ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市注文住宅における間取りの考え方について解説します!
松本市

注文住宅における間取りの考え方について解説します!

「注文住宅の間取りってどうしたらいいんだろう?」
「家事動線とかって気にした方が良いのかな?」
注文住宅を検討している方このように思ってはいませんか?
間取りの重要性は暮らし始めてから実感します。
そこで今回は注文住宅における間取りの考え方について解説します。
 
 
□無駄のない家事動線
 
家事動線とは、家事を行うためにどの部屋をどのように通る必要があるのかということです。
この家事動線の経路の無駄をなくすことで毎日の家事の負担を軽くすることができます。
家事を行うたびに部屋と部屋を何往復もしたくないですよね。
例えば洗濯物を干すスペース、キッチン、洗面所など家事を行う場所同士をなるべく近い場所に配置すれば、無駄な移動をせずに済みます。
 
 
*キッチン
 
食事を作る際にも少ない歩数で効率よく動きたいですよね。
そのためにはシンクや調理台、冷蔵庫などを三角形に配置することで可能になります。
というのも、横一直線に配置すると毎回長い距離を往復する必要があるからです。
また、冷蔵庫のドアの向きも重要で、冷蔵庫のドアの向きが動線を邪魔してしまうことがあります。
わざわざ回り込む必要がでてきてしまうことがないように気をつけましょう。
 
 
*洗濯
 
洗濯は体力を使うので、なるべく楽したいですよね。
そのためには、洗ってから収納するまでのプロセスを効率化する必要があります。
洗濯して干すことは多くの方が考えていますが、畳んでから収納するまでの動線は軽視しがちです。
一番良いのは、洗濯機、物干し場、収納スペースが同じ場所に集約していることです。
そうすることで体力のいる洗濯も楽に行うことができます。
 
 
*掃除
 
家事の中で最も無駄な動線であることが多い、掃除について見直すと生活の質は上がるかもしれません。
部屋によって適切な掃除道具は異なります。
例えば、じゅうたんやフローリングは掃除機を使うと良いですが、和室の場合は掃除機をあまり使いたくない方もいると思います。
そのため、各部屋に適切な掃除道具を配置することで、気軽に掃除することができます。
コードレス掃除機やシートを付け替えるワイパーなら、場所を取らないのでおすすめです。
 
 
□無駄のない収納動線
 
無駄のない収納動線について考えることも重要です。
靴やコート、傘などを一箇所に収納できる玄関収納にしたり、洗面・脱衣所に部屋着を収納できるようにしたり、階段下のスペースも収納場所に利用するなど、工夫次第で無駄のない収納動線にすることが可能です。
 
 
□まとめ
 
今回、注文住宅における間取りの考え方について解説しました。
家事動線や収納動線は実際に暮らし始めてからの生活を想像しないと考えづらいものですよね。
注文住宅だからこそ納得のいく間取り選びができると思います。
今回の記事を参考にして間取りについて検討してみてはいかがでしょうか。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1942

ページ上部へ