ホーム家づくりブログお役立ちブログ土地購入の際のローンとは?組み方は?松本市の注文住宅業者が解説します
お役立ちブログ

土地購入の際のローンとは?組み方は?松本市の注文住宅業者が解説します

皆さん、注文住宅を建てるのは数年先だけど、好都合な土地を見つけてしまった時に土地だけローンを組んで購入したいと思ったことありませんか?
実は土地はローンを組んで先に購入できるんです。
 
しかし、住宅ローンとは扱いが異なるのでローンの種類も違いますし、金融機関によっては扱っていない場合もあります。
今回は土地購入のローンの組み方、注意点などを詳しく解説します。
 
□土地購入ローンの種類
先駆けて土地を買う為のローンは住宅を建てるわけではないということで住宅ローンとは別のローンを組むことになります。
一つずつ見ていきましょう。
 
*土地先行融資
土地先行融資とは土地と実際に建てる予定の建物がイメージ出来ている場合のみ可能です。
土地を先に融資してもらって、建物が建った後にその建物の融資が追加されるというものです。
借り入れを行うときに審査として建物の見取り図も提出する必要があるので大まかに決めておきましょう。
 
見取り図があまりに大きく変わってしまうと再審査の対象になる可能性もあります。
組み方の流れを見てみましょう。
 
1.土地の資料と建築予定の建物の見取り図を金融機関に提出して審査
2.土地と建物別々でローンの申し込み
3.審査に通れば土地代の融資が受けられます。
 
建物が建つまで利子のみの返済も可能ですが金融機関によって扱っていない場合があるので注意してください。
 
*つなぎ融資
つなぎ融資とは建物の完成前に住宅ローンの融資を受けられるシステムです。
簡単に言うと、住宅ローンの前借りをしてその分で土地を先に購入できるということです。
 
基本的に住宅ローンとつなぎ融資は同じ金融機関を使用しなければなりません。
組み方の流れを見てみましょう。
 
1.土地を買う契約をする
2.土地の所有権移転登記をする
3.住宅ローンとつなぎ融資を申込む
 
ここからは土地代をつなぎ融資で払い、住宅完成後に住宅ローン返済という流れです。
 
□土地購入ローンの注意点
あくまで住宅を建てるという前提でのローンです。
土地だけ持っていても住宅ローン控除は受けられません。
 
また、土地のローン台のほうが金利が高いので自己資産を住宅用に残している方は少し土地の購入に当てるほうが良いでしょう。
土地だけを先に融資してもらった場合は今の住まいの支払いプラスになることを頭の片隅に入れておいてください。
 
また、家の着工が遅れた場合に、返済額が跳ね上がる場合もあります。
 
土地購入ローンの組み方についてご紹介しました。
土地だけ先に購入するローンを組む場合は可能な範囲で余裕を持ってローンを組んでくださいね。
松本市の土地購入、注文住宅をお考えの方はぜひ一度お気軽に「株式会社AIWA匠」にご相談ください。
 
長野県塩尻市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1536

ページ上部へ