行います。
 
□リサイクルの方法
 
*リサイクル業者
リサイクルショップのような、不用品をリサイクルする業者が増えています。
複数の業者で見積もりをだしてもらって、その中から納得のいく業者を選びましょう。
持ち込みができない製品は、出張見積もりを依頼することになりますが、有料のところもあるので注意しましょう。
 
*不用品回収業者
「不用品回収業者なのにリサイクルできるの?」
実は、不用品回収業者にはリサイクル業者にはない強みがあります。
リサイクルショップの場合、家からの搬出が大変な場合は、そもそも引き取れないことが多いです。
不用品回収業者は、回収のプロなので二階でも、階段でも知識と経験を活かして搬出できるため、引き取りが可能で買い取ってもらえることが多いです。
もし、リサイクルができなくてもそのまま回収も依頼できるので、まずは見積もりを依頼しましょう。
 
□まとめ
今回は、不用品をリサイクルできる基準、方法についてご紹介しました。
もし、大阪で不用品回収業者をお探しの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当社にご相談ください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅業者が解説|今大注目のZEHとは?メリットをご紹介

「注文住宅の購入を検討している。」
「ZEHという住宅があると聞いたが、実際にどのようなメリットがあるのか知りたい。」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
最近では、住宅を購入する際に、環境への配慮にこだわる方が増えています。
そのような方におすすめなのが、ZEHです。
しかし、実際にどのような特徴があるのか知らない方がほとんどです。
そこで今回は、ZEHがどのような住宅なのか、どんなメリットがあるのかをご紹介します。
 
□ZEHとは
 
ZEHとは略称で、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの頭文字をとってZEHと呼ばれています。
ZEHはエネルギーの節約と、自立を両立していることがポイントです。
高断熱化や高気密性、設備の効率化、日差しの遮断のような工夫によって20%以上の省エネを満たしています。
これらの工夫によって、1年を通して室内の温度、湿度を一定に保ち、空調に余計なエネルギーが使用されるのを防ぎます。
また、エネルギーを使用するときでも、空調、換気、照明、給湯の省エネ設備が活躍します。
さらに、太陽光発電のように自力でエネルギーを作り出しています。
年間を通して作り出せれたエネルギーのみで賄うことが可能です。
 
□ZEHのメリット
 
ZEHの特徴についてご紹介しましたが、実際に暮らすうえでどのようなメリットがあるのでしょうか?
 
*快適さ
 
お家は、リラックスのできる快適な空間であってほしいですよね。
実は、快適さには室温と湿度による体感温度が大きく関わっています。
ZEHは、高断熱化や高気密化によって夏は涼しく、冬は暖かく、1年を通して一定の室温、湿度を保ちます。
そのため一般の住宅よりも快適に暮らすことができます。
 
*健康
 
「クーラーをつけすぎて体調を崩してしまった」
このような経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
ZEHでは、室内が快適な温度、湿度で保たれるので、クーラーをつけすぎる心配がありません。
また、急激な温度変化によるヒートショックも起きにくいので、お年寄りの方も安心です。
 
*補助金、減税
 
国は現在、環境に配慮した家づくりを推奨しています。
そのため、ZEHを建てるにあたって補助金が受け取れたり、税金の面で優遇されたりします。
不動産会社に事前にきちんと確認しましょう。
 
*災害時
 
ZEHはエネルギーを自ら作っています。
そのため、災害が起こっても家で使用するエネルギーを確保できます。
日本は自然災害の多い国です。
地震等の災害で停電が起きたときでも、エネルギーが使用できるのは大きなメリットです。
 
□まとめ
 
今回は、ZEHとはどのような住宅なのか、どのようなメリットがあるのかについてご紹介しました。
住宅を建てるときは、間取りのような分かりやすい箇所だけを考えがちですが、家族の健康と環境への配慮も重要です。
ぜひ、ZEHを検討してみてくださいね。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

松本市で土地を探すなら、探し方と流れを知っておこう

「土地を探している。」
「どのようなステップで土地を探すべき?」
「おすすめの土地の探し方を知りたい。」
 
このように、土地の探し方についてお困りの方はいらっしゃいませんか?
そこで今回は「土地の探し方」についてご紹介します。
 
 
 

□土地探しの流れを知ろう

 
まずは土地の探し方のステップを知り、どのような行動をしたらいいのかを把握しましょう。
大きく分けて4つのステップがあるので、詳しく見ていきましょう。
 
 

*1.理想の生活のイメージを固める

まずは、どのような生活にしたいのかを考えることが大切です。
子供は何人欲しいのか、共働きで仕事をするのか、などのご家族の生活をしっかりとイメージし、妥協せずに考え抜きましょう。
 
 

*2.住みたいエリアを決める

1で考えたライフスタイルを実現するために最も適している場所を選びましょう。
 
車で通勤するのであれば、駅から遠くても大丈夫なので、土地が安いところを選べます。
また、子育てに力を入れたいのであれば、広い庭
を作れるようなところにするのもおすすめです。
 
このように、ライフスタイルに合わせて住むエリアを決めると、後悔せずに土地を決められます。
 
 

*3.資金計画を立てる

高すぎる土地を買うと、住宅に使うお金がなくなってしまいます。
立地だけが良く、性能が良くない住宅に住むのは嫌ですよね。
そのため、具体的にどのくらい予算を使えるのかという資金計画をしっかりと立てることが大切です。
 
 

*4.業者と土地を探す

土地を買うための準備が整ったら、次は実際に土地を見に行って探しましょう。
住みたい地域の業者に連絡を取って、どのような土地があるか、おすすめの場所はどこか、などの情報を聞きましょう。
理想の土地を見つけることは難しいので、根気強く探し続けましょう。
今後数十年住むことになるので、妥協して選ばないようにしてくださいね。
 
 
 

□土地探しのポイント

 
ここまでで、土地探しの流れを知っていただけたと思います。
では次に、土地探しのポイントをご紹介します。
 

*日当たりや風通しの良さを調べよう

日当たりや風通しは日々の生活に必要なものです。
近くにマンションが建つ予定がある土地や、道が入り組んでいて風通しが悪い土地を選ぶと、後悔する可能性が高いです。
また雨天時の状況や、その土地ならではの気候などもしっかりと把握しておきましょう。
 

*専門家に地質を見てもらおう

地盤の弱さや、傾きなどは素人目にはわからないことが多いです。
そのため、専門家に同行してもらい、土地の改良が必要なのかを判断してもらいましょう。
 
 

 

□まとめ

 
今回は「土地の探し方」についてご紹介しました。
土地を探す時に大事なのは、理想の生活のイメージを固めることです。
また、土地を見に行った時の見るべきポイントもしっかりと押さえておきましょう。
 
この記事を参考に、まずはイメージをしっかりと固めてから土地を探してみてくださいね。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

注文住宅の予算の決め方|松本市の注文住宅業者が解説

「注文住宅を建てたい。」
「どのように予算を決めたらいいんだろう?」
このように、予算の決め方に悩まれている方はいらっしゃいませんか?
 
そこで今回は「注文住宅の予算の決め方」をご紹介します。
 
 
 

□頭金をしっかりと用意しよう

 
住宅を購入する際には、まずは用意できる頭金から考えましょう。
 
一般的に住宅を購入する際には、10%〜20%程度の頭金を用意すると良いとされています。
現在の貯金から、引っ越し費用や最初の数ヶ月生活するための費用を抜いて、どのくらい頭金にまわせるかを計算してみましょう。
 
計算して見た結果、頭金があまり用意できなかった場合は、まだ住宅を購入するタイミングではないかもしれません。
 
また住宅を購入すると、引っ越し費用の他にも、様々な費用が発生します。
特に固定資産税や土地購入の際のローン、万が一ケガしてしまった場合の備えなどの費用は用意しておく必要があります。
 
貯金から頭金に費用を十分にまわせるようになってから住宅を購入すると良いでしょう。
 
 
 

□返せる額を計算してローンを借り入れよう

 
住宅を購入する上で、住宅ローンの借り入れは最も重要なポイントです。
どのようにローンを組んだらいいのかを詳しく見ていきましょう。
 

*ローンの返済額は年収の25%程度に収めよう

住宅ローンは負担が重すぎず、軽すぎない程度にすると良いでしょう。
目安は、ローンの返済額が年収の25%程度です。
 
例えば、年収が400万円の場合、100万円程度をローンの返済にまわすことになります。
金利が1.2%で30年で返済すると考えた場合、約2500万円の借り入れが可能です。
このように計算し、無理なく返済できる金額を借りるようにしましょう。
 
 

*毎月返済額の300倍で計算しよう

年収で計算する方法とは別に、毎月返せる金額から計算するのも良いでしょう。
しっかりと家計簿をつけている家庭では、毎月の生活費からどのくらい返済が可能なのかを調べることができます。
 
毎月の返済可能な額を300倍すると、安定した予算計画ができます。
例えば、毎月12万円を返済するのであれば、「12万円×300=3600万円」が目安です。
このように、経済状況から判断すると安心してローンを借りることができますよ。
 
 
 

□まとめ

 
今回は注文住宅の予算の決め方をご紹介しました。
注文住宅の予算は、ローンの返済額や毎月の返済額から計算して出すと良いでしょう。
また、頭金を十分に用意してから住宅を購入するのがおすすめです。
 
この記事を参考に、しっかりと予算計画を立てて住宅を購入して見てくださいね。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)
ページ上部へ