ホーム家づくりブログお役立ちブログリフォーム時によく聞くホームインスペクションとはどのようなものなの?
お役立ちブログ

リフォーム時によく聞くホームインスペクションとはどのようなものなの?

「ホームインスペクションとはどのようなもの?」
リフォームの際にホームインスペクションという言葉を聞いたことがあるでしょう。
ホームインスペクションが何なのか、また必要なのかわからない方は多くいらっしゃると思います。
 
そこで今回はホームインスペクションの必要性や内容についてご紹介します。
 
 
 

□ホームインスペクションって何?

 
結論から言うと、ホームインスペクションとは不動産(住宅)の状況の調査のことです。
平成28年から宅地建物取引業法が改訂され、不動産業者や建物の仲介を行う業者はホームインスペクションの結果を買主に説明することが義務化されました。
つまり、第三者的な立場から住宅の状況や、欠陥があるかどうかを診断して説明してくれるということです。
 
 

 

□住宅の状況はしっかりと把握しよう

 
ではなぜ住宅の状況を把握しておく必要があるのでしょうか?
 

*必要のないリフォームをしないため

壁のシミや汚れが目立っていたとしても、内部は劣化はしていないケースがあります。
壁紙を張り替えるだけで済んだのに、大規模なリフォームをしてしまうともったいないですよね。
必要がないリフォームをしないためにも、住宅の状況を適切に把握しておくことは大切です。
 

*本当に劣化している場所を見極めるため

反対に、リフォームが必要な場所があるのに、見た目ではわからず、リフォームを先送りにするケースがあります。
住宅の劣化の見逃しは、後に高額な費用のリフォームが必要な可能性を生みます。
住宅を大切にし長く住むためにも、しっかりと住宅の状況を把握しておくと良いでしょう。
 
 
 

□ホームインスペクションではどのようなことを行うの?

 
ホームインスペクションでは、国や県が指定しているガイドラインに準拠した建築士が住宅の検査を隅々まで行います。
主に以下の項目を検査します。
 

*建物外部・屋外

外壁の塗料の劣化具合や、瓦のズレなどをチェックします。
 

*室内

床や壁の傾きを調べる専用の機材を使ってチェックします。
 

*床下

基礎や内側にひび割れがないかをチェックします。
 

*屋根裏

雨漏りの痕跡や断熱材の劣化状況をチェックします。
 
 
 

□まとめ

 
今回はホームインスペクションの必要性や内容をご紹介しました。
 
住宅の状況を適切に把握するためには、ホームインスペクションが重要だと知っていただけたと思います。
この記事を参考に、ぜひ住宅の診断をしてみましょう。
 
もし何かありましたら、お気軽に当社にご連絡くださいね。
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1861

ページ上部へ