ホーム家づくりブログお役立ちブログ断熱リフォームで省エネを実現!松本市でリフォームをお考えの方必見
お役立ちブログ

断熱リフォームで省エネを実現!松本市でリフォームをお考えの方必見

自分の家をもっと住みやすくリフォームしたい。そうお考えの方はいらっしゃいませんか?
他にも家の改修が必要になったから、この機会に他の部分もリフォームしようという方もいるかもしれません。
そんな方々には、まずインスペクションを受けることをおすすめしています。
この記事では住宅の断熱についてご紹介します。
 
 
□インスペクション
住宅のインスペクションはホームインスペクションともよばれており、インスペクターと呼ばれる住宅の専門家に住宅の状態を調査してもらうことを言います。
インスペクションにより、住宅のどの部分に問題があり、改修のタイミングやどのくらいの費用が必要かを知ることができます。
さらに、住宅の劣化状況や資産価値を知ることもでき、将来に向けて準備をすることもできます。
リフォームをする前にホームインスペクションを実施することで、住宅の改善点を把握することができ満足度の高いリフォームを実現できることでしょう。
 
 
□断熱性能を上げるリフォーム
インスペクションを実施すると断熱性の問題が浮上することがあります。
多くの家には壁面と天井、床に断熱材が使用されています。
断熱材を新しく敷くだけで、夏はより涼しく、冬もより暖かい暮らしが手に入ります。
それだけでなく、断熱性能が向上するとエアコンなど空調の効率もあがるので、省エネ生活を実現することもできるのです。
それぞれの部位の断熱についてご紹介します。
 
*壁面の断熱
壁面の断熱に充填断熱という手法が多く用いられていますが、その場合は注意が必要です。
充填断熱は柱や枠材の内側に、グラスウールやロックウールと呼ばれる柔らかい断熱材を敷き詰めていく施工です。
丁寧な施工が必要で、断熱性の問題のある住居の場合は隙間が空いていたり、施工方法に問題があるケースが多いようです。
 
*天井・屋根の断熱
住宅の上面の断熱には天井断熱、屋根断熱の2種類があります。
 
天井断熱は天井のすぐ上に断熱材を敷く工法で、多くの住宅が採用しています。
次にご紹介する屋根断熱と比べ費用が安いなどのメリットがありますが、屋根裏部屋などの利用ができなくなってしまいます。
 
屋根断熱は屋根に断熱材を使用することで、天井断熱と違い屋根裏の空間も利用可能となります。
ただ天井断熱と比べると断熱材を使用する面積が大きく、費用がかかってしまうことが特徴です。
 
*基礎・床の断熱
足元の断熱として床断熱、基礎断熱が挙げられます。
床断熱は日本で広く採用されている一般的なものですが、基礎断熱は床下の空間の温度を安定させることができ、水道管の破裂の心配が小さいことが特徴です。
ただしシロアリ対策なども別途必要になるケースもありますので、建築会社とよく話し合って決めるようにしましょう。
 
 
ここまで住宅の断熱についてご説明しました。
インスペクションを実施することで断熱に関する改善点が見つかることもあります。
断熱のリフォームをしたいという方は1度専門家に相談されてみてはいかがでしょうか?
AIWA匠では住宅リフォームの他にも、住宅に関するご相談を無料で承っております。
お電話・ホームページから気軽にご相談ください。

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1619

ページ上部へ