ホーム家づくりブログお役立ちブログなぜ必要?リフォームするなら断熱材を取り入れるべき理由とは?
お役立ちブログ

なぜ必要?リフォームするなら断熱材を取り入れるべき理由とは?

リフォームするならぜひ取り入れてほしいのが断熱材です。断熱材の有無で住みやすさが大きく変わってくるのです。
では、なぜ断熱材は必要なのでしょうか。
今回は、断熱材の必要性を見ていきましょう。
 
断熱材とは・・・?
断熱材とは、物理・科学的物性により熱移動・熱伝達を減少させるものです。
住宅に使う場合は、外壁や屋根、窓から熱の侵入や流出を防ぐものです。
内断熱は建物の内側に断熱加工を施し、外断熱は建物の外側に施します。
 
木造建築が多い日本の建物には内断熱が一般的です。
一方、海外の建物には外断熱工法が主流となっています。
 
断熱材の必要性
1. より快適な生活に
リフォーム時に断熱材を取り入れるべき理由として、生活がより快適になることが挙げられます。
断熱材があれば、寒い冬に寒さをしのぎ、暑い夏は暑さを抑えてくれます。建物内と外の温度差を最小限に抑えてくれるのです。
温度差が大きいと、最悪の場合ヒートショックの危険性がでてきます。断熱材は、その心配を解消してくれることでしょう。
 
2. 地球温暖化対策
地球温暖化を加速させている原因の一つに、エアコンの使用があります。
断熱性能の高い家にリフォームすると、エアコンの使用頻度が減少するのです。
なぜなら、断熱材は建物内の温度をできるだけ一定に保つ役割を担っているからです。
エアコンの使用頻度が減れば、地球温暖化対策にもなりますし、電気代も抑えられるのです。
 

断熱材は快適な生活や環境のためにも必要なものです。

自分の住宅に合った断熱材を導入して、住みやすい家づくりをしてみませんか。

 

長野県塩尻市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1278

ページ上部へ