ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市土地にかかる費用のローンの組み方を松本市のAIWA匠が解説
松本市

土地にかかる費用のローンの組み方を松本市のAIWA匠が解説

「住宅を建てる前に土地を購入する必要があるな。ローンを組もうと思っているのだけれども、どのように考えていくことが良いのだろう?」
土地代などをはじめとして住宅の新築にかかる費用は高額になりますので、資金繰りはしっかりと確かめておきたいものですよね。
そこで今回は、ローンを組むにあたっての資金計画をどのように進めていくのかについてご紹介いたします。
 
□ローンを組むにあたっての資金計画で知っておきたいこと
最近では土地も含め新築住宅に必要な費用のほぼ全てをローンで支払うことは可能です。
住宅を手に入れやすくなったのも事実ですが、何も考えずに購入してしまうと後に生活が大変になります。
確実に返せるような資金計画が必要となりますので慎重に進めていきましょう。
 
*自己資金を把握する
最初に行うことが自己資金の把握です。
ご自身で用意できるもの、親族の方から贈与を受けるものを合わせて、どのくらいであり使用できるかを調べてみましょう。
その際に一部は生活のために残しておくことと、贈与にあたっての税金がかかる可能性があることはおさえておく必要があります。
 
*土地にかかる費用を算出する
土地を仕入れるのに必要な費用を把握しましょう。
候補がいくつかある場合には、それぞれにおいて必要になる取得費用と税金を計算しておくことが大切です。
 
*利用するローンを探す
使用できる自己資金が必要な費用を下回っていた場合にはローンを申請することになります。
ローンの種類は返済期間・金利・返済方法などによってさまざまです。
また、補助金を利用できるかもしれませんので、建てようと思っている土地がある地方自治体に問い合わせてみましょう。
 
*支払いおよび返済にあたっての計画を立てる
土地代のうち不足している金額を埋め合わせるのに使うローンは、当然のことながら返済をしていかなくてはなりません。
新しく住宅を建てた後の生活を考えたときに、その暮らしに影響が出ないような月々の返済を考えていくことが重要です。
返済期間として設定されている回数と月々の支払額をかけ合わせてみましょう。
その金額が借り入れる予定のローンを上回っている場合にはかなり厳しい見通しとなるため、購入する土地を再考するまたは生活費の削減をしていくことになります。
 
□最後に
今回は、土地の購入などローンを組む際に必要となってくる資金計画について、どのような流れで進めるのかや注意点をご紹介いたしました。
どの過程も大切ですので、着実に進めて安心した暮らしができるようにしていきましょう。
 
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1710

ページ上部へ