ホーム家づくりブログお役立ちブログ夏涼しい家を叶える3つの要素!リフォームで快適な家づくり
お役立ちブログ

夏涼しい家を叶える3つの要素!リフォームで快適な家づくり

四季がある日本では夏と冬の温度差が気になります。
住宅にも工夫をしないと、夏の暑さと冬の寒さを感じない快適な家づくりは難しいのではないでしょうか。
リフォームをするのであれば、夏涼しく冬暖かい家を心掛けましょう。
 
夏涼しく、冬暖かい家にする要素
1. 断熱化
夏は暑さのため冷房を使用します。
いくら温度を低く設定しても、部屋が中々涼まらないなんてことはありませんか?
これは冷房の冷気が家の外に逃げてしまっているからロスが生じるのが原因です。
 
このロスを抑えるために断熱材を取り入れるのが一般的になってきています。
外断熱や内断熱、断熱材の種類によって特徴が異なるので、リフォームする際に相談してみるといいですね。
 
2. 気密化
暖房や冷房のロスは断熱材でも抑えられますが、家を気密化することを有効です。
家の継ぎ目部分を極力減らし、隙間風をなくすという考え方ですね。
床と壁の継ぎ目、コンセントの穴など、日頃気づかない隙間から外気は入ってきてしまいます。
気密性を高めてくれるシートを貼ることで、湿度を含んだ隙間風を通さないよう、冷暖房のロス対策をしましょう。
 
3. 自然風の利用
夏涼しさを提供してくれるのは、冷房だけではありません。
自然風も上手に取り入れることで、十分快適に過ごせる家になります。
リフォームする際は、自然風の動きを読んで窓の配置や大きさを工夫してみてはいかがでしょうか。
 

夏涼しい家、冬暖かい家はリフォーム時の一工夫で叶います。

業者と相談して、住みやすい家にしてみてはいかがでしょうか。

 

長野県松本市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1277

ページ上部へ