ホーム家づくりブログお役立ちブログ注文住宅の配線計画は失敗しやすい!?間取りで後悔しないためには
お役立ちブログ

注文住宅の配線計画は失敗しやすい!?間取りで後悔しないためには

「スイッチやコンセントの位置が、使いにくい」
「長いテレビコードを使わないと、テレビが見られない」
など、注文住宅の配線計画を失敗してしまったと嘆く方は多くいらっしゃいます。
 
ほかにも、ダイニングにもテレビ配線が必要だったことが後でわかったり、ミキサー等を使いたいときに、キッチンのカウンターの近くにコンセントがなく不便だなと感じたりすることも少なくありません。
 
では、配線の計画をする際に、どのようなことを意識すべきだったのでしょうか。
 
・コンセントや照明スイッチの場所が非常に大切
 コンセントや照明スイッチの場所は、いかに快適な生活を過ごせるかどうかにとても影響します。
なので、コンセントやスイッチは、何のために、どのようなときに使用するものなのかを明確にする必要があります。
 
 例えば、掃除機をかける際、どのようなところにコンセントがあるとよいでしょうか。
おそらく、真ん中にひとつコンセントがあれば、一度に掃除機をかけることができるので、4隅にコンセントを配置するだけだと不十分だと言えます。
 
 また、帰宅したとき、部屋を明るくしたいときに、照明スイッチが、入り口ではなく奥の方に位置していた場合、スイッチを探すのに苦労すると考えられます。
これは、寝室にも言えることで、どこにスイッチがあると、ベッドから起きるときに便利かどうかを考える必要があります。
 

 いかがでしょうか。

コンセントや照明スイッチは、何のために、どのようなときに使用するのか明確にすると、後悔することがない配線計画をすることができます。

掃除機をかけるとき、帰宅したとき、どのような配置だと便利になるのかを考えましょう。

今回の記事が参考になれば幸いです。

 

長野県安曇野市で新築注文住宅・住宅リフォームをするならAIWA匠におまかせください(^^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aiwa-show.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1153

ページ上部へ