ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市の住宅建築業者が解説|土地の購入に必要な気になる費用とは
お役立ちブログ

松本市の住宅建築業者が解説|土地の購入に必要な気になる費用とは

土地や住宅の購入には、様々なお金が必要になります。
そういった費用の種類、手続きは難しく、またあまり経験することでもないので、完璧に理解されている方は多くはいらっしゃらないでしょう。
そこでこの記事では、土地の購入に際して生じる経費や手続きについてご紹介します。
 
□購入時にかかる費用
*不動産会社に払う費用
土地の購入には、不動産会社の仲介を通す場合と通さない場合があります。
前者では、その不動産会社へ仲介料を支払う必要があります。
その金額は一般的に、土地の価格の3%です。
 
この費用には、消費税も生じるため、実際にはもう少し高い金額になります。
仲介を通さないと、このお金を節約できます。
 
*登記費用
土地を購入するときは所有権が移るため、司法書士に依頼して申請して貰う必要があります。
これを登記と言い、このために必要な費用に司法書士への報酬と登録免許税という税金があります。
手数料は6万円から8万円が一般的です。
 
*測量費
どこからどこまでの土地をあなたが購入したのか、その境界をはっきりさせるためには、測量をして面積を測ることがあります。
この測量にも費用がかかり、土地家屋調査士に測量費を支払う必要があります。
 
それとは別に、表示登記申請に関わる費用もあります。
この測量費は、売り手が負担することも買い手が負担することもあります。
 
*手数料
土地や住宅の購入には様々な仕事の人が関わります。
そういった場面では手数料が発生しますよね。
その一例に、住宅ローンを利用する際の手数料などがあげられます。
 
□購入後にかかる費用
上記で購入時にかかる費用をご説明しましたが、土地を購入した後にも費用がかかります。
 
*整備費
いざ住宅を建てようと土地を購入しても、すぐには建設に取り掛かれないこともあります。
土地によっては水道、電気、ガスといったインフラ設備が整っていない場合があります。
もちろん、これらは購入前に確認できます。
 
土地が整っていないけれど、どうしてもその土地が気に入ったという場合は、これらの費用がかかることを覚悟しておきましょう。
土地の状態によりますが、100万円を超えることもあります。
 
*固定資産税
購入した翌年から毎年かかる費用に固定資産税があります。
台帳によって定められた土地の評価額に固定税率の1.4%を乗じた金額を毎年、自治体に納税する必要があります。
 
□おわりに
土地の購入には、いろんな種類のお金がかかります。
その中には、何に支払っている費用なのかがわかりづらい費用がありますよね。
今回ご紹介した内容を意識して必要な費用をしっかり整理、理解しておきましょう。
 
長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1582

ページ上部へ