ホーム家づくりブログお役立ちブログ松本市でリフォームされる方必見!長期優良住宅とは?
お役立ちブログ

松本市でリフォームされる方必見!長期優良住宅とは?

「一生に一度の大きな買い物をした家だから、大事に大切に住んできた。」
「耐震性も高く、環境にも配慮された家だから、これからもずっと住んでいきたい。」
このように、現在のご自宅を大切にして住まれている方も多いと思います。
 
実は、このような家を長期優良住宅に認定させると、補助金が出されたり減税が適用されたり、様々な待遇を受けることができるのです。
そこで今回は、長期優良住宅についてご紹介します。
 
□長期優良住宅とは
長期優良住宅とは、住宅に長期にわたり住むことで、住宅の解体や除去に伴う廃棄物を抑制し、環境への負荷を軽減することと、建て替えによる費用の削減によって、より豊かで優しい暮らしへの転換を目的にした住宅のことです。
 
□長期優良住宅のメリット
*住宅ローン控除を受けられる
長期優良住宅の場合、この住宅ローン控除の控除対象借り入れ限度額が優遇されます。
一般住宅は4000万円までの限度額ですが、長期優良住宅は5000万円まで引き上げられるのです。
控除率は1%ですので、5000万円の1%が1年の控除額となり、最大控除額は10年間で500万円です。
 
*不動産所得税が減額される
こちらも、一般住宅より控除額が引き上げられます。
一般住宅は1200万円が控除されるのに対し、長期優良住宅は1300万円の控除を受けることができます。
 
□認定を受けるための項目
長期優良住宅として認定を受けるためには、主に7つの項目があります。
 
*劣化対策
少なくとも100年程度は住宅がもつことを想定されます。
 
*耐震性
建築基準法レベルの1.25倍以上、もしくは免震構造になっている住宅です。
 
*維持管理
内装や設備の清掃、点検などがしっかり行われていることです。
 
*省エネルギー性
断熱性能が備えられていたり、太陽光発電機が備え付けられていたりする住宅です。
 
*居住環境
地域内における景観が良好であったり、外装が街並みと調和されていたりする住宅です。
 
*住戸面積
原則として75平方メートル以上です。
 
*維持保全計画
将来を見据えて定期的な点検や補修などの計画が立てられていることです。
 
□申請方法
登録住宅性能評価機関で事前審査を受けた後に、所管行政庁へ申請することができます。
申請する際には、登録住宅性能評価機関が発行する適合証が必要になります。
申請した後は、所管行政庁の審査が行われ、認定通知書が届きます。
 
以上、長期優良住宅についてご紹介しました。
購入した家を大事に扱ってきた上に、減税などの嬉しい待遇を受けられるのは嬉しいですよね。
住宅に対して何かお困りの際は、ぜひ一度株式会社AIWA匠までご連絡ください。
 
長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1533

ページ上部へ