ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市のAIWA匠が解説!土地を購入する際のローンの組み方
お役立ちブログ

松本市のAIWA匠が解説!土地を購入する際のローンの組み方

皆さんの中に住宅の購入を検討している方はいらっしゃいませんか?
一般的に住宅を購入する場合、合わせてその住宅が建っている土地を購入することになります。
その際、自己資産だけで払える人は関係ありませんが、多くの人が住宅ローンを組むことになります。
 
住宅の購入は初めての人がほとんどだと思うので、ローンの組み方など全くわからないという人がほとんどでしょう。
そこで今回は、土地の購入に関するローンの組み方について解説します。
 
□土地のローン
「土地のローンは住宅のローンと同じではないの?」と疑問に思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、実はケースによってはそうではありません。
建売住宅の場合は、土地と建物の購入の時期が同じですから、基本的に住宅と土地とを1つにまとめたローンを組むことになります。
 
別々にしてしまうと、土地の審査は通ったが、建物の方は審査が通らないなんてことにもなりかねないからです。
だから建売住宅の場合はそんなに心配することはありませんが、注文住宅の場合はそうはいきません。
注文住宅を購入する場合には、まず土地探しをして、目当ての土地を購入した上でその後に住宅を購入することになるので土地と建物のローンを同じタイミングで組めないことが多くいので、別で組むことになります。
 
この時に必要になるのがつなぎ融資です。
つなぎ融資とは住宅ローンを申し込んだ際に実際に融資がおりるまでのあいだ組むことができるローンのことです。
このつなぎ融資によって、土地と建物の決済時期のギャップを埋める必要があるのです。
次に土地だけを購入する場合をみてみましょう。
 
土地だけを購入するケースで多いのが、後々注文住宅を建てるつもりで先に土地だけ買っておくというケースあるいは他の目的で使ったり不動産投資目的で購入するケースです。
前者の場合ですと、一応ローンを組むことはできますが、住宅と一緒に買わない場合住宅ローンを組むことができず事業ローンになります。
 
その場合、住宅ローンを結ぶことで得られる税金控除を受けられなくなります。
同時にローンを結んだ方がいいですが、どうしても土地だけという場合は事業ローンを結ぶといいでしょう。
後者の場合も事業ローンを組むことができるので利用するといいです。
 
□まとめ
土地のローンについて説明しましたが、いかがでしたか?
一番多い注文住宅の事例ですと、つなぎ融資が必要になるケースが多いということを頭においておきましょう。

土地購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1683

ページ上部へ