ホーム家づくりブログお役立ちブログ間取りってどうすればいい?注文住宅の失敗しない間取りの考え方をご紹介
お役立ちブログ

間取りってどうすればいい?注文住宅の失敗しない間取りの考え方をご紹介

注文住宅をお考えの方の中で「間取りってどうしたらいいんだろう?」と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
全部自由に自分で決められるといっても、何をどう決めればいいのかがわからないという方が多いでしょう。
注文住宅の間取りをきちんと考え決めないと、いざ住み始めてから住みにくいとなってしまうと、せっかくのマイホームが台無しになってしまいます。
そこで今回は、間取りを決める際に大切な考え方を紹介します。
 
□間取りに決定に重要な考え方
*家事動線
家事動線という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
家事をする際にどこをどう通過するかというのが家事動線になります。
これが短ければ短いほど家事をする際に無駄な移動をしなくても済むので家事が捗るということです。
家事で重要なのは、主にキッチンでの料理と洗濯です。
 
掃除に関しては部屋全体を掃除するのであれば動線という考え方はあまりふさわしくないため省略します。
キッチンに関しては、冷蔵庫、シンク、調理台がちょうど三角形を描くような配置になっていると料理がしやすいです。
キッチンの配置は料理に使う家電などとの配置も考えるようにしましょう。
 
次に洗濯ですが、洗濯機の場所と洗濯物を干す場所との距離が短い方が確実に楽です。
さらに洗濯物を干す場所と洋服を収納する場所とが適切に配置されていると、洗濯→干す→収納の流れを無駄のない動きで行うことができます。
 
*収納動線
これは何がどこに収納されているかで外出などの際に、準備から出発までの流れを最短化するという考え方です。
起きてから洗面に向かって、着替えをして身の回りの持ち物を準備するという過程で収納棚と洗面所を近くしたりしていれば無駄な移動をしなくて済みます。
 
*その他
あとはやはり水回りの設備は近くしておきましょう。
洗面所・トイレ・バスは近い方が便利です。
動線の考え方の他にも家族構成や生活スタイルによって部屋の数を調整したり、リビングのサイズや内装の雰囲気を好みのものにするといいでしょう。
さらに階段の場所をどこにするか、収納をどれくらいの量つくるかなども間取りの決定には重要になります。
 
□まとめ
今回は注文住宅の間取りを決める際に大切となる考え方について紹介しました。
家事動線という考え方は間取りやキッチンの場所を決める際に非常に重要になってくるのでぜひこの機会に理解しておくといいでしょう。
全てを自分で考えるのはきびしいかもしれませんので、建築事務所に相談して設計士の方と一緒に考えるといいでしょう。

注文住宅を検討しているという方はぜひ参考にしてみてください。

長野県茅野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1682

ページ上部へ