ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市耐震性の向上はリノベーションでできる?|松本市のAIWA匠が解説
松本市

耐震性の向上はリノベーションでできる?|松本市のAIWA匠が解説

「リノベーションってリフォームとは何が違うのだろう?耐震性を高めることはできるのかな?」
リフォームに関連した話ではよくリノベーションという言葉が出てきますが、どのような特徴があるのかについてはよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、リノベーションの意味とそれを通してできることをご紹介いたします。
 
□リノベーションの意味
リフォームというのは修繕という意味が強く、長年住んできている住宅で傷んだ部分を改修して住みやすさを回復させるという印象が強いです。
一方で、リノベーションはそれよりも大きな規模の改修をするという感覚でしょう。
修繕にとどまらず間取りやデザインを変更することによって、時代や生活様式に沿った住宅に変更していくとともに、さらに価値を付けて住環境を整えることを目指して行われます。
 
□リノベーションでできること
 
*間取りを変える
一部分の修繕のみならず住宅全体で行われますので、耐震性との相談にもなりますが、間取りを変更してこれまでとは違った使い方をすることが可能になります。
 
*窓や柱の変更
大規模に修繕することで窓や柱といった構造に関連する部分まで触れることもできます。
強い地震が発生した時には建物が揺れを受けるわけですが、そこに耐えうるのは柱や壁といった構造体です。
加工を施した柱に変更する・壁の厚みを増す・構造用合板を貼り付けるなどといったこれまでの構造体を、地震で受ける力やねじれに対して、耐久性を示せるように工夫していくことが大切になります。
こういった大がかりなことは単にリフォームするだけでは難しいこともあり、リノベーションならではのメリットと言えるでしょう。
 
*基礎部分の強化
建物を支えるだけでは耐震性を強化しきれているか心配な方もいらっしゃるかもしれません。
それであれば基礎部分にまで手を加えるのも一つの手です。
大がかりに刷新することで基礎部分の打ち込みにも手を回せますので、より強化していくことができます。
基準としては耐震等級が2以上になるように施工を進めていくことも可能です。
 
*面積の変更
お子様が独立して家に住まなくなったなど、生活様式の変化によって使わなくなった部分はありませんか?
リノベーションにおいては減築などにも対応しており、良好な居住環境を満たすための面積の変更も行えます。
 
□最後に
今回は、リノベーションの意味とそれをすることによって得られるメリットについてご紹介いたしました。
 
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1712

ページ上部へ