ホーム家づくりブログスタッフブログECO-Iの家
スタッフブログ

ECO-Iの家

こんにちはTMの山田ですup

家の中に暖かい熱源がないとダメです。
「熱源のない家は寒い」です。


AIWA匠の家 ECO-Iの家。

断熱性能の高い家、つまり高性能な新しい家はそのまま何もしないでも暖かく暮らせると思っている人がいます。これは間違い。


断熱性が良いということは、家の中の暖かさを逃がさないということです。また、隣り合わせて冬の日中とかで外がポカポカ暖かい時にも断熱材、断熱サッシが頑張って断熱してくれて外の暖かい熱を家の中に入れません。

だから外のポカポカは家の中に入ってこない。
イコール、家の中は寒いんです。

今の時代の家、新しい断熱性の高い高性能な家は、暖房をしないとダメです。適切な暖房をしてその暖かさを外に逃さないようにするのが断熱なんです。そして、その熱をすり抜けて逃さないための気密です。隙間をなくすってことです。

暖房をしても寒い、暖かくならない、暖かさが逃げていく・・・こんな家が寒い家っていうんです。暖房をしないで暖かく暮らせる家があるわけがない。

「熱源のない家は寒いです」

寒いのを我慢してヒートショックになったり、低体温症になったりしたら元も子もない。熱源の種類、暖房の仕方もいろいろ、正しく暖房して快適に暮らしましょう。

 

松本 塩尻 岡谷で自然素材を使った新築 リフォームを検討の方はAIWA匠へ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1306

ページ上部へ