ホーム家づくりブログお役立ちブログローン申請の流れに関して知っておきたいことを松本市の注文住宅業者が解説
お役立ちブログ

ローン申請の流れに関して知っておきたいことを松本市の注文住宅業者が解説

「注文住宅を建てるときにローンを申請しようと思っているのだけれども、どのような感じで行うのだろう?」
住宅ローンは人生でも何度も使うものではないかと思うので、ローン申請と言われても想像するのが難しいかもしれませんね。
 
そこで今回は、住宅ローンの申請に関して三つの観点でお話いたします。
 
□住宅ローンの申請時期は?
住宅ローンは申請してすぐに融資がおりるわけではありません。
万一受け入れてもらえなかったとしても対応できるようになるべく早い段階の時期に申請を出しておくのが良いでしょう。
 
具体的なタイミングとしては予算を決めた直後です。
建てたい家を決めて資金計画によっておおよその予算が決まったときに申請すると過不足ない金額を手に入れることができますし、工事業者との契約や諸手続きを行う間に審査が行われるため効率よく進められます。
 
□住宅ローンの申請方法は?
住宅ローンは必ずしも通過するとは限りませんので、事前に審査を行うことをおすすめします。
この審査のことを仮審査と言い、この際にどの程度の申請金額であれば通るのかということを確かめておきます。
金利の比較のために複数の銀行で問い合わせておくとよいでしょう。
 
そもそもお金を出しても問題ないか、どの程度であれば貸し出せるかということを数週間程度で審査されます。
そこで出た金額に合わせて家のプランを再検討しましょう。
本審査の申し込みの際には家族全員の住民票や印鑑証明書、収入証明資料、工事請負契約書などが必要になります。
 
□住宅ローンの申請にあたっての注意点は?
まず、住宅ローンというのは建物と土地をそろえて申し込むことになっています。
そのため、仮審査の前の段階でどのような住宅にする予定でどの程度費用がかかるのかということを把握しておかなくてはなりません。
 
また、住宅ローンが給付されるのは住宅が完成したタイミングなのですが、新築に関連した費用の中には、引き渡しよりも前に支払わなければならないものもあります。
 
自己資金の割合が少ないと、こうした費用の支払いが難しくなることもあるかもしれません。
その際にはつなぎ融資というシステムを利用しましょう。
つなぎ融資というのは一時的に借りることのできる資金であり、契約金や中間金などを融資で支払い、完成時に受け取る住宅ローンの一部をつなぎ融資の返済に充てる形となります。
 
□最後に
今回は、住宅ローンの申請にあたって、その時期と方法および注意点についてお話しいたしました。
仕組みやタイミングをしっかりと押さえて、失敗のないように申請準備を進めていきましょう。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1556

ページ上部へ